注目の人気記事

メンヘラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

263: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/16(金) 18:43:57.52
上司の娘(メンヘラ)から凸られまくった修羅場話の報告になります。
※一部グロい表現があります。

3年くらい前に父勤務の社宅アパートから一軒屋の社宅に引っ越したので
引越し当日の夜に父と新居の斜め向かいにある父上司の家へ一緒に挨拶に行った。
上司ご夫妻は普通の中高年夫婦だったのと、出して貰ったお茶菓子うめぇしてたら
上の階から大音響の金切り声と雄たけびが聞こえた。
その後、階段をどすっどすっと音を立てて二階から何かが降りてきた。
リビングの扉を開けて出現したその生き物は
風呂なんてずっと入ってないような激臭を放っており
体重も100kgは越えてるような見た目で髭も生えていて全く性別は判別できない、
そんな、異質の存在が、いきなり俺と父と上司夫妻が茶を飲んでいる所にやってきて
「パパァアアア!!パソコン壊れたぁあああ」「今日絶対絶対!!!必要なのぉおおおお」
「お友達に嫌われちゃうう!」「新しいの!早く!新しいの!!」「早くぅうう!」
とグローブのような手で壁をバンバン叩きながら耳をつんざくような金切り声を上げていた。
どうやら上司の娘さんで28歳、デザイン会社の勤めていたみたいだが欝で休養中らしい。
言いたい事を言い終わると「寝る!」「パソコン新しいの!!!」「起きるまでに!!」
と一方的に言い、二階へ戻っていった。

運悪く、俺は高専で情報関連の仕事を目指して勉強中だったのが原因してか
上司娘の新しいPCの見立てと設置を押し付けられてしまった。
父上司が、前に新しいの(Mac)を買ったが使いたいソフトが動かなかったので
怒って床に叩きつけて壊した事もあると言う前例も聞いてしまった。厄介すぎる。
見立てるにも全く用途が分からず、どういうものを選んでいいか分からなかったので
部屋に上がったが…その部屋は腐海と言うしかなかった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
667: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/10(土) 22:30:51.86
10年前の話。
当時付き合っていた彼女がメンヘラだった。いわゆる多重人格。
通院にも付き添い、毎日連絡もとっていた。
共依存のような状態におちいってたんだと思う。
ある日、大学病院の鍵つき病棟に彼女が入院することになった。
身内のみ面会可能ということだったが、なんとか会えないか、彼女の親に頼みに行った。
そこでわかった事実。
彼女には婚約者がいた。しかも俺の存在は皆が承知のうえのこと。
彼女の両親からは謝罪と300万の慰謝料という名の手切れ金を受け取った。
俺はタヒのうと思った。
1ヵ月後、彼女は退院したが俺はICUにいた。
2年後、彼女は結婚したが俺は病院で廃人だった。
そして今年、彼女はこの大学病院で母親になった。俺はまだ病棟から出られずにいる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
317: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/13(金) 16:32:16.34
私がDQNだった話。(血注意)
フェイクはいってます。

三つ下の妹が中3の夏に、幼馴染の女が親の離婚でメンへラ化した。
親、先生などは妹にメンへラの相手をするように頼み、
真面目が妹はそれに従った結果、なにかあるたびリスカ・リスカ跡を見せられ、
登下校と学校にいる間ずっとストーカーされ、友好関係をつぶされ、
持ち物を盗られ、やたらおそろいの物を買わされ、
メールを一日何十件も送り返事がないと自さつ未遂→相手親から苦情
下駄箱や机に血のついた包帯を入れられたり、テンプレな目に遭った。
親は途中からメンへラを無視するように言うが時すでに遅し。
デモデモダッテでなかなかメンへラを見捨てられず
共依存で鬱気味になった妹の成績はがた落ち、メンへラと同じ高校へ。
そこでも粘着され、避けようとするたび自さつ未遂で妹は不登校になった。

私は遠方の大学に進学し、実家にはほとんどいなかったが、
上記のことはかいつまんで聞いていた。

ここまで前提。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
876: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/30(金) 10:17:24.29
ありがちな話だけどカーチャン離婚の修羅場。

私が成人した頃、父は数年の闘病の末亡くなった。
金銭的にも物理的にも苦労した母には
再婚して幸せになって欲しかった。

その数年後、母は新しい夫を持つ事になった。
が、初めの3年ほどは仲良くやっていたが
夫(ハゲ)は会社に出入りする保険外交員とW不倫、
女はアパートを借り、そこに入り浸り中々帰ってこなくなる。

母は精神に異常をきたし
鬱病パニック障害その他もろもろ病名が付き
度重なる自さつ未遂、ひがなボーっとしているかと思えば
突如女のアパートへ出向いて騒いだり
リストカットを繰り返し、泣きわめいていた。
その全ての後始末を私と弟で処理していたが
その頃自分の夫を亡くした私も、母の相手をする事に限界を感じていた。

それでも入退院を繰り返すうちに多少改善。
意識と記憶を保てるようにはなったので
2chで知った法テラスに駆け込み腕のいい弁護士へ出向き
長い調停と裁判の末に離婚させる事に成功した。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
523: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/11(日) 23:11:31.47
隣りのお姉さんが自分の家に火をつけてついでにうちも類焼したときかな
そのお姉さんが妊娠してて相手はオレだって言われて修羅場ったw
もちろんオレに身に覚えはない
相手の親が学校に言ったので高校退学になりそうになった

きれいなお姉さんだったんだけど
妄想が酷くて薬も効かなくて入院した
多分今も入院してる
時々なに書いてあるのか分からないはがきが実家に来る

続きを読む

このページのトップヘ