キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

トメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
37: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/24(月) 17:47:39.92 ID:b2YeaP3B
流れ読まずに投下スマソ。

義実家にいるクソトメ(絶賛同居中)は何かあるとすぐ私をpgrするのが日課、ある家業をしていて何もかもやったことのない仕事の連続で要領はおろか手際も悪い私に対して「それくらいのことも出来ないで」と冷水を浴びせるような言葉しか吐かない。

胸糞が悪いけど同居中だし仲良くしなきゃと健気な嫁を大人しく演じ、口の悪いトメに堪えてきた。
そんなある日、いつもは特別支援学校に寄宿舎から途中帰省していた息子に「孫子は途中帰省しないと寄宿舎にいれないの?たった5日くらいの辛抱も出来ないで」とpgrしてきた。

続く

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
696: 名無しさん@おーぷん 2016/04/16(土)15:44:09 ID:m37
旦那の実家に行った時
よく、嫁だけ飯がない!とあるけど、旦那実家は真逆
嫁だけタヒぬほど飯が出る
そして食べ切れないと「わざわざ用意してやった食べ物を無駄にした」と非難轟々
私がその洗礼にあったのは旦那の父の七回忌のこと
私が旦那と結婚して初めて旦那宅での食事だった
旦那の兄嫁たちから飯の話を聞いていて、事前に「嫌な思いをすると思うから心構えしておくように」教えてもらった
「三男嫁ちゃんは体も小さいし(148センチ、標準型)、三男くんも・・・(旦那はアンガールズ体型)なるべくお腹空っぽにして来なね」と優しい言葉

そして当日、全員にお店に頼んで準備された御膳が出された
エビやらカニやら湯豆腐やらふんだんに使われ、それだけで量が十分
15品くらいあったかな
更に嫁たちには「お客様だから」と寿司10貫となぜか赤飯茶碗に山盛り、ケーキ一切れ(笑)が出された
姑や小姑は「嫁たちには立派な子供産んでもらわなきゃ!だから一人分じゃ足りないでしょ?」とニヤニヤ
遠慮なく全部美味しく頂きました
長女嫁さんと次男嫁さんの分は私と旦那二人で分担して平らげました
旦那、今はアンガールズ体型じゃないんですよね
もともと姑がメシマズすぎて(魚を調理させたらウロコと内蔵ついたままの丸焼きが出てくる)食に関心が無かったんだけど、私が料理するようになって食べる楽しみを覚えてから胃袋が広がり大食漢に

御膳すら残している小姑に「お子さん産めないんですか?だから食べないんですか?あ、30手前にしてまだ独身でしたねすみません(ニッコリ)」
姑には「小姑さんにきちんと食べさせないから子供産めないと見越されて貰い手無いのかもしれませんね(笑」
とDQN返ししてきました
これで少しは大人しくなって長男嫁さんや次男嫁さんへの嫌がらせが減ればいいんですけどね
私も旦那も食べた分はばっちり脂肪になるので一緒に暫くダイエットです

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
456: 名無しさん@おーぷん 2015/11/21(土)05:11:31 ID:Tgs
私のぷち武勇伝
トメがよくおすそ分けと称してクソまずい家庭菜園の野菜をよこしてきた
育ちすぎて青臭くなり固くなって噛み切れない水菜やキャベツ他いろいろ
育ちすぎて巨大化して味のない瓜類
中身がスカスカor筋が入りまくった根菜類
一番まずかったのがこれらの野菜
他にもいろいろあったけど、何より困ったのが量
一回で大根3本とか当たり前
夏場はキュウリ10本、ナス20本とか一度に渡された
毎日消費しても消費しても追いつくわけがなく、野菜をダメにすると「野菜料理してない」だ「私の気持ちを蔑ろにしてる」だ泣き落とし
私は体質からコレステロール値が低く、医者からも肉を食えと言われてたのに、肉どころか魚を食べる余裕すらなかった
野菜しか食べてないせいで栄養も偏りスタミナも減った
旦那は気が向けば外食して帰ってくるので何度訴えても私の悩みは理解できないようだった

ある時昼にちゃんこ鍋にして野菜を消費していた私は、我慢の限界で頭の中で何かが弾けた
気づいたらスーパーにいて、浅漬の素やぬか漬けの糠など、漬物が作れるものを大量買い
家に帰ってくるなり全部の野菜を適当に切り刻んで漬物の素にポイポイっと放り込んだ
そこからは楽だった
旦那の毎日の弁当を白飯&日替わり漬物に変更
旦那の夕飯も白飯&野菜味噌汁&漬物
冷蔵庫の中も漬物で埋め尽くして他に食べるものをなくした
食費も食事の手間もなくなった
一週間で旦那が「いつまで続くんだ、勘弁してくれ」と言ってきたので
「お野菜がなくなるまでだよ」と答えた
その日から旦那は漬物を食べまくり半月ほどで漬物はだいぶ消化された
旦那は歓喜して「数日で漬物から開放される!」と喜んだが、そのタイミングでまたトメに野菜を押し付けられた
私は大根×2、白菜×3、キャベツ×2、山芋×30、人参×10の漬物をつけて冷蔵庫に入れた
仕事から帰ってきた旦那が冷蔵庫を開けて泣き出した
扉を開いたまま、消えたはずの漬物の復活を見て、声もなくポロポロ涙を流していた
旦那はその日、その漬物を持って実家に帰っていった
それ以来我が家に野菜がくることはなくなった
ちなみに私は子供の頃からお漬物が食べられなかったので、お漬物を作っている間は好きなものを好きなだけ食べて心を満たしていた
45キロにまで落ち込んだ体重が一ヶ月で48キロまでもどったし、体力も戻った
対して旦那は約一ヶ月の漬物生活でお通じが改善し、58キロから53キロになったようだ
もともとモヤシだったのがよりモヤシらしくなり「俺を杀殳す気か」と言われたけど
「私はあなたの希望でパートだし、外食なんて贅沢できないから、トメが家庭菜園始めてからずっと野菜しか食べてないよ」と伝えたら項を垂れてた

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
421: 名無しさん@おーぷん 2015/10/21(水)13:38:42 ID:UlF
我が家のわんこの武勇伝でもいいかな
私の娘は軽度のアスペルガー
人とコミュニケーションもとれるし勉強も人並み以上にできるけど、世界を人とは違った感性でみてて、詩人的な物言いをすることがよくある
家には当時、娘が4年前に拾ってきたわんこが二匹いたんだけど、アスペルガー特有の症状で、娘の世話には妥協がない
毎朝決まった時間に起きて毛づくろいして、わんこの床を整えて、散歩に行って
学校から帰ったらわんこと遊んで、また散歩に行って、ご飯をあげて
ときっちり決まったとおりにやるから、わんこの娘に対する信頼もあつい

話変わって、義兄に40歳にして第一子が生まれた
年齢から障害も心配されたけどそれもなく、毎朝義兄嫁が姑に子供を見せにきていた
その際にうちの娘sageされる
姑も健康で幼い孫のほうが可愛いと言い、一緒になって娘sageしてイライラ
ある日娘が一緒にいる時に義兄嫁がきて姑と娘sageされたことがあった
娘には自室でわんこといるように伝えたんだけど、不思議なことが起こった
わんこは義兄嫁と姑の声に耳をピーンと立てて聞き入ってた
そして娘sageが始まった途端、一匹が玄関に、もう一匹はリビングのソファにダッシュ
そして義兄嫁の靴と鞄をお互い親の敵か!というぐらい噛みまくって振り回してグシャグシャにしだした
それからも義兄嫁がくるたびに義兄嫁を威嚇し持ち物をグシャグシャにし続け
義兄嫁を庇い「躾の悪いダメ犬なんか拾ってきて!」と娘に怒った姑も標的になり
姑は同居してるので荷物すべてを自室に保管しなければ何もかもボロボロにされるようになった

犬を捨てろと言われるのを拒否し続けていたある日、姑が旦那の前でうっかり「こんな白痴の孫と畜生は捨ててくればいい」とボロをこぼした事で旦那に姑の正体が露見し
これまで訴えてきた嫁イビリも認めて謝罪してくれて晴れて同居解消となった
姑は義兄たちに擦り寄り、受け入れようとする義兄と嫌がる義兄嫁とで揉めている
私たちに姑と義兄嫁から元に戻りましょって電話がくるけど適当なことを言って共倒れするのを見守っている

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
172: 名無しさん@HOME 2014/11/20(木) 17:30:47.04 O
うちの義実家は借金なしだが資産もなし。
ウトメは自営で瞬間的に羽振りが良かった時代があったけど、義弟が就職した後に一気に失速して廃業した。
そのあとトメだけになりうちが引き取り同居してたが、つい先日なくなった。
夫は義実家の長い貧乏期に育って、高校大学と親に頼らずバイトと奨学金で乗り越えてきた。
年の離れた義弟は、義実家の徒花のような繁栄に重なったせいで、塾と家庭教と補欠入学金でずっと私立に通ってた。
生まれた時期のせいで家庭の経済状態が違うのは仕方ないし、それについて夫は特に思うところは無いそうだ。
トメは「長男はしっかり者、次男は優しい子だからいつまでも心配」と言ってたが、愛玩要員とその他みたいな扱いだと思う。
トメを引き取るとき
「家賃や食費の足しにして下さい」ともう着れなくなった着物やアクセサリーをもらった。
それを知った義弟嫁からは
「女系(うちは男の子しかいないが義弟子は女の子)に渡すべき」とネチネチ言われてた。
トメが亡くなったあとも
「トメさんから良いお品を受けついで幸せですよ、羨ましいわ」とお世辞と嫌味混じりで何度も言う。かなり欲しいらしい。
生地ペラペラ柄お下品(昔の花柳界のお姐さん好み)仕立て適当な和服と、ジャンクに毛を生やした子供騙しアクセサリー各種、トメの顔を立てる為だけに受けとったけど、果てしなくいらない。
形見分けはやっぱり女系に行くべきですよね、お持ちになりますか?と聞いたら
「気が変わっても遅いですからねー」とトメの宝石箱ごとマッハで持って帰った。
それほとんどロジウムメッキです、と言う暇もなかった。
着物は残念だけど義弟嫁の身幅に合わなかったが、半襟と帯(実家の祖父が緋牡丹シリーズと評した粋なやつ多数)は気にいってもらえた。
義弟子の七五三に「母子でお着物きるわ」だそうで、トメも草葉のかげで喜んでると思う。
アゲアゲ七五三ステキー

続きを読む

このページのトップヘ