キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

おばあちゃん

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
422 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2015/08/23(日) 12:40:27 ID:wti
おばあちゃんがノーブラで思い出したけど、この前すごく暑かった日にスーパーに買い物行ったら
かなり太ったおばあちゃんが白T1枚にステテコで買い物してた
薄ーいTシャツでいろいろ浮きまくり透けまくりで、目のやり場に困ったよ
「あの人はおじいちゃんだ…そうに違いない」と思い込もうとしたけど、やっぱりおばあちゃんだった
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
613 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/05/27(金) 12:35:44 ID:4Q7
「お年寄り」と、「音」の話題が出て思い出した。

父は小さな電気屋を経営している。

ある日、1人のおばあちゃんが店にやって来た。
「家のリモコンがオカシクなったみたい。テレビが全然音がしない」

おばあちゃんに、自宅から故障したリモコンを持ってきてないか確認したが、
「とにかく家に来てちょうだい」
と父の話しを聞かずに店を出ていった。

父はしばらくして、おばあちゃん宅へ向かった。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
245: 名無しさん@おーぷん 2015/06/23(火)11:48:46 ID:FhC
ぼんやりと生きてきた我が人生でこれは武勇伝かな、と思える話。

当時、大学生だった俺は春の長期休暇を利用して実家に帰ろうとしていた。実家に帰る交通手段の一つにバスがあり、俺はバス到着時刻よりかなり早くバス停に着いて、のんびりとしていた。
そんな時、自分が待っていたバス停を終点とした別のバスが止まった。そのバスから降りてきた最後のお客さんはおばあちゃんで、ちょっと足が不自由そうだった。
運賃を支払いバスの階段を降りるおばあちゃん、ちょっとヨロヨロと危なげな足取り。心配になった俺はバスの階段の一段目に足を乗せ、おばあちゃんに手を差し延べた。おばあちゃんは俺の手に握ってゆっくりとだけどしっかり階段を降りることが出来た。
今でも覚えてるんだけど、その時握ったおばあちゃんの手はすんごいあったかくて、生きてるあたたかさってこんな感じなんだろうなあ、って思った。

おばあちゃんは「ありがとう」ってお礼言ってくれたし、バスの運転手のおじ様からはいい声で「あんがとな!」って言ってもらったよ。ちょっと晴々とした気分になった大学三年の春でした

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
15: 名無しさん 2014/03/23(日)11:57:53 ID:030zAmQql
数ヶ月前の事なんだけど、いつも行ってる支援センターに見慣れない2、3歳の男の子がおばあちゃんと来てた。
その子、大声でずっとダメー!ダメー!って叫びながら走りまわって他の子突き飛ばしたり、すごい勢いで他の子が遊んでるおもちゃを片っ端からうばってた。
うちの子も突き飛ばされて、いつもそんな子いないからびっくりしたよ。
おもちゃも片付けないで帰って、嵐が去った後みたいだった。
ダイヤーって名前呼ばれてたよ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
560: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/12/09(木) 11:52:47
その一

孫タン大好きな義母は、孫ちゃんに誕生日やらクリスマスにお菓子や服を入れて送ってくる。
上の子が二歳の時に、孫宛だったお菓子だったけど一緒に食べたのさ。
それを帰省した時に
「私もちょっともらいました。おいしかったです。ありが」 の所で、
「何で食べたの?」と言われて。食べたらいけないと思ってなかったので、何を聞いてるのかわからなくて。
手で?違うよなあ。おやつとして?違うなあ。もしやあれは飾るだけのお菓子?と考えていたら
「○○チャンに送ったものよ。」と言われました。なるほどねと。
それから一切食べないんです。けったクソ悪い。
そしてこの二歳の子が9歳になりました。
この夏に帰省した時に、9歳になった子が
「おばあちゃんのお菓子をお母さんが食べないんだ。」と義母の前で言ったのですよ。義母より早く
「○○チャンのお菓子たべたら、おばあちゃんに怒られちゃってね。
 だってお菓子は○○チャンのだもんね。怒られてもしょうがないよ。
 一緒に食べてないけど○○チャンはおいしいよね。
 それだけでおばあちゃんはうれしいからいいんだよ。
 お母さんは他のお菓子食べるし気にしなーい!」
と説明しました。義母固まる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
70: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/05/10(日) 19:35:59
空気読めないらしいうちの息子は、トメに「○子ちゃんって呼びなさい」
「グランマでもいいのよ」と義実家訪問の度に言われるが、しっかり
「ばぁちゃん」と呼んでいる。
いちど、キーーー!ってなったトメが「違うでしょ!」って怒鳴ったら
きょとんとした後「あ、○△(地名)のばぁちゃん」と言い直して
トメが..orz..となってた。
その後ばぁちゃんと呼ばれる度に「○子ちゃん!」と訂正するが
「○子ちゃんばぁちゃん!」と嬉しそうに言い直す息子。
夫がみっともないから止めろ!と何度も怒られてもくじけなかった
トメだが最近は自分で「ばぁちゃん」と言っている。
それ以外ではかなり良トメなので好きに呼ばせようと思ってたけど、
息子の方が受け付けなかったみたいです。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
54: 1/2 投稿日:2010/10/23(土) 20:48:08
子が言ったというか私が言ったというか自爆乙というか。

トメは子に自分を「まーちゃん」と呼ばせている。
グランドマザー→まーちゃんらしい。
こないだ義実家へ行った時に、何かの拍子で子が「おばあちゃん」と口にした。

トメ「おばあちゃんじゃなくてまーちゃんでしょ」
子「まーちゃんいらん!おばあちゃん行ったの!」
私「そうね、昨日おばあちゃんのおうちに行ったのよね」
トメ「おばあちゃんって何なの?」
私「私の母に決まってるじゃないですか。この子のおばあちゃんですよ」
トメ「あちらのお母さんのこと、おばあちゃんなんて呼んでるの?」
私「ええ。おばあちゃんですから」
子「おばあちゃんよねー」

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
878: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/09/22(火) 14:37:40
初孫であるうち娘が生まれたとき、うちのトメさんも
「おばあちゃんなんて嫌だわ。大ママって呼んで~」とほざいたことがあったな。
察してチャンぽいけど比較的まともな人だと思ってたのに・・・。
そしたらトメより2つ年上だけど見かけが華やかで若く見える私の母が
うまれたばかりの娘と対面するなりトメの前で思いっきり
「孫子ちゃん、おばぁちゃんですよ~!!!」とかまして
見かけ老けてて地味なトメは身の丈を知ってたようでそれ以上無理は言わなかった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
560: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/12/09(木) 11:52:47
その一

孫タン大好きな義母は、孫ちゃんに誕生日やらクリスマスにお菓子や服を入れて送ってくる。
上の子が二歳の時に、孫宛だったお菓子だったけど一緒に食べたのさ。
それを帰省した時に
「私もちょっともらいました。おいしかったです。ありが」 の所で、
「何で食べたの?」と言われて。食べたらいけないと思ってなかったので、何を聞いてるのかわからなくて。
手で?違うよなあ。おやつとして?違うなあ。もしやあれは飾るだけのお菓子?と考えていたら
「○○チャンに送ったものよ。」と言われました。なるほどねと。
それから一切食べないんです。けったクソ悪い。
そしてこの二歳の子が9歳になりました。
この夏に帰省した時に、9歳になった子が
「おばあちゃんのお菓子をお母さんが食べないんだ。」と義母の前で言ったのですよ。義母より早く
「○○チャンのお菓子たべたら、おばあちゃんに怒られちゃってね。
 だってお菓子は○○チャンのだもんね。怒られてもしょうがないよ。
 一緒に食べてないけど○○チャンはおいしいよね。
 それだけでおばあちゃんはうれしいからいいんだよ。
 お母さんは他のお菓子食べるし気にしなーい!」
と説明しました。義母固まる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
105: (1/3) 2011/07/07 15:32:24 ID:lO44dsOz
ちょろっとした被害しかない上、何も対応してないので
人によってはもやもやする内容かもですが投下。

私(未婚)は生まれてこのかた、じいちゃんが建てた持ち家に住んでる。
先日、友人S(仮名・年長子有)が遊びに来たあと、ある物が無くなっているのに気が付いた。
それは、うちのじいちゃんの「養老の水」。
じいちゃんが養老に旅行に行って、買ったかくんだかしたもので、じいちゃんは長生きしたかったのか、毎日拝んでたw
それをそばで見ていたじいちゃん子の私も、目にとまったら拝んでたw
その日も朝拝んでて、それから家族以外に家に入ったのはSしかいない。
小学校のときからの友達で、よく家にも来てたS。私もSの家にはよく行った。
そんなSが、何で泥なんかするの?という気持ちと、いやSが泥なんかするはずない!という気持ちと、
そもそも何で養老の水…という気持ちがまざって、ものすごくもやもやした。
被害が小さすぎて警察にも届けなかった。

続きを読む

このページのトップヘ