キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

黒い過去

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
712: 名無しさん@おーぷん 2015/06/05(金)17:38:36 ID:VJ6
高校の夏休みに、仲良かった子を両親いない日に家に泊めたことがあって、
なんか深夜映画を観てたらいきなり百合展開の映画で、成り行きで百合な関係
になったことかな。

お互い別の大学行ったら、その子にはすぐ彼氏が出来て関係が消滅した。
ままごとみたいな疑似恋愛だったけど、わりと真剣な付き合いだと(私は)思ってたので、
それはショックだった。
手紙だとか、誕生日やクリスマスにせっせと贈り物したのが段ボール詰めでクロネコで
返されたのも、わりと高価な物のみ返ってこなかったのもショックだった。

人づてに聞くその後の彼女は、
ベンチャー社長と結婚→タワマンの高層階に住みセレブ暮らしを毎日自撮りするブロガーに→
会社倒産・旦那破産逐電→一児を連れて公営団地の実家に戻り両親と同居、育児と介護を
らしい。

「ざまあみろ」と全く思わないのは多分私が、過去の恋愛を名前をつけて保存する雄々しいタイプ
の性格だからだと思う。
色々あったが(そういうえば彼女からは何も贈り物くれなかった)、あの頃の思い出の中の彼女は、
本当に若くて何もかも綺麗だった。

まあ夫には言えない。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
703: 名無しさん@おーぷん 2015/06/04(木)20:38:23 ID:vJQ
タヒ体注意

小学生四年生の時に、お隣さん(同居)を離婚修羅場にしてしまった事がスレタイ。
当時、お隣さんは長毛種の猫を飼っていて、お嫁さんがとても大切にしていた。
ある日の夜、犬の散歩で家を出たら、道路でお隣さんの猫が車に引かれてタヒんでた。
我が家も猫を飼っていて、猫が交通事故タヒするのは初めてではなかったので、一旦ダンボール箱を取りに戻った。
ダンボール箱は思ったより小さかったけど、なんとか猫を入れて蓋をして、お隣さんの門に置いてあげた。
その時は夜も遅かったし、ピンポンせずに立ち去ってしまったのだけど、それがよくなかった。
翌朝ダンボール箱を開けたお嫁さんが卒倒、救急車と警察が呼ばれる事態に。
心配して様子を見に行ってた母から、何か知らないかと聞かれたけど怖くて言えなかった。
結局、お隣さん宅の目の前の道路に血痕があったので、猫を引いた犯人が置いてったと断定された。
これで終われば良かったのだけど、その後お嫁さんが旦那さんの浮気やお姑さんの嫌がらを疑って精神を病んでしまい、そのまま離婚となってしまった。
お嫁さんのその後は分からないけれど、お隣さんは再婚して幸せそうにしているのがせめてもの救い。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
685: 名無しさん@おーぷん 2015/06/03(水)18:14:10 ID:Z8u
中学の時、同じクラスに不良の男子がいた。

一度、ちょっと友達と話して席を離れたすきに財布をカバンから盗まれたことがあって、
それもその不良から「お前の財布たいした金入ってねーなww」とあとで言われた。
先生に言ったが、「本人に訊いても、盗んでいないと言ってる」みたいな感じでウヤムヤに
された。
多くの生徒が絡まれたり、物盗まれたりしてて、不良仲間以外からはとにかく嫌われてた。

「あのクソ氏ねや」と思ったのが天に通じたのか、在学中にその不良はバイク事故で氏んだ。
速度超過で曲がろうとしてスリップして、それは見事なモミジおろしになったらしい。

クラスみんなで葬式に行った。
みんなニコニコしてた。一部の不良しか泣いてなかった。
喪主だったお母さん(シンママ)が「今日はみんな、息子にお別れに来てくれてありがとうね」みたいなこと言ったら、
数人がプーーッと噴き出してゲラゲラ笑った。
来たくないけど、来てんだよww少しもご愁傷様なんて思ってないしwww
お母さんは真っ赤になって目を抑えてうつむいてた。

私もその噴き出した数人の一人だった。
むしろ率先して一番に笑ったかもしれない。

あの時のことを、自分も子供を持つ歳になってからよく思い出す。
後悔はしてるが、もうどうしようもないし、誰にも言ってない。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
674: 名無しさん@おーぷん 2015/06/03(水)14:47:42 ID:UDg
全然黒くないけど

5、6歳の頃かな?低学年かな?
母親に連れられて市民プール遊びに行って
2、3歳の幼児つねってた
大事にされてる子供が憎かった
潜って浮き輪の子供の近くを泳いですれ違いざまにつねってた

未だに小さな女の子ボコボコにしたい願望がある

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
670: 名無しさん@おーぷん 2015/06/03(水)12:23:00 ID:OhP
夫と、大学を出てすぐ結婚した。
結婚してから、夫が職場など自分の知らない世界で異性にアプローチされるのが許せなくなった。
それまでは、大学が一緒でお互いの人間関係はある程度共通していたし、
自分も告白されたり、男友達も多いので、夫の方のそういうこともトントンだと思う事ができた。
仕事の上での飲み会や、社内イベントの度にものすごく苦しかった。
営業であちこちの家をまわるのも。
夫は浮気はしないし、一方的に告白されたりするのはどうしようもないんだけど、
自分は家とスーパーと幼稚園の往復で、異性なんて配達のおっちゃんか、
バイト先の店長くらいなのに…とどんどん卑屈になって、
最終的に、自分も『既婚者なのに一方的に告白されちゃった』という実績をつくって
夫を自分と同じだけ不安にさせたいと思うようになった。

なので、整体や美容室の担当者、常連になったお店の店員さん、
ジムのトレーナー、趣味のオフ会で知り合った人とか、独身だとわかっている
いろんな異性に対して粉かけるようになった。
あからさまな誘いは絶対にしないけど、こんな風に接すれば相手は自分のことを意識しだすなぁ、
という言動をとって、食事に誘われたらクリア。
不思議なことに、全然粉かけてない人からも誘われたり、好きだと言われるようになった。
浮気願望はないので、どれだけ熱心な人でも、1回ランチしたら終わり。
誤解させるような行動してたらスミマセン、と言って。
なかには、わざわざ彼女と別れたり、離婚して一緒になってくれ、慰謝料は払う
新しい住居も全部用意する、と持ちかける人もいた(本気かどうかは知らんが)
粉かけ候補じゃない人からもストーカー化する人が出て、その人の奥さんから「すみません」と謝られた時には、
ああ、私はタヒんだら地獄に落ちるなぁ、と思った。
でも、心は安定するし、夫には心配させることができるし、不思議なんだけど
その他のいろんな運も向上して、何年かやめられなかった。
その後、夫は転職して自営業になり、おっさんばっかりの職場になったので粉かけはやめた。
すごく醜くて、汚いドロドロしたものが自分の中にはある。
自分の気持ちと夫の反応以外、どうでもよかった。
墓場まで持って行く。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
666: 名無しさん@おーぷん 2015/06/03(水)06:01:24 ID:py6
親に捨てられて、1年半くらい海外の某国でホームレスしてた時期がある。
現地語がつたなかったから、本当にタヒにかけたことが何度もあった。
親切な人にマンホールの中は暖かいと教えてもらって、下水道をねぐらにしてた。
他のマンホールチルドレンと縄張り争いして負傷し、左足はそのせいで今もあんまり動かない。

当時は幼すぎて大使館に逃げ込めばよいという知識もなかった。
たまたま知り合った日本人ボランティアに助けてもらい、その人経由で大使館へ。
帰国できて施設で暮らすようになり、独り立ちしてから夫と出会った。

夫は私のことを両親のいない施設出身の子だと思ってる。
パスポートを再発行したせいで過去の履歴が載っていないので、夫は私が某国にいたことを知らない。

愛する人がいて、屋根と壁があって、毎日靴を脱いで布団で眠れる生活が嬉しい。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
660: 名無しさん@おーぷん 2015/05/30(土)23:49:12 ID:fYh
18から22までふー〇くやってたこと。
理由は親の借金返済と生活費確保のため売られたようなもん。
店長が若いのに余りに不憫だからと、返済分+逃走資金を稼いだ後に
毒を煮詰めて蠱毒にした様な毒親から遠くに逃がしてくれた。
いい人だったよ、やーさんだったけど。

もう25年くらい前のことだけど、子供にはもちろん旦那にも言えん。
私の親はタヒんだことになってるが、まあ多分くたばってんだろな。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
648: 名無しさん@おーぷん 2015/05/30(土)06:31:19 ID:ny0
不倫相手が妹の彼氏だったけど去年旦那と妹にバレて私も妹も離婚しました。
妹の旦那が自爆して完全にバレた
お陰で私は妹と旦那に慰謝料請求されて支払い中で妹の元旦那と再婚した
なんだかんだで妹の元旦那とは身体の相性良いんだよねぇ
当時妹の彼氏が妹と結婚するなんて思わなかったし

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
635: 名無しさん@おーぷん 2015/05/24(日)19:24:10 ID:6Zi
2-1 父と娘が「墓場まで持っていった黒い話」!
昔のことなので、説明が多くてごめんよ。

約60年前。太平洋戦争が終わったのが70年前だから、
まだ日本中が貧しくて、食べていくのが精いっぱいだった時代。
マリコ(仮名)が学校を卒業して、就職した。
マリコは長女で、食べ盛りの妹弟がいっぱいいる。
自分が就職したら家にお金を入れて、両親にも一息つかせてあげられる。

待望の給料日。お金の入った封筒を大事にバッグに入れて(昔の給料は手渡し)、
会社を出ると、物陰から父親がぬっとあらわれた。
今も昔も、ろくでなしの父親が子供の給料を巻き上げていく話はよくある。
マリコもそれかと思って身構えたが、自分の父親は真面目な勤め人で、
酒も賭け事もしない。
父親はもじもじしながら一言。
「なあマリコ、ケーキおごってくれんか」
ズコーとなるマリコ。

子沢山の家で、父親の稼ぎは全額生活費。息抜きに使えるお金は一円もない。
そして、お酒も当時流行していたマージャンもやらない=社会人としてダメ、
という世間の風潮で、職場で友達もいない。
せめて甘いものが食べたい……というわけで、マリコにたかりに来たのだった。
父と娘は生まれて初めて喫茶店に入り、差し向かいでショートケーキ
(昔はケーキというとシュークリームかショートケーキの二択)
とコーヒーをいただいた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
621: 1/2 2015/05/20(水)20:40:50 ID:tHG
小学校高学年の時、悪戯された。
ひとつ年上の近所のお兄さんで、今でも悪戯されている間眺め続けてた体育館の用具室の天井を覚えている。忄生的に知識がなかった頃だけど、自分が理不尽な被害に遭っているのだけはさすがにわかった。

田舎の哀しさで、そのあとも中学高校とずっと一緒。悪戯はたった一回だけだったけど、
その時に着ていたお気に入りのワンピースは二度と着られなくなった。
おなじ格好をしたらまた餌食に遭うような、あいつが勝手にOKだと勘違いする
んじゃないか、そう考えると怖くてタンスの抽斗の奥に仕舞いこんだ。
一度だけ、母になぜワンピースを着ないのか聞かれたけど、
なんて受け答えしたのか覚えていない。

続きを読む

このページのトップヘ