キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

ロミオ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
348: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/12/29(火) 13:48:50
ロミオメールスレが見当たらないので。

元夫からきていたメール。
〇〇元気?息子も元気に育ってる?
もうあれから一年もたつんだね(中略)
あの時は本当にゴメンね。妹の事が本当にかわいそうで、悪気があって言ったんじゃない。
でも、あの時も何回も謝ったのに〇〇は許してくれなかったね。
でも、もう一年たったし許してくれるんじゃないかな?
妹も精神的に大分落ち着いて前みたいにはならないと思うし
息子にも父親が必要だから、もう意地張らないで元に戻ろう。

離婚の経緯
私とコトメがほぼ同時期に妊娠→残念ながらコトメ初期流産→コトメから私への
嫌み、嫌がらせ始まる→私、耐える→コトメ夫の浮気発覚、家に寄り付かなくなる
→コトメの嫌がらせと八つ当たりがヒートアップ。私、夫に訴える
→夫とトメ「コトメは世界一可哀相、八つ当たりで精神を保ってるから我慢して」
→私が臨月間近になりコトメ、私に物を投げ付ける(幸いお腹には当たらず障らず)
→夫「妹、追い詰められて可哀相!何とか今から堕ろせないの?」
この一言でコトメは本当に気の毒な境遇だし、夫にとってはたった一人の妹だし…と
なんとか我慢していたのが弾けて離婚決意。

自分の子を殺せと言っといて父親が必要とか笑わせんな。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
452: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/11/26(金) 20:56:36
今日見かけたエネ夫君
帰宅ラッシュな駅のホームにて電話中

「だからさぁ、俺も悪かったって。マジで。だからそんなに怒んないでさ、頼むよ」

ここら辺は別に気にするほどの内容ではなく、
近くにいたから聞こえてしまった、程度のことだった。
しかしだんだん雲行きが怪しくなってきた。

「いや、お袋だってそういってたし。お前が頑すぎるんじゃないか?別に俺の家のことばっかじゃないだろ?…正月?正月はだって旦那の親の方にいくのが当然じゃん。結婚したらそういうもんだろ。お袋も待ってるんだよ」
「だーかーらー、お前の親は弟もいるんだし良いじゃん。こないだ電話で元気だっていってたんだろ?は?お袋馬鹿にしてんの?そんなの嫌みに入らねーだろ?」

ちょっと切れ気味で声がでかくなってくるが、ここで声音が変わった。

「ちょっと待てよ。なんだよそれ。え?」
「え?は?ちょ…なにそれ弁護士って、え、なにお前今どこにいんの?」
「待ってくれよ…何それ分けわかんねーよ。嫌だよそんなの」
「な、な、とりあえず落ち着いてさ、家で待っててよ、マジでお願いだから」

取引先に怒られている営業マンかのように
身振り付きで懇願し始めエネ夫というよりはロミ夫風味になり始めた。
もう周囲の人はちらちらではなく凝視状態。

「おい!なぁ!聞いてんのかよ!親父もお袋もお前のために言ってただけだろ!それで別れるとかマジ意味わかんねーし!お袋達のことでなんで俺が怒られるんだよ!…え?おい!…っくそ!なんなんだよ…」

ここで周囲の様子に気づき彼は携帯を握りしめながら
都会の喧噪の中へと消えていきました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
256: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/02/02(月) 21:27:07
エネ夫、エネmeから脱却して離婚、
再婚して二人の子供に恵まれて
幸せな私も居ますよっと。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
825: 1/2 投稿日:2009/04/29(水) 10:57:12
最近離婚した友人の元旦那から、「復縁したいから、嫁子との仲をとりもってほしい」という
メールが何度もやってくる。友人には許可を得たので、晒し。

「どうか分かってください。協力してください。
 僕達を苦しめたトメ子は、もういません。
 これからは、二人でようやく幸せになれるんです。
 どうか嫁子に伝えてください。愛してると。」

返信しなかったら、さらにやってきたメール。

「あなたは私達の結婚式で、ご祝儀○万円くれましたよね?
 あれは、私達に幸せになってほしい、という意思の表れだと思い、
 勇気をだしてメールをしています。
 どうか嫁子に伝えてください。
 お前を苦しめた、トメ子はもういない。愛してる、と。」

あれは彼女に幸せになってほしい、という気持ちです。「達」じゃない。
自分の母を名前呼びなのが、鳥肌たったので、今日の午後、携帯ごと変えます。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
523: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/10/04(日) 01:43:18
もう10年以上も前だけど前の男の種が残っていて云々みたいな話は
馬鹿みたいにもっともらしく信じる人っているんだよね
元夫の家は熱心に宗教やってて家柄はともかく宗教の後継ぎが必要とかで
元夫や義両親、同じ宗教やってる一団からの男梅は半端なかった。
でも生まれたのは娘2人で女の子しか産めない畜生腹だと罵られた上に
元夫は俺の子ではないと言いだした。
元夫いわく、これだけ拝んでるのに女の子だったのは俺の種じゃない
私が以前につきあっていた男の残り種だろうと。
他にもいろいろあり、ばかばかしくなって離婚した。

続きを読む

このページのトップヘ