キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

エネ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
25: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/10/18(日) 02:58:36
この早さなら言える

トメに化粧水の瓶をぶつけられて私が流血したのに
瓶を投げつけた拍子に足首を捻ったらしいトメの方を心配して救急車を呼んだ
そんなエネと婚約破棄できました

今日は祝杯です

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
546: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/02(月) 00:08:39
2年程前に私とトメの折り合いが悪く
最後はトメに殴られたので同居を解消したのですが

最近トメが旦那に
「そろそろ頭も冷えただろうから戻って(同居)来たら?」

と言ったそうです。
誰の頭が冷えたって?殴られた事について
私はトメから一切謝罪されていないけど?
だいいちそんな事を言われて、何故反論して来ない?
つまり、二人共、同居解消の原因は私にあると思ってるんだね

と旦那に食ってかかってしまったが、熨斗付けて
返品した方がいいかしら・・

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
381: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/10/31(土) 04:08:17
プチエネ話だけど…

実家・偽実家とは別居。
子供2人(中学生女子・小学校高学年男子)はジジババ大好き。
偽実家の近くにちょっと有名な神社があるからか、
「今年の年末年始は偽実家で過ごしたい」
と子供らが言い出した。旦那は乗り気。

だが私は行きたくないんだ…。
ウトメに嫌がらせされたりはしてないけど、反りがあわなすぎる。
子供らが小さいうちなら、ジジババとの面会を楽しませるために我慢する。
でも子供らはもうそんな歳じゃない。
だから旦那には
「あなたと子供だけで遊びにいくといい。私は勘弁してほしい」
と伝えた。なのに
「子供が心配だ」
と子供を人質にとるようなことを言って同行を強要しようとする。
旦那には私がウトメ苦手だって何度も何度も何度も伝えてるのに。
旦那の中には偽実家参拝中止という選択肢はないんだ、と感じてウンザリした。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
358: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/10/30(金) 12:12:13
元婚約者の話なんだけど、先日今彼と入籍したので、厄落としに。
 
五年前に中距離恋愛中の彼からプロポーズ。すぐにうちの親に挨拶。
彼家(彼父は鬼籍)にも挨拶に行こうとしたが、なかなか日程が決まらない。
「今、母親が体調を崩してる。先に式場等を決めたい」と言われたので、式場を決め、結婚指輪も作り、新居へ引っ越し。
式も近づくのに、まだ彼母に挨拶ができない。焦ったが、彼は「大丈夫」と言う。
 
あるとき式場に連絡したら、彼がキャンセルしていたことが発覚。
そこで分かった事実
・彼母に最近まで、結婚のことを話していなかった
・話したら「私、戸籍で一人になるのは嫌だから、あなたは一生同棲にしときなさい」と言われた
・「母さんが一人になるのはかわいそうだし、入籍はやめよう」
 
私もバカだった。聞かれなければ、式場キャンセルのことも言わないつもりだったみたい。
すぐにわかるのに。
結局、一度も使わなかった指輪を押し付けられて、新居から引っ越し。
式は身内のみの予定だったんで被害も少なくて助かった。
 
で、今日、夫との結婚指輪が届いた。
前の指輪は試着のときからしっくりこなかったのに(彼の希望だった)、今回のはぴったり。
ギリギリで不幸にならずにすんだ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
213: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/10/28(水) 18:14:19
従姉妹の婚約者がエネ。
実際には「やめておいた方が」なんて言えないし、愚痴聞いてあげるしか出来ないね。
結婚式の余興を新郎の親戚が頼んでもいないのに「やってやる」と新郎実家を通して新婦に通達。
びっくりした新婦は「お気持ちは嬉しいけど」とやんわり否定。
新郎と二人で話し合うと「わかった断る」って納得して帰るくせに、
次の日には「やっぱりお願いすることにした」と前言撤回。
「お祝いの気持を断るのは失礼」とか「気持がない人間だ、人は一人では生きていけないのに」とか、
自分が実家連に反対出来ないのを綺麗ごとにすり替える。
これを何度も繰り返してる。
どっかの婆ぁが趣味で習ってるフラメンコを見たい奴なんていないよ。

続きを読む

このページのトップヘ