キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

お菓子

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
259: 名無しさん@HOME 2017/05/18(木) 22:30:51.89 0
甘いものが苦手というか嫌いで何度も言っているのに激甘菓子(箱から出してあるバラで賞味期限切れ)を持たせようとするので
ほんとに食べられないので要りません。夫君も食べないんです。と言ったら
じゃあ何もあげられないじゃない!と言いつつ賞味期限切れの素麺を詰めるトメ。
何もいらないんだっつーの

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
473: 名無しさん@おーぷん 2015/04/14(火)20:27:01 ID:hO0
敷地内別居のウトメが、2歳の息子に甘くて困っている。初孫だからものすごい可愛がるのはありがたいし嬉しいけど
最近息子がイヤイヤ期になって、ご飯イヤーお菓子がいいーって…。お菓子はダメ、ちゃんとご飯をいただきますご馳走さまでした、をしてまだ食べれるならいいよ、って言ったら
じーちゃとばーちゃのとこ行く?だってさ 。
ご飯食べなくなるからお菓子与えないで下さいって、何度も何度も言ってるのに、私が風呂掃除してる間とかに勝手に侵入して、勝手に連れ出してちょこっとお菓子食わして喜んでる
止めて欲しいときつく言ってるのに止めない。かと言って常に2歳男児を連れて掃除洗濯家事は大変…
一度、玄関に鍵をかけてみたら、どうしたの具合悪いの孫ちゃん預かるよ開けなさいよ…の電話攻撃が来たから、鍵かけるのヤメタ…
本当に息子を甘やかさないで欲しい。毎日、一生懸命息子の好きそうな感じに工夫したご飯作ってるのにな…
愚痴になってしまいました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
283: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)18:05:15 ID:mYy
カチムカってほどじゃないんだけど疑問なこと
先日あるママAの家で集まりがあった
ママたち5人、子どもは8人くらいになって、
子どもたちはそれはもう全力で遊んで楽しんで、
ママたちもまったりおしゃべり。
でもみんなお菓子持ってくるじゃん。暗黙の了解で。
なのにAは自分で用意したおやつは出してたけど、
持ち寄ったおやつはほとんど出さなかった。
足りなくはなかったけど…
で、持ち寄ったおやつはそのままAのものになった。
これってずるくない? Aまるもうけじゃない?
もやもやするけど、ケチと思われそうで言えない

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
560: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/12/09(木) 11:52:47
その一

孫タン大好きな義母は、孫ちゃんに誕生日やらクリスマスにお菓子や服を入れて送ってくる。
上の子が二歳の時に、孫宛だったお菓子だったけど一緒に食べたのさ。
それを帰省した時に
「私もちょっともらいました。おいしかったです。ありが」 の所で、
「何で食べたの?」と言われて。食べたらいけないと思ってなかったので、何を聞いてるのかわからなくて。
手で?違うよなあ。おやつとして?違うなあ。もしやあれは飾るだけのお菓子?と考えていたら
「○○チャンに送ったものよ。」と言われました。なるほどねと。
それから一切食べないんです。けったクソ悪い。
そしてこの二歳の子が9歳になりました。
この夏に帰省した時に、9歳になった子が
「おばあちゃんのお菓子をお母さんが食べないんだ。」と義母の前で言ったのですよ。義母より早く
「○○チャンのお菓子たべたら、おばあちゃんに怒られちゃってね。
 だってお菓子は○○チャンのだもんね。怒られてもしょうがないよ。
 一緒に食べてないけど○○チャンはおいしいよね。
 それだけでおばあちゃんはうれしいからいいんだよ。
 お母さんは他のお菓子食べるし気にしなーい!」
と説明しました。義母固まる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
44: 名無しさん@HOME 2011/07/14 18:15:43
プチ話を一つ。まぁよくある話かもですが

お菓子を作るのが好きなんだけど、義母がすぐにそれをつまむ。
好物だと全部持って行かれる。
人にあげるようにラッピングしておいても破って出して食べる。
あまりにもイラッときたので今日作ったずんだ餅の中にワサビの塊を混ぜといた。
義母の部屋からなんか変な声するけど知らない。
まさか気づかないわけないもんね。私のせいじゃない。

続きを読む

このページのトップヘ