キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

ウト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
349: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/07/29(水) 00:15:52
勢いで投下。

うちのトメさん、前は超良トメさんだった。
元モデルでスラッとしててキレイで、仕事も出来てサバサバしてて、友達も多くて毎日が楽しそうで。
私達が若くで結婚したから贅沢できないでいると、おいしいご飯食べに連れて行ってくれたり、
色々サポートしてくれたりしてた。
それが変わりだしたのが5年前。ウトが女を作って家出→そのまま離婚。
重なるように、トメの一番の親友が亡くなり、勤めていた会社もつぶれかけ給料が出ない状態に。
今までお世話になったし、好きだったからなんとか力になりたかったけど仕事の関係で同居は無理。
幸い家だけはトメの元に残ったので、トメの勤める会社が落ち着くまで夫の学生時代の貯金を使ってくれと申し出たんだけど、
実はこれはとっくに使い込まれていた。
仕方がないので月々仕送りをはじめたんだけど、給料が出るようになっても何かとたかってくるようになったり、
ものすごく卑屈な態度をとるようになった。
すぐにいじけるし、陰険な嫌味を言うし、じとーーーっとしてる。
4年前に子供が生まれて、ちょくちょく会いに行っていたら一時的に元にもどったものの、1年位したらまた嫌味に。
ウトメの離婚当初はいつかは同居という方向で話してたけど、今のトメとは同居は無理だと思い、
近くに住みたいといったら夫が激怒。
今まで世話になったのに、あんな状態の母親を一人っきりにするのか!と。
誰もほったらかしにするなんて言ってないし、今だってチクチク嫌味を気合で笑い飛ばしてつきあってるのに。
長くなったので分けます。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
701: 友達の話1/3 投稿日:2009/08/13(木) 22:08:29
私の幼馴染のAちゃんちの話です。
AちゃんとAちゃんの夫、それに私と、後に出てくるBさんは小学生くらいから家が近所でした。

Aちゃんははじめは近距離別居だったんだけど、トメさんが亡くなり、
元気だったウトさんが脳梗塞で身体が動かなくなり、寝たきりになってしまったので、
ウトさんの介護をするために同居になった。

Aちゃんちはまだ小さい子供が二人いて、しかも一人が病気もちだったんだけど、
Aちゃん夫は激務などで介護にはノータッチ。
さらに、、Aちゃん夫のお姉さん(Aちゃんのコトメ)も、仕事が休みでも海外旅行に行ったりして何もしない。

Aちゃんのウトさんはすごく優しい人(私も近所で、幼い頃優しい声を掛けてもらったりした)で、
見捨てて置けないからAちゃんもめいいっぱい頑張った。
でも、子供が病気というのもあり、どうしても24時間365日の介護はムリだったんだ。

そこで助けてくれたのがBさん。
Bさんは元看護師(しかも老人施設勤務)で、ヘルパーの資格もあるんだけど、
今は優雅に医者の夫とDINKS生活を楽しむ専業主婦。
Bさんは私とAちゃんの共通の友人でもあり、すごくしっかりしてて優しくて姉御みたいな頼れる人。
このBさんが、週2~3日介護と家事の手伝いに来てくれることになった。

もちろんAちゃんはBさんと契約書を交わし、きっちりお金を払うんだけど、
Bさんのはからいで、本当に激安お友達価格。
なのに仕事は完璧以上。ウトさんの優しい性格もあってか、Bさんも「役に立てて嬉しい」と言っていた。
介護と育児に疲れてげっそりしてたAちゃんも、Bさんのヘルプでみるみる回復し、万事上手くいってた。
Aちゃんのコトメ2人が横槍入れるまでは。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
221: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/09/29(火) 22:23:01
笑ってもらえたらスッキリすると思うので皆さん笑い飛ばして欲しい。
離婚した元エネ夫の話。下ねた含む。

私は中学時代に父が再婚し、後妻と折り合いが悪く大学まで出してもらったのに
親と絶縁する形で夫と結婚した。始めの1年は幸せだったが、舅の痴呆が始まって変わった。
姑だけでは介護できないので同居して、私が仕事をやめて介護をするという流れに。
嫌だといったが「うちを出てどこにいくんだ」と夫と姑に迫られ、退職し介護生活に入った。
舅は身の回りの世話ではそれほど手間がかからなかったのだが、だんだん色ボケしてきて
何度かお尻を触られたり胸をつかまれたり・・・夫に訴えたが「そのくらいwww」と笑われ、
姑は息抜きと称して遊びまわるようになった。この頃から密かに身の回りのものをまとめていたが、家を出る決心がつかなかった。
そんな日が1年近く続き、ある日舅に襲われた。舅は男にしては小柄ですごい力だったがなんとか逃れた。
でも着ていたシャツは破られた。その夜夫に「もう無理だ」と泣きながら訴えた。
しかし夫の反応は「何もなかったんだろ。もういいじゃないか。頑張れよ。そしたらちゃんとご褒美あげるから」
ご褒美=セッ●スだったらしい。のしかかってきた夫が舅に見えて気持ち悪くて悲鳴を上げたら「うるさい」とぐーで頬を殴られた。
びっくりして夫を突き飛ばし、まとめていた荷物を抱えて脱出。車で4時間かけて実家に帰った。
夜の2時過ぎにいきなりチャイムを連打した。出てきた後妻の顔を見たら涙が止まらなくておんおん男泣きに泣いた。
起きてきた父と後妻にこれまでのことを話してるうちに殴られた頬がどす黒く変色。
あわてて深夜救急にいき、レントゲンなどを撮られたが骨に異常はなく、診断書をだしてもらった。
後妻は反抗ばかりしていた私のそばにずっとついてて、背中をなでていてくれた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
ぶっちゃけ今は、離婚したいしたいしたい!がそんなことにパワー使うんだったらちょっとでも父のほうに。
しかし乳房切除のときも後日トメとふたりで夫とウトをきりきりしめあげたんです。
更に義弟嫁が出産したときも当日私に内緒でおしかけ(私が見舞いは後日落ち着いてから!と言ったからでしょう)
姪っ子かわゆす~と居座って、義弟嫁からSOSが入り私が捕獲して連れて帰ってしめました。
今回も介護のこととかあるので「絶対にぜーったいに見舞いには夫も来るな。ウトメにも来させるな」と念押ししたにも関わらず、これ。
夫はそういう場面では何の役にも立たないくせに居座って地雷踏みまくって「励ましてあげた僕ちゃん」に酔うようなやつ。
乳房切除のときも言わないでと言ってるのに「おっぱ●くらいなくても僕は君を愛してるから」と・・・。
しかも温存療法のこととか切除した後に言ってきて、それは事前にいろいろ主治医と相談した結果私の場合は切除が最善だったと
言ってるのに、傷口に塩を塗りたくる始末。
トメもずっとそんなウト(夫そっくり!)に苦労してきたらしい。結婚前の他人のときはわかんなかったよ。
病院は事前に入院患者から申告のあった人以外は面会させないそうなのでちょっと安心。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
ほんと敵は夫・・・。
うちの父が癌で、まあ希望はあるらしいんだけど、それをウトメに伝えてウトは見舞いに来る気満々。
トメから「本当に伺って大丈夫なの?」と電話があって知ったが「来ないで下さいと」断った。
父はやせちゃって髪も更に少なくなって他人に会いたくないって言ってるんだよ・・・
そのことは夫にも伝えてたのにさ、嫁の親の見舞いに行かないと体裁が悪いからって 夫が 言ったんだって。
私が乳房切除したときも、実親にも会いたくなくて見舞いを遠慮してもらってるところに、ウトメを連れてきたバカ夫。
トメは私の様子を見てすぐに退散しようとしたが、夫同様空気を読めないウトが居座ろうとして大変だった。
(トメが頑張って連れて帰ってくれたけど)
離婚したい。こんなの離婚理由になるのか?夫は絶対に離婚とかは嫌だといってるが離婚したい。

続きを読む

このページのトップヘ