キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

農家の暗部

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
523: 名無しさん@HOME
某書籍の内容で
田舎の農家に体験労働に出かけた都会の子の話。

みんなとっても優しくて、毎日楽しかったらしい。
でも、「そこに住むか?」と聞かれたら「無理」と答えたらしい。
理由は
「毎日、みんなが部屋に遊びに来る。遊びに来るのはいいんだけど
 来る前にひとこと連絡してほしいと思った。
 それを伝えたら怪訝な顔をされただけで、結局は連絡なしで突然来る。
 その辺の感覚が我慢できなかった」
だそうだ。
鍵をかけただけで不思議がるような田舎なんだろうね。
誰の家のドアでも勝手に開けて勝手に入る。
そんなの、私も我慢できない。閉鎖的の意味を取り違えてる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
249: 名無しさん@HOME
中学生の時、仲良しの女子3人でその中の1人の子の田舎に遊びに行った。
空気はおいしいし楽しいし、友達の祖父母さんもいい人。
山や川で遊んで畑や牛の手伝い、みんなでカレー作ったりした(滞在中テレビ全く見なかったくらい)。
2日目に祖父母さんの隣の家(といっても谷を挟んでる)の人が
自分のところの子ども(長男一人っ子)連れて、一緒に遊んでくれって言われた。
その集落はみんな苗字も同じでもとは親戚らしい。
その子は1つ年上で男の子、ちょっとだけ見た目の障害のある子だった。
友達は小さい時遊んだきりで、小学校上がってからは全然行き来がなかったらしい。
私達は全然OKだったので滞在中一緒に遊ぶことになった。
その時なぜか祖母さんから「川へは行ったらいかん。向こうの家に上がったらいかん。」って友達は言われたらしい。
初日に川に子どもだけでいったのでどういう意味かよくわからなかったけど、その日は水着を着ていかなかった。
今考えると、ロクオンされないためだったのかな。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
236: 名無しさん@HOME
千葉の東京寄りの市の話。
ある地区の町内会は農家勢力が強く
町会の集まりでリーマン家庭が新しい提案を打ち出そうものなら
強大な勢力を生かして潰しにかかる。
その後、提案した家庭をロックオン。
「あそこの家はろくな事言わん」と農家衆にはあっという間に悪評三昧。
年寄りだけじゃなく、農家息子もこぞって潰しにかかるというのもかなりサムい。

こんなんじゃ町会辞める家が続出しても無理はない・・・

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
158: 名無しさん@HOME
実家のご町内の話。
過疎化に悩む町が、住宅地を整備して、土地を売りに出した。
土地が売れたら、どこの誰が買ったのか、マッハ(タヒ語)で知れ渡るw
までは、笑い話で済むんだが…
とある人は「次男の為に」と買ったらしい。長男はどうするのか、
というと「今住んでるの土地があるからいい」らしい。
結婚もまだなのに、最初から同居決定ですか?? 次男ってまだ
高校生なのに都会に出るとか考えないの??とかなりひいた。
ちなみにご両親は教師(父)&公務員(母)です。
…町の税金で整備された土地なのに、町は人口増を期待してるのに、
そこには一生家は建たない気がする。(買った人は、いつかは…と
思うので、多分永遠に売りに出されない)

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
202: 名無しさん@HOME
こんなスレがあったとは・・・
私も、厨房3年の頃に農家の家のボーイフレンド(タヒ語)がいたんですよ。
その時の思い出話をひとつ。

バレンタインに手作りチョコレートを彼にあげようとしました。
そしたら彼は何故か「うちのオヤジと弟の分もつくって」と言いました。
当時は、『あぁ、なんて優しい人なのかしら』と思い、はりきって大量に作り、
彼の家に招かれました。
そしたら彼の家族やイトコとか知り合いらしい人とかも揃ってて、びっくりしました。
総勢12~3人くらいで私の作ったチョコを食べることとなりました。
猛烈な恥ずかしさと、微妙な違和感をその時初めて感じました。

そして同じ年のクリスマスに、また彼が「俺のうちでパーティーやるから
ケーキとか作ってね」って言われました。頼まれたら嫌な気はしないので
材料買いに行こうとしたら、「材料はうちにあるから俺の家でつくったら
いいじゃん」って言いました。多少、違和感を感じましたが、男の子は女の
エプロン姿に萌えるのかなぁと甘い考えで承知しました。

そして当日、手ぶらで行ったら彼に台所に案内されました。
待っていたのはエプロン姿で笑顔の彼のお母さんでした。
そして、もてなしもそこそこにクリスマスの料理を一緒に作らされたんですが
かなり激しくコキ使われたのでびっくりしました。

さすがにその時になり、結婚してもいないのに何でこんな事しなきゃいけないの!!
と、怒りがこみあげてきました。
一生懸命作っている間、家族の人が入れ替わり立ち代りニヤニヤしながら
台所にきて(しかも全然手伝いもせず)かなり嫌~~な感じでした。
何とか無事にこなし、帰宅したころには物凄く疲れてしまいました。

それ以降、彼とは距離をおこうと決意し、部活が忙しいということにして
無視しまくりました。(かなりしつこかったですけどね)
もう10年以上会ってないけど、嫁さん見つかったのかなぁ。

続きを読む

このページのトップヘ