キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

エネ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
725: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/21(火) 23:11:22 ID:X/c12FsG
20代後半の女が職場にいるんだが、俺より少し早く入社したからってタメ口(俺30前半)
しかも今は俺のほうが上なのに態度変わらず
茶髪ロング巻き髪に高そうなスーツ着て後ろ姿は「仕事のできる女」
前から見ると名前忘れたが女子レスリングのやつに似てるドブス
わからない事があると「わけわかんない!教えてよ!」と聞いてくるくせに
俺が何か質問すると「自分で考えなよ、考えられる頭がついてんだから」
普段から言葉が汚く、上司には愛想をふりまくくせに俺だとタヒねとか普通に言ってくる
その上、「あいつはドMだから何言っても大丈夫」と笑っている
俺は職場の環境が悪くなるのが嫌だから笑ってスルーしようとしてるだけなのに
最近あの女の顔をボコボコにして犯してる夢を見た
妻子ある身だから実現はできないがそろそろ俺の胃が限界です。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
137: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)22:30:28 ID:6xV
昔から他人が好意を寄せいる人にちょっかいをかけたくなる事
付き合っている人達には何もしない
でも「私、あの人が好きなんだ」って周りに牽制をかけている子だけを狙ってやる
高校の時は自分の嫌いな上級生が好きだと公言していた23歳の新卒の先生
先輩が見ている反対側の校舎で先生とキスして見せつけた
初めて入った会社でも厚化粧な先輩が「私が狙っているんだから!」って言ってた取引先の営業マン
先輩行きつけのバーで2人で飲みに行って見せつけるようにキスした
次の会社でも同僚が狙ってた他部署の人を落として満足して即捨てした
同じ会社でまたも別部署の美人さんが狙っていた係長
飲み会で酔ったふりしてお手洗いに続く廊下で美人さんが出てくるタイミングでキス

これみんなキス止まりで身体は許していない
遊びに身体は使いたくない
ショック受けた顔を見るのが楽しかっただけだからね
あの女性達の絶望した顔を思い出すと今でも薄ら笑いが出る
我ながら性格悪いと思う

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
50: 名無しさん@おーぷん 2015/12/08(火)19:57:29 ID:lH9
息子の親友の万引きを店にチクったのが私なこと
息子の親友はそれで推薦取り消しになって自さつ
息子は鬱になった
自分が悪いことをしたと思ってないけど、今でも涙が止まらない

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
42: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/19 01:12:49 ID:9Enl2doZ
個人的にすっとした話。多少フェイクあり。

大学で知り合った女がひがみっぽくて性悪だった。可愛い友達の話になると「ああ、あの顔歪んでる子ね」
とか、なんでそんな物言いしかできないんだろう?と常常思っていた。

ある日、ちょっと空気読めない感じの友達と、その性悪と何人かと食事をしてたら、まあ面白かった。

性悪「(その場にいない)○○ちゃん?あの子エセお嬢様でしょ?w○○区とかw」
→KY「○○ちゃんってたしか財閥の娘だよね。○○区の中でも高級住宅街だよ。性悪ちゃんの地元は超有名な××事件があったとこだっけ?」
性悪「私こんな大学じゃなくてお父さんと同じ青学行きたかった。お父さん頭いいからさー」
→KY「青学って今そんなすごいの?うちのお父さん東大だけど大したことないって言ってたよ」
性悪「私の高校、有名女優の○○が出身なのドヤ」
→KY「へー。あのおバカキャラの?うちの高校はもと総理大臣の○○がいるよ」

いつも性悪の的外れな悪口や自慢を散々聞かされてた私達は胸がすっとしすぎてメントール状態。
性悪はそのうち顔真っ赤にして机バンして席外しましたとさ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
4: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/16 13:05:19 ID:iIa4oaNM
とりあえず書きます。動物話です。

五年前のことです。
私は当時小学生で、校区が北と南にとても長かったので家まで3kmの道のりを歩いて通っていました。
自転車は全面的に禁止されていました。
その日は委員会の集まりで放課後まで学校に残り、校門を出たのが五時。門限は六時だったので問題はないのですが、すでに暗くなりかけていました。
田舎なので人気も少なく、田んぼばかり。
早く帰ろうと神社のそばを通った時、茂みから何かが飛び出してきました。
人でした。汚れた白のランニングシャツに作業用のズボンをはいたおじさんでした。
おじさんはこちらをじっと見て、ズボンに手をかけるとジッパーをおろし、私に見せるようにズボンを下げました。

正直当時はそれが何を意味するか分かっていなかったので、大した恐怖もなく変なおっさんだなあとしか思いませんでした。
しかしそれがいけなかったのでしょうか、おじさんは確実に私をターゲットとしたようで、近付いてきます。
ここにきて気持ち悪いと思い始めました。

続きを読む

このページのトップヘ