34: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/10/24(土) 10:55:38
すごいの来たので…のせます。



件名:永遠という名の戯れの果てに
本文:
夜、寝ようとする度に、君が寝ていた所がぽっかりしてて…すごく寂しいよ。
お元気、ですか?
僕は全く元気じゃないよ。今の僕より、脱け殻のほうがましだ。
君が残してくれたセミダブルのベッド、君を抱き締めて眠りたくて、もがくよ。
僕がちゃんと眠れる様にと、残してくれたんだろう?君は…優しいから…。
その優しさが僕には痛いよ。今、一人ぼっちの、僕には…ね。

毎日、味気ない物ばかり食べて、みるみる内に痩せてしまったよ。
皆に心配されてしまうよ。あんなに明るかった僕だから…。
皆の気持ちは嬉しいけど、やっぱり、僕が愛してるのは君、君だけなんだ。
愛しさで胸が張り裂けそうで、君の香りを胸一杯に吸い込みたいよ。

もう、お袋には口出しさせやしないよ。僕が、君を守りぬくよ。幸せにするよ。
君が、おかえりなさい、と言ってくれたあの生活が、どんなにかけがえのないものだったのか。
君のために毎日花を買うよ。毎日愛し合おう。毎日、愛を囁くよ。

君を抱き締めて眠りたい。
ムーンリバーのように。
君という光と溶け合って、今また、流れていきたい。

続きを読む