キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

ナンパ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
71 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2015/02/23(月) 09:27:47 ID:s6Q
もう10数年前の話なんだけど、田舎の駅で電車を
待っていたらナンパされた。
当時30代半ば。相手はチャラそうな20代後半くらい。
誘い文句が
「俺さぁ、寿司職人に転職したばっかりなの。
今度、食べに来ない?」
で、自分が焼いたんだと言って卵焼きの写真を見せて
ここまで焼けるのにいかに苦労したかとか力説するんだけど
バックが殆ど黒い中に黄色い物体がぼやけて写っているだけ。

田舎だから電車がなかなか来ない。
でも周りには人が結構いる。じろじろ見られてる。
私は心療内科の帰りで、病院で大泣きしてきた所なのに
なんでこんな変な兄ちゃんにナンパされなけりゃならない
んだろうって思った。

「携帯の番号教えてよ」って言われて、携帯持ってないから
って答えたけど服のポケットに携帯入ってる。
鳴ったらどうしよう、と思ってヒヤヒヤした。
やっと電車が(相手が乗る方で方向違い)来たので
「早く乗りなさいよ。これ逃したら次来るの1時間後だよ?」
って言って無理やり乗せたんだけど、発車間際に降りて
また誘ってきた。
何とか振り切って帰ってきたけど、色々と衝撃的すぎて茫然とした。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
554 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2011/01/10(月) 11:45:02 ID:gj2+jrHt0
ケータイ規制解除待ち中@ハゲBANK

やっぱり不倫です。家具屋姫の話、私ももっと早く知りたかった。
高校生のとき、ナンパされて付き合った。私17歳、彼25歳。奥さんと5歳の娘がい
たのに、なんかはっちゃけてしまった。
けっきょく双方親バレ泥沼化しながらも、こそこそ2年半付き合ったけど、最後は
彼が別件でしょぼい事件起こして警察に逮捕されて終わった。
彼とか呼ぶのも気持ち悪いし消したい黒歴史。
あまりにもきもくて、むなしくて、不倫てほんとに悪いことなんだ、もう二度と
するまいと誓ったのに、不倫風味な略奪婚をして今に至る。
風味というのは、メンヘラ奥さんと偽装離婚してた人と結婚したから。
出会ったときはすでに偽装離婚後四年とか経ってたし、ほとんど家にも帰らず夫
婦関係破綻してたのかもしれないけど、扶養はしてたし同居してるし、内縁の妻
ってやつだったのかな。
スーツケースと身ひとつで家出wしてきた。
肉体的な関係になったのはその後だから、手順的には問題なかったけど、あたり
まえだけど偽装離婚だから周りに言ってなかったので、急に私と結婚して周りを
混乱させた。
しかもすぐ子供ができてしまったので、さらに不倫疑惑でヒソヒソされてる。再
婚、子供のことは元奥さんには言ってないらしい。バレたらやっぱもめるのかな

父親がまずまず整った顔立ちなので、生まれた子供が美人でうれしい。モデルや
らせて雑誌とか出てる。
苗字が地域限定系でかなり珍しいし、娘が父親そっくりすぎるから、元奥さんが
見たらすぐバレると思う。
けど、むしろバレてしまいたい、あなたには何も残らなかった(小梨だった)けど
私には娘がいるのよ!ってアピールしたいのが現在進行形の黒い自分。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
71 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2015/02/23(月) 09:27:47 ID:s6Q
もう10数年前の話なんだけど、田舎の駅で電車を
待っていたらナンパされた。
当時30代半ば。相手はチャラそうな20代後半くらい。
誘い文句が
「俺さぁ、寿司職人に転職したばっかりなの。
今度、食べに来ない?」
で、自分が焼いたんだと言って卵焼きの写真を見せて
ここまで焼けるのにいかに苦労したかとか力説するんだけど
バックが殆ど黒い中に黄色い物体がぼやけて写っているだけ。

田舎だから電車がなかなか来ない。
でも周りには人が結構いる。じろじろ見られてる。
私は心療内科の帰りで、病院で大泣きしてきた所なのに
なんでこんな変な兄ちゃんにナンパされなけりゃならない
んだろうって思った。

「携帯の番号教えてよ」って言われて、携帯持ってないから
って答えたけど服のポケットに携帯入ってる。
鳴ったらどうしよう、と思ってヒヤヒヤした。
やっと電車が(相手が乗る方で方向違い)来たので
「早く乗りなさいよ。これ逃したら次来るの1時間後だよ?」
って言って無理やり乗せたんだけど、発車間際に降りて
また誘ってきた。
何とか振り切って帰ってきたけど、色々と衝撃的すぎて茫然とした。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
536 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2018/04/16(月) 10:39:54 ID:TPyAdicU.net
大学生の頃からの友人に事あるごとに「ずるい」と言われていた
私がナンパにあったりすると「私はされた事ないのにずるい」
授業を休んでも成績いいと「私は休んだ事ないのにずるい」
いいバイトに受かると「私は居酒屋なのにずるい」
自分がいじられ役なのを「私だけいじられてあなただけずるい」
全部私なりに努力した結果だし特に授業なんか友人は出ても寝てるだけ
その友人はノートもとらないし借りたこともない
それをやんわり指摘すると「なんでそんな事いうの?」って言われる
就職を機に疎遠になってたけど結婚を報告したら「あなたって昔からそうだよね、要領良くてずるいよね」って言われた
結婚する時は言ってね!って言われてたから報告したんだけどお祝いの言葉より先にそれだった
結婚式しない予定だしこのままFOするつもり
ずるいずるい言うわりには私にベタベタしてきて親友気取りなのが神経わからん
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
536 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/03/19(土) 13:55:39 ID:Ed0
何年か前に本屋にあるジグソーパズル見てたら、隣にいた太ったおじさん(ヒップホップやってそうな風貌)に「パズルやるんすかーこれ難しそうすよねー」と話しかけられた。
同じパズル好きなのかと思って、ちょっと話をしていくうちに
「お〇ぱい大きいなって思って話しかけた」
「彼氏とかいるんすか?」
「良かったら一緒にパズルやりませんか?」
とか言われて連絡先交換しようみたいな流れになったから怖くて、隙を見て別の店に逃げた。

ショッピングモールの本屋で、一緒に来てた母はその中の理容店で散髪中だったから帰るに帰れなかった。
しばらく本屋が怖かった。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
874: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/02(月) 13:57:06.76 ID:r4SryCxn
10年以上前のこと、私が家に帰る時にナンパ?された。
年は同じか少し上の高校生で、チャリにのりながら喋りかけてきて
無視してもとにかくしつこかった。
家がもう近くでバレたく無いし、兄に来てとっちめてもらおうと携帯に電話をした。
私の家族は父の仕事で海外にしばらく住んでいたので
兄には英語で「何か変な人につきまとわれてる。家の近くだから迎えにきて」と頼んだ。
チャリ男はえ?なに?何語~すげ~
みたいにバカっぽく喋りかけてくる。
日本語で話したらバレて逃げられるので敢えての英語。

そして迎えに来た兄(180以上)。と幼馴染が2人。
(♂180以上、♀170くらい)に囲まれるチャリ男。
チャリに座ってるからか余計縮こまって見える。
男は、あ…え…とかオロオロしていて
「うちの妹に何か」と低い声で聞いたら
すいませんでした、と言って逃げた。

ありがとう、お兄さんと幼馴染さん。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
300: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/14(木) 20:26:27.52 ID:39OREEqI
プチだし、もしかしたらあんまスカッとしないかもしれないけど投下

大学生の頃、たっかいスカジャンを買った
肩から腕にかけて黒い龍、後ろに虎の描かれたチンピラが着てそうなスカジャンなんだけど、刺繍されてる虎がどうも格好良く見えない上、虎の下に謎のタイ語
冬にそれを着るたび、サークルの同回や後輩と毎回「ナマステ~w」「馬鹿にすんなw」みたいなやりとりをしてた

そんな散々いじられまくってネタジャンと化したそれを着てたある日
いつものようにゲーセンに立ち寄ったら、小柄な女の子が男子3人に絡まれてた
女の子は私の仲の良い後輩A
Aはどうやらナンパされてたらしく(後で聞いた)、オロオロしてた
私は「大事な後輩が野郎に絡まれてる!助けねば!」と男子たちとAの間にずわっと入り込んで
「女の子に寄ってたかって何してんだ。ぶっ飛ばすぞ」的なことを私の地元の方言バリバリでまくし立てた
ノーメイク、茶髪、例のスタジャン+ジャージの巨女にびびったのか知らんが、男子たちは「すみません…」と消え入りそうな声で謝りながらそそくさと帰っていった
Aにすげえ感謝されてしまって、恥ずかしかったけどすごく嬉しかったし個人的にスカッとした

その日は二人で仲良く格ゲーして(ボロ負けした)ご飯食べて帰宅
それから数日は、その日のことを思い出しては「いい事した!」とホクホクしてた

数日後、サークルに顔を出したら後輩たちから「先輩聞きましたよ!」と声をかけられた
どうやらAがあの日のことを話したらしく、なぜかその時に着てたスタジャンのおかげだ!的な話になって、後輩の間では私のスタジャンが「ナマステ様」として神格化されてるらしい
(私のおかげやろが!とつっこんでも、「先輩2割、ナマステ様8割っしょ」と言われて少しショボーン)
私も3日くらいナマステ先輩ってあだ名になった
同回からも「変なセンスだけが取り柄じゃないんやな」とか賞賛の声をもらい、衣替えするくらいまでは私の武勇伝的なものになった

今年もナマステ様を解禁したので思い出しカキコ
後半関係なくなっちゃったかも

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
141: 1 2014/01/31(金) 11:21:58.91 ID:6VkcNf4W
少し前に見た武勇伝。1月頭の初詣シーズンのこと。

地元で大きな神社では出店が出ていていか焼きやら甘酒やら売っている。
出店の横にはスペースがあって、食べ物はそこで食べて基本的に
持ち歩かないってのがルール。紙にも張り出しているしね。

初詣ということもあって着物の人もちらほら。
で、俺はボーっと初詣した後にいか焼き食ってたんだが
隣の屋台がなんか騒がしい。どうやら着物きた若い子が
男に絡まれているらしかった。
へたれな俺は気にしつつ、ほんとにやばくなるまで黙ってみてた。
女の子は丁寧に断ってその場からそそくさと逃げていたら、
むかついた男が甘酒をその子の着物にぶちまけた。
ひざのあたりにでっかいしみが出来て女の子が急いで拭おうとした。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
211: 名無しさん@おーぷん 2015/02/23(月)02:19:43 ID:io1
旦那と付き合う前、セッ●スフレンドが10人以上いたこと。
全員ナンパで知り合った人たちなので実生活に影響なし。
面食いだったのでブサメン・フツメンはお断り、イケメンのみOKしてた。

で、顔の良さによって何となく自分の個人情報出すの控えてた。
△雰囲気イケメンには、下の名前(偽名)・自宅の場所(嘘)・職業(嘘)を言い、
○普通のイケメンには、下の名前(本名)・自宅の場所(本当)・職業(嘘)を言い、
◎最上級イケメンには、フルネーム(本名)・自宅の場所(本当)・職業(本当)を言った。

彼氏(今の旦那)ができたのでセッ●スフレンド全員切ったんだけど、
◎の場合→「おーそうなんだ、おめでとう! また彼氏と別れた時にお互い都合が合えばよろしくね!(笑)」
○の場合→「マジで? え~いいじゃん、彼氏に内緒でこれからも会おうよ」
△の場合→「そんなのやだ! じゃあ二股でもいいから俺と付き合ってよ」

やっぱ顔が良ければ良いほど女に不自由しないから執着しないんだなぁ、と興味深かった。
○と△からはしばらく連絡がしつこく来たけど、携番・アド変えて終了。
嘘のプロフィールばっかり教えてたおかげで身元が割れる心配は無かった。
◎とは今も普通に友達付き合いしてる。
ちなみに旦那はブサメン。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
964: 名無しさん@おーぷん 2015/11/16(月)20:10:27 ID:QHQ
吐き出し。
幼馴染を見捨てた。

近所に住んでいた幼馴染がいた。
幼馴染は何もかも私より上で、私は幼馴染の子分、引き立て役だった。

高校の時、下校中にナンパされた。ちょっと年上で悪そうな人たち。
カラオケに行こうと誘われ、幼馴染は付いて行こうとした。
私は本当に怖くて、逃げるように帰った。幼馴染は残った。
ナンパしてきた人たちも、目当ては可愛い幼馴染で私はどうでもよかったんだと思う。

翌日幼馴染は、カラオケが楽しかった、オゴリだった、アドレス交換したと嬉しそうだった。
今思うと、大人の付き合いっぽいことをしてのぼせていたんだと思う。
それをきっかけに、幼馴染はずるずると素行が悪くなっていった。
学校にもだんだん来なくなっていった。

幼馴染がいない学校生活は、別にどうってことなかった。
それまで、幼馴染がいないと私は一人ぼっちで困るんだと思っていた。
けどそんなことなかった。
幼馴染がいないほうが楽なんだと気が付いてしまった。

そして幼馴染は駆け落ちして姿を消した。
幼馴染の両親が泣きながらうちに来て、心当たりがないかと聞かれた。
何も聞いていなかったので、そのように答えた。
聞こうとも関わろうともしてなかったので、本当に何も知らなかった。

続きを読む

このページのトップヘ