キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

バス

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
103: おさかなくわえた名無しさん 2010/01/12(火) 08:20:36 ID:YZuFZN5y
朝の通勤バスに乗り合わせる女子高生二人組。
二人は別々の高校に通っているようで、降りるバス停が違う。
まぁ、そういう二人が二人がけの席に座るのは、理解できるのだが…
何で先に降りる奴が窓側に、終点まで乗る奴が通路側に座るんだ?
それなだけでなく、先に降りる方のバス停が近づいても降りる準備しようとしない。
停車してから急ぐ風でもなくのんびりと鞄持ち上げて席を入れ換えて…ってやってるんだ。
そのバス停、信号や踏切が近接していてちょっと出遅れると終点に着く時間が全然違う、
つまり接続する電車とかも変わっちゃうんだ。
そいつらが下車支度して席を入れ換えて…って待っている間に、信号が変わって踏切が鳴り
出してって事は何度もあった。
おまいらが座る順序を考えたり、もっと余裕を持って下車支度するだけでもっと早く終点の
駅に着くんだよ。もうちょっと頭使って欲しい、と思った。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
568: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/14(土) 22:22:15 ID:/YMMR4CH
毎日バス+電車での通勤なんだけど、バス内でのマナーに時々ポカーンとする。しかも中高年に圧倒的に多い。学生も多く乗ってるのに。

以前病院前を通り過ぎたらピンポン押し忘れたらしく「戻ってよ!」とキレたおばちゃんがいた。戻るってお前バスは自家用車じゃないから…。
何故か病院前でいつもトラブルが起こる。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
614: おさかなくわえた名無しさん 2009/10/07(水) 15:06:09 ID:dvgw78YM
バスに乗ってたおばさん二人
始発から乗車して停留所を7つくらい過ぎてから運転手さんに『○○には行きます?』と尋ねた
そんなの乗る前に調べとけよ…時刻表分からないんだったらせめて乗るときに運転手さんに聞いてから乗れよ、と聞いてて少しイライラ
目的のバス停に行かないと知ると二人でわーわー騒ぎ出し、『運転中は席を立たないでください』という注意も無視
運転手さんが『□□で降りて△△に乗り換えるか、◎◎で降りて乗り換えるかしてください』とわざわざ次の発車時刻まで教えてくれたのにもかかわらず、おばさんの一人が『次の●●で降りたらバスあるんじゃない?』と言って聞かない
何の根拠と自信があるのか知らんが、運転手さんが言う通りにして大人しくしとけよ
見苦しかった

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
257: おさかなくわえた名無しさん 2009/09/29(火) 17:55:31 ID:nM1yWCcg
来月友人(♀)の披露宴に参加予定なんだけど、新郎新婦その両親全部地元出身だったのに式場は車で一時間半以上かかる遠方田舎だった。
しかも招待状と一緒に送迎バスの知らせが入っており、もう乗るものと勝手に決められていた。
ちなみにバスは式に参加する新郎親戚用バスのみ記載。
披露宴のみに参加する私がこれに乗ったら会場で一時間半以上暇を持て余すので披露宴用のバスはないのか?式参加用バスでもせめて新婦側のバスはないのか?っと連絡しても新婦ぐだぐだ言い訳…。
仕方ないので諦めてた。
ーら、式一週間前にちゃんと披露宴客用の両家バスがあると発覚した。(新婦弟から聞いた)
なんでそっちに乗せてくれないのか、隠すのかが分からん!!
会場で一人ヒマしてろっと嫌がらせなのか?!

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
664: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/20(月) 17:07:34 ID:nN4EHW9r
バスの中での出来事
ちょうど夕方で、学生や会社帰りのリーマンで少々車内は混み合ってた。

停留所が近付くと鳴る、降りますブザー。
停まるバス。だが、人は降りない。
再び走り出し、また停留所に近付くと鳴るブザー。でも、人は降りない。
運転手さんも「降りられる方誰もいませんか?」と少々イライラ
でも、またブザーが鳴る。

不思議に思いつつも終点が近付く。
で、ふと辺りを見渡すと、最後尾座席にいた知的障害者らしき男性が、ニヤニヤしながらブザーを押そうとしてた。
こいつか、と回りにいた客も呆れ顔で見ていた。

だが、客が次々と降りて行く中、さすがに運転手が不快に思ったのか
「おい!」と、ある客を呼び止めた。
呼び止められたのは、犯人らしき知的障害者ではなく、なぜか男子学生2人組。
「お前らいい加減にしろよこの野郎。くだらねぇイタズラしやがってよ」とまくし立てる運転手。
男子学生ポカーン。

その2人は俺の近くに立ってたが、二人で単語帳見てたし明らかにブザー押してない。
勝手に決め付けた運転手の神経がわからん。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
620: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:nfWfc00D
胸スーか怪しいし友達の事なんだけどいい話だったから許可得たから投下。

昼過ぎに友達とご飯食べに行こうと前列二列目のバスの座席乗ったら昼過ぎは次々にじいちゃんばあちゃん満載。
足元がおぼつかないおばあちゃんが更に杖ついてるおばあちゃんに席譲るレベルで満載。
で、何で私達が席を譲らないとうか譲れなかったのはそういう人が座りずらい高い位置に座席があったから。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
622: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/17(金) 14:32:25.88 ID:uIP+4s1i
空港行きのバスに乗った。観光バスみたいなやつ。
始発の飛行機に乗るにはこの駅から出る始発バスに乗れば安心。
乗れなくても5~10分おきに出ているから後続でも間に合うし、タクシーだってバンバンある。
バスはあらかじめ切符を買うか、ICカードで乗る。(でかでかと看板にかいてある)

その日は人が多くて早めに並んだから普通の席に座れたけれどすぐに補助席も満席になった。
満席だし時間になったので発車しようとしたら、おばはんが二人乗れずにごね出した。

満席近かったころにその二人はきたけど、ICカードもないし切符も買ってなかったので券売機で買ってくれと運転手に言われて買いに行ってた。
戻ってきたときには満席になっていたので怒ったらしい。
運転手と乗務員は高速使うので法律で立ち乗りは駄目、後続バス(後ろでこちらが出るのを待ってる)に乗れと言うがおばはん二人はこれに乗せろと譲らない。
「貴方がこれに乗れるっていったんやろ!私もうこれに乗るから!決まってるから!」
と叫ぶおばはんにビジネスマン風の他の乗客が一言
「あなたはこのバスに乗ってるほかの客が見えていないのですか?あなた一人の為に全員飛行機に遅れさせる気ですか。いい加減にしなさい!」
半分乗り込んできてたおばはんはきっぱり言われた言葉と乗客の寒い視線にすごすごと降りていった。
他の乗客もぶつぶつおばはんに文句は言ってたけど、きっぱり言ったこの一言がきいたみたい。

私は(何が決まってるから!や)とツッコミしかできなかったので内心拍手。

結局バスは5分遅れで発車して次のバスの出発時間になってた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
13: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/26(日) 15:14:11.25 ID:92Tk50mk
バスの中で見た話。

バスに乗ってたら男子高校生二人組(見た目は地味タイプでDQNではなかった)が
やけにオーバーアクションで騒いでいて
まわりの人にぶつかりまくっていた。
老人とか妊婦さん、子供にも振りあげた手とか足が当たりまくっていて
妊婦さんが、たぶん腹に当たったらヤバイと思ったんだろうけど
「ごめんなさい、ちょっと…」
みたいな感じでやんわり注意した。

そしたら男子高校生たちは逆にテンションがさらに上がってしまい
「なにオバサン、それ何語でちゅかー?(へんな口真似つき)」
「なにヒスっちゃってんの? オバサン生理?」
とか言ってゲタゲタ笑いはじめた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
245: 名無しさん@おーぷん 2015/06/23(火)11:48:46 ID:FhC
ぼんやりと生きてきた我が人生でこれは武勇伝かな、と思える話。

当時、大学生だった俺は春の長期休暇を利用して実家に帰ろうとしていた。実家に帰る交通手段の一つにバスがあり、俺はバス到着時刻よりかなり早くバス停に着いて、のんびりとしていた。
そんな時、自分が待っていたバス停を終点とした別のバスが止まった。そのバスから降りてきた最後のお客さんはおばあちゃんで、ちょっと足が不自由そうだった。
運賃を支払いバスの階段を降りるおばあちゃん、ちょっとヨロヨロと危なげな足取り。心配になった俺はバスの階段の一段目に足を乗せ、おばあちゃんに手を差し延べた。おばあちゃんは俺の手に握ってゆっくりとだけどしっかり階段を降りることが出来た。
今でも覚えてるんだけど、その時握ったおばあちゃんの手はすんごいあったかくて、生きてるあたたかさってこんな感じなんだろうなあ、って思った。

おばあちゃんは「ありがとう」ってお礼言ってくれたし、バスの運転手のおじ様からはいい声で「あんがとな!」って言ってもらったよ。ちょっと晴々とした気分になった大学三年の春でした

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
153: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)22:40:11 ID:iPW
引かれそうなので誰にも言えないこと

私は高校生のころ、バスで通学していた
その日はテスト期間中で午前中で授業が終わり、いつもより早い時間にバスで帰宅していた

お昼どきは乗客が少なかったので快適だった
眠くてウトウトしていたら、後ろの方から声が聞こえた

母親と幼い男の子の会話だった
どうやら男の子は、降車の合図のボタンを押したがっているようで、それを母親がとめていた
「もう少しで降りるから、そのときに押してね」となだめているのが聞こえた

その親子が降りるであろうバス停のアナウンスが聞こえるやいなや、私は迷わず降車ボタンを押した

人が少なかったおかげで私の行動を見ているのはその親子と運転手さんだけだったと思う
男の子は驚きすぎたのか、何が起きたのか理解できなかったのか、泣きもせず呆然とバスを降りて行った

私は違うバス停で降りた

たいしたことないって思われるかもしれないけど、けっこうひどいことしたなと思う
だからと言って深刻な顔して友だちにわざわざ打ち明けることでもないし
タヒに際に遺書に書いて懺悔することでもない気もする
ネタにするには意地悪すぎるし

でもずっとあのときのことが頭に残っていて、吐き出したかったので書きました

続きを読む

このページのトップヘ