キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

お金

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
600: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/10(火) 23:03:02
うちのダンナもすごいエネ夫です。
貧乏家庭で育ったせいか、親兄弟との結束が異常に強く、
親兄弟の結びつきが薄い私の実家族をバカにしています。
生命保険の受け取り名義人はいまだにウトなんです。
ウトが契約したそうです。結婚直後に名義人を私に代えるよう交渉したけれど、
ウトは聞き入れず、結局そのままです。
とはいっても、新規で保険に入ろうと今画策中ですが。
ところで、ダンナがいつまでもウトメ優先なのは、私が嫁としてのつとめを果たさないからなのかなと
今あれこれ考え中です。
というのも、私はダンナとの子どもを産む気がなく、寝室も別です。
前夫との子どもがいるので、新たに子どもを作るとその子がかわいそうな気もするし、
子どもができるとウトメとの関係もうざったくなるような気がして、
どうしても子どもは産みたくないです。
万一できたとしても、おろすつもりです。
ダンナの子どもを産む気がなく夜の生活も避ける妻と、両親優先で妻をないがしろにする夫と、
どちらが悪いと思いますか?
ご意見を聞かせてもらえればと思ってます。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
913: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/25(水) 23:21:18
うちも似たような感じだったけど、当時専業主婦だったから、
「厚生年金の件で元夫の会社に電話で連絡するように」と役所でアドバイスされて、
そこで事務員に離婚知らされたとかで、私が荷造りしてる最中に早退してきた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
81: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/12/08(火) 19:29:40
じゃあ相談じゃなくて愚痴として投下させて下さい
馬鹿夫が自分の友人やコトメに自分の年収は一千万だと言ってた
その上で自分の小遣いが月二万円しかないって文句言いまくってた

確かに世帯年収は一千万に届くくらいありますね
でもその八割は私の稼ぎですよね?
あなたの無謀な転職と自分で勝手に組んだローンで
確かに自由に使えるお金は月に二万円くらいですね
でも生活費は私が出してますよね?ここは私の会社の借り上げたマンションだよね?

なんでお前の糞友人に悪妻呼ばわり、コトメに鬼嫁呼ばわりされるの?
幸いトメは夫の嘘だろう、見栄だろうとわかってくれたけど

くたばれ、あの馬鹿夫

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
800: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/02/10(水) 17:38:51
さっき帰宅して、PCからネット振込みしようとしたら「3回パスワード間違えたので利用停止になってます」って表示された。
んー?記憶にないと思って履歴を確認したら、昨日の深夜ネットバンキングのログインページにアクセスした形跡がある。
夫婦+幼児の3人暮らし。私じゃなきゃ旦那しかいないよね・・・。
ちょっと前に私の祖父がタヒんで遺産がちょこっと入って、それを虎視眈々と狙っていた旦那。義実家に車をねだられてるらしい。
とうとう犯罪に手を染めるまでになってしまったか。未遂だけど。
そもそもオク用のネットバンクにそんなにお金入れてるわけないのにwww

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
43: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/03/06(土) 23:44:07
去年妊娠出産して、出産以外に入院や、歯医者等で医療費が軽く10万を超えたので
医療控除を申告しに行こうと解らないなりにも勉強していたら、
癌で入退院していた(今は一応元気)義理母が
「医療控除なんて大した額戻ってこないから時間の無駄で行かなくなったわ」
とぬかしやがった。。。その時はそうですか。。。と聞き流していたが
後日協力的だった旦那が同じ事をぬかしやがった。
「医療控除なんて大した額戻ってこないから時間の無駄らしいよ」と。。。
こいつ義理母に聞いたことそっくり言いやがって。。。
確かに戻りは少ないかもしれないが、いいじゃないか。
大体大した金持ちでもないくせに偉そうなこと言うなよ。。。
だったら微々たるお金でも初孫にお下がりばかり与えていないでおもちゃの一つ
でも買ってれ、専業主婦で暇もてあましている糞ばばぁよ。
それにもっと稼いでそんな口たたいてくれよエネミー息子よ。

続きを読む

このページのトップヘ