キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

お金

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
26: 名無しさん@HOME 2015/01/04(日) 12:52:44.50 0
切迫早産で数日入院していたというコトメ(妊娠9ヶ月)
退院直後のクリスマスから、スイパラ・カラオケ・買い物・
他外食三昧・映画・初詣有名所三箇所行く…
遊び歩きまくってるんだけど、やっぱり切迫って嘘なのかな?
インフルかも、肺炎かも、とも言ってたけど。

トメから「認知するしないでもめててお金がいる、
10万ばかり母に用立ててくれないか」と旦那にメールきたけど
それも嘘かな? 遊びあるくお金あるもんね…

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
848: 名無しさん@おーぷん 2015/06/24(水)04:14:53 ID:iny
社会人になってからの事故で片足が義足になって、顔もしゃべり方もキモい10歳年上のモテないくんに一度も関係をもたずに(手もにぎらせず、キスもなし)散々、貢がせたこと。

遠距離だったから、合うのは頻繁には無理だし、メールも電話も適当に相手してて、自分のお願いごとをしたいときだけ、優しくした。本当にATMとして散々な扱いをしてきた。

やつが仕事で同じ地域に引っ越してきて、半月、同棲したけど、嫌悪感しかないから何か上手いこと別れる方法を模索。
家事も夜も拒否してたら相手がついにキレて、今までのお金を返せ訴えるとケンカになり、突き飛ばされて足に痣ができたこと幸いとしてDVを理由にそいつが仕事に出ている間に猫の会社に自分の荷物を運びだしてもらい、行方をくらませて縁切り。

未だに、同じベッドに寝たことが最高に気持ち悪いと思ってる。

それからしばらく、仕事をせずにいて、暇潰しに働いた赤坂のクラブで愛人契約してくれるパパに出会い、贅沢な暮らしをさせてもらってた。

パパの経営してる印象的のの社員の1人に掘れてしまい、うまくゲットして、パパには結婚したいのにできない…悲しいといい、泣いて暮らすふりをして、慰謝料を頂いて別れた。
二股してたこと、今の旦那さんは知らないし、パパも私が社員の嫁だとは知らない。


みんなまとめて、お墓に持っていく。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
660: 名無しさん@おーぷん 2015/05/30(土)23:49:12 ID:fYh
18から22までふー〇くやってたこと。
理由は親の借金返済と生活費確保のため売られたようなもん。
店長が若いのに余りに不憫だからと、返済分+逃走資金を稼いだ後に
毒を煮詰めて蠱毒にした様な毒親から遠くに逃がしてくれた。
いい人だったよ、やーさんだったけど。

もう25年くらい前のことだけど、子供にはもちろん旦那にも言えん。
私の親はタヒんだことになってるが、まあ多分くたばってんだろな。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
277: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)19:41:05 ID:mom
結婚してから3年で70万くらいスロットに使ってしまったこと
自分自身の貯金だから夫に迷惑はかけてないけどとても言えない
毎回5~6万持ち込んで毎回負けてりゃそうなるよね…
とりあえず二度と行かないことにしてカードや通帳も封印した
何で毎回負けるって分かってるのに行ってしまうのか今思えば謎なんだけど当時は「今日こそは行ける気がする」って毎回思ってたんだ…

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
183: 1/2 2015/01/29(木)10:50:31 ID:8yQ
近所に住むうちの長男と同級生女の子がいる一家。(A家)

A家はA旦那実家の敷地内あるんだけど、何でも下の子を妊娠中にAママに相談もなく、旦那さんと義両親が勝手に家を建て、なし崩し的にそこに住むことになったといつもAママはボヤいてた。
義両親は、過干渉、嫁いびり

旦那さんはモ○ゲー、○リーにハマり、携帯課金をして毎月凄い額の請求が来て、何回も怒ったり注意しても聞かないのでAママ困り果ててた。
因みに旦那さんはそこまで稼ぎがあるわけではないと、Aママは言ってた。
Aママが深夜コンビニに働きに出てやっと貯金ができる程度らしい。
A子ちゃんが四年生になる頃には完全に夫婦仲は冷えきっていた。

Aママはついに我慢の限界だったみたいで、離婚する!親権は絶対に渡さない!と離婚する決意をした。

続きを読む

このページのトップヘ