注目の人気記事

嫁がむかつく

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
769: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/10/13(月) 08:55:46.96
兄一家が帰省中
台風が心配だから昨日帰った方がいいと言ったのに
「失礼なこと言わないでください!」
「小姑の嫁イビリですか?私がいたら迷惑なんですか?」
とキレた
兄も子供たちも切り上げて帰るつもりなのに
「まだ○○に行ってないんだよ?明日行くって言ってたじゃん」
とマジギレ
今朝意気揚々と○○に出掛けて行ってそのあと空港に直行するらしい
今日の夜に関西に着く飛行機らしいけど飛ばないだろうな
空港で一夜を明かすつもりか?
うちにはもう泊めねーよ(兄嫁限定)

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
630: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/10/08(水) 11:47:52.11
父の命日が近いので四回忌の年なので法事ではないですが実家にお坊さんに来てもらって
集まったんだけど、夕飯を食べているときに兄嫁が文句を言い出した。
最初はうちの娘は私立小に行っているんだけど兄嫁が「兄の稼ぎでは私立なんて無理だ」と言い出したので
私が「夫だけでなく私も働いているから」と言ううと一旦黙ったんだけど、
母実家が新築したのに触発されて将来兄が住んだらと兄が結婚する2年前に
父が退職金をはたいて田舎で土地はあるので元の家の横に新築し、元の家もリフォームして
新旧の家を渡り廊下でつないだんだけど、兄嫁は「こんな事にお金お使わずに
置いておいてくれたらそのお金で~。お母さんは何も考えなかったんですか?」なんて言い出した。
兄が「借金を残されたんじゃないんだし、オヤジの退職金だからオヤジの好きに」
って言い出したら、兄嫁は「アナタが定年してもこんな田舎には住みませんから」
って言って車に乗ってさっさと帰っちゃった。
母は泣き出すし、取り残された兄と兄の子を小一時間ほど遠回りをして送って行ったけど
あの嫁はムカつく。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
492: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/10/03(金) 19:06:02.21
弟嫁に文句言ってきた
実家と言っても俺が独身の時に住んでた離れ兼ガレージに保管しておいた
そこは親の敷地に俺が金を出して建てた部屋だから親も弟には勝手なことはするなと話してあったらしい

弟嫁はそこを片付けて自分たちで住むつもりだったらしい
それで邪魔な古いバイクは業者にうって釣り竿は自分の弟や甥にあげたとのこと
バイクを売るときに必要な委任状は俺の名前を書いて三文判
これだって私有印文書偽造だってことをわかってなかった
結局バイクは戻ってこないし釣り竿は返してもらったけどなんかね
弟が売ったバイクの代金で勘弁してくれと言うが
俺のSDRとVMAXとポッケ返せよ(´・ω・`)

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
550: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/10/06(月) 15:16:05.65
弟嫁が迷惑だった話。
私は色々あり母と疎遠。既婚、子供あり。
弟は私の15才下。そのお嫁さんが私と母の仲を取り持とうとしてくれた。

疎遠なのは私も母も納得してのことだし、別に嫌いあっている訳でもない。
介護などの実子としての義務が発生したら責任はとるつもりでいる。
そもそも父母共に子の世話にならないように計画を立ててくれている。

以上の事を説明しても納得できないようで、家族が仲良くないなんて異常なんだそうだ。
確かに正常ではないかもしれないが、それでうまくいっているのだからいいじゃないか。
弟を間に挟んだら弟夫婦の離婚問題にまで発展してしまって驚いた。
「私と母さえ仲良くしてくれれば丸く収まるんですけど」
と弟嫁言われた時にも驚いた。
その後弟夫婦はなんとか離婚せずにすんだ、良かった。
仲良し計画も諦めてくれたようでホッとしている。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
490: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/10/03(金) 17:57:46.54
兄嫁うざすぎ。
自称霊感持ちで、うち(実家)に何かいるって言ってる。だから同居はできません!って籍入れて早々に宣言しに来た。
いや、そもそもこっちだって同居求めてませんから。
幽霊いようがいまいが気にしないからわざわざ霊感アピールいらんわ。お前が幽霊屋敷と言ってる家に20年以上住んでるんだよこっちは。
兄は毒されてお祓いだの何だので20万飛ばそうとしてる。馬鹿か。詐欺に遭いそうで怖い、もう関わらないでほしい。

続きを読む

このページのトップヘ