注目の人気記事

下痢

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
223: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/21(月) 21:19:37.33
大学生の頃の話。
下系&凄く汚い話なので嫌いな人はスルーしてね。

夏場のある日、刺身食べたら食中毒にかかってしまった。
下痢と吐き気が凄くて、学校を休んで一人暮らしの部屋でうんうん唸ってたら急に便意が。
慌ててトイレに駆け込み、スウェットのズボンとパンツを下ろして便座に座ろうと中腰になった。

その瞬間、それまではあまり感じていなかった吐き気がいきなりMAXに。
我慢する間もなくトイレの床に思いっきりゲロをぶちまけてしまった。
予想だにしていなかった事態にテンパッてしまい、全部吐いてしまったにも関わらず
「便器に吐かなければ!」
と身体を180度回転。

その勢いのままゲロを踏んで滑って思いっきり転んだ。
その際トイレの壁に側頭部を痛打し、その衝撃で下痢を全部もらした。ゲロの上に。
便器の中には結局何も入らなかった。

当時既に20歳越えてたけど声をあげて泣いた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
300: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/05(木) 07:35:51.25
一応結婚して1年経たない新婚の頃
実家の友人が出張のついでに泊りで遊びに来て、夫と3人で深酒した
次の日は夫の両親に誘われていたBBQに友人も共に行った

BBQは夫両親の友人夫婦が所有する山の中で
軽トラで10分くらいの中腹の山小屋だった

焼肉やら天ぷらやら、ヘビーな内容に深酒して二日酔いで
ゆるくなったお腹はたちまち下った
トイレは所謂簡易トイレが離れた場所にあったが、占拠する
訳にもいかず、2回くらい行った
BBQが終るまでの3時間耐えに耐えた なんとかもった
帰りは散歩がてら徒歩で下りる事になった

長いな
端折るわ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
259: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/02/22(日) 10:47:33
豚きり(スカトロ注意)

コトメ子(3歳・男の子)をコトメが同窓会に行ってる間、義実家で預かったんだけど
ちょうどトメさんが腰を痛めてしまったので、ヘルプで私がお世話をした。
コトメ子が風邪で下痢で、お尻拭きで拭くより洗ったほうが早いし、キレイになるから
シャワーで流してあげた。トイレトレが終わって、普段はパンツの子なんだけど、
トイレまで我慢できなくて漏れちゃうから、本人の希望もあってうちの子の
パンツタイプの紙おむつを履かせておいた。

コトメ帰宅。紙おむつ姿の息子に発狂。
おまけにお尻をあらったのは性的虐待で訴えるとさ。
トメと会社から帰宅したウト、駆けつけたうちの旦那とコトメ旦那に説得されて
最後は「言い過ぎました、ありがとうございました。」って言われたけど
”周りが謝れって言われたから謝りました”が見え見え。
コトメ子は素直でかわいいから好きだけど、コトメとはもう付き合えないな。
「甥の性器を触った変態女!」とか言われるとは思わなかったよ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
546: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/07(日) 21:37:38.17
俺の去年あった修羅場

下痢になってケツがかぶれたので、風呂で綺麗に洗おうと思ったんだが
スポンジでやると痛そうだったので石鹸を素手で泡立てて洗った

隅まで綺麗に~とか思ってたら変な体制になって滑って転ぶ
転んだ勢いで中指が根元までケツ穴に突入
無理な体制がたたって自分の体重+衝撃で肩が脱臼&中指骨折

その後「どうして怪我したのか」をどうしても上司に言えずにいたら
会社をあげての安全月間だったために言えないんだと判断され
斜め上の解釈で通勤中の事故になり労災が降りてしまったことまでが修羅場

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
546: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/07(日) 21:37:38.17
俺の去年あった修羅場

下痢になってケツがかぶれたので、風呂で綺麗に洗おうと思ったんだが
スポンジでやると痛そうだったので石鹸を素手で泡立てて洗った

隅まで綺麗に~とか思ってたら変な体制になって滑って転ぶ
転んだ勢いで中指が根元までケツ穴に突入
無理な体制がたたって自分の体重+衝撃で肩が脱臼&中指骨折

その後「どうして怪我したのか」をどうしても上司に言えずにいたら
会社をあげての安全月間だったために言えないんだと判断され
斜め上の解釈で通勤中の事故になり労災が降りてしまったことまでが修羅場

続きを読む

このページのトップヘ