キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

修羅場・衝撃

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
2 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/08/04(木) 03:41:08 ID:???
書き逃げさせてください。
読みづらかったらごめんなさい
この前出勤前にスマホ片手に持って電車に乗車。
空いていたのでボックス席の進行方向に背を向ける席に着席。
斜め前に先客としておじさんの足 が見えたので接触しないよう(トラウマがあり)気をつけて着席。そのままポケモンgoを始めようとアプリを起動しました。
起動までの時間、ふと視線を感じて顔を上げました。

すると、斜め前に座っているおじさんの右腕には綺麗な金髪のフランス人形が。

おじさんと目があって思わず、私は3秒くらい固まった後にゆっくりと視線を下に落とし
外していたイヤホンを装着。
そのまま再生ボタンを押すと、徹夜のハイテンションのままに勢いで録音した
「The Carol of the Old Ones  旧支配者のキャロル」が何故か大音量で流れ出す。

アワワとなっている私は更に動転してしまい立ち上がろうとしてスマホ画面と正面衝突。
ちょっと伊達メガネ曲がる。
そして、その合間に何かフランス人形のおじさんが何か言ってたけど耳に入らず。
飛び降りるように次の駅で下車。

おじさんは追いかけてこなかったけど、本当に怖かった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
123 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2013/08/28(水) 16:29:36 ID:SXZOpVQO
他の人からしたら大したことじゃない上に長いけど、自分が生まれて初めて味わった衝撃。

小1の頃、隣のクラスは給食を食べ残すと掃除の時間に突入したら廊下で正座で残りは食べないといけなかった。
ここまでは先生の指導次第では時々あることだと思う。

だが、この先生。食器はセンターに返さなきゃいけないと言って、残してる物を正座した児童の膝にひいた布巾に
全部ぶちまける。スパゲティミートソースでも、豚汁とご飯でも、牛乳さえもお構い無しに。
ひじきと豆の煮物の上にフルーツヨーグルトをぶっかけられるなんてのも当たり前。
しかも席の対面でペアを組まされて、相手が途中で給食を捨てたり隠したりしないよう見張りをする制度まであった。

自分のクラスでは嫌いな物があれば先生に申告の上で最初から少なくすることができた。
少ないながらも食べきると先生は誉めてくれて「今度はもっと食べれるよう頑張ろう」と笑う感じ。
あとはご飯が多いという子には先生がゆかりやわかめをふりかけてミニおにぎりを握って食べやすくしたり。
だからか2学期半ばには好き嫌いを言ったり残したりするクラスメイトは殆どいなくなっていた。

だから、保育園からの幼馴染みが隣のクラスの廊下で、上半身私服の下半身ブルマで泣きながら給食を食べている
姿には衝撃を受けた。汁物が太ももを伝って靴下がおかず色に汚れていたから余計に。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
909 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2013/06/27(木) 20:38:46
昔出席した友人の結婚式。

新婦は大学時代の友人で、サークルではかなり濃い付き合いをしてきた子だった。
頭のいい子で、某有名大学の付属上がり。実家も裕福でセンスもいいし、自分大好き!なところはあったけど
それも彼女の魅力のひとつって感じで素直ないい子だと思ってた、その時までは。

式披露宴にあたり両親援助などはなかったみたいだけど、いろいろ工夫すると言っていたので、
仲間内で最初に結婚することもあり皆で応援し、「手伝うことがあれば言ってね」と声をかけていた。
当日は高層階からの眺めが魅力の都心有名ホテル。一日二組限定で当然高い式場だった。
装花にも季節のプチオブジェを挿したり、お色直しも和装を取り入れたりとこだわりのお式で
とても素敵で満足していたのだけども。

朝からの式披露宴が終わり、二次会までの時間を喫茶店で仲間と持て余しながら
引き出物をあけると、まさかの、焼き菓子(個包装ひとつ)とキッチントングがひとつ。
「えっ??もしかして入れ忘れ??」と思って周りを見ると、それぞれ おたま や さいばしなど。
ギフトカタログなども一切ない模様。

「節約できる所はなんとか節約したい」って言ってた彼女。
そのときまでは気にならなかったいろいろが浮かんできてなんか釈然としないまま、
それでも披露宴終了後5時間の時間をつぶして無事二次会まで出席してきたあの頃の私(と、サークルのみんな)を
褒めて上げたい。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
225 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2015/03/02(月) 18:01:24 ID:uF5
学生時代友達と陰でDTの男子をからかっていたことがあって、その中に旦那も含まれていたんだけど
付き合ってるときにバレて、傷つけたり見下すつもりはなかったことを話してちゃんと謝罪した。
それで許してくれたんだけど、それ以来旦那は表だって責めてくることはないけど
「女は無神経で低イ谷なもので私はその代表」みたいに考えてる節がある。
子どものことを考えたいと旦那と話し合ってたら「自分がまともな親になれると思ってんの?俺は無理」って言われて泣いた。
許してくれないならなんで結婚したのって悲しくなる。普段優しいのに私が冗談言うとたまに冷たい目で見られて苦しくなる。
ずっと耐えないといけないのかな。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
684 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2013/01/08(火) 10:10:49 0
去年のクリスマスイブに実弟が彼女のたっての希望ということで結婚式を挙げた。
家の両親はクリスマスイブがどうとかより年末はみんなの迷惑だから
年明けか十二月なら最初の方がいいんじゃないかと提案したが
「今から嫁いびりですか。孫に会いたかったら私の意見を優先してください。」と
言い切った。でき婚ではありません。
弟嫁の両親も12/24で文句なしと言うので、挙げることになって招待状を出したら
私達の思った通り新婦側の欠席が多くて大慌てで昔の同級生とか幼馴染とか
縁が切れたような人にまで招待状を出しまくったそうだ。
それでも足りず勤め先の課の同僚全員招待状渡したけど、最初に渡された人と
あまりに時間差があったので、人数合わせがばればれで後から招待状を渡された人は
断られた。受け付けとスピーチは来てくれる友人ががやってくれることになったが
余興をやってくれる人がいなくて、結局実母が入ってるコーラスサークルのおば様方が
アカペラで歌ってくれることになった。そこそこお上手でした。

それで友人席の不足は、実母の方が兄弟が多くて従兄弟・従姉妹が多いので
従姉妹達を新婦の友人席に座ってもらうことにしてやっと空席が埋まった。
従姉妹達の結婚式には弟は出てないので、ご祝儀なしで交通費着付け代持ちの条件で
着てもらうことに。結局新婦の席は新婦親戚と数人の友達と一人の同僚と一人の上司以外
うちの従姉妹達ということに。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
83 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/01/09(土) 10:46:32 ID:FRM
娘と息子を、差別してしまったこと

私は生まれてずっと不幸せだった
いいことなんて何もなかった
私の生まれ育った家は、昔ながらだった
母も私も、しょっちゅう殴られていた
けど一番辛かったのは、作った料理を、不味いと言われて、顔に投げ付けられること
殴られるのは、アザが出来るぐらいだったから
それでも、兄弟で私だけ家事を担当させられていたし、作らないと殴られるから、作ってた
足が冷たかったけど、スリッパはダメだった
包丁を突きつけられた
かばんに突っ込まれた
灰皿を投げられた
冬なのに、外に投げ捨てられた
罰として、はだかで過ごしたこともあった
物差しで叩かれた
兄と弟だけ、部屋を与えられて、私は居間で寝ていたけど、夜中になると、叔父に体を触られていたけど、言いえなかった
男の子と、喋っていると叩かれた
部活はダメだった
兄と弟に比べて、お小遣いとか、クリスマスとか、誕生日とか、門限とか、色んなことで、差別された
髪を、肩胛骨に当たるまで伸ばすと、怒られた
ノートや鉛筆を、買ってもらえなかった。こっそり忘れ物入れから盗んでいた
ブスとも言われた
シャンプーと石鹸を使えなかった
いつも気分が悪かった
学費も、私だけ出してもらえなかったから、進学は諦めた
バイトは高校からしてたけど、ほとんど家に入れさせられた
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
41 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2018/02/08(木) 12:16:34 ID:bEq
同じ課のアラフィフ独女が気持ち悪い。
当方、32歳会社員。6月に結婚することが決まり、上司への報告の後、職場の同じ課の女の人たちに私の口から報告した。
皆さん「おめでとう」と言ってくださったのだけど、
私より3年先に入社しているアラフィフ独女は開口一番「羨ましい…」と言った。
一瞬固まったんだけど、アラフィフ独女は
「貴女と結婚する旦那様が羨ましいって言ったの!」
「○○さんって美人だから旦那さんは幸せだろうなって思って!」
「私が旦那様だったら絶対嬉しい!」と続けたので
その場に笑いが起き、私も笑った。

しかしその後二人で居ると
「旦那の顔は?」「なんて呼び合ってるの?」と聞いてきて、
答えると「旦那はイケメンではない」「呼び捨て方なんて!許せない」
「旦那は貴女と結婚できるのだからもっと喜ぶべき」と
謎の主張を振りかざしてくる。悪口言われてるわけじゃ無いけど、好意的な物でもないから絡みづらい。
そもそも私も旦那も普通の顔なんだけど。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
159 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2018/12/23(日) 13:02:46 0.net
妊娠した妻がナーバスになりすぎててどういう態度をとればいいのかわかりません
今妊娠七週目で、つわりなども大変そうなので
家事などはなるべく手伝い、労っているつもりなのですが
そこまでトゲトゲする?っていう場面が沢山出てきました

台所に飲み終えたコップを置いてあっただけで
「このコップなんなの?飲むの?洗うの?」
などと半ギレで聞いてきたり、露骨に盛大なため息をつきながら洗い物を始めたり
そもそも最近洗い物は私がまとめてやってるので
妻がやる必要はないし、ほっといても私がやるのはわかってるはずなのに…

目下の問題は産院探しで、妻は無痛分娩で個室の病院を希望しており
予算の問題もあるからあまり高いところはダメだけど、
相場+1~20万くらいなら良いとだけ伝えていたのですが
目星をつけていた病院がよくよく調べると評判がよくないとわかると急にピリピリしはじめ
「近くになくても少し遠くならいいんじゃない?」
「どこももう予約でいっぱいだよ。出産難民だよ」
と半ギレ
少しでも力になればと自分なりに調べてここは?と聞くと
「もう調べた」「車で30分なんて遠すぎる」「個室じゃない」
「評判がよくない」「そこもう予約いっぱいだよ」
などと、とにかくけんもほろろです

「はぁ~!明日から片っ端から電話しなきゃ!あーあ!」
とか言われても、希望内容も予定も結局妻の判断なので
私は手伝いたくてもなにもできません
そもそも電話ってそんな重労働なんだろうか…
何か手伝うことで妻の負担が軽くなればいいのですが
家事以外にできることもなく、何をしてもイライラしてるので家にいたくないのが本音です
こういう時ってどうしたらいいんでしょうか?

経験者の方、旦那に何して欲しかったですか?妻に何をしてあげてましたか?
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
51 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2015/11/29(日) 14:17:30 ID:tdo
旦那の姉の奴隷になっていること。

旦那の姉(義姉)は家族に内緒で夜のお店で女王様をしていて、業界ではそこそこ有名人らしい。
義姉と2人きりで飲んでいる時にカミングアウトされた。
それだけならまあ珍しい話ではないかもしれないけど、義姉がさらに続けて言うには、
私は類まれなるMの才能がある女であり、きっと素晴らしいM女になるからぜひとも調教させてほしい
とのこと。

好奇心に負けて調教してもらったらあっという間に才能が開花したらしく、今では私も立派なM奴隷。
月に1回程度は義姉の部屋に遊びに行くと言って出かけて、義姉のお店であれやこれや。
夫家族は小姑と嫁が仲良しなのが嬉しいらしく、よく「本当の姉妹みたいだ」と言っている。

ごめんなさい、姉と妹じゃなくて女王様と奴隷なんです。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
381 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/10/06(木) 11:33:13 ID:rpt
友達というか知人やめ。

10年くらいつきあいあったけど、友達っていうと毎回居酒屋連れてかれて下戸でこっちゃ1滴も飲めないのにガブガブ飲んでガツガツ食べながら「友達というのは私にとってステータス。なにか私に利益がないと友達とは認めないのよ?!」とダラダラ説教。

自分から「友達よね?」っていうのに、何回かやられて、ああ奴隷だなあとやっと気がついて距離おいた。

つきあう時は「あ?私?知人でーす」って通してたら、ある日涙目で「なんで友達って言ってくれないの?!私は友達と思ってるのに・・・」とか言うので「え、だって知人じゃん?」と居酒屋でされたことを忘れてるのかな?と伝えたら固まってた。

酒で自分は忘れていい気分とかなんだかなあ。と思ってつきあいやめた。
続きを読む

このページのトップヘ