注目の人気記事

パニック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
608: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/23(月) 19:12:53.86
自分的には修羅場だった話。
幼稚園の時、近所の空き地にデカい石があって遊んでた。
何気なく石の間に足を入れてみたら、足の甲をざっくり切った。
とりあえず友達の肩を借りて帰った。
傷を見た母親は動揺したのか、消毒液をドバドバかけて絆創膏を
ペタッとつけたけど、全然傷がはみ出てて『これじゃあ無理だよ』
と言ったら慌てて病院に。
麻酔なしで緊急手術になったが、最初は痛くても仰向けで我慢。
硝子の破片を取ってるのかと思ってて、恐いもの見たさで、
つい頭をあげて見てしまった。
足の傷口を縫ってる事にパニックを起こし大暴れし、看護師4人、
母親、たまたま病院に居た祖母に全身を抑えつけられ手術が続行された。
手術が終わった後、母親には雷を落とされ、祖母に泣かれた。
どうやら大暴れしていた際、医師に暴言を吐いていたらしい。
(バカヤロー、藪医者等々)
でも本当に痛かったんだよ…。
会計待ってる間ずっと怒られてたけど、医師が来てくれて、
まだ幼いのに麻酔なしの手術を頑張ったからと飴をくれた。
あの時はすいませんでした。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
777: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/16(月) 17:07:08.41
小学5年の時、裏庭で爺さんとたき火をしていた。
落ち葉を集めて焼き芋をしていたんだけど
イモが転げて火から出てきたので元に戻そうと近くにあった
壊れた傘(小学生用の先端丸い黄色いプラの付いたもの)でイモを押し戻したら
これが自分にはとても面白く、調子に乗って火に傘を突き刺して遊び始めてしまった。
溶けてきた傘を見て爺さんは「やめとけ」と言ったが
そう簡単には止められない楽しさがあって無視して続けていた。
次の瞬間、
「ジャキーン」という音と共に傘の骨が自分に向かって反り返って爆ぜた…ように見えた。
私は溶けた黄色いビニールをモロに被弾してパニックになり、燃えた傘を持ったまま爺さんに突進。

後から聞いた話によると
その時家のベランダで洗濯物を取り込んでいた婆さんが目にしたものは
燃えた傘を持って爺さんに向かう孫…思い切り叫び声をあげたそうな。

爺さんは私に付いたビニールを叩き落とそうと必タヒで、自分のズボンの裾に着火したのに気付かない。
私は最初ただもう食いしばってしまって声も出せなかったが
どこからか「アアアーーー!!」と聞こえたのを皮きりに号泣。
ズボンが燃えてるのに気が付いて急に踊り出した爺さんに更にパニックになり周囲を回りながら大絶叫。

誰かが傍に来る気配がしたと思ったら私は思いっきり突き飛ばされ失神→病院→入院。
爺さん→病院→帰宅。

私と爺さんがちゃんと事情説明出来るようになるまでの数時間、
婆さん発信の怨霊説が両親を襲い、キレた母が家を出る出ないの修羅場に発展。今も若干尾を引いている。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
489: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/10(土) 09:48:55.93
わき道から車道へ、大量の小学生が泣き喚き飛び出して来て、
自分の車の前に来た時は、人生終わったと思ったな。

前をかすめた子どもが倒れて、もう1人がボンネットに乗り上げ、
リアのほうでなんか「ゴツン」みたいな音がして、わけがわからないまま、
やっちまった、人杀殳しだ、何でこんなことに、
塩鮭にマヨネーズは塩分高すぎ、ごめんお母さん、
兄ちゃんと父ちゃんの仕事はどうなる、俺もタヒのう、
素人童貞は切りたかった、タヒにたくない、車のローンはタヒんだらチャラだ、
みたいなことを数秒で一気にわーっと考えた。

わき道の奥にあった踏切で人身事故があったらしく、
そこで踏み切り待ちをしていた小学生がパニックになって、
我がちに逃げ出して車道に飛び出したみたい。
結果的に子どもたちの怪我も大したことなかったんだけど、
線路内での人身事故+車道で交通事故複数件=大量の緊急車両で、
10人くらいの警察官に取り囲まれて事情を聞かれたりした。

何故か塩鮭に気持ちが固着してしまったみたいで、
落ち着くまでずっと、頭の隅で塩鮭のことを考えていた気がする。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
299: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/06(火) 07:57:46.66
アラフィフの私の、子供のころの修羅場。

田舎の保育園に、弟と預けられていた。できたばかりで新しく、土地もひろびろあって、
園庭も、子供たちが自由に駆け回れるほどあった。

ある日、いつものように子供たちが園庭で元気に遊んでいると、暴れ牛が園庭乱入!
ものすごい勢いで突っ込んでくる牛、まさに猪突猛進!!(牛だけど)

恐怖のあまり、パニックを起こす子供達に保母さん達!!

阿鼻叫喚の渦の中、命からがら園内に駆け込み、引き戸を閉めて、もう大丈夫だと
なだめられて、お友達とわあわあないていたら、牛の飼い主らしきおじさんが牛を捕まえに来た。
近所は田んぼと、畑と、とにかく田舎だったので、牛を飼っている家もあったらしい。

われに返った保母が、「土足で!お靴は脱がなきゃだめでしょう!!」と怒り出したのが第二の修羅場。

つか、あんたその口で「靴はいいから上がって!!」っていったやん。

牛が怖くて、しばらくは「保育園いや!!」と、兄弟して朝から駄々をこねていたのが、
親にとっての修羅場だったらしいw

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
139: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/11/21(月) 03:07:00.05
子供の頃水族館の立ち入り禁止に忍び込んで、水槽の中を上から見てたんだけど
職員にみつかり怒られて、驚いて水槽に落ちた
運悪くサメの水槽を見ていたので、個人的に修羅場だった
人生で2番目くらいに怖い出来事だった

続きを読む

このページのトップヘ