キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

嫁同士ってどうよ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
22: 名無しさん@HOME 2014/11/07(金) 09:06:17.54 0
義弟嫁の意図がわからないので相談

義弟嫁は元看護師で現在は専業主婦で私も義弟嫁も子が二人
職業柄医師を見る目が厳しいらしく
いくつもの小児科をまわっては
「あの医者は子供が高熱出してるのに座薬もださない!ダメ!」とか
「あの医者は簡単にステロイドを出すからだめ医者!」とダメ出しした結果
隣の市にある小児科をかかりつけ医に決めた
ちなみにこの小児科はうちのすぐ近くでうちのかかりつけ医でもある

で、その医者から出された薬に何故か義弟嫁が毎回ダメ出しする
最初はたまたま義実家で会った時に、最近子が風邪引いて・・という話から
「どんな薬出されたんですか?」と聞かれたので答えたところ
「あー。そんなの出されちゃったんだ~。まあありがちな選択ではあるけどちょっとなぁ」と何故かダメだし
その後も事あるごとに「どんな薬を出されたの?」「えー。そんなの飲ませてるの?」とダメ出し
私は医療知識はないし、医師に言われたものをそのまま医師の指示通り飲ませるタイプで(一応調べるけど)
それにダメ出しされると何故かイラッとしてしまう。

旦那通じて情報がいくので、旦那に一応口止めしたんだけど
旦那は「隠すことじゃないし向こうはよかれと思ってアドバイスしているんだから過剰に反応しすぎ」と指摘されて
それもモヤッとしている
毎回ダメだしされてイラッとする自分もダメなのかもしれないけど
そもそも何のためにダメ出ししてくるのか理解できない

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
4: 名無しさん@HOME 2014/11/06(木) 23:09:31.97 0
義弟嫁の子が来年からpkpkの小学生になる。
三連休に義実家で集まった際、義弟嫁が「小学生になったら色々お洒落させたいつもり。
自分の娘ってやっぱり可愛いから、着せ替え人形みたいになっちゃう☆」とお花が満開。
「義兄嫁さんは小学生の頃どうでした?毎日洋服は着替えてた?」と聞かれたので
私の小学生の時は制服だったから。と答えたら、義弟嫁の顔が変わった。
「え?制服だったんですか?へぇ。知らなかったですぅ!」と唇をとがらせて言った。
何怒ってんだろう?と不思議に思ってたら、「じゃぁ、義兄嫁さんの子もやっぱ私立に通わせるんですかぁ?」
とニヤニヤしながら言う義弟嫁。ちなみにうちには子供はいない。
私「なんで私立?っていうかうち子供いないしw」
義弟嫁「え~っ。でも義兄嫁さんは私立の小学校だったんでしょぉ?」
どうやら小学校が制服=私立の小学校と義弟嫁の脳内で変換されたらしい。
高卒の義弟嫁は、大卒の私に学歴コンプがあるので嫌味を言ったつもりなんだと思う。(うちが小梨だから)
別に田舎のフツーの公立小学校だったけど?って言ったら義弟嫁の顔がパァッと明るくなって、
え~田舎ってそうなんですかぁ!私都会育ちだからぁ!と鼻の穴を膨らませていた義弟嫁の顔が
超絶ブサイクだった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
956: 名無しさん@HOME 2014/12/04(木) 10:59:38.67 0
餌付けしてしまったみたいでメンドクサイことになってしまった。
夏に義妹の結婚式があったんだけど、2番目の義兄嫁から「(甥っ子が)思ったより育ってしまっていて七五三のスーツがパツパツで季節外れで子供のフォーマルもあんまり売ってない。何か着れそうなのないかな?」と聞かれたのが発端。
特に用心もせず、息子の服はサイズアウトの時点で幼馴染に譲っていたので、事情を説明して入学式のスーツを借りてきて義兄嫁に渡した。
もちろん、幼馴染から借りてきたってのは言ってあるし、式のあとにちゃんと回収した。
そこでおしまいのはずだったのに、来年の卒園式と入学式に着せるからあのスーツ貸して、サイズもぴったりだったしと言ってこられてうんざり・・・
回収に行った時にうちの息子が甥に「そのスーツはもともと僕の」と言っちゃったもんで,義兄嫁は「他人によりうちの子に権利がある」と言い出した。
うちの親が買ってくれたスーツに権利なんかねーよ、たかるな乞食、というような内容をオブラートで包んで糖衣錠にして断りました。
そしたら、幼馴染の連絡先を教えろと言いだして、旦那が義兄に「服くらい親が買ってやってください」と言ったところ使い込んでたらしい。
で、義兄からも「事故車の車検でお金無いから今回だけスーツ貸して」と言われたそうで旦那ががっくり落ち込んでる。
義実家は長男家が引取り同居してくれてて、スーツ貸してと言ってる義兄は次男です(長男・次男・旦那・義妹)
オフハウスかどっかで買えよと言ったそうだけど、そのお金もないとか言ってるらしい、結婚式の時に頼まれても貸さなきゃよかった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
878: 名無しさん@HOME 2014/12/02(火) 13:52:50.47 0
義兄夫婦がコンビニやりだしてから、子供は隣接の義兄家にほっといていいから私に働け(妊婦や産褥期でも)、
うちの子(当時小学生2人乳児1人)に仕事仕込めば裏方位出来るだろうからでっちにこい、
夜間休日に夫も働きに来い(副業禁止って言ったら給与無しならボランティアで許可出るだろと)って何故か大威張り
働かしてやるっていってんだろこの無能な労働者階級がwwwみたいな上からな感じの意見を夫婦でぶつけてきてた
付き合う気も無いんでこちらからは没交渉にして、冠婚葬祭とたまの帰省意外会わない状態に

けど、最近になって薄給以下でコキ使ってた双方の親が加齢から来る体調不良で脱落
脱落だけなら未しも義兄嫁の親が要介護に
店に出るか介護しろってなんじゃそりゃな連絡がきだしたよ…自宅用電話は通じない様にしてるから手紙で

フランチャイズは奴隷制度って噂は本当なのかね?
義両親に旅行土産渡す度に嫌味やら小言やら頂戴してきたけど、その時とは比べ物にならない粘着具合で手におえない
肉親巻き込んで倒れた親も見捨てないといけないような体制の仕事にしがみつくしかない状態になるようなら生業として成立してないんじゃないかって思った

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
839: 名無しさん@HOME 2014/12/01(月) 13:20:37.13 0
金曜日に義兄嫁が子供を連れてアポなしできました。
普段は園バスの幼稚園で、その日は参観日帰りで天気が悪いから公園も寄れないし、うちが近いと思いついて寄ったということでした。
雨なんで仕方ないから「出る用事があるんだけど」と前置きしてから上げたんですが、
座ってすぐに「おなかすいた~」と姪が言いだして,義兄嫁が「なにかあるかな?今日はお弁当じゃない日だからお昼まだなの」と言いました。
うちは食べる予定のないお菓子のたぐいは買い置きしないので、トーストくらいしかないよと言ったんですがそれでいいからお願いしますというので焼いてマーガリン塗って牛乳と出しました。
そしたら義兄嫁が「え?これだけ?私の分は?」と言ったんで「大人はいまコーヒー入れるけど」と言ったら「私もお腹すいてるのよ」と・・・
そして姪は姪で「牛乳嫌い、このパン嫌い」と言って義兄嫁が「じゃあママが食べるわ~おばちゃんに他のをくださいって頼んどいで」と言ってパクパク。
「ごめんね~ほかには何もないのよ」と私が返事をして姪がギャン泣き。
出る用事があるって言ったよね、時間だから、と帰ってもらいました。
そのあとに「雨のなか追い出されて、子供が泣いててすごく惨めな気分」みたいな妙なポエムのメールが届き、返事はしませんでした。

週末に旦那が義兄から呼ばれて「嫁が欝っぽくになってしまった」と相談されたそうです
私と仲良くしたいのに、子供(姪)が邪魔をすると泣いたと聞いいて正直「きもっ」と思ってしまいました。
幼稚園でも上手くいってないそうで、義兄は私に「先輩ママとしてアドバイス」をして欲しいと旦那に頼んだそうです。
欝でもなんでもいいからさっさと離婚してどっか消えてくれないかなぁと思います。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
809: 名無しさん@HOME 2014/11/29(土) 20:08:19.70 0
箇条書きでごめん
義兄嫁が嫌い
常に上から目線
わがままで自分の思うとおりにならないと誰かが動いてくれるまで頑なに自分の主張を通す
自分の気に入った人がいる前でだけは猫なで声で話しかけてくる
やりたくないことを頼まれると「私がやることなんですか」と言う 
場所をわきまえずマシンガントークする
子供が一番大事、私の宝と言うくせに、学校から具合が悪いので病院に連れて行ったほうがいいとの連絡にも
学校側で連れて行けと言う
私や友人にに同学年のママ友が欲しいから紹介しろと言ってくる
疎遠&無視を貫いているのに、しつこく寄ってくるな!大嫌いだ!

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
708: 名無しさん@HOME 2014/11/28(金) 10:06:39.36 0
義兄嫁がワキガでもめていて辛い
そんな親密な兄弟仲でもないから、ワキガがあっても普通の距離感で親戚付き合いする分には我慢できてたんだけど・・・
この週末の旦那実家の法事で少し離れたお寺まで行くのだけど、義兄嫁がうちの車に便乗希望してきて揉めてる
義兄が車に義親や義祖母を乗せて寺に行くそうで、義兄嫁は定員ギリギリでぎゅうぎゅうでの同乗が嫌なのと、自分を棚に上げて老人臭が嫌と言う。

うちの車は夫婦と子二人で余裕はあるけど、わきがの義兄嫁が乗ったら子供が山道で酔う。
旦那から義兄に断り入れてもらった時に確認したけど、義兄も嫁のワキガは気づいてる。
義兄が嫁にストップかけてくれたことまで、なぜか私に逆恨み・・・
きちんとケアしてるって言うけど、ケアしてても腐りネギの匂いがするならそれはケア失敗だ!くさいんだよっ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
683: 名無しさん@HOME 2014/11/27(木) 23:25:49.24 0
些細なことなんでけど、義兄嫁が「最後は海のもずくとなる」というのが口癖で
しょっちゅう言うんだけど、その度に「もずくじゃなくてもくずだよ」と指摘してるのに
「なに言ってんの?海藻なんだからもずくでしょ」と呆れ顔で返されてしまう
義兄にも治させたほうがいいですよーって忠告したけど、恋人同士だった20年前からそう言ってるらしく
指摘するとキレるから今は何も言わないんだって

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
663: 名無しさん@HOME 2014/11/27(木) 16:33:12.33 0
長い間、実家暮らしの独身だった義兄(50)が、結婚した。
相手は8歳年下。趣味の集まりで知り合い、とても感じが良く料理上手、
偏食気味の義兄が彼女の料理は全部美味しいとノロケるくらい熱々。
皆が祝福する中、義弟嫁だけが無表情だったので気になっていたが、
家に着くとすぐに電話があり、
「あの人、離婚歴があるって言ってたよね?隠し子がいるかもよ。」
「絶対怪しい!保険金目当てに決まっている、ちゃんと調べた方がいい!」
と、あまりに必タヒなので、何が目当てなのか探ってみた。
どうやら、ウトの遺産の配分や義兄の預貯金の行方、そして義兄一人に
押し付けるつもりでいたウトメの介護を心配しているようだったので、
私をアホな考えに巻き込むなよ~と言って電話を切った。
その後、コトメも私も義兄夫婦とは家族ぐるみで仲良くしている。
後で解ったけどコトメとは共通の知り合いがいて、親戚を辿るとウトの
弟の奥さんの実家(裕福)と繋がったので、身元は確かどころか義兄や
我々よりもずっと良い出自。
時々、私やコトメ家族を新居に招待してくれて美味しい料理やお酒で
もてなしてくれるし、子供達には小型のUFOキャッチャーや綿菓子器
などの玩具を沢山用意してくれるので、子供にも大人気。
義弟嫁も何度か食事に誘われたらしいけど、断わったみたい。
そして先日「京都の青酸連続杀殳人のニュースみた!?」と義弟嫁から電話がw
すでに義弟を通じて、義兄嫁がウトの親戚すじだとか、どんな職業だった
とかいう情報は入ってるはずなのに、まだ疑っていることに呆れて思わず
「しっつこいな~w」って電話切った。
本当に頭おかしい。あんな人だったっけ?ってこれまでの義弟嫁の言動を
思い出してみたけど、特に変なところは無かったと思う。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
611: 名無しさん@HOME 2014/11/27(木) 09:07:55.56 0
義弟嫁がFXって奴に手を出して家の貯金全部使っちゃって
それでも足りなくて借金して、返済間に合わないからと泣きつかれたのが2週間ほど前
うちは旦那から家計費と小遣い貰うだけで、お金なんてもってないから
まずは義弟に相談するべき、と伝えたんだけど、ギャンギャン泣き喚かれて話にならず
結局、「私がタヒねば良いと思ってるんでしょ!前から知ってた!」と大声で喚いて電話切られた
当然、旦那に相談→旦那から義弟に連絡
話し合いが続いて、どうも離婚の方向でいってるみたいで
昨日から「離婚になったらお前のせいだ」って電話とメールがきた
昨日の夕方から着拒とかしてるけど
思い込み激しいから仕事休んで突撃とかされたら怖いからしばらく居留守生活になりそう

っていうかよくわからんのだけどFXってそんなに儲からないもんなの?
別の友人はここ3年ほど平均したら年400万くらい稼いでるって言ってたから
割と簡単なもんだと思ってたけど、義弟+義弟嫁の貯金(恐らく数百万)つぎ込んでさらに借金してしまうほどつぎ込んでも
元すら取れないもんなのかな
3ヶ月ほどで全部使い果たして借金までするほど危険な投資なの?

続きを読む

このページのトップヘ