キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

いい話

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
67: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/19(水) 22:58:36.62 ID:0Dw8ti44
20年以上前、私と旦那は小学六年生で友達以上恋人未満だった。
二人で夏祭りに行ったときに数人の不良に絡まれてタカりにあった。
旦那は一見太っちょだけど実は本当にただの太っちょで、私もヒョロヒョロ眼鏡。
二人して思いっきり文化系オタクの見た目で良いカモだったんだと思う。
めちゃくちゃビビってた私たちは素直にお金を渡したけど
調子に乗った不良たちは解放してくれずに旦那を馬鹿にしだした。
ムカッとして「あなたたちに関係ないじゃないですか」って言い返したら
不良が怒りだして仲間を呼んで取り囲まれた。
小突き回されそうになったとき、俯いて泣いてた旦那が私の手を握って
体当たりで不良の包囲網を強行突破。そのまま旦那に引っ張られ無事祭りから帰還した。
あのときの不良を吹っ飛ばす姿、私の手を引いて走る旦那はヒーローだった。
泣いてたしおしっこ漏らしてたけど、それだけ怖かったのに私を助けてくれたってことがすごいと思う。
二人合わせて三千円もタカられたのは悔しかったけど、旦那は格好良かった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
696: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:sZfu2BpA
数年昔の話でものすごい長話になってしまいますが書き込んでもよろしいでしょうか?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
443: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:zkBBGecf
職場に不安定な棚があって、同期の女忄生 がそこで書類の整理をしてるときに棚が倒れてきた。
近くにいた俺はとっさに彼女を庇って棚を支えて踏ん張ったんだけど、力みすぎてでかい屁をしてしまった。
不幸は続くもので、屁の勢いかズボンとパンツが裂けた。
小柄で太ってる男はわかると思うけど、そういう体型だとズボンの股上が長くて
足を広げて踏ん張ると股の縫い目に負荷がかかりまくるんだよ。
同期女忄生 がこけた体勢だったから顔付近に屁をしたあげくにズボンパンツが破けるという三重の惨事に
恥ずかしくて逃げたかったけど、棚を支えてるから逃げられない。
しかも後ろの同期に「○○君、玉袋がはみ出てるよ…」と指摘されて泣きながら「見ないで」って言ったよ。
他の社員が助けてくれるまで数分かかったけど何時間もかかった気がする。
これをきっかけに同期の女忄生 と親しくなって彼女になってるんだから何が縁かわからないな。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
62: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:80icm7NI
スーッとするか分からないけど10年以上前の話
初投稿&10年以上前の話なので辻褄合わなかったり文章がおかしいのはご容赦ください

高校の時、身長に対して体重が軽すぎるいわゆるもやし体型でさらに眼鏡、オタクで
コミュ障というボッチだった。
んで、俺の通ってた高校は地元では中堅以上なんだが、それでもやっぱり不良は居るんだわ
俺の同じクラスにもAという女のヤンキーが居た。
スカートは短いし茶髪だし口調は荒いしと、少なくとも俺は関わり合いにはなりたくなかった。
だけど、そんな見た目の癖に授業は毎回出る、成績も中の上くらい。
補導歴あるくせに、変なとこで優等生なAだった。

ちょっと長くなりそうなんで次へ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
158: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/11(水) 20:08:09.89 ID:PGUlHPcK
フリーのカメラマンやってるんだが、市の依頼で夏休みのキャンプ場の撮影の仕事があった。
キャンプ場に行き、広く見渡せる小高い所にある屋根付きのベンチで必要なカットの確認とカメラの準備をしていたら
小学5~6年の男の子がジーッとこちらを見ていた。
カメラに興味があるのかな?と思い、試し撮りをやっていた時に「撮ってみる?」と話しかけるとニコニコしながらうんうんと頷いた。
ピントのあわせ方とシャッターくらいしか教えてないけど、綺麗な写真が撮れていた。
それから撮影をやってその日は帰ったんだが、数日後にキャンプ場の管理室に数枚の写真を届けに行き、
隣接している小さい店でところてんを食べていたら肩を叩かれ、振り向くとあの時の子がいた。
偶然だけど、その子が撮ったあの時の写真も印刷していて車の中にあったからそれをその子に渡した。
その子がお店の女性とカウンター越しに何やら話しているんだけど、それは手話だったので俺には分からなかった。
すぐにその女性がやってきて感謝された。その子の母親だったらしい。

その子が母親経由(手話)で俺に「今日もカメラあるの?」と聞いてきたので、「あるよー。またその辺を撮りにいく?」と聴くと満面の笑みでうんうんと頷いた。
それからいろんな所を撮り回って、当然だけど最初はその子が何を言おうとしているのかは分からなかった。でも徐々になんとなく聞き取れるようになってきた。
しっかり聞こうとすれば分かるもんだなー、と思っていたらそうじゃなかった。
その子がだんだんと上手に発音できるようになってきていたみたいで。
普通、とまではいかないが難なくいろんな会話が出来て、色んな写真を撮りまたお店に戻った。
そこでも撮った写真を見ながらまた話をしていたら、母親がやってきて号泣。
母親も喋っているその子に驚いたらしくて、握手までされての大号泣。
少しだけ話を聞いたんだけど、俺はてっきり先天性のものかと思っていたから俺も驚いた。
2年くらい前から突然喋らなくなったんだと。

更に昨日、その子から電話がかかってきた。(母親に名刺を渡していたので)
あの時撮った写真が夏休みの作品で賞をとったらしく、地元誌に掲載されていた。
その報告は電話越しでもはっきりと分かったので、めちゃくちゃ嬉しかった。
人生何が起きるかわからんなーと思った。

続きを読む

このページのトップヘ