注目の人気記事

上司

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

136: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/02(月) 13:14:55.41
修羅場スレがなんかいっぱいあるんだけど…
ちょっと不安になりながらも投下
発散させてくれすまぬ、長いから分ける

新卒ブラック会社へ入社して、社会人三年目で妊娠したときの修羅場

夢追いかけて卒業後フリーターになりかけた私が、
両親に説得され慌てて入ったという、当時社員4人のとても小さな会社。

三年目になる頃には社員は13人に増え、
同時に三年で15人退社していた。
社長のパワハラのせいで社員が定着しない、超零細企業だった。
一年目になる頃に私は、この会社で三人目の古株になった。

元々就職したころから結婚は決まっていて、
挨拶顔合わせ、結納挙式が無事終わったのは入社して二年半経ったころ。

正直早く子どもが欲しかったので、結婚して三ヶ月目にして無事子を授かった。

結婚自体は祝福ムードだったが、妊娠したころ2chにちょっとかじっている上司から
「メシウマwww残念だねwww」
と言われる。
上司は結婚したら女は終わりとよく言っており、妊娠した私が世間一般から見て不幸な人間だと認識したらしい。
営業だったので、そのまま退職願を出したけれど、受理されず、
「妊娠したからって甘えんなよ。営業行けよ、出張いけよ」
と勝手に予定を組まされた。
しかも片道二時間とか掛かるのwww駅から徒歩30分なのwwww

続く

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

263: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/16(金) 18:43:57.52
上司の娘(メンヘラ)から凸られまくった修羅場話の報告になります。
※一部グロい表現があります。

3年くらい前に父勤務の社宅アパートから一軒屋の社宅に引っ越したので
引越し当日の夜に父と新居の斜め向かいにある父上司の家へ一緒に挨拶に行った。
上司ご夫妻は普通の中高年夫婦だったのと、出して貰ったお茶菓子うめぇしてたら
上の階から大音響の金切り声と雄たけびが聞こえた。
その後、階段をどすっどすっと音を立てて二階から何かが降りてきた。
リビングの扉を開けて出現したその生き物は
風呂なんてずっと入ってないような激臭を放っており
体重も100kgは越えてるような見た目で髭も生えていて全く性別は判別できない、
そんな、異質の存在が、いきなり俺と父と上司夫妻が茶を飲んでいる所にやってきて
「パパァアアア!!パソコン壊れたぁあああ」「今日絶対絶対!!!必要なのぉおおおお」
「お友達に嫌われちゃうう!」「新しいの!早く!新しいの!!」「早くぅうう!」
とグローブのような手で壁をバンバン叩きながら耳をつんざくような金切り声を上げていた。
どうやら上司の娘さんで28歳、デザイン会社の勤めていたみたいだが欝で休養中らしい。
言いたい事を言い終わると「寝る!」「パソコン新しいの!!!」「起きるまでに!!」
と一方的に言い、二階へ戻っていった。

運悪く、俺は高専で情報関連の仕事を目指して勉強中だったのが原因してか
上司娘の新しいPCの見立てと設置を押し付けられてしまった。
父上司が、前に新しいの(Mac)を買ったが使いたいソフトが動かなかったので
怒って床に叩きつけて壊した事もあると言う前例も聞いてしまった。厄介すぎる。
見立てるにも全く用途が分からず、どういうものを選んでいいか分からなかったので
部屋に上がったが…その部屋は腐海と言うしかなかった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr



310: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/17(金) 18:57:55.73
10年位前のこと。
バレンタイン前夜に本命彼氏にフラれ、せっかくの手作りチョコがもったいなくて
既婚上司にあげたら、ホワイトデーに奥様手作りの超激ウマかつ豪華なケーキが返って来た。
プロ顔負けのあまりの旨さに、ことあるごとに上司に贈り物(お中元とか)をしては
奥様のケーキをお返しにください!と言っていたところ、上司にモーションかけてると勘違いされて
ある日突然会社にやってきた奥様に平手打ちされ髪掴まれて蹴られ泥棒猫呼ばわりされた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
357: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/10(月) 03:26:13.22
昔のことだから今は笑えるプチ修羅場を書く。
平日の昼間に原宿の表参道(歩道)を歩いてたら、ビルの地下駐車場からベンツが
一応徐行しながら出てきた。
でも1階に出る坂道が一部だけ急斜面で、ベンツがちょっとだけ勢いよく出てきた
もんだから轢かれそうになった。
約10㌢前で急ブレーキ停車。
轢かれそうになってビックリすると足が動かなくなるって本当だね。
そこまではたいした修羅場じゃないけど、運転席にいたのが矢沢のえーちゃんで、当時
の上司が大がつくファンだったため、「なんで轢かれて来なかったんだ!バカ!」と
(本人は冗談だったのかも知れないが超本気に見えた)言われて、ショックで
疑心暗鬼がしばらく続いた。
「おまえが轢かれて入院すれば俺がえーちゃんに会えるのに!」ってorz
尊敬してる上司だっただけに、それ言われてちょっと泣いた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
433: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/15(木) 14:37:55.07
解決した修羅場。

1年前、会社で急性膵炎になり、救急車で運ばれた後、入院した。
見舞に来た上司に、妻の前で、
「入院するなんて甘えだ!」
等色々怒鳴られた。
妻からは退職した方が良い、と勧められたが意地で辞めなかった。

そして1年後、上司が熱中症&軽い脳梗塞を自宅(室内気温40℃超えで冷房無しだったらしい。)でなり、救急車から入院。
退院後、自分の病気自慢がウザかったので、会社の飲み会で社長に病気自慢している時に、
「あれ、入院なんて甘えじゃなかったんですか?」
って言ってやった。
怒る上司と社長。
昨年の話を説明、妻も聞いていたと付け加える俺。

実は社長、奥さんを急病で亡くしている。
しかも、社長自身も会社で倒れて救急車で搬送され入院した経験有り、しかも九タヒに一生を得ている人。
だから、病気には理解がある方。
俺の時も、上司の時も、有給休暇+会社のお見舞以外にも、社長自身がお見舞を包んでくれていたらしい。
まあ、俺のお見舞は、上司がパクっていた訳だが。
お金をパクっていた位なら、黙っていたさ。
でも、妻の前で、怒鳴られたのが許せなかった。
(まあ、俺が辞めたら、パクったのがばれない、って至極あさはかな理由だったらしいが)
更には、復帰後も、俺に仕掛けたパワハラも許せなかった。
トドメに、今度は自分が病気になったら、病気自慢する神経が理解出来なかった。
そこいらも含めて、全部暴露してやったよ。
飲み会は、その直後に終了し、社長や幹部連は、上司を連れて、どっかにきえた。

続く

続きを読む

このページのトップヘ