キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

セクハラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
647: 離婚しました 投稿日:2010/12/30(木) 06:39:34
税金の関係で年内離婚って言ってたら、1ヶ月で離婚できた
昨日離婚届出してきた
なんか、身体が軽くなった感じがする

年に何回か行く義理実家
私はぽっちゃりしてまして、オパーイもでかいです
ぽっちゃりはぽっちゃりです
子供を産んだ後に標準体重にプラス5kgから減らなくて
子供産む前は貧乳でした
だから結婚前も結婚してから2年間も舅からは何も言われたことはないんだけど
思い出してみると姑はおっぱ●でかかったです、そういえば

なにがいいたいかと言うと、舅が肩がこるだろうって言って肩を揉んで来る
止めて下さいって言っても揉んで来る
子供が赤ん坊のとき、他の部屋へ行って授乳してるのにわざわざ時間を見計らって入ってくる
そしてびっくりして赤ん坊で胸を隠すようにうずくまる私の肩を揉んで来る
「肩がこってるだろう、リラックスしておっぱ●あげなさい」とか言いながら
やめてって言って騒いでたら姑が来て止めてくれて、謝ってくれた

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
221: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/09/29(火) 22:23:01
笑ってもらえたらスッキリすると思うので皆さん笑い飛ばして欲しい。
離婚した元エネ夫の話。下ねた含む。

私は中学時代に父が再婚し、後妻と折り合いが悪く大学まで出してもらったのに
親と絶縁する形で夫と結婚した。始めの1年は幸せだったが、舅の痴呆が始まって変わった。
姑だけでは介護できないので同居して、私が仕事をやめて介護をするという流れに。
嫌だといったが「うちを出てどこにいくんだ」と夫と姑に迫られ、退職し介護生活に入った。
舅は身の回りの世話ではそれほど手間がかからなかったのだが、だんだん色ボケしてきて
何度かお尻を触られたり胸をつかまれたり・・・夫に訴えたが「そのくらいwww」と笑われ、
姑は息抜きと称して遊びまわるようになった。この頃から密かに身の回りのものをまとめていたが、家を出る決心がつかなかった。
そんな日が1年近く続き、ある日舅に襲われた。舅は男にしては小柄ですごい力だったがなんとか逃れた。
でも着ていたシャツは破られた。その夜夫に「もう無理だ」と泣きながら訴えた。
しかし夫の反応は「何もなかったんだろ。もういいじゃないか。頑張れよ。そしたらちゃんとご褒美あげるから」
ご褒美=セッ●スだったらしい。のしかかってきた夫が舅に見えて気持ち悪くて悲鳴を上げたら「うるさい」とぐーで頬を殴られた。
びっくりして夫を突き飛ばし、まとめていた荷物を抱えて脱出。車で4時間かけて実家に帰った。
夜の2時過ぎにいきなりチャイムを連打した。出てきた後妻の顔を見たら涙が止まらなくておんおん男泣きに泣いた。
起きてきた父と後妻にこれまでのことを話してるうちに殴られた頬がどす黒く変色。
あわてて深夜救急にいき、レントゲンなどを撮られたが骨に異常はなく、診断書をだしてもらった。
後妻は反抗ばかりしていた私のそばにずっとついてて、背中をなでていてくれた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
327: 1/2 投稿日:2010/12/07(火) 22:44:42
初めは良ウトだと思っていた。
が、同居し始めてからセクハラをしてくるように。
最初はすれ違い様に胸とか尻とかを軽く触ってくる(よろけた拍子にって感じで)
偶然当たったような感じだったので?と思いながらも「こけたら危ないですよ~」
とかで流していたら、だんだんエスカレートして良トメさんや夫のいないところでベタベタ触ってくるように。
相談しようにも夫は激務で疲れていて言いにくいし、自分の父親のことだからどんな反応が
返ってくるのかも分からなくて言えなかった。
良トメさんにも「どうしたの? 何かあったの?」と聞かれるが、なんでもないですよ~と返していた。
そんな状態が半年ほど続いた時、夫が2週間の出張に。
正直その間だけでも実家に帰ろうかと思っていたが、良トメさんは膝が悪く長時間立っての作業
(料理とか掃除)が辛いので、結局そのまま生活することに。

十日程はセクハラウトに警戒しまくっていたこともあって、良トメさんと一緒にいるようにしたり、
買い物とかで外出したりして顔をあわせないようにがんばったせいか平和に過ごせた。
それで油断してしまったんだと思う。
あとちょっとで夫が帰ってくる、そしたら大丈夫!
今までだって(十日くらいだったけど)夫がいなくてもなんとかなったんだし、帰ってきたら
もう平気になるはず!
と根拠も無いのに考えてた。

ある日お風呂から上がったら、目の前に全裸の糞ウトがいた。

脱衣所に鍵かけたはずなのになんで!?ってパニックになった私は馬鹿みたいに固まってしまった。
にやにやしながら私の体をじろじろ見る糞ウト。
その顔見た瞬間、なんか本気で切れてしまって、

「その粗末なモノ、さっさと仕舞ってくださいません?」

いつもびくびくしながらやられたままだったはずの嫁子が無表情・冷たい声だったのが怖かったのか、
糞ウトは「あ……、う、あぁ……」とかもそもそ言いながら脱衣所から出て行った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
778: 失敗DQN 投稿日:2011/01/13(木) 16:01:45
セクハラ繋がりで、かなり反省点の多いDQN返しです。

ウトはセクハラエ□じじぃ。
でも私は国語が苦手空気読むのも苦手だったので、地方のスラングや下ネタ系の古風な言い回しをあまり知らなかった。
ウトがエ□いことを言って私を見て
「うひゃひゃ」
と笑うのも、滑った小ネタか失敗したオヤジギャグくらいに思って愛想笑いしてた。
するとどうやら 嫁は下ネタOK。
もしかして触るのもOK?になったらしい。
肩や背中を触って、次にお腹やお尻を触ってくるようになった。
気のせいか接触多いなと思ってたが、胸を触ってくるようになった辺りでセクハラだと気付いた。
私がちょと昼寝してるとコッソリ部屋に入ってくるようになったので、おちおち昼寝も出来なくなった。
(その時は商売を手伝っていたので夜が遅く、昼寝をしないと夜中までがしんどかったから)

いつも嫌味を言うコトメが帰って来た時にDQN返し決行。
コトメは飛行機で帰ってきたばかりで疲れてるのでちょっとお昼寝すると言ってきた。
私はコトメのベッドメイク振りしてベッドに花瓶の水をぶちまけ。
あらあらごめんね。
いつも私がお昼寝してる和室どうぞ。
文句を言いながらコトメは和室へ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
206: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/01/18(火) 19:45:51
元ウトのセクハラがもう辛くて辛くてしょうがなかった。
でも新婚だし、会うのは年に2~3回だし…と我慢の日々。
体を触られ、鷲掴みにされ、撫でさすられ
性に関する生々しい質問を繰り返され、エ□親父ギャグのネタにされ…
でも夫は「スキンシップだよ」トメは「しょうがないエ□親父ねぇw」位で
誰も助けてくれなかった。

忘れもしない4年前のお正月、元夫に引きずられるように義実家に行った。
元ウトはもうお酒飲んでて、早速私を隣に座らせてご機嫌、
台所に逃げても元ウトが呼ぶと、元トメが
「ほらセクハラ親父が呼んでるわよ~、行ってやってw
まったくお父さんてば嫁子さんがホント可愛いのね」と追い出された。
拷問の様な時間を過ごし、夜になって夫と二人になった時に
必タヒで訴えた。

夫の答えは
「男ってのは下ネタで笑い取って、それで仲良くなるもんなんだよな。
俺もそういう話ができるヤツとしか仲良くならないし。
その延長上のもんだよ。一緒に住んでる訳じゃないしちょっとだけなんだから我慢してや。
大体嫌いな女にはそんなんしないもんだぜ?
俺飲んでるから眠いんだよ」
私は男じゃない、トークで済んでないのは夫も知ってる、
なのになんで!って思ったら吐いた。
こんなに嫌なのに何で!って思ったら情けなくて涙が止まらなかった。

次の日はウトは朝からお屠蘇で
「俺の嫁さんどこ行った」と私を呼び、胸をつかみながら指で乳首をえぐり
「おーっと、乳首ちゃん発見!」とぬかして大笑い。

続きを読む

このページのトップヘ