注目の人気記事

小姑

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
794: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/02/19(金) 15:51:46
うちの未婚高齢コトメも、私の弟を狙ってたことがある。
毎度毎度「誰か紹介してよ」と言われ、好きなタイプは弟そのもの。
コトメと弟では、弟が5歳下なんだけど…。

で、世間話ついでに
「うちの弟、結婚を考えてる2つ歳下の彼女がいるらしいんですよ~」と言っておいた。
それから紹介してよ攻撃はなくなったよ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
774: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/01/15(土) 20:45:39
私も似たようなことされたなあ。
コトメ夫と下の子がインフルだと上の子預けられて5日間。
引き取りに来たコトメ夫婦は真っ黒に日焼けしていたさー。
うちの場合は夫も騙されてて、コトメ夫婦とはもう絶縁したけどね。
真っ黒でお土産持ってきて
「実はグアムだったの~はじめに言うと預かってくれないと思って~」
ってへらへら笑っててさ、夫がコトメ夫を殴るの止める気にもならんかった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
182: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/06/04(水) 09:48:54.91
コトメ(夫の姉)がブラコン三十路。

昔から「弟君は私のもの」って言ってたんだけど、
周囲は冗談だと思っていたらしい。

結婚が決まった時は「弟くんにはもっと若い才色兼備が釣り合う」
妊娠した時も「弟くんをたぶらかしていやらしい年増女!」

年増って…夫が25歳で私は26歳なんですけど。

上の発言がバレて義両親と夫に〆られた時も
「私さんだって、兄がいるなら私の気持ちわかるでしょ!
知らない女に兄弟を取られる気持ちが!!」と号泣。

わかんねーよ!

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
86: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/06/03(火) 11:15:54.31
コトメが育休明けで復帰した。保育園に入れたけど、まだ一歳ちょっと過ぎなので
保育園で流行ってる病気ほとんど拾ってくる。

このあたりはさる病院グループがあって、そこの小児科に普段からかかっていれば
病児保育に申し込める。だから働くママさん達には、人気でそこの小児科の電話予約は
ものすごいことになってる。予約が取れなくて朝七時から並んで番をとっても
診てもらえるのは予約優先なので、昼とかになってしまう。
でも働くママさんは、どうしても病児保育を確保したくて頑張って並んでる。
説明長いけど、よくある話でめんどくさがりのコトメはその小児科にかからずに
いつ連れて行ってもすぐ見てくれる近くの小児科ですませていた。
だから朝八度あっても熱をごまかして保育園に連れて行ってしまう。
保育園から呼び出しがあっても、わざと電話に出ないという荒業に出た。
そのためコトメ旦那へ連絡が行って、コトメ旦那が迎えに行くこともあった。
そのあと壮絶な夫婦げんかもあったらしいけど、コトメ旦那の子でもあるので
当然と私達は静観。

そしたらコトメ旦那が海外に研修に行っちゃった。どうやら本人が希望したらしい。
はいその後保育園からの呼び出しは車で四十分かかる義母になりました。
義母は持病持ちで頻繁に呼び出されて、発作を起こして入院しちゃった。
私は義実家とは別居だけど、同じ市内に住んでます。
実家の家業を私が継ぐ予定で実家で仕事してます。旦那は全然関係ないサラリーマンです。
義父はすでに亡くなっているので、義母の入院の世話は私にかかります。
休みのときは旦那も行きますが、酸素マスクつけて点滴の義母なので、洗濯もできず
私が洗濯して届けてます。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
972: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/07/22(火) 22:02:16.18
義実家でコトメと夫と私で世間話しながら枝豆を食べていた時の話。
私と夫は枝豆をさやから指でぷりっと出して口へ直接入れてた。コトメはぷりっと手の平へ出してから口へ入れていた。
「コトメちゃんはお上品な食べ方するんだなあ」と思ってたらコトメが「枝豆の中ってさ、ちっちゃいイモムシがいるんだよw
知ってた?w 口へ直接入れて食べる人ってかなりの確率でイモムシ食べてるんだよwww だからあたしは手の平に一旦出すんだー。さっきもイモムシいたしねw」
口へ直接入れてる私ら夫婦へこのタイミングで言うなよな。無神経なとこがトメそっくりだよ。それでも私と夫は枝豆食べ続けたけど。

続きを読む

このページのトップヘ