キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

ウト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
89 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2018/02/05(月) 10:17:57 ID:USvAEl47.net
約2年前
私、子供高1、中2、小6、旦那と義実家に義理父と同居。義理母は、事情ありで別居。
旦那は、単身赴任してた。
良いじいさんしてくれていて
家族関係は、良好。
…だと思っていた。

ある夜、中2次女と入浴中、ふと気配を感じ振り向くと義理父、引き戸を細く開けお風呂覗いていた。
実は、度々そんな気配はあった。
思い余り旦那に
「年頃の娘が居るのだから、気を使って入浴中は風呂場の前をむやみに通るな」
と伝えてもらう。
齢73なので色ボケかよ~ってノリで
笑い話にして終わらすつもりだった。

ふと、高1娘にじいさんになんもされてないよね?と聞いた。
すると娘、今まで言えなかったが
ジジイに下を触らせろと言われ
ふざけんな。と言ったが
彼氏を連れて部屋に居ると
外からカーテンの隙間探して覗いてたり、
気持ち悪かった。と言われ
気が付かず、のほほんと良いお義父さんと思っていた自分の不甲斐なさが一番修羅場。

直ぐに旦那に状況を伝えて
1ヶ月経たずに引っ越し。
その時、義理母もどういう理屈か
ママ(私)が悪いのよ~的な事を言われ
それ以来、旦那両親とは会っていない。
もちろん今後、関わる気もない。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
566 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/06/30(木) 11:14:55 ID:???
「好きでもない異性.に触られたくない」という感覚を旦那が理解してくれない
たとえば上司に「お疲れ」と肩をいきなり背後から才柔まれる
舅にすれ違いざまお尻をポンとやられる
どっちも嫌なんだけど旦那は「スキンシップでしょ」「俺の親父が嫌いってこと?」
逆の立場で考えてと言っても
「俺はおまえの母親に触られてもイヤじゃない」「うちの女上司はスキンシップ多いけどむしろ嬉しい」
生理的な感覚の違いだから相容れなくてもしょうがないんだろうか?
なぜかいつも「お前は社会人として幼稚」「子供っぽい」という結論にされる
上司に肩才柔まれるのが嫌いだと子供っぽいの?
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
890 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2012/07/18(水) 23:35:11 ID:9Z2ZP8MT0
もう嫌だ
トメのことでこんなに泣いて過呼吸引き起こして旦那に迷惑かけるのつらい
それが悔しくてまた泣いてしまう
別居したいよ別居したいよ
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
653 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2010/11/16(火) 15:26:22 0
今日の昼ごろ、近くの店から電話が有って、
うちの姑が万引きで捕まったので引き取りに来いと言われた。
「今高熱出してて外出できないし、嫁の私よりウトに言って」
で回避した。

DQNなのは、私は平熱で健康体だって事w
トメの尻拭いなんかまっぴらごめんだよ。
とりあえず今日やらないといけない家事も済んだし、
今夜のうどんすきの支度だけして寝る。

ウトに言うか警察に言うか息子に言うか、
どれを取ってもトメには地獄、ざまぁw
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
651 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/04/24(日) 19:37:01 ID:???
除毛石鹸のが最近よく表示されるんだけど、嫌味ったらしい義父の石鹸と交換してやったらどうなるんだろうって妄想してワクワクしてる。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
8 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2010/12/15(水) 21:11:28 0
さて、新しい板に新婚当時やっちゃったDQN返しでも書くとしようかね。

いきなり尻撫でられて驚いて振り返ると、ウトの頭。
思わず叩いて「ハゲるぞボケ!」と叫んでしまった。
ウトは頭を押さえて逃げていきましたが、
後でトメと旦那との3人掛かりで〆ました。
以降は大人しくなり、普通に良ウトメです。

ちなみに、後からその時のことが話題に上ったときウトから聞いたのですが、
毟られると思って髪を守りながら逃げたそうです。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
459 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2010/08/27(金) 13:22:50 0
風邪ひいてる私の看病に来てくれたトメさんに暴言吐いたクソに言ってみた。

「ウトさんはトメさんより価値ないですよね
 私はトメさんがいて嬉しいと思ったことはありますが、ウトさんがいてよかったと思ったことがありません」
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
260 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2015/01/20(火) 15:08:08 ID:2bw
「味覚障害は認知症初期の症状」
まとめで見た情報をさっそく使わせてもらった。
私の作ったものはなんでもけなすトメに。
トメ「まずい!煮方がなってない」
夫「いや美味しいけど。なあ?」
ウト「うん」
ここで
「味覚障害って認知症初期の症状なんですって…お母さま、この頃物忘れも激しいじゃないですか?一度病院に…」
トメ「物忘れなんかしてないわよ!」
私「でも昨日も、私が冷蔵庫に入れてたおはぎ食べましたよね…
お客様に出す分って言ってあったし、ラップの上に貼り紙もしてたのに。
これで5回目ですよね? 言ってあったのを忘れるのも、
わかってるのにお客様の分まで食べずにいられないのも、
どっちも認知症の症状なんです。
これに加えて味覚障害まで出てるんですし、早く病院行かないと…」
「そんな歳じゃない」
「若年性アルツハイマーがありますから…早期に病院行けば少しは進行遅らせられますし、やっぱり予約入れましょう」
トメ真っ赤になってふじこって部屋を出る。
これが昨日の夜。
今朝はマズイと言われなかったよ!
トメの味覚障害は若い頃からだけどな!(いわゆるメシマズ)
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
808 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2009/01/05(月) 11:07:31 0
義実家で年越ししたんだけど、コトメがやってくれた。
ウトがいつまでもダラダラと酒を飲みながらテレビを見て、
最期の〆にうどんを食うと言いつつも11時になっても食べようとしない。
催促すれば「食べたい時に言うから」と面倒くさそう。
その間ずっと「嫁子さんビール」だの「わさび」だの一歩も動こうとせずに命令。
立ったり座ったりが疲れて来て、うんざりしてたら、
すでに部屋に入っていたコトメが来て
「お父さん、いつまで飲んでんの?サッサとしないと嫁子さんかわいそうじゃん!」
ウトは「あーーもう分かった、じゃあ自分でやるからいい!」とふてくされた所を
コトメ「あっそ!じゃあ自分でうどん茹でて!汚れもん全部洗って!
拭いて!しまって!台所綺麗にして!テーブル拭いて!
残ったおせちは蓋してベランダに出しておいてね!!!」と啖呵を切った。
ウトきょとんとした後、「す、すいません…」、
その後夫にも「おら、起きろバカ!!!」と説教し、
「あんたらの食った物しかここにはないんだから、自分でやれ!!!」と
私をお風呂に誘導。
「ごめんね、私寝てたから気がつかなかった…」と謝罪され、
ゆっくりお風呂に入って、上がったらお布団が敷いてあった。一人分だけw
夜中こそこそと夫が来て、ごそごそ布団敷いてたんだけど寝た振り。
朝、コトメが「おとーーーさん!!おにーーちゃん!!
何これ!起きろ、ちょっと来い!!」と
まあ彼らなりに片付けたんだろうな…という感じの雑然とした居間と台所を片づけさせた。
一泊旅行から帰ってきたトメは、家が綺麗なのを喜んで私に礼を言ってきたんだけど、
「いえ、コトメさんが号令出してお父さんと夫に片付けさせました」と言うとポカーンとして大笑い。
何か涙目になって「温泉から帰って来てからも休めるなんて…」
って嬉しそうな顔だった。
これからはお父さんを甘やかすのはやめるわって言って、
ウトは何かしょんぼりw
「私もそうします」と言うと、夫はもにょもにょ。
なんか目からうろこが落ちた。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
992 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2011/11/19(土) 13:51:23 0
あれ?最近は教員免許も更新があって何かニュースになっていたような。

ぷちスカ
先日、中距離別居トメが所用で上京してきたので外で会った。
 トメ:お父さん(ウトのこと)最近呆けてきちゃったかもー(冗談)
 旦那:・・・
 私:えー、シャレになりませんね。大トメさんと同じ施設に空きは無いんですか。
 トメ:あら?あれコトメ子くん(孫)の探してたおもちゃだわ!(慌てて話そらす)
続きを読む

このページのトップヘ