キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

ボランティア

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
294: 名無しさん@HOME 2012/10/28 02:32:41
流れを変えれたらと願いつつカキコ


私が何か作る度に「いくら安くつくからってこんなんじゃ買った方がマシねww」とpgrしまくるトメ
そりゃまぁ胸張って料理上手いです手芸得意ですなんて言えない腕前だけど、たまには大成功するさ
それさえpgrしてくるのでいい加減我慢出来ずにやらかしました

トメのご飯を「糞不味い、よくこんなの作れますねww味覚障害なんじゃないですか、これなら豚の餌のがマシですよwwww」
と言いながら全部流しに捨てた

普段から庇ってくれる旦那は笑いながら「いくらなんでも捨てるのは勿体無いよww犬なら食べるだろうから置いときなww」と自分の分をビニール袋へ
ウトは「自業自得だな…」と呟いて出掛けていきました

トメは切れて喚いてたけど旦那と「外に食べに行こうか、ついでに不動産見に行こう!」と出掛けました

トメはその後もpgr発言するけど無視or逆pgrで対応
段々話しかけてこなくなりましたが先日物件決めてきたらまた嫌味とか言い出した
「貶す事しか考えられないなんて可哀想ですね」「ウトさんはボランティアで貴女と結婚したんですかね」と言ったら泣いた

それさえ気にせず本日引越し完了!

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
697: おさかなくわえた名無しさん 2011/03/29 21:44:03 ID:04mXvTK4
職場での出来事。
ニュージーランドの地震があったとき、そっちへ旅行行ってた職場のバカ女A
震災後すぐ帰国。多分地震発生直前に出国ぽい。
なのに、地震体験談を語るわ語るわ。TVで見たと思われることをベラベラと。
報道されてない、地震直後の身の回りの事とか聞かれると話をそらす。
100%体験してないって確定してるわけでもないので、みんななんとなくスルー。
段々収まっては行ったが、思えばコレが良くなかったのかもしれない。

で、今回の大震災。
収まりかけた、地震体験談が再開。
怪しい体験談だけならまだマシだった。
震災後言い続けた事をまとめると、

被害者可哀想。
哀れなので地震体験者の私がその体験を生かして助けてあげたい。
でも、仕事もあるし私が居ないと職場回らないし、いけなくてゴメンネ
私さえいければなー、的確なアドバイス出来るのに。助けられるのに。
本当に残念。仕事なければなー。でも責任もあるしなー

文章にすると上手く表現できないけど、こんな感じ。果てしなく上から哀れむ感じ。
流石に何人か注意した。俺もした。
でも脳内お花畑だから、
注意される→自分に出来ない僻み→出来ることをすればイイヨ!
って脳内変換されて全然わかってもらえない。

最初は放置すれば静かになるかな、って感じでスルーしてたんだけど、
今回の震災は、地震津波原子炉とどんどん後から色々出てくるので収まらない
つど注意したりしてもバカには効かない。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
67: おさかなくわえた名無しさん 2013/04/20 11:37:06 ID:QKkefp8z
平日の微妙な時間帯の電車内。チラホラ空いている席が目立つ。
前に座っていた小学生低学年くらいの女の子が、先日学校であった行事での体験を楽しそうに母親に話していた。微笑ましい。

駅に着くと旅行者らしきおばさん(50代そこそこ)数名が大きな声で話しながら乗車してきた。
「あら!ちょうどあいてる!」
「よかったわ~!座ろ座ろ!」
なんて言いながら足下に荷物を置き、おかしをバリバリ食べ始めた。

口からお菓子をボロボロこぼしながら尚も大声で話し続けるおばさんたち。
女の子はおばさんたちが乗車してくる前までは小さな声で母親と話していたのに、おばさんたちの声の大きさにかき消されて段々大きな声になっていった。

いい加減母親が女の子に声の大きさを注意するが、おばさんたちにも聞こえていたようでムッと母親を睨んだ。
あっという母親の表情。
車内の雰囲気か一層悪くなったところで女の子

「お母さん!!なんてこと言うの!
”お年寄り”はね、お耳が悪いの!
だから声が大きくなっちゃうのは仕方ないんだよ?
それにね、視野(?)も悪くなるの!
だから周りに人がいるってわからないの!
迷惑かけてるってわからないの!
でもそれは”おばあちゃん”になると目やお耳が悪くなるからなの!
仕方ないでしょ!?それなのにお母さんは…」

先ほどの会話の内容が先日あった行事、老人ホームでのボランティアのこと。きっとそこで学んできたんだろうね。
おばあちゃんは、お年寄りは…と繰り返していた。
おかげでおばさんたちは俯いて静かになったし、向かいに座ってたサラリーマンは、吹き出したのを誤魔化す咳払いでむせて大変そうだった。
それ見て笑うJK…と連鎖していきもはやカオス状態の車内。
もれなくわたしも吹き出した。
注意するにできない母親が一生懸命しーしーってやっててちょっとかわいそうだったけど女の子GJ(笑)

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
329: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/04/05(火) 15:48:48.96
震災ボランティアとか、イイコぶる兄嫁が憎い。
ボランティアってゆってもお前のは趣味の延長だろ!
自分が楽しんで目立ちたいだけだろーって。
そんな暇があるなら、本当にイイコなら、うちの親を面倒みろ!
介護を私に押し付けて遊びほうけてるくせに、人の役に立ちたいとか
どの口で言うのか小一時間。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
200: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/07/02(水) 11:28:22.99
うちのコトメも離婚後しばらくボランティアにハマってたわ
旦那有責とはいえ専業主婦で離婚して実家に出戻り
義両親は「いつまでも無職では暮らしていけない。パートでいいから働け」と
せっついて仕事の話を持ってくるのに
私より困ってる人がいる!と現実逃避してた

でも結果として加入した、地元で長年堅実にやってる組織が
仕事や家事育児等、自分の責務を完全にこなしてから参加するのが基本姿勢
ボランティアが忙しいから~~出来ない、って言う人は
嫌われてすぐに排斥される厳しいスタンスだったから速攻逃げたよ
最終的に義両親が期間区切って
「何月までに働かなければ追い出す」と最後通告して
女一人パートで働き始めたら、やっと現実の厳しさに気付いて
ボランティアなんて一言も言わなくなった。

続きを読む

このページのトップヘ