キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

黒い話・怖い話

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
491 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2020/06/30(火) 21:58:55 ID:1H.m8.L1
私が自意識過剰のアホだっただけの話なんだけど、愚痴らせて
土曜日、学校に行ったあとショッピングモールで別の学校の友達と待ち合わせして夜まで勉強してたんだけど
帰りに電車が遅延して乗換がうまく行かず、自宅の最寄駅についたのが予定時刻の50分遅れの22時45分だった
普段はバスで帰るんだけど、田舎なので最終バスもギリいっちゃって、
親は迎えを頼むと「高校生にもなって甘えるな」と言う人だったので、約2時間の道のりを歩いて帰ることにした
田舎なので駅から10分も歩くと人気も車通りもかなり減り、街灯も少なくなるんだけど、そんな道中に後ろから男性の声がする
振り返ると、全身黒い服、黒のマスク、黒のキャップで散歩してる大柄な男性がおり、ずっと一人で喋ってて怖かった
しかも話の内容がかなり物騒で卑猥
オブラートに包んで書くと、
「黒髪ロングに着崩してない女子校の制服(その時の私の格好)とか清楚系気取った女大嫌いだ
こんな時間まで遊びまくってるビッチのくせに、そんな遊びたいなら俺が遊んでやる
楽しんだ後は夜の店に沈めてやる、男をなめたことを後悔させてやる」
こんなことをフヒヒヒという独特な笑い方を伴いながら、どう実行するか自問自答して話し続けてた
振り返るのが怖くて鏡で後ろを確認したけど、やっぱり一人で喋ってて、時々指を鳴らしたり、肩を回したりしてた
早歩きしても、逆に抜かしてもらおうと速度を落としても、一定の距離でついてくる
何とか撒けないかと考え、自宅に向かう道を大幅に逸れて1軒だけあるコンビニに逃げ込んだ
男性はコンビニの中までは追いかけてこず、ホッとして10分ほど時間を潰してまた帰路についた
そしたらさっきの男性がいつの間にか後ろについてきてて、背筋が凍った
あまりに怖くて、でも走ったりして刺激したらヤバイと思い、携帯で家族にSOSを送った
状況を説明したあとすぐ迎えに来て貰えるようお願いしたら、念の為に電話を繋いでおけと言われ、
兄とずっと通話状態にしたまま、それを相手に気づかれないように歩き続けた
家までの道中に街灯のないだだっ広い公園があって、そこで過去に何度も不審者情報と、女性ばかりが被害にあった事件があり
そこは絶対に通らないように言われ、家の方角から離れる道を不安に押しつぶされそうになりながら歩いていた

SOSをだしてから20分ほどで親と親の呼んだ警察がやってきて、私は保護され、男性は警察に不審人物として職質を受けた

結果から言うと、男性はずっと複数の誰かと電話してただけ、らしい
男性は耳に小型の黒いワイヤレスイヤホンを装着してたけど、闇に紛れて見えなかった
私の後ろをついて歩いたのは下手に近づいて痴漢扱いされたくないからで、私のことはずっと邪魔だと思って歩いてたらしい
コンビニもタバコを吸う目的で寄っただけで、私のあとをついてきた意図はなかったらしい
自意識過剰だって言われて、警察が物理的に止めに入るくらいキレられた
「この女は俺に冤罪をかけたんだから慰謝料払え」と親にもキレて再度警察に止められてた
兄の電話ごしに男の卑猥で乱暴な言葉を聞いていた父も静かに怒っていて、
兄は私との通話を録音してたらしく、それを警察に提示しながら話し合っていた
男性だけが大声をあげて終始怒鳴っており、私が萎縮してるのを見て、私だけ先に家に帰された

この日を堺に家族が過保護になった
帰宅の門限は20時、20時を超える場合は家族の迎えが必須
家族が迎えに行けないような日はそもそも外出禁止
さらに警察の勧めで、回覧板でこの日の出来事がご近所中にまわされ注意喚起された
お陰で周りから私が犯罪被害者扱いされてる
私の間抜けな勘違いでご近所を巻き込む騒ぎになってしまった
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
572 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2017/09/09(土) 15:24:43 ID:0ft7rVe00.net
初カキコ
10年前の話。

私は中学のとき不登校で、あまり家にも帰ってなかった。
そのとき知り合った年上の社会人の彼氏の家にほとんどいて、卒業式も出ないまま中学を卒業。
卒業して1ヵ月妊娠が発覚、2人で育てると決め1度実家に帰ってる間に彼氏が薬物で逮捕された。
(産むことは両親も賛成してくれていた)
混乱したまま慌ただしく女の子出産、そのまま彼とは手紙のやり取りはしたものの結婚は難しいと思って1人で育てると決意。

アパート借りて子供と2人、仕事に子育てと忙しい毎日を過ごしてた。この頃のことは本当に鮮明に覚えてる。
子供が2歳になり、誕生日を祝ったことも覚えてる。
2歳になった年の冬、朝起きると子供がいなくてパニックになって警察に連絡した。
その間に両親に連絡したら、何言ってるの?子供なんていないでしょ?混乱してるところに警察到着。
子供がいなくなった!とパニックになってるところに両親到着して、子供なんていない!と言い張る。
携帯の写真を見せようと携帯の写真フォルダを開いても子供の写真なんて1枚もなかった。それどころか子供のために買ったはずのものが何一つ残ってなかった。
この日はパニックになりすぎてよく覚えてないけど、とにかく子供がいない!どうしよう!って叫んでた。
誰かに嵌められたんだと思った。
それから何日経っても子供は帰ってこなくて、私は両親に病院に連れていかれて家に連れ戻された。
私の妄想の中の世界で片付けられた。
未だに子供を産んだときの記憶もあるし、子供と遊んだ記憶もある、写真だってたくさん撮ったはず。
でも戸籍を確認してもいなかった、産院にも問い合せた。母子手帳もない。子供を預けてたはずの保育園は存在すらしなかった。毎日自転車で送り迎えしてたのに。
それから毎年子供の誕生日はお祝いしてる。今年小学校を卒業する。

未だに自分でも理解が出来ない。
こんなことって本当にあるんですか。
私にとっては現実だったはずなのに。
今は普通の生活をしてますが、受け入れるのにかなりの時間がかかりました。
書いてみるとあんまり怖くないですね。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
231 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2019/05/16(木) 23:50:54 ID:U41zi6ZY0.net
怖いというより不思議?な体験といった方が正しいかもしれない。

私は小学一年生の時に家族で新築のマンションに引っ越した。
そのマンションはおしゃれでそこそこ高級なマンションだったんだけど井戸や古民家を潰して建てたもので隣には塚があったりと、あまりいい土地とは言えない場所にあった。

マンションに引っ越すと、途端に父親が肺炎を起こして入院したり、元気な子供だった私は体調や精神が安定しなくなったりと何故か悪い事が続発。

それからなんやかんやでしばらくは平和な日常を過ごしていたんだけど私が小学四年生になったころ、自分の腹にしこりがあることに気づいた。
病院で診てもらったら便秘で溜まりに溜まったカッチカチのウ◯コが詰まっており、いつ死んでもおかしくないギリギリのところだった。

結局ウ◯コは妊婦さんが使うような浣腸を何回もやってどうにかなったけど、その頃から家の中で不思議な事が多発し始めた。
ソファーの下に水たまりが出来ている、女の子が台所に立っている、人感センサーのライトが勝手につくetc...不可解な事が数え切れないほど、、

両親もマンションに引っ越してから今まで起きた事を踏まえてさすがにこれはまずいんじゃないかという話になった。
結局、マンションを引き払って家を建てることを決めたんだけどその途端、私は酷い脱水を起こし入院。
このタイミングで身体を壊したことで両親の焦りに拍車が掛けられ結局家が建つのを待たずに仮家を速攻で決め、マンションは速攻で引き払ってしまった。

マンションを出てから、家族はめっきり大病しなくなり私も心身ともに元気になった。
平穏な日々を過ごし、一年ほど経ったある日、同じマンションに住んでいたAさんが亡くなったと連絡が入った。

Aさん、生前はとても元気でパワフルなおばちゃんという感じだったんだけど遺影に写るAさんは一年前とは全くの別人のようにやつれきって今までに見たことのないような覇気のない目をしてた。
もし自分があのマンションに住み続けていたら同じようになっていたかもしれない、と思うとゾッとした。

たまたまじゃんと言われればそれまでだけど、やっぱりあのマンションには何かあったとしか思えない。

駄文失礼しました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
298 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2017/07/28(金) 05:19:34 ID:jFnsXdL7.net
小さい修羅場だけど変な時間に起きちゃったから書かせて

数年前、3歳娘と私で実家に帰省して現住地近くの駅まで帰って来た時のこと
地方都市の中心駅でかなり人が行き交ってる中、娘が歩き疲れて通路に座り込んでしまった
荷物が多いから抱き抱えることもできなくて柱の横に移動させて宥めてると60代くらいの男性.が近寄って来たので「やっぱり座り込んでたら邪魔だよな」と思って謝ったけど私の方は見ずにそのまま娘に話しかけ始めた
話してる内容は訛りが強くてわからなかったけどニコニコしてるから子供好きな人なのかな?一緒にあやしてくれてるのかな?って思って見ていたら
「いい子には良いものを見せてあげようね」
なんて言いながらズボンのチャックをおろそうとしてる!
それを見た瞬間、自分でも驚くほど冷静に「行こうか」って言いながらぽかーんとしてる娘の手を引いておじさんに会釈して早足で歩き去った
娘も何も言わず小走りでついて来たしおじさんは足が悪かったようで数歩しか追いかけてこなかったけど、タクシー乗り場までかなり怖かったよ

うちの家系の女は全員変な人に絡まれやすいから娘のことも心配してたけど、親がついているのにこんな危険があるとは思わなかった
そりゃあ過保護にもなるよ...
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
930 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2020/08/01(土) 01:23:46 ID:CMnQ1xht.net
高校の部活の帰り道で、友達のカバンが後ろから来た車に接触されたこと
バンッ!と音がして、友達が
「痛っ!」と悲鳴を挙げたが車はそのまま通りすぎた

「大丈夫!?」
「うん。カバンが当たっただけ。衝撃で痛かったけど」
とか話してると車がUターンして戻ってきた
ぶつかったことに気づいて慌てて戻ってきたのかなと思っていたら
なんと歩道に乗り上げて、私たちを轢こうとした
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
635 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2010/02/24(水) 22:46:53 ID:PNpuvg8j0
大学の時、入居していたアパートでの話。

そこは入学してから住み始めたのだが、仲良くなった友人のの一人を部屋に呼んだ時、
「部屋の角に女がいる」と言われた。なんでもそいつは霊感があるらしく、
そういうことがわかるとのことだった。ただ、霊能者のようなことは一切できず、
俺の部屋に居るという女についても、何でいるのかとか、いつからいるかとかは
全く分からないと付け加えた。

俺はというと霊感など全く無く、入居してからも金縛りひとつ遭ったこともないので、
初めは悪い冗談かと思ったが、割とまじめな奴だったので半信半疑ながらも、
どうすればいいか尋ねてみると、
「霊能者じゃないので、わかんないけど、何もないならこのままでいいんじゃない?」
と無責任な返答だった。
「じゃ、悪霊じゃないっていこと?」
「うーん、たぶん…寂しそうだけど…」
姿は普通で、クラスやサークルにいてもおかしくないとも言った。
悪霊じゃないにしろ、霊が部屋にいるっていうのもいい気はしないので、あれこれ
ハウツー的なことも聞いてみたが、結局は「霊能者じゃないんで…」で逃げられた。
だったら、そもそもこんな事言うなよとも思ったが、ついでに

「もしかして、可愛いとか…」

と言うと、

「………うん、けっこう…」

と返ってきたので、何も感じない俺としてはよしとすることにした。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
890 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2020/07/31(金) 05:05:31
幽霊?を見たこと。

深夜2時位に仲間たちと一緒に初詣に行った。
参拝客は誰もいなかったが、少し先に見える賽銭箱の後ろがガラス張りになっていて、その奥で陰陽師の様な白と紫の着物と烏帽子をつけた宮司さんと後ろをついて回る2.3人の巫女さんがせわしなく行ったり来たりしていた。

正月だから忙しいのかな?と思いつつ、こんな時間なのにあんな衣装でいるものなのかと疑問に思った。
そこに見えているはずなのに、はっきり見ようとすると居なくなってしまう。その場がぼんやりしているように感じた。

すると突然、一緒に来ていた仲間の1人が、人が消えていった!!と騒ぎ出した。
自分達がガラスに映ったんじゃなくて?と聞くが間違いないと言う。

再び奥に目を向けると宮司さん達はおらず人の気配も全くなくなっていた。
他の仲間に、そこに人が行ったり来たりしてたよねと聞くと何もいなかったと返された。

その後はぼんやりした感じもなく、ただの深夜の神社に戻ってしまった。
幽霊は信じない人間だけど、あれだけは本当にびっくりした。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
872 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2020/03/09(月) 14:22:07
特に怖くないんだけどふと思い出したので

うちの旦那が転勤のある仕事で、結婚して数年で東京から飛行機の距離の土地に引っ越したのね
旦那は引き継ぎやらなんやらの激務でいないし知り合いもいないしで一人でマンションの部屋にいるしかなかった私はすごく独り言が増えた
それが今思い返すと恥ずかしいんだけど会話形式の独り言で、
「今日ご飯何にしようかな~」
「面倒だからカレー作って明日も三食食べたら?」
「それいいね~そうしよ!」
とか一人で言ってた

それがだんだんエスカレートして独り言相手に○○ちゃんって名前をつけて会話してたんだけど、たまに私が知らないことを○○ちゃんが言うようになった
私「午後は買い物行かないとな~」
○○ちゃん「今日は●●神社の蚤の市の日で道が混んでるからやめたら?」
とか
私「たまには向こうの道通ってみようかな?」
○○ちゃん「あっちは階段になってて自転車だと大変だよ」
とかそういうの

地元民じゃないと知らないようなことを自分が普通に独り言で口に出すようになって、しかもそれが調べたら正しくて、なんか気持ち悪くなって独り言はやめた
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
799 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2020/03/05(木) 10:35:11
さっきさ、ウチの四年前に帰って来なくなった猫みたいなのが帰ってきたんだ

外に出す猫だったもんで、いつかタヒんじまうんじゃねぇかな。って思いながら実家で飼ってたんだ

名前はシュウ、名前の由来はシュークリームから取った。
毛色は白ベースに茶色がまばらに混じった感じだった。
外猫だから洗ってやるんだけどすぐに泥まみれになっちまって、手間はかかる奴だったけど人懐っこくてかわいかったよ。

シュウは家に帰って来ると家の人間に扉を開けさせる為に馬鹿デカい声で鳴くんだ
どれくらい大きい声かというと、深く眠っていても1発で起きるくらいにはデカい。
うるさ過ぎて近所から怒られた事もあったよ

でも四年前ぐらいに帰って来なくなっちまった。
すげー悲しかったよ。俺からしたら手のかかる弟みたいな奴だったからな。
親父もお袋も「外猫はタヒぬ姿を見せてくれない」って言っててさ、家族は皆シュウはタヒんだもんだと思っていた。

でもさ、さっきその件の馬鹿デカい鳴き声で目が覚めた
10年近くその鳴き声を聞いてたんだ、間違える訳ねぇ。
しかも起きた時刻は6時半、だいたいいつもシュウが帰って来てた時間だ

俺は急いで跳ね起きてベランダの窓に走ってったんだ。するとさ、居たんだよシュウが。
めちゃくちゃ嬉しくってさ、俺は鳴いているシュウを家の中に入れようとしたんだよ、そしたらお袋が2階の階段からスゲー勢いで降りて来ながら

「開けるなー!」とか
「窓から離れろー!」ってほぼ絶叫に近い声で言ってきたんだ。
俺は訳分かんないまま窓の前に突っ立っててさ、お袋が俺の右手を引っ張ってくれるまで指一本も動かなかった。

そんでさ、窓の前から離れる時に、窓の引き戸に左手が掛かってた事にその時初めて気が付いた。
ウチらは田舎に住んでるとはいえ、寝る前には家中のカギを閉めてまわる。
だけどその時はカギが開いていたんだ
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
390 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2020/01/14(火) 02:24:56 ID:rTIxTt0z.net
一人暮らしマンションで、夜中にヘッドホンで友達とネット通話しながらオンラインゲームをやっていた。
リビングは照明をつけておらずキッチンの灯りが差し込む程度の薄暗い状態。
ゲームに夢中になっていたがふとした瞬間に部屋の影が動いた気がした。背後に人が通った感じ。
ビビリながら振り返ったが特に何もなく、友達と「こええw」とか言いながらゲームを続けた。
しばらくゲームをやってると明らかに壁に人の影が動いた。
振り返るとキッチンカウンターの奥に人がしゃがみ込むのが見えた。はっきり見えた。白髪の婆さん。
友達に話してヘッドホンを外し、スピーカー通話に切り替えてキッチンの方に怒号で喋りかけながらゆっくりと向かった。
キッチンの片隅で婆さんが震えながらしゃがみ込んで、俺を化け物でも見るかのような表情で声を押し杀殳して手を合わせながら号泣していた。
警察に来てもらって事情が分かったけど、同じマンション内に住む痴呆の婆さんだった。
数時間前に家族から捜索願が出されていたらしい。
いつ侵入したのかわからないけど、考えられるとしたら2時間くらい前にゴミ捨てに行ったその間。
いや、そりゃ婆さんも怖かったかもしれんが、俺もめちゃくちゃ怖くて泣きそうだったよ。
田舎出身だからゴミ捨てくらいじゃ鍵をかけたりしなかったけど、それ以来は鍵をするようになった。
続きを読む

このページのトップヘ