キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

ウト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
106: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/01(日) 21:07:21.12
餅ちょっと貰ったからって旦那の兄嫁の実家にまで挨拶いかなきゃならんの?
兄嫁にお礼渡して実家によろしくじゃ足りないのかね
70過ぎのウトに言われたまんま全部こっちまで付き合わせやがって
こっちの兄弟の子にはお年玉ひとつやらんくせに
ウトと一緒に旦那も芯で欲しい

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
141: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/03(火) 22:40:36.62
もうずいぶん前に離婚した元旦那の話だけど。

やたら舅がうちに来るようになって。
うちに来て庭の手入れとか修理とかよくしてくれる。
有難いんだけど気を使う。
今住んでる家は私側の親戚の持ち物で
古いけど放置するのもあれなんで格安で貸すよと
言ってくれたんでご厚意に甘えた形。
たしかにかなりボロ。
今はここで我慢して貯金してから引っ越す予定だった。
あまり頻繁に舅が来るからどうにかならないかと元旦那に言った。
庭いじりとか年寄りの楽しみを奪うなよって言われて我慢した。
「俺は親父とあんま仲よくないから」
って、舅が土日に来ると元旦那はどこかへ出かけて行っちゃう。
いろいろしてくれてる舅には悪いけど
頻度を減らしてもらわないと
夫婦の時間も無くなってしまうと思って言おうとしたら
その前に舅に言われた。
隣町からしょっちゅう来るのは大変だって。
舅も趣味があるのに、うちの庭の手入ればかりじゃ時間が無くなるって。
少しは自分達夫婦でして欲しいって言われた。
私は元旦那に「親父の楽しみを奪うな」と言われて
庭を触らせてもらってなかったのに。
舅は「息子がくてくれって言うから来たのに肝心の息子はいつもどこに?」
私は「舅の楽しみなんだから好きにさせてやってもてなせって言われたけど?」

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
411: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/05/20(月) 11:43:08.99 ID:vd+6E0Ep
トメが散々「預かりたいのに預けてくれない」って責めるので、
渋々預けて夫と食事して、ものの数時間で戻って玄関開けたらウトに怒鳴られた。
「かあさんに預けっぱなしでおまえ等は遊びまわって!!!!」って。
トメは昔から、自分を被害者に見せて強い人にすり寄る悪い癖があり、
そのために事実が頭の中でころっと入れ代わってしまう。今回もそれ。
途中であれこれがしんどくなってウトに愚痴ったのを、ウトが真に受けたらしい。
もう二度と預けることはないから安心してください、だよ。まったく。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
605: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/03/04(水) 20:49:14
旦那は田舎の農家長男。
今は別の仕事をもって、都会で夫婦二人暮らし。
貯金も多い訳じゃないし、結婚式は親族だけであっさり挙げたいと言ったら義父に
自分達の結婚の時は村の者総出で一週間呑めや歌えの大騒ぎだったのに、
そんな地味にするなんて・・と言われた。
私はドン引きしてたんだけど、どうやら褒めなきゃいけなかったのか?
後で旦那に聞いたら「ほっといていい、自分達で決めよう」と呆れ顔。
義父はいまだに長男は実家に戻って後を継ぐものとして信じている(今の旦那の失敗を願ってる)し、
外の世界を知らないって怖いね・・。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
552: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/02/28(土) 16:50:28
農家の暗部ではないかもしれないけど、米所っぽい話だなあと思ったので。

舅の実家が米農家です。舅は実家とほぼ絶縁してるので今は害はないのですが…
主人の兄が結婚した時、絶縁状態とはいえ孫の結婚なのだからと
連絡を入れたところ、お祝いの品を送ってくださるということになったそうです。
やっぱり孫は可愛かったかと、舅もよろこんでいましたが
送られてきたのは真っ黄色い古古米10kgだったそうです。
舅は、自分が反対を押し切って婿に出たのが気に入らなくて
孫の結婚祝いと称して嫌がらせをしたのだと怒っていたそうで
私と主人が結婚する時には連絡もしませんでした。

古古米は家族みんなで食べきったそうです。

続きを読む

このページのトップヘ