キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

プレゼント

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
490: 名無しさん@HOME 2011/10/23(日) 05:21:51.81 O
うちのトメは義実家への手土産は開けもせず勿論おもたせもしないが
大ウトメ宅(トメ実親)へ一緒に行った時はうちが持参した手土産を大トメに促しおもたせさせるのがよくわからない
あと無趣味で無頓着なトメだから毎回選ぶのにかなり苦労して
誕生日プレゼントなどを渡してるのだが開けた姿を一度も見た事がなく
後日感想もないから正解だったのかわからない
手土産やプレゼントを目の前で開封すらしないのって普通?
今までそんな人に出会った事がなくとても驚いた
因みに目の前で開封しないのはコトメも同じ
頂いた物は本人の目の前で開封してお礼やリアクションをするのが常識だと思っていたよ…

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
840: 名無しさん@HOME 2011/09/17(土) 17:08:22.67 0
水曜日に「嫁子さんのお誕生日に手袋買いたいんだけど、どんなのがいい?」と
トメから電話があった。
「材質が毛のものは痒くなるので、それ以外で。色はなんでもいい」と言ったら
しっかり毛100%のものが送られてきた。

届きましたと電話をしたときにそれについて言ったら
「何か忘れていると思ったらそれだった。でも使えるでしょ」と。
意地悪ではないと思うけど、大雑把すぎるトメなんだよね

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
21: 名無しさん@HOME 2010/12/21(火) 23:13:31 0
「タンスの整理をしたので送ります」という
それだけでも失礼なトメからの失礼な荷物の中に
トメの誕生日に夫と一緒に選んで
トメの好物とセットにしてあげたハンカチが入っていた。

好物はたいそう喜んで食べたとトメから報告があったが、
ハンカチは、いらなければ、
プレゼントした本人に返すのではなく、
プレゼントした本人の目につかないところで処分して欲しかった。

トメは教育者なのですが、最近の初等教育では、
「贈り物で気に入らない物はプレゼントした本人に返しましょう」って
教えてるんですね。

これからはトメを見習って、
トメからのイヤゲ物は全てトメに返す事にします。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
463: 名無しさん@HOME 2010/11/18(木) 21:56:01 O
今日糞トメから誕プレが送られてきた。
割烹着みたいなスモッグだったから、そのまま捨てちゃったw
スーパーのチラシの裏に、孫の顔を早く見せてねって余計な一言。
割烹着いらないし、毎回メモがスーパーのチラシの裏って‥。

馬鹿にしてんの~?

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
82: 名無しさん@HOME 2010/10/28(木) 12:13:44 0
敷石の間に生えた苔は次亜塩素酸ソーダ(安売りのハイター)まいたら絶滅しました。
トメにはまさか使えないしな。

ベルトが黒ずんで千切れた触るのも嫌な汚いミーレ?とかいう変な腕時計くれた。
非常にもったいないお金の使い方だけど、デパートでベルトを新品にして電池も換えた。
そして「お母様、綺麗にしましたから私にはもったいないので使って下さいね。」と言って返した。
ウトメ気色ばんで「返すのか。」・・・あとにつづく不穏な空気。
そこで旦那が一言「嫁子はダイヤがいっぱい付いたすごい時計持ってるんだよ。お母さん。」
ああ悪気がないって最強w

人様に使い古しの汚れた物をプレゼントする感覚が異常。
その前はウトのサイズが合わないバーバリー(ウト165センチ位、夫180センチ)垢で首周りベトベトを持ってきた。


  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
833: 名無しさん@HOME 2010/06/17(木) 10:25:25 0
うちのトメ、母の日の私からのプレゼントは「今までで一番美味しくなかった物」と
わざわざ電話してきた。

更に「貰いっぱなしで借りは作りたくない」と言って、『手作りの煮物』を送ってきたけど
砂糖&醤油たっぷりで真っ黒に煮しまった牛蒡やら大根やら・・・。
一口食べたら歯にしみる位の濃厚な味付け。

出来ることなら「とてもじゃないけど食べられない」と言い返してやりたいところだけど
ここは私が一つ、大人になってやろうと我慢。
それでも夫には「贈り物にあんな言い方、相手への思いやりの欠片もないね」とはつぶやいた。

そうしたら夫が後日、トメに電話で激しく叱りつけたらしい。
(トメが私実家に電話してきた際に判明。一応、最愛の息子に叱られてしょげてたらしい)

普段、割とトメと私の間に入ってものらりくらりとかわしている風だった夫だけど
今回はちょっと見なおしたよ。


  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
267: 名無しさん@HOME 2010/05/01(土) 00:09:41 0
誕生日プレゼントに、トメからお古のペンダントを貰った。

「私はもう使わないから」という理由だけど、埃だらけのケースをコンビニ
袋に突っ込む前に中身を確認して欲しかった。
トメの脂で黒ずんでいるし、ケースの中はシミだらけ。気持ち悪い。

自分が使い倒したものを、プレゼントとして他人に「これ、あげるわ」と
押しつける心理がわからない。
私から「下さい、お願いします」と頼んだわけではないし、高価なものでも
なく、代々譲られるような由緒のあるものでもない。

トメの世代は、お古をやり取りするのに当たり前なのかもしれない。
私も末っ子だから、子供の頃は姉達のお古を着ていた。
でも、親からでさえお古をプレゼントされることはなかったから、嫌な気持ち。
こんな気持ちになるくらいなら、いっそさっぱりと何もくれなければいいのに。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
71: 名無しさん@HOME 2010/01/30(土) 23:13:05 0
義両親は裕福でもなければ、貧乏でもないごく普通の年金生活者。
持ち家にローン残ってるわけでもないし。
なのに、隠居した親の生活は子供が見るのがあたりまえ!と
思いこんで、何か欲しい物があるたびにおねだりしてくる。

TV買換えろ、DVDが欲しい、寝室にエアコン欲しい、結婚記念日に
旅行プレゼントしろ等々、この10年どれだけおねだりされたことか。
そのたびに義弟と相談して、結局は兄弟でプレゼントし続けた。

っで、今回の電話は古い戸建ては寒いし、年寄りに使い勝手悪いから
マンションに引っ越したいと。先短いので賃貸で十分、今の家は思い出
がいっぱいなので取り壊さず、時々利用したい。
なので、新居の家賃を払ってくれと。
??????????????????
よくもまぁ、こんなに厚かましいお願いをできるものだと
呆れかえっているのだが、夫及び義弟は
現在の自分たちが恵まれた生活できるのは、両親のおかげと
えらく親孝行な考えの持ち主。

払える払えないではなく、
物の考え方として、どうもトメのおねだりし放題に
同調できない自分がいる。もう電話とるの嫌。

この取りたくない電話なんだが、私が在宅中に
旦那が電話を取ると「専業主婦がいるのに、ご主人様に電話を取らせるなんて
どこまでグータラなんだか」と、こんな事ぐらいでも嫌味を言うトメなので
ほんとに嫌、電話取るのもお金出すのも。まぁこれが本心だな

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
303: 名無しさん@HOME 2009/12/22(火) 16:01:31 O
トメから息子にクリスマスプレゼント届いた。
いつものごとくプレゼント以外のイヤゲモノにはうんざり。
あのー、ポプリ入りの袋やらリボンやら星やら貼り付けただけの松ぼっくりなんて要りませんから。
しかも袋あけた時点で既に装飾品がポロポロ取れてるし、
接着剤がピローンとのびてそのまま固まった糸状のものが着きまくり。
もう既にクリスマスの飾りはしてあるし、もしまた装飾品がとれて床に落ちたりして
1歳の息子が誤飲してもいけないので、なかった事にしていいよね?
こういう飾り手作りするの好きな人って自分ちだけで留めておいてほしいわ。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
47: 名無しさん@HOME 2009/12/11(金) 12:46:42 0
さっきのトメ電

「孫ちゃんにクリスマスプレゼントを送りたいんだけど
私たちは孫へのプレゼントははじめてだから何がいいかわからないでしょう。
だから、教えてちょうだい。なるべく詳しく言ってくれると助かるから」という電話。
絵本のタイトルを言ったら
「絵本ねぇ。もうすぐ一才だから絵本でもいいのかもしれないけど。
でも、それよりクリスマスツリーはどう?欲しくない?」
ツリーは買って飾ってあると言ったら
「ツリーは私とお父さんが買いたかったのに」

あー疲れた…

  続きを読む

このページのトップヘ