キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

いい話

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
67: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/19(水) 22:58:36.62 ID:0Dw8ti44
20年以上前、私と旦那は小学六年生で友達以上恋人未満だった。
二人で夏祭りに行ったときに数人の不良に絡まれてタカりにあった。
旦那は一見太っちょだけど実は本当にただの太っちょで、私もヒョロヒョロ眼鏡。
二人して思いっきり文化系オタクの見た目で良いカモだったんだと思う。
めちゃくちゃビビってた私たちは素直にお金を渡したけど
調子に乗った不良たちは解放してくれずに旦那を馬鹿にしだした。
ムカッとして「あなたたちに関係ないじゃないですか」って言い返したら
不良が怒りだして仲間を呼んで取り囲まれた。
小突き回されそうになったとき、俯いて泣いてた旦那が私の手を握って
体当たりで不良の包囲網を強行突破。そのまま旦那に引っ張られ無事祭りから帰還した。
あのときの不良を吹っ飛ばす姿、私の手を引いて走る旦那はヒーローだった。
泣いてたしおしっこ漏らしてたけど、それだけ怖かったのに私を助けてくれたってことがすごいと思う。
二人合わせて三千円もタカられたのは悔しかったけど、旦那は格好良かった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
696: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:sZfu2BpA
数年昔の話でものすごい長話になってしまいますが書き込んでもよろしいでしょうか?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
443: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:zkBBGecf
職場に不安定な棚があって、同期の女忄生 がそこで書類の整理をしてるときに棚が倒れてきた。
近くにいた俺はとっさに彼女を庇って棚を支えて踏ん張ったんだけど、力みすぎてでかい屁をしてしまった。
不幸は続くもので、屁の勢いかズボンとパンツが裂けた。
小柄で太ってる男はわかると思うけど、そういう体型だとズボンの股上が長くて
足を広げて踏ん張ると股の縫い目に負荷がかかりまくるんだよ。
同期女忄生 がこけた体勢だったから顔付近に屁をしたあげくにズボンパンツが破けるという三重の惨事に
恥ずかしくて逃げたかったけど、棚を支えてるから逃げられない。
しかも後ろの同期に「○○君、玉袋がはみ出てるよ…」と指摘されて泣きながら「見ないで」って言ったよ。
他の社員が助けてくれるまで数分かかったけど何時間もかかった気がする。
これをきっかけに同期の女忄生 と親しくなって彼女になってるんだから何が縁かわからないな。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
62: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:80icm7NI
スーッとするか分からないけど10年以上前の話
初投稿&10年以上前の話なので辻褄合わなかったり文章がおかしいのはご容赦ください

高校の時、身長に対して体重が軽すぎるいわゆるもやし体型でさらに眼鏡、オタクで
コミュ障というボッチだった。
んで、俺の通ってた高校は地元では中堅以上なんだが、それでもやっぱり不良は居るんだわ
俺の同じクラスにもAという女のヤンキーが居た。
スカートは短いし茶髪だし口調は荒いしと、少なくとも俺は関わり合いにはなりたくなかった。
だけど、そんな見た目の癖に授業は毎回出る、成績も中の上くらい。
補導歴あるくせに、変なとこで優等生なAだった。

ちょっと長くなりそうなんで次へ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
158: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/11(水) 20:08:09.89 ID:PGUlHPcK
フリーのカメラマンやってるんだが、市の依頼で夏休みのキャンプ場の撮影の仕事があった。
キャンプ場に行き、広く見渡せる小高い所にある屋根付きのベンチで必要なカットの確認とカメラの準備をしていたら
小学5~6年の男の子がジーッとこちらを見ていた。
カメラに興味があるのかな?と思い、試し撮りをやっていた時に「撮ってみる?」と話しかけるとニコニコしながらうんうんと頷いた。
ピントのあわせ方とシャッターくらいしか教えてないけど、綺麗な写真が撮れていた。
それから撮影をやってその日は帰ったんだが、数日後にキャンプ場の管理室に数枚の写真を届けに行き、
隣接している小さい店でところてんを食べていたら肩を叩かれ、振り向くとあの時の子がいた。
偶然だけど、その子が撮ったあの時の写真も印刷していて車の中にあったからそれをその子に渡した。
その子がお店の女性とカウンター越しに何やら話しているんだけど、それは手話だったので俺には分からなかった。
すぐにその女性がやってきて感謝された。その子の母親だったらしい。

その子が母親経由(手話)で俺に「今日もカメラあるの?」と聞いてきたので、「あるよー。またその辺を撮りにいく?」と聴くと満面の笑みでうんうんと頷いた。
それからいろんな所を撮り回って、当然だけど最初はその子が何を言おうとしているのかは分からなかった。でも徐々になんとなく聞き取れるようになってきた。
しっかり聞こうとすれば分かるもんだなー、と思っていたらそうじゃなかった。
その子がだんだんと上手に発音できるようになってきていたみたいで。
普通、とまではいかないが難なくいろんな会話が出来て、色んな写真を撮りまたお店に戻った。
そこでも撮った写真を見ながらまた話をしていたら、母親がやってきて号泣。
母親も喋っているその子に驚いたらしくて、握手までされての大号泣。
少しだけ話を聞いたんだけど、俺はてっきり先天性のものかと思っていたから俺も驚いた。
2年くらい前から突然喋らなくなったんだと。

更に昨日、その子から電話がかかってきた。(母親に名刺を渡していたので)
あの時撮った写真が夏休みの作品で賞をとったらしく、地元誌に掲載されていた。
その報告は電話越しでもはっきりと分かったので、めちゃくちゃ嬉しかった。
人生何が起きるかわからんなーと思った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
389: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/16(土) 08:29:25.29 ID:ZCGLsSsb
うちのお婆ちゃんの武勇伝?

うちのお婆ちゃんは都会で一人暮らしなんだけど、例によって孫の俺を名乗る人間からオレオレ詐欺が掛かって来たらしい。
俺(偽物)はお婆ちゃんに、鞄無くしたお金がすぐに100万必要で、会社の人を向かわすからお金渡して欲しいって話をしてきたらしい。
お婆ちゃんは快諾して、持っていたお金を封筒に入れて、その来た詐欺師に渡したらしい。

ここからが武勇伝。
お婆ちゃんが渡したのは100万円じゃなく3万円と手紙。
手紙には、「貴方が○○(俺)で無いことは分かっていましたが、何か事情があってこんな事をしてしまったのでしょう。お金は差し上げます。だから何か元気になる食べ物を食べなさい。」とかそんな事を書いたらしい。

後日、郵便受けに3万円とクシャクシャのレシートが入ってて、レシートの裏に「ごめんなさい」と書いてあったらしい。

なんかスゲーと思った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
491: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/14(土) 22:50:55.04 ID:RgTchZ+m
自分のことじゃないけどすっとした話。
免許の更新のために免許センターへ。
日曜日のせいか混雑混雑大混雑。
鼠王国もかくやと言わんばかりの大混雑で受付・検査共に中々進まない。
暇つぶしに携帯やら本やら各々対策はしていたようだがうんざりとした空気がそこはかとなく流れていた。
そんな中牛歩の状態で視力検査に進んでいくが自分の並んだ列はどうもはずれっぽい。
横暴なおっさんが検査していて「早く座れ」「こんなのも見えないのか」「どんくさい奴は運転するな」などと始終キレっぱなし。
そこを中心にイヤーな空気が流れていた。
他の列に移動できないかなと思っていた時に地味な女の子が検査するべく進んでいった。
おっさんに「お願いします」と丁寧に受付用紙を提出していた。
するとさっきまで来る人来る人すべてに何かしら文句言ってたおっさんがその子には何も言わず。
淡々と短い検査が進んでいき終わった時も女の子は「ありがとうございました」と軽く頭を下げて用紙を受け取ってた。
そんな女の子におっさんが「次は○番のドアだから間違えないように気をつけろ」とぶっきらぼうにぶつぶつ言っててちょっと笑った。
女の子はそれにも「ありがとうございます」と丁寧に返していてあぁ育ちがいいんだろうなぁとぼんやり思ってた。
そしたら次に検査受けるおっさんも「お願いします」と言いながら用紙出してんの。
俺の前に五人くらい並んでたんだけど全員出す時にそういってたな。チャラ男や根暗そうなのと色々いたけど全員。
あの女の子が言うまで誰もそんな事言ってなかったんだけどね。
普段は無言で提出していた俺もなんとなく流れで「お願いします」と「ありがとうございました」を言ってみた。
不機嫌そうで感じの悪い検査員のおっさんも少し愛想よくなってたよ。
なんというかどう表現していいかわからないけど大事な事を教わった気分でした。
俺が見た限り俺の後ろにいた連中も「お願いします」「ありがとうございました」を言ってたな。
嫌な空気を無くしてしまったあの女の子のささやかな武勇伝でした。
今嫁が妊娠中なのだがあんな子に育って欲しいな。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
813: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/22(水) 02:12:18.83 ID:6iq/Mjil
ちょっとスレチの可能性あり。
この間病院に行ったときの話。
俺は腰のヘルニアなのにも関わらずその日、バレー大会があってそれに参加していた。
案の定、ヘルニアは悪化、チームにも迷惑かけたくなかったので近くの病院に行くことにした。
近くの病院だったので歩いていくことに・・・。
いくら近いとは言え、かなりの激痛。
病院に着く頃には俺の足腰がガクガク震えてた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
144: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/31(月) 19:05:35.71 ID:aU42gTS3
私(26歳男。)が日曜日に体験した話

毎年4月に入る前の日曜日は出られる親族が集まってちょっとした会合を行ってます。
これは親族間での伝統行事的なもので特に意味は無いのだが
親族には議員秘書、弁護士、税理士、経営コンサルタント(有名らしい)、医者といったすごいメンバーが集まって
おり、色々な裏話が聞けるので俺は毎年楽しみにしている。
ちなみに私はブラックと名高い会社の営業。しかも平社員w

しかし皆、小さい頃からの付き合いが有る上余裕のある方々ばかりというのもあり
「辞めるときはいつでも言えよwなんか良い仕事見つけてやるからw」(コンサルタント)とか
「会社訴えるときは俺に言えよ。格安でやってやるから。」(弁護士)とか
笑い話としてサラリーマンネタなんかを話しながら和気藹々とした雰囲気で会は進みました。

さて、私がほろ酔いになった頃
遅れて銀行員の弟とその妻がやってきました。

実は私は弟の妻が少々苦手でした。見えないところでは私のことを「クズ」だの「ゴミ」だの
言っているらしく、その度に弟がたしなめているらしいです。
しかし私も大人ですし、会社ではクズ、ゴミ程度は日常会話ですから
会うたびに気は使っているつもりでした。

弟の妻は親族を順々に廻り挨拶を済ましていきましたが私にだけ挨拶無し
まぁ挨拶して欲しかった訳でも無し、気にしていなかったのですが
逆に「なんで義兄さんは挨拶に来ないのかしら」みたいな事を聞こえるように言ってきました。

一瞬で険悪になる空気
しかし、そこで空気を悪くしたままにするのは営業としての名折れ
弁護士の叔父が何か言おうとしたが制して
「これはこれは、お気付きせずに申し訳ございません。近頃はどうですか?」
等とこちらから挨拶に伺った。明らかに面白くなさそうな嫁、弟はおどおどしていました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
326: おさかなくわえた名無しさん 2014/09/08(月) 01:05:25.01 ID:l3BfWDFA
スーっとするの、わしだけだったら申し訳ないのだが吐き出させてくれ。

おじさん、遅くしてできた一人娘がいるんだが、赤子の頃に母乳を一切飲めなかったからか、はたまたミルクが飲めなくて二ヶ月成長がとまったからか、とても体の小さい病弱な子だった。
お金もなくて小さい頃に治療させてやれんかったせいで、大人になった今とても苦労をしとる。

そんな娘が立派に成人式迎えた年、おじさんの務める会社が結構な黒字をだしてな、感謝祭を開くことになった。
感謝祭は家族を呼んで会社の土地使ってお祭りみたいな事をする。娘は成人したし興味無いかと思っとんだが、お父さんの職場見てみたいって言ってくれてな。祭りに来てくれた。

その時にな、うちの社長と仲の良い、取引先の社長とその跡継ぎのぼっちゃんに鉢合わせして挨拶しとったのよ。
おじさんの娘は病弱なせいか、いっつも中学生に間違えられるくらい小柄で、それがコンプレックスだったのよ。
でも、ぼっちゃんはうちの娘をたいそう気に入ってくれて、周りからはお前んところの娘は子ども産めるんかとか馬鹿にされとったんだが、なんとうちの会社の社長通じて、見合いを申し込まれた。

ぼっちゃんの年齢を聞くと30過ぎとったし、断る気満々だったのが、周りの圧力もあってぼっちゃんと娘をあわせることになった。

相手方の社長はええ人なんだが、ぼっちゃん、一人息子で甘やかされたのか、娘に対して背は小さいのに胸がでかいとか、ええ乳が出そうとか、失礼な冗談言い出して、わし、もう握りしめた手が震えとった。
でも、俺と付き合えば平社員のお父さんの仕事も口聞きますよなんて言われて、立つ瀬がない。
たしかにわし、平社員よ。でも前の職場で忙しすぎて娘の入園式にも出られんかったのを悔やんで、今の職場で平社員しとんのよ。
この時はとにかく悔しかった。

続きを読む

このページのトップヘ