注目の人気記事

ゲームセンター

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
378: 名無しの心子知らず 2009/07/27 23:14:18 ID:TYuOCaKy
夕方セコケチ(セコキチ?)にあったのでカキコ。
文才なくて分かりにくくてすみません。


妹がゲーセンでバイトしてるが、遅くなりそうだと言う事なので旦那に息子を見てもらい、迎えに行った。
因みに妹はうちの近くのアパートで一人暮らし。

中に入ったらまだ制服だったんで、あとどれくらい時間掛かるか聞こうとしたら、妹に向かってケチママが怒りながら怒鳴ってきた。

うちの王子が欲しがった景品がとれなかった。
王子が可哀想。お金つかったんだから景品よこせ、無理なら詐欺として消費者センターに訴える。

リアルで王子呼びしてる人を見たのと、余りにも脳みそにウジ湧いた発言にポカーンとしてると、妹が爽やかに笑顔で言い切った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
416: 名無しの心子知らず 2012/07/26 14:12:51 ID:i6MVwMhh
ゲーセンにベビーカーで乗り込んでくる親の多さに驚いた。
この前もどうみても低月齢の赤ちゃんをベビーカートに乗せた若い母親が、狭い店内で思うように動けず苛々してた。
カートの車輪が配線に突っ掛かって乗り越えられなかったらしく明らかに苛ついてカートをガタガタさせた挙げ句
他の客の足に狭いんだよ!どけよ!と言わんばかりにカートをガンガン当てだして無理矢理通っていった。
カートで寝てる赤ちゃんへの震動とか、当てた相手が逆上して危害を加えたらとか考えないのかな。
非常識な親に取っては赤ちゃんも荷物と同じ扱いなんだな。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
385: 名無しの心子知らず 2012/03/11 22:02:03 ID:Frfn581M
流れは読まない。

地方のショッピングセンター内のゲームセンターで働いてるんだけども非常識な親多くて困ってる。
今日も6時を過ぎて太鼓の達人をプレイしてる小学校高学年ぐらい?子供が居たから
近くに居たお母さんに6時を過ぎると入れない事と今のゲームで最後にしてくださいね。
と約束して、子供だけプレイしてお母さんは見守るって感じ。
他にも赤ちゃんを連れて乗り物のゲームに乗ってるお父さんが居たから
保護者様同伴でもご入場出来ない説明をしたら
『うちの娘がさぁ太鼓の達人やってるもんで待ってるんだよ』
待つのはいいけど赤ちゃんは入れないので
恐れ入りますが外でお待ちいただけますか?と声かけたら
私を見ながら『政令指定都市になってからダメだな!いちいちうるさくて!あっ?』
ってでっかい声でどこか行っちゃった。
ダメなものを言い聞かせる立場の親がちょっと説明しただけで大きな声で女の店員に向かって逆ギレすんなよ。
本当もう…遊びに来た子供が可哀想。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
779: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/09/21(金) 03:25:49.90
娘の誕生日プレゼントがゲーセンの景品の巨大ぬいぐるみだった。
娘にしょっちゅう持ってくるオモチャが毎回ゲーセンの景品。
一歳の誕生日にもそれかよ。クレーンゲームにいくら使ってんだよ。
実家の両親は娘の発達にあわせて知育玩具を買ってくれる。
その差に余計にイラつく。自分たちの娯楽の副産物を寄越して来てドヤ顔すんの辞めて欲しい。
そんな金あるなら自分たちの老後資金にして下さい。嫁は面倒見ません。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
675: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/10/19(土) 23:11:47.07 ID:hrQZdHvy
自分にとってのちょっとした修羅場、初めての書き込みなので見づらかったらごめんなさい・・

一年前にゲームセンターで働いていたときのこと。
ショッピングモールに入っていたお店なので、家族連れや年配の方が結構多かった。
その日は平日で、お客さんはまばら。
店頭にはお菓子や小さい雑貨類が入ってるドーム型の筐体が10台ほどあり、そのうちの1台をおじいさんが頑張ってプレイしていた。
おじいさんの横には女の子が二人(どちらも未就学児ぽい)おとなしく立っていて、「あ、お孫さんにあげるんだな」と微笑ましく見ていた。
しかし私が少し離れた場所で清掃していると ドンドンッ という音が。
おじいさんがドームを叩いて景品を落としていた。
満足そうにおじいさんが孫二人に景品を渡そうとしてたところをすぐさまお声がけ。


一旦切りますっ

続きを読む

このページのトップヘ