キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

パワハラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
144: 可愛い奥様 2012/01/02(月) 15:16:54.98 ID:A930wqr+0
昨年、パワハラなウトメと大揉めし、罵倒された。
沢山泣いて辛かった。
きっとウトメは、嫁に力を誇示し、「嫁は底辺」を決定づけ、さらに言いなりにしようと
したんだろう。
でも、私は頑張った!
ここの皆に「がんばれ」と言ってもらえたお陰で、強い自分になる事を決意。
怖くてビクビクしつつも、勇気をだして冷淡な嫁モードで1年を過ごし
定例の電話も廃止、優しい言葉も社交辞令も一切廃止。
夏休みの帰省は、初めて取りやめ、例年4泊してた正月帰省も、なんと滞在3時間。

このスレの皆のお陰で、私は強くなれた。
本当にありがとう。
パワハラウトメに泣いてる奥さま方、勇気を出して!
嫁を苛めたら損するのはウトメだってこと、身をもって気付かせましょう。
もちろん、良ウトメなら私だって仲良くもしたいし孝行もしたい。
でも、あっちがあの調子なら、こっちだって相応の付き合いをするしかない。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
576: 可愛い奥様 2012/08/17(金) 01:31:22.41 ID:3F0ZiADsP
発達でも稼いでくるとか仕事できるっていいなぁと思ってしまう。
うちは池沼かと思うレベル。

舅と姑がやってた店に入って舅と姑が亡くなったのでそのまま社長してるけど
実質は経理の私と社員3人でまわしてるようなもの。
それなのに「社長様だぞ!偉いんだぞ!」「僕が銀行から金借りてるからお前ら生活できんだぞ!」て態度で
社員にパワハラまがいの罵倒したり家と店の区別がつけられなくて
「昨日家で嫁にこんなことされた!」と作り話で大騒ぎして社員困らせる。

仕事も全然しないし、できないから「得意先直行する」と言って10時に出勤してきて
「得意先行って直帰」と行って13時に帰る。
その得意先も世の中に存在しない会社で嘘がバレてないと思ってるみたい。
前に旦那に嫌気がさして辞めた社員に「社長って一番得意先回りしてますけど、一番仕事取れないですよね」て
嫌味言われて「一生憎む!一生許さない!末代までの屈辱!」てずっと言ってる。
嘘つくほうが悪いのに。

一度社員の女の子に家で私にするような嫌がらせを毎日続けて労基駆け込まれそうになってモメたのに
まったく反省も学習もしてないみたい。
その時も「誰にでもストレスはあるわな。僕もはけ口が必要。お互い理解が大事」て意味不明なこと言ってた。
明日から仕事なのにさっきも寝る前に「お前なぁ!!」て作り話で絡んできて
「もうこんな気分で明日仕事行かない!!」と言い出した。
サボるために喧嘩吹っ掛けてんだろうなぁ。なんでこういう知恵だけはあるんだろ。
10連休でも20連休でも勝手にしてて欲しい。正直店にいらない。
社員からpgrされまくってんだし。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
430: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/10/13(日) 21:53:45.32 ID:Yicn+aN8
数年前、直属の上司にパワハラを受けてたのが修羅場。
「実家暮らしは自立できない甘ったれ」
「お前の仕事のダメっぷりは周囲も呆れてる。誰も何も言わないのは心底お前に失望してるから」
「お前のような存在を育てた親はゴミ同然」
「臭い、汚い、目障り」
こんなことを1年以上、毎日言われ続けた。

何もしなくても涙が出て止まらなくなったり、臭いが気になって何度も自分で上着の臭いを確かめたりもした。
当時母子家庭で、父親タヒ亡時の保険金も微々たるもので、年の離れた弟と要介護の祖母のためにも絶対に仕事は辞められなかった。
自社から客先へ出向する形で上司と私しかいない職場だから誰にも相談できず、耐えるしかなかった。
あいつが異動になる時期が分かっていたから耐えられた。

今思えば暴言を録音してもっと上の上司に訴えれば良かったんだと思う。

最近やっと、フラバも起こさず薬も飲まなくて良くなったから記念カキコ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
454: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/09/05(木) 05:08:19.00 ID:Auk5wop6
携帯からなんで読みにくかったらすみません

昔働いていた職場は徒歩10分。
そこの職場が経営する老人用マンションに住む顔見知りのAと言うお婆さんがいた。
職場でも時々会うそのAさんは良い所で育ちましたみたいな感じでお化粧して服装もお上品な感じで愛想も良くて面倒見も良いから顔と名前を直ぐに覚えた。

ある日、仕事から帰っていると橋の上によれよれのお婆さんが立っている。
薄暗いから良く見えないけど、Aさんに良く似ている気がした。
普段なら気付いて向こうから挨拶してくれるのに、真横を通ったけど挨拶も無い。
だから別人だろうと思いながらも、なんだか幽霊みたいで怖いなーと思いながら帰宅した。
翌日出勤したらAさんが橋から飛び降りて入院した、うつ病らしいとの事。
あの時、声をかけていたら、何か変わったかもしれないと落ち込んだ。
それから数日後、夜に犬の散歩に出ようとした母親が「何してるの?」「こっちに来て」とか玄関で言ってる。
犬でも迷い込んだのかな、と思ったけど、母親の声が何かおかしい。
揚げ句父親を呼びはじめて自分も玄関から顔を出した。
ちょっと複雑な構造をしてるから説明しにくいんだけど、我が家は三階。
玄関開けると屋上みたいなスペースがあって、柵の向こうに人がいらっしゃる。
しかもAさん。
子供の頃に柵の向こう側で遊んでたから抵抗無く、無意識にAさんと同じ場所に立って、足を踏み外しても大丈夫なようにガッツリ支えて親に通報して貰った。
因みに柵は胸元まであるから下手に引き上げようとして、暴れられたら間違いなく落ちる。
警察が10分たっても来ないから急かすように父親に伝えたり、Aさんを落ち着かせようと声掛けしたりした。
警官二人で引き上げてもらい、入院先と住所と名前を伝えたりした。
病院から抜け出してなぜか我が家にたどり着いてタヒのうとしたらしい。
深夜に上司に電話して事情を伝えて、一段落したら気が抜けて私、大泣き。
本当に怖かった。


一旦切ります

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
119: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/12/11(火) 03:38:47.11
1年前ほどに経験した修羅場

こちら20代前半の喪女。
新卒採用で入社した会社の男性上司に、入社直後からパワハラ気味に指導されるも、
社会なんてこんなもんなのかなー、と理不尽な怒声を浴びながらのうのうと過ごす日々。
ただ機嫌がいいときは趣味の話を振ってきたり、普通に談笑できていたので
嫌われているわけではなくて、虫の居所によってあぁいうふうになっちゃう人なんだなぁ、という印象しかなかった。

ある日、部署での飲み会後に飲み直そう、と珍しく機嫌いい男性上司に誘われてホイホイついていったら
そこが個室系の居酒屋で、見えないように散々体を触られる事態に。
しかし下手に機嫌を損ねると何をされるかわからない恐怖感で、なすがままになっていたわたし。
そこから社外などの見えない場所でのセクハラがエスカレートして、結果レイプ未遂にまでなった。
(もちろん社内でもパワハラ継続中)
これはいくらなんでも我慢しなくていいんじゃないか、と別の女性上司に事情を話し、仕事を辞める意志を伝えた。
けれど、上司を解雇にしてくれた。本当守ってくれたひとたちには頭が上がらない。
これでやっと平和な日々だ、と思ってたらその一週間後くらいに男性上司の奥様が職場凸してきた。
こっちとしては謝罪と菓子折りくらい持ってきたのか、と思いきや
「あなたが主人を誘惑したからふじこふじこ!!」と喚きはじめた瞬間が最大の修羅場。
慰謝料貰いたいのはこっちの方だよ!
上司解雇と引き換えに示談書書いてくれって言われたけど、気持ちの整理がついてからでいいですか?と先延ばしにした自分GJ。
こっちはいつでも被害届出せる立場っていうのが本当に気持ち的にちょっとだけ救われた。
奥様から内容証明3通届いてるけど全てスルー。届くたびに寝込んだけど。
ただでさえ男性にちょっとトラウマあって苦手なのに、このことで絶対に結婚しないと決めた。

今年も終わるので厄落としとしてカキコ。
来年は素敵な年になればいいなぁ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
769: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/26(木) 11:41:52.82
小さな話だけど、書いてみる。

もう何年も前だけど、大学の飲み会で、パワハラ&セクハラがひどい先輩達がいた。
普段はほのぼのしたサークルなのに、飲み会だけはやってきて、強制イッキとか、
「女は男の隣にすわって酌しろ」「もうちょっと露出多い服着ろよ」とか平気で言う人たち。
しかもそれを「俺らはお前らと違って体育会系だから」の一言で済ますやつらだった。
文化系サークルだったためか、面と向かってその一派に文句言ったり止めたりする先輩も
いなかったし、女性の先輩はその先輩たちの彼女ぐらいしかいなかったため、
1回生で入った私たちは、けっこう嫌な思いをした。

ある日合宿した時に、その一派がやってきた。
当たり前のようにイッキを強制し、だんだんと潰れて人が減っていく中、私は1回生女子で
一人だけ起きていた。
そうしたら「女の子が一人だけだと物足りない!」とか言いながら、その一派が
1年生の女子部屋に突入(すでに潰れて寝てる子がいる)しようとした。
止めたけど一人じゃ止まらないし、この一派にも、それを止めようとしない先輩にも、
もうイライラが最高潮に達し、酔ったふりして、一人に助走つけて胸あたりに
ドロップキックした。そしたら、技をうけた先輩が、頭を打って昏倒した。
そこからは、その先輩が目がさめるまで、他の一派や先輩達に説教されるわ、
1回生女子も起きてきて「何で○○(私)が説教されるのか」とやめるやめないの
騒ぎになるわ、今までおとなしかった先輩が「止められなかった俺らが悪い」と
朝まで討論会状態になって、サークルはじまって以来の修羅場となった。

続きを読む

このページのトップヘ