キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

ライン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
222: 名無しさん@HOME 2015/02/21(土) 13:21:04.35 0
ウトメ、コウト、コトメ、旦那の仲良し家族LINEが気持ち悪い
というか、うちは仲良し家族なのアピールがウザい
ちなみにその家族には
私と子どもらは入ってない
コトメ旦那も入ってない(コトメ妊娠中コウト独身)
入りたくないけど、うちの旦那が長男で、次男、妹といるんだが、
40歳の息子捕まえて36歳のコトメのお兄ちゃんなんだから!と平気で言う。
30過ぎてお兄ちゃんなんだからって気持ち悪いですねと笑顔で言ったら
うちはあなたのお家と違って仲良しなのよ!!
と。うち仲悪くないですけど…
関係はドライかもしれないけど。結婚したら別所帯って事をハッキリさせてるだけなんだけど。

旦那は旦那で、家族LINE大切にしてる。
もうほっといてるけど、子どもより義家族優先するような事があれば捨てると言ってある。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
310: 名無しさん@おーぷん 2015/08/30(日)23:10:39 ID:XL1
幼稚園のママ友でグループLINEをやってる。
事務連絡以外にも、育児関係だったり雑談したりするグループ。
グループなので私個人と関わりの薄い人も多数いる。

あるとき、私が好きで使ってるメジェド様のスタンプを使った。
すると、それまでほとんど会話にも私にも関わってなかったママAが反応

A「それメジェドだよね?スタンプになってたなんて知らなかった」
私「そうですよ~、使いやすいので愛用してます」

メジェド様を知ってる人がいることに驚きつつも、メジェド様について軽く話してた。
私とAしか話してなかったので少し気まずかったが、ここまでは普通だったんだ。
話も一段落してきて、そろそろ終わりだなーとか考えてるころにAのセコケチが姿を現した。

A「じゃぁ待ってるね」

私には何のことかわからない。
ほぼ初対面だし、もちろん何かの約束なんてしてない。
なんて返したらいいかわからず、少し経ってから返事をした。

私「えーと…何かありましたっけ?すみません」
A「メジェドのスタンプ待ってるねってこと」

あぁ、メジェド様のスタンプをもっと見たいのか…と納得し、いくつかスタンプを押した。
しかしこの判断は間違っていたらしい。
しばらく経って、Aからメッセージが飛んできた。

A「私さんまだー?待ってるのに」
私「あれ?送りませんでした?エラーかな…」
A「来てないよー私も使いたいんだから早めにお願いね」

固まる私。
そう、先ほどの「待ってる」はスタンプをプレゼントしろという意味だったようだ。
さすがに意味がわからずムッとして少し強めに返事。

私「どうして私が買うんですかー?120円なのでご自分で購入してください」
A「いやいや、薦めて来たのはそっちでしょ?120円ぐらいでケチらないでよ」
A「同じメジェド好きなんだしそれくらいいいじゃん…メジェドも喜ぶからさ」

なんというブーメラン。そもそも私は薦めてない。
そしてアナタと同じにしないでほしい。アナタが使ってもメジェド様は絶対に喜ばない。
確かに120円ぐらいすぐに出せるが、こんな奴に買うぐらいなら近所の子にジュースでも奢る。

私「とにかく私が買う理由は無いので、すみません」
A「じゃぁもういいよケチ!」

そう言い残して去っていった。
Aが本性を表している様子は個別チャットなので、ママ友グループは誰も知らない。
Aに関する噂が流れるでもなく、リアルではそれほど関わらないため何事もなかったかのよう。
120円をめぐるこんな小さなことをわざわざ言いふらすのもアレなのでここに愚痴らせていただきました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
88: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/22 20:07:47 ID:fSgHrzjb
友人Aの彼女が物凄いわがままで、友人としては別れたかったがなかなか別れられなかったようだ。

彼らは同棲していて、彼女がAに仕事に行ってほしくない時、
Aより早く起きて目覚ましが鳴る前に止めて起きないようにしたこともあり、
Aとしてはかなり迷惑していた。

欲しい物があると「買って!」を連呼し、
買ってもらえるまでしつこく言い続けることもしょっちゅうだったようだ。

ある時、Aに彼女が「ラインやりたいからスマホ欲しい!買ってよ」と言い出した。
「自分で買えよ」と言ってもしつこくねだってきたようで、Aは我慢の限界が来た。

「分かった。ラインさせてやるわ」と言って、とりあえず彼女を落ち着かせた。

そしてライン下りを予約し、そうとは知らない彼女をそこに連れて行ったようだ。
「お前がやりたがってたラインだよ」と言って嫌がる彼女にライン下りをやらせた。

かなりスリルがあるライン下りで、そういうのが苦手な彼女は大泣きだったようだ。
それをきっかけにして彼女は「お前なんか振ってやるっ」と言ってやっと出ていってくれたらしい。

俺はちょっとやりすぎじゃないかと思ったが
「ここまでやらなきゃ絶対別れてくれなかった」というAの言葉に、
確かになぁと思わざるをえなかった。

人のいいAにとっては本当に勇気のいる行いだったと思うし、
よくやったと言いたいわ。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
88: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/22 20:07:47 ID:fSgHrzjb
友人Aの彼女が物凄いわがままで、友人としては別れたかったがなかなか別れられなかったようだ。

彼らは同棲していて、彼女がAに仕事に行ってほしくない時、
Aより早く起きて目覚ましが鳴る前に止めて起きないようにしたこともあり、
Aとしてはかなり迷惑していた。

欲しい物があると「買って!」を連呼し、
買ってもらえるまでしつこく言い続けることもしょっちゅうだったようだ。

ある時、Aに彼女が「ラインやりたいからスマホ欲しい!買ってよ」と言い出した。
「自分で買えよ」と言ってもしつこくねだってきたようで、Aは我慢の限界が来た。

「分かった。ラインさせてやるわ」と言って、とりあえず彼女を落ち着かせた。

そしてライン下りを予約し、そうとは知らない彼女をそこに連れて行ったようだ。
「お前がやりたがってたラインだよ」と言って嫌がる彼女にライン下りをやらせた。

かなりスリルがあるライン下りで、そういうのが苦手な彼女は大泣きだったようだ。
それをきっかけにして彼女は「お前なんか振ってやるっ」と言ってやっと出ていってくれたらしい。

俺はちょっとやりすぎじゃないかと思ったが
「ここまでやらなきゃ絶対別れてくれなかった」というAの言葉に、
確かになぁと思わざるをえなかった。

人のいいAにとっては本当に勇気のいる行いだったと思うし、
よくやったと言いたいわ。

続きを読む

このページのトップヘ