キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

トメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
37: sage 投稿日:2013/04/24(水) 21:11:53.01 ID:kFRROBy1
明日トメがランチしましょだって。
娘7ヶ月で人見知り期なんだけど会うたび私から奪い取るように抱っこして
どんだけギャン泣きしてても離さない。
この前なんて私が抱っこして泣き止むとチッて舌打ちしてたし。
孫の気持ちより自分の欲求優先かよ。
明日だってどうせそうなんだろうな、てか大泣きの赤ちゃん連れて
どこでランチなんてするんだよ周りの迷惑考えてよ。
そんなに抱っこしたきゃぬいぐるみでも抱いとけ。
そのうち孫に嫌われるぞ、むしろそれがいい。
あーーもうめんどくさい。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
977: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/08/21(水) 00:02:10.76 ID:iyWjng4h
大量の食品がトメから届いた
大玉のスイカ3玉、桃30個、きゅうり100本入りの箱ひとつ、ミニトマト50個…

園児一人の三人家族なんだけど、孫に食べさせてね~と二週間に一回いろんな食品が届く
今までのもので冷蔵庫はパンパン、もう入らない
今回は腐りやすいものばかりで本気でウンザリしてる
自分の実家や近所にもおすそ分けしたりしてるけど、限界だよ
旦那からも、送ってくれるのはありがたいが、多すぎるから量を半分にして欲しいとお願いしてるが、効果なし
結局食べきれなくてもったいないけど、捨てることになってしまう
どうすりゃいいんだろうか?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
971: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/08/20(火) 19:55:37.11 ID:FgaU9uSC
卵アレ疑いがあって卵まだな11ヶ月なんどけど
朝ごはんあげてたらどこからか卵ボーロの小袋を出して子に渡してきた
袋を掴んだ子に「あら、ご飯中にあげちゃダメだったわねウフフ」って言うから
「あ、大丈夫ですよ~よかったねー○○ちゃん」って袋持たせてた
ボーロ食べたことないからお菓子って認識なくておもちゃにしてた

愚図りかけだったから袋に気が逸れて珍しく完食!
トメさん面白くなさげだったけど、上手くかわせた記念パピコ
大好きなボーロもおいしく頂きました

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
954: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/08/20(火) 08:54:00.44 ID:AItyTkEk
さっき義実家より帰宅。疲れたー( ;´Д`)
うちの2才息子、しゃべりはじめは「おとうさん、おかあさん」と読んでたんだけど、今はなぜか「パパママ」呼び。
月にニ、三度は会わせているからそのことは知ってるはずなのに、最初から「パパママ」だったと言い張る。
そして、オムツはパンパのパンツタイプを買っておいてくれるのだけど、頻繁にかえるから安いマミーポコのパンツタイプでいいというと
「え?まだパンツは早いわよ!まだオムツでいいじゃない?」と言う。
私が「そう、だからパンツタイプのオムツですよ」と言ってるのに
「まだパンツは早いわよーダメよー」とか言って話が通じない。
他にも色々と話が通じなくてすごく疲れた。
71なんだけどもしかして認知症?
二人目出産の時、上の子供預けるのやめようと思った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
936: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/08/18(日) 21:40:52.87 ID:Hy8GP/Jp
もうすぐ9ヶ月になる息子。
まだ歯が生えてないんだけど、トメに私の食生活が悪いからと断言された。
トメいわく、妊娠中にカルシウムをたくさん取らなかったかららしい。
そしてお決まりのコトメや三ヶ月早く産まれたコトメコと息子を比べる。
親である私自身が「この子の個性だから」とのんびり構えてるのにどうして余計なこと言うんだろう。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
934: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/08/18(日) 18:06:06.92 ID:9qZ0Do0b
食事時、牛乳と果物100%ジュースを子供用のコップとはいえ
合わせて四杯飲んでしまい、内心「多いな」と思っている所なのに、
「もっと飲む?」と子供本人が何度も断っているのに何度も勧めないで欲しい。
兎に角大量に飲食させさえすればよいと思っている。

別の子は夜尿のため寝る2時間前から水分を摂取しないように、
小児科医から勧められていて、子供本人にも伝えてある。
しかし時々猛烈な喉の渇きを訴える時があり、
その翌朝は夜尿が出ているので、
体が夜尿の準備をして水分を集めているらしい。
その渇きを我慢して飲まずに寝れば夜尿は出ない。

トメには「2時間前から~」は伝えていないが、
「寝る前にガブガブ飲むとおねしょになる」とは話してある。
しかし宿泊した時、その子が一度寝たのに起きて「おばあちゃん喉渇いた」と
言っているのが聞こえた(私は別の子の寝かしつけ中)
飲ませても喉をしめらす程度に一口か、多くてもコップに半分くらい?と
楽観的に考えていたが、
翌朝いつもより多い夜尿。うちから持参した麦茶が、
(義実家にはカフェイン入りのお茶しかない)
コップに2~3杯くらい残っていた筈がカラになっていた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
921: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/08/18(日) 00:26:13.91 ID:qopyWXyk
今年だけ義実家で完全同居中。うちは1歳半の子がいるのだが
コトメコ4歳女児が8月はじめからずっと滞在している。
平日昼間は家にトメ、コトメコ、うちの子、私の4人がいる状態。
コトメは働いてて週末に泊まりに来る。

コトメコがうちの子を可愛がりたい気持ちは分かるし嬉しいし微笑ましのだけど
客観的にはうちの子が集中して遊んでいるおもちゃをとりあげたり、
拒否しているのに他のおもちゃを押し付けたり
うちの子が食べているおやつを力で奪っていったり
嫌がっているのに体にさわってきたりで
うちの子が泣いて嫌がるのが1日に何度もある。

その度に、私がコトメコに「ありがとうね、でも今はこのおもちゃで遊びたいみたい」とか
「嫌がっているからやめてね」とか「勝手にとらないでね」とか状況に応じて
声掛けしているのだけれど、コトメコびいきのトメがコトメコに一切注意しない状況に
イライラ。

最近はコトメコが近づいてくるだけでうちの子は泣くようになり、
その状態でさらにコトメコが接触してくるとコトメコを叩くようになった。
叩きたくなる原因があったとしても暴力はいけないから叩く度にうちの子を叱ってコトメコに謝らせるようにしているけど、
そもそもコトメコにはもううちの子に構ってほしくない。

明日からコトメコ、コトメ、トメにもっとはっきり言うようにしようと書きながら決意した。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
909: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/08/17(土) 21:00:24.81 ID:9kDaWv4n
ほんと疲れる
今泊まりに来てるんだけど、子供部屋に布団用意してるのに、わざわざ夫婦の寝室で寝たがってる。
テレビぐらい我慢しろよ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
893: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/08/15(木) 14:33:41.56 ID:fTF2Nxz1
廊下に出たら、お盆で来てる十数人の親戚一同に、同居のトメと大トメが
私の文句を言ってるのが聞こえてしまった・・・。
「最悪な嫁を貰った。」
「孫ちゃんは嫁に似てないからよかったよ!」
「あんな嫁が母親じゃぁ将来がかわいそう・・・」
「家事も何もしないでお姫様気取り!」

家事も頑張ってるんだけどな。旦那が「俺の嫁はトメ達の小間使いじゃねぇんだ!」
ってブチ切れたのが気に食わないんだろうな。
娘の授乳終わったからお茶の間にさっさと戻って
お客用の晩ご飯の用意とお茶出ししなきゃならないけど、
どんな顔をしていけばいいんだろ。
涙止まらん。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
848: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/08/14(水) 01:04:16.21 ID:Wb2/tHFD
ただ今義実家に帰省中。
義実家では中型犬を飼ってるんだけど、
その子が毎回子を舐め回す。
まだ足とかならいいけど手とか顔とかしつこいくらいべろべろと。
毎回やめてほしいと泣いて訴えるんだけど、
家に長くいるのは犬の方だから仕方ないとか、○○をバイ菌扱いするな、馬鹿にしてるのかと義両親、旦那共にキレられる。
ペットが家族だという気持ちはわかるけど、それとこれとは別なんだといっても全く理解してもらえない。
別に犬が嫌いな訳じゃないんだ、差別してるわけでもないんだ、
でも外を散歩して何でも食べてしまうような犬だし、歯磨きとかしてるわけでもないし、本当にやめてほしい。

続きを読む

このページのトップヘ