キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

両親

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
149: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/08(火) 00:10:32.57
まとめサイト読んでたら書きたくなった自分の話。
うちの両親は「いい人」な自分が大好きで、子どもの気持ちを考えない人だったから、
干渉がひどかった。2人兄弟の兄の俺には、「初めての子だし、とにかく何もかもが
分からないから心配」とついてくる。公園に遊びに来る時も塾も学校も全てついてくる。
母親は専業主婦だったから、同級生にそれで俺が笑われてもからかわれても
いじめられても、止めない。俺がきれて来るなと言っても「どうして?」「親が
心配するのは当然でしょ」と気にも留めず、毎日毎日ついてくる。
弟は俺ほどじゃなかったけれど、同じように学校に行く時は一緒だった。

中学にあがり高校になった時には、母親に対して憎しみしかなかった。
母親は言葉が通じないので父親に訴えたら、「こんなに愛している親はいない」と
言葉がつうじない。母親は高校の授業参観が日常的にしたいとPTAに訴えたらしく、
変人の子として俺も有名人になった。高校生活はそれ以外も母親のせいで暗黒だった。
大学受験は地元の大学の受験しか許されなかったため、センター試験をまともに受けず
浪人になり、高校卒業と共に家出して県外へ逃げた。
誰も知らない土地で一人暮らしして、一から人間関係つくって、自由満喫して
1カ月ぐらいしたある日、家に帰ったら母親がドアの前で大量の荷物を持って
立っていた瞬間が修羅場。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
455: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/01(火) 11:40:42.17
両親が揃って猫信者で猫アレルギーで苦しむ私を放置して、猫を多頭飼いし続けた。
食事に猫の毛が当たり前のように入ってるし、猫トイレは私の部屋のすぐ近くに置かれていた。
痒い、痛いと毎日体をかきむしる私を心の狭い人間かのように蔑み、
「わざとらしく泣いて嫌な子だね、こんなに(猫は)可愛いのに」と猫を可愛がる両親。

学生時代のアルバム、お気に入りの服、バイトで買ったパソコン、
亡くなった祖母が作ってくれた着物、
どんなに大事にしまってても全て猫に台無しにされた。
部屋に鍵をかけても「家族なのに」「猫が入りたがってるから入れてあげた」
と両親が無理矢理こじあけて猫に物を壊され汚される。
明日着る制服で爪をといでたから慌てて制服を奪い取ったら、
親が駆けつけてきて「動物虐待だ」と騒ぎ、
「猫が怪我でもしたらどうする」「家族なのにどうして優しくできない」
と何度もすりこぎで殴られて骨折。


今住んでる場所は野良犬や野良猫に厳しくて、
餌付けしてる人も厳しく注意される。
野良猫を見つけたら即保健所に知らせてる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
732: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/12/19(水) 22:59:07.78
兄が同性に興味がある人だとバレて私が父親にボコられて追い出された。
兄は就職も学歴も両親の自慢。
母親が兄の教育に全力を注げるようにとの理由で私は祖母に預けられて育った。
中2の夏休みに、もう手がかからないだろうとの理由で両親の元へ。
塾にも行かず部活三昧身体が丈夫が取り柄だけの娘に両親失望。
高校に入ってから腐趣味に目覚めた。
隠してたけど兄にバレた。
私の趣味を知って安心したからか、兄が私にカムアウト。
兄にカムアウトされてから何故か私の腐趣味が消えうせた。
私が兄に嫌悪しなかったことに前向きになった兄が、止めた方がと言う私を振り切って両親にカムアウト。
両親激怒。
テンパった兄が口を滑らせ、私のかつての腐趣味もバレる。
出来損ないの妹のせいで自慢の息子の人生が終わったと父親にボコられた。
一カ所だけだけど骨折。
私を庇った兄も額三針。
兄に抱えられて祖母のところへ逃げた。
父親は出来損ないに一銭たりとも払いたくないらしい。
今は祖母の家で兄に養ってもらってる。
両親は元凶の私から兄を引き離せば兄が治ると考えてる。
兄が何度も説明してるけど、理解できないんじゃなく理解したくないんだろうと思う。
頭は良いけど狡さとか横着さと無縁の兄が両親の考えを変えるのは無理だと思う。
祖母は私を預けられた時に両親の説得を試みたけどとうとう諦めた。
私は頑張っても無駄なこともあると両親から学んだ。
兄は努力家だからまだ頑張るだろう。
責任感からか私の一生を面倒みるつもりらしい。
私は勝手に適当に生きていくから別にいいのに。

父親は怒り続けてるらしい。
母親は泣き暮らしてるらしい。
母親から、あなたはどうして私を不幸にしようと思うようになったの?と聞かれたけど、この人バカじゃなかろうかと思った。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
694: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/01(土) 22:31:35.50
数ヶ月前から胃痛があった。
病院で検査したら「慢性胃炎と胃潰瘍」の診断。
お薬出してもらって経過観察と定期的に病院に行くだけでよかった。
一昨日、病院から電話で呼び出された。
昨日の仕事の関係で午後診に予約。
そこで医者に「胃癌の可能性が高い」と言われた。
どうやら胃潰瘍の部分の細胞を検査に回していた結果が一昨日に出たので急遽の呼び出しだったらしい。
病院出て泣きながら母に電話。
両親ともう一度医者の話を聞いてようやく実感が湧いた。
多分両親の修羅場はここなんだろう。
すぐに職場に行って上司と相談。
今日からしばらく休職。
いろんな人に心配掛けて迷惑かけてる。
家族といるときには笑ったり普通にしてるけどいろいろ考えてしまう一人になったときが私の修羅場。
月曜日に専門の病院行って検査結果聞いてからこれからのこと考える。
明日からも頑張るって意志表示込みでの書き込みでした。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
360: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/05/29(水) 12:47:49.96
私が8歳のとき二つ上の兄が病気で長期入院していて、
両親とも家にあまり帰らなくなっていた。
私は学校帰りや習い事の合間にお見舞いに行き兄と遊んでいた。
ときには病院に内緒で勝手に泊まり込んで看護師さんに怒られたこともあった。

ある日夜中に起きてリビングに行くと、
両親と綺麗なお姉さんが難しい顔して話し合っていた。
「起こしちゃったわね…お父さんの会社の人と大事な話してるのよ、お部屋にいってなさい」
と母に言われまた寝た。
お姉さんからは軽く会釈されたのを覚えてる。


それから一月くらい経ったときにそのお姉さんに
「久しぶりだね」
「お父さんお母さんから頼まれたの」
「いつも一人でお留守番して偉いね」
「学校は連絡してあるから大丈夫」
「お兄ちゃんには内緒だよ」
と車で遊園地に行くことに。
お父さんの会社の人だと前に母から紹介されてたのですんなりついていった。
綺麗なお姉さん、柔らかい雰囲気で優しそう。
何一つ疑わなかった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

341: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/23(金) 00:33:50.11
もう終わった話だし、吐きだしに来た。

昨年、付き合っていた彼女と婚約した。俺は一人っ子。彼女も兄以外に兄弟はいない。
俺の両親は、子どもの世話にならないと、自ら老人ホームを希望していて、貯金もしている。
逆に彼女の両親は、俺達が結婚すると挨拶に行ったとき、兄も含めて「仕事辞めるから
これから老後までずーーっと面倒見てね」と言うようなスタンスの人達だった。
もちろん、揉めた。
介護したくない、ではなく、何でまだ働ける年齢(60代)で健康なのに、娘夫婦に寄生する気
満々なのか、本気で意味が分からなかった。しかも兄はひきこもりでもう15年経っている。
精神病院にも連れて行ったことはなく、お金もジャブジャブ与えている。
2回ぐらいしか遭遇していないけれど、本当に獣のような匂いがしているわ、挨拶すら
まともにできないわ、むしろ「何でうちに知らない人が~! ママ~!」みたいな感じで、
就職して自立なんて夢のまた夢みたいなクリーチャーだった。
彼女自身は、「親なんて嫌い。でも育ててもらった恩があるから~」と、結果的には
煮え切らない態度で、家族側に立っていた。
だから結納はおろか、具体的な話が進まず、結婚したいのにできない状態が続いた。

業を煮やした俺は、彼女の家に乗り込んで、直談判したんだ。
同居はしない。不慮の事があったら面倒を見ないわけじゃないけれど、基本、世帯は別なので
自立してほしい。あと兄は将来的に面倒を見ることは期待しないでほしい。
この3点が自分の考えで、これに賛同してもらえないなら、婚約破棄したいと言ったんだ。
普通の親ならここでウンと言うかと思ったけど、逆ギレされた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
814: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/12(月) 00:34:55.27
年の離れた姉がいる。
両親は私から見て姉をネグレクトしていた。
兄と私には普通の態度だったので、理由はわからない。
小さい頃「どうしてお姉ちゃんをいじめるの?」と両親に聞いたことがあるが、しばらく沈黙が続き話題を変えられた。
幼心に聞いてはいけないことだと感じ、それ以来聞いていない。
姉は高校卒業後家を出て行き、ほとんど没交渉となった。
今から1年前、姉が1年前にタヒんでいたことがわかった。
しかもそれなりに財産を築いていたことがわかった。
財産は姉の養子が相続した。
両親は養子の方に「財産よこせ」と突撃しpgrされたそうで、愚痴をさんざん聞かされた。
姉の遺言状に「両親へ。お前らにやる金はビタ一文ない」と書いてあった。
養子の方に親のことで謝罪したり、姉のお墓を聞いておまいりしたり、姉の思い出話を聞きに行ったりした。
そして、先日養子の方から姉の財産の一部を贈与された。
「妹と弟(私にとっては兄)が馬鹿な真似をしなかったら、財産をわけてやって」という姉の遺言があったそうだ。
兄も財産を贈与されたそうで、それを親に言ってしまった。
親に「財産寄こせ」と言われ、兄と両親が泥沼の関係に突入。
兄が「妹ももらってるんだろうから、あいつから金もらえ」と両親に言ったらしい。
私も財産をもらっただろうとさぐりを入れられたが、もらってないとしらばっくれている。
でも信じてないようで、何度も聞かれる。
私にはもう実家と言うか「家」がないんだなぁと感じました。
家族に何も期待していないと思ってたんだけど、いざこうなると淋しい。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr



278: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/25(土) 15:46:41.41
まとめサイト読んでて、書きたくなった。ホモ話なので苦手な方は避けてください。

私の修羅場は、大学の時、一緒に二人暮らししていた兄に彼氏を寝とられたこと。
しかもうちの家に彼氏が遊びに来た時、徹夜明けで私がうとうとして、
目を覚ましたら、兄が自分のベッドで彼氏といちゃついてた。
大喧嘩になり大家が来て、壁壊したのがバレ親が呼ばれ、その流れで
兄がゲイだとカミングアウト。
彼氏が叩きだされた後も、母親が泣きながら、「私が妊娠中に親戚の酒を
断れなかったから、兄がゲイになった」と言いだすし、父親が「俺だって
男にクラッとくることだってある。遺伝だ」と言いだすし、「ゲイ云々よりも、
お前ら二人とも相手を見る目がなさすぎる」と斜め上の説教をはじめだすしで、
ショックでネジが飛んでいたのかもしれないけど、私はなぜかケラケラ笑ってた。
兄は私に、「ゲイだって誰にも言えなくてつらかった時に、初めて男に口説かれた
から、ふらっとしてしまった」と弁解していた。
兄も私も、その男とはすぐに別れて、二人暮らしも解消。(壁は敷金で直した)
半年ぐらいは、夜中目を覚まして泣いてしまったり、男よりも魅力がないのかと
自分を責めたりしたけど、今思うと、父の言う通り「見る目がない」の一言だと思う。
(現在彼は、私とは関係なく、大学を中退しパチスロで食べてるプータローだと前に聞いた)
それから5年間ぐらい兄とは会わなかった(里帰りずらした)けれど、先日結婚するのを機に
ようやく和解できて、今は多少距離はあるけど、里帰りした時には家族そろうようにはなった。
(旦那にもカミングアウト済)
笑い話にできるかと思い、ここに書いてみたけど、改めて文章にすると、兄も22歳でけっこうな
修羅場だったんだろうな、と思えた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr



20: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/23(木) 15:22:40.65
中学にあがる前の春休みに、「お前は私の子どもじゃない」と
父に言われた。家族全員(父方祖母、両親、私、弟)そろった食卓で。
それまで、特にそんなの思わなかったし、両親が不仲だとも
感じなかったので、びっくりした。
最初冗談だと思ったぐらい。
しかし父は血液型を持ち出して、絶対私の血液型は生まれないんだ、
と説明までした。(父・AB型、母・O型、私、O型)

父は生まれて血液型を知った瞬間に、母の裏切りを知ったけど、
そんな母と結婚したのは自分だから、自分の家族として育てようと思った。
お前の父親は俺だと思ってもらっていい…みたいな話だった。
何かメンデルの法則習ってショック受ける前に、伝えたかったみたい。
母は「そんな覚えない」「絶対おかしい」と否定したけれど、
祖母も、子どもの私も弟もどうしていいか分からず、呆然とした。

次の日、母が身の潔白を証明するため、父と私を産婦人科へ
連れていった。DNA検査ではなく、血液検査だったと思う。
時間はかかったみたいだけど、私は父の子だった。
AB型とO型でO型が生まれる血だった。

その話から、検査結果が出るまでの数週間近く、夕食で父と母が
一言も話さなかったり、いきなり祖母が泣きだしたり、私は
中学入学準備どころじゃないし、弟も情緒不安定だしで、修羅場だった。
母は20年近く経つのにいまだその話をし、父はその話を
出されると、いまだに母に頭があがらない。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr


656: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/09(月) 02:47:21.37
暴力系な感じなので、不愉快に思われる方はスルーしてください。


結婚して家を出るまで実家で数々の修羅場があった。
衝撃的な修羅場は6歳の時。
当時父親は最低だったので、夫婦喧嘩が絶えなかった。
そんな時は3歳下の弟と二人で肩寄せ合って小さくなってた。
ある日喧嘩の最中に急に静かになったから、様子を見に行くと、父が母の首を絞めてた。

私はとっさに母が手芸用に購入していた木の棒を持ち出して、背後から父に襲いかかった。
まぁ、木の棒だし6歳女児の力だし暴力怖いし。威力は大したことないので返り討ちにあった。
しかし、それによって母の首からは手が離れたので、母はせき込んでいた。
その時、父に「この豚はこれが気持ちいいんだよ!」と怒鳴られたので
「痛いの、気持ち良くない!!こわい、くるしい!やめて!」
恐怖を押し杀殳して必タヒに言い返した。
なおも父が母を殴ろうとするので父に噛みついたりして、殴られていた。
すると母が復活して、父が私を殴っている事にマジギレ。
凶器を持ち出して来た為、父が土下座をして喧嘩は終了した。

不思議な事に父母は離婚していない。
最近、母と当時の話をしたらこの事件を忘れていてショックを受けた。

続きを読む

このページのトップヘ