キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

DQN返し

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
563: 名無しさん@HOME 2011/02/22 01:38:23
結婚して、下品で行儀や作法は全くおかまいなしのトメに、私(私より特に私の親)は神経質と言われた。
私の知ってる限りではもっと神経質でピリピリした人はごまんといるし、世間一般的には、神経質とは程遠いレベルだと思われる。トメが世間一般とかけ離れ過ぎているだけで。
飲食店に家からおにぎり持ってきて食べたりどっからか備品を盗んできたり恥ずかしい事ばっかやる。犯罪にならない程度なら何でも盗む。
息子にも下品な下ネタ教えてたし。
面白い事にコトメはトメと真逆の品のある姑を持つ事に。
そんで、コトメはピリピリ。
そんなある日皆が集まってる席で息子がトメに教えて貰った下ネタを振り付け付きで披露。コトメ旦那ドン引き。
園で覚えて来たんだろうとトメ。
私がつかさず、「の先生に息子さんが下ネタ言うので皆が真似して困っていますと言われました。(←実際に言われた)。」
「なので、すみません、私はそんな事教えてないんですけどねと謝った所だったんですよ。」と言うとトメが焦っていた。
息子の通ってる園が 躾にしい園と言うこともあり、息子がトメはお行儀が悪いと言う様になった。
おばあちゃんはTV見ながらご飯食べるからお行儀悪くなるんじゃないとか。
で、直に「おばあちゃんお行儀悪いよ。こんな風にしなきゃ」と注意してる。
しかもうちの子声デカいんだよねwww。
コトメ旦那実家にもトメと訪問したみたいでこんな風にするんだとか言ってたみたいwww

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
523: 名無しさん@HOME 2011/02/21 13:35:40
流れも読まずに暴力ネタ投下。嫌いな人はスルーして下さい。


同居してるウトに尻を触られたので思いっきりヒジを叩き込んだ。
「ちょっと手が当たっただけじゃねえか…」と蚊のような声で言われたので、
「私もちょっとヒジが当たっただけですよ」と返答。
土下座みたいな格好でプルプルしていたけどそのまま放置。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
487: 名無しさん@HOME 2011/02/21 08:26:24
お姑さんが最近断シャリにはまってらっしゃる。
うちの庭の冬眠状態のグリーンネックレスと、まだ使っている子どもの砂遊びのオモチャをを私が留守の時に
「汚らしかったから、断シャリしてあげたわ」と超笑顔で言われた。
「有難うございます」とお礼を言った。
「○月×日は友達と日帰り温泉に行ってくるから留守をお願いね」と頼まれた。
その日、子どもは実家に預けて、お留守番はダンナと二人で行った。
良い機会だから、大掛かりに家の断シャリを手伝ってあげよう、と発案したのです。
数が多すぎて食器棚からはみ出した食器を整理、ゴミ置き場へ半分出した。
壁と家具の隙間にぎっしり詰め込んであるレジ袋と紙袋(ほこりまみれ)も全部燃えるゴミ袋に詰め込んだ。
擦り足で歩いてらっしゃるのに、この何重もの敷き物やカーペットや絨毯(シミ?模様?)も全部ひっぺがして断シャリさせていただいた。
大形の家具もダンナと一緒にエッチラオッチラ配置換えさせて貰った。
仕上げにピカピカにシンクや床を磨いて帰ってきた。
帰り際、顔が映るくらいに光ったシンクを見てうっとり。
ダンナにも「今日は疲れただろ? ありがとう」とねぎらってもらえた。

その夜「誰があんなことしてくれって頼んだ!」とお怒りの電話が掛かってきた。
ダンナが「大変だったんだぞ、あそこまでやるのは。なんで怒る?」と天然ボケをかましていた。
正しい断シャリは他人の物は捨てない、触らない、とわかっていたのにやりました。
電話が切れてから「これで子どもを連れて遊びに行けると思ったんだけどな」
「当分顔も見たくない」と言われたよ、とダンナは悲しげでした。
グリーンネックレスの復讐のつもりだったのですが、ダンナと一緒にやったら、
「こんな良い機会はないから、とことん手伝ってくれ」といわれ大層大がかりな復讐になってしまいました。
ダンナは心の底から親孝行のつもりだったようです。
この仕打ちにお姑さんが嫌がる事をわかっていた自分に、是非「正統なるドキュン嫁」の称号を与えてください。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
165: 名無しさん@HOME 2011/02/19 12:42:34
姑は私の息子のことを溺愛している。もう本当に可愛くて可愛くて仕方なく
思っているのは、傍から見ててもよく分かる。
でもちょっと考え方が古く、息子の持っている卵アレルギーについても、
ご他聞に漏れない対応をする。
姑「食べず嫌いってこともあるでしょう?」
私「お医者さんに言って診断してもらったんだから、好き嫌いじゃないんですよ」
姑「少しずつ慣らしていけば大丈夫になるのよ」
私「勝手な判断で与えたらダメってお医者さんもいってらしたんです」
などの会話は200回くらい繰り返して、「いい加減覚えろ」とうんざりしていた。

ある日「卵食べられるようになった?ちょっと練習しようか」と息子の口に
半熟ゆで卵の黄身を放り込もうとしてたので、さすがに堪忍袋の緒は切れた。
息子を抱きかかえて姑から引き離すと、努めて冷静で落ち着いた声で

「お義母さんにとってこの子はよそんちの子だから、この子が発疹出してカユイカユイ
言ってても、ノドが腫れてヒューヒュー呼吸してても、目を真っ赤にしてしぱしぱ瞬き
してても、全然なーんにも感じないのは分かります。お義母さんの子じゃないですもんね。
でも!この子は私の血を分けた大事な大事な息子なんです。息子をそうやって苦しめる
相手がいたら“殺してでも”阻止します。まあお義母さんにはこの辺の感覚は理解して
頂けないと思いますけど。よそんちの子なんてどうでもいいって思ってるんでしょ」

と、周りに聞こえるようにスゴんでみた。場はしーんとなって雰囲気最悪。
その後帰るまで姑の近くには寄らなかった。帰宅する直前、姑が「バイバイしよう」
と息子に近寄ってきたので、またふーっ…とため息をついて
「食べ物で苦しめるのを諦めたら、今度は直接手を下そうって言うんですか?
何?首でも絞めるつもりなんですか」とダメ押しして帰ってきた。

これがキツいお灸になればいいな。
血?繋がってますとも、孫だもの。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
43: 2011/02/18 02:44:39
流れ←読めない
眠れないのでメモらずにちまちま投下します。だいたい3年前の話です。
娘のご飯が乳のみだったころまでは、良ではないがまあまあ普通だった同居ウトメ。(無茶なリクエストされることもあるが、私か旦那が拒否すればすんなり引き下がる。)
ところが、離乳食始めたころから、どっかネジ無くしたのかトメが人の話を聞かなくなってきた。
うちの娘は卵アレ。完璧に除去しなきゃいけないわけではないが、卵が入ったお菓子やなんかは与えてない。
それなのにトメが卵の入ったお菓子をやたらあげたがる。
他のにしてくださいと言っても「せっかく買ったのに」だの「ちょっとくらい大丈夫」だの「アレなんて甘えみたいなもの」だの「好き嫌いイクナイ」だのアレ否定派にはテンプレがあるのか?と言いたくなる言い訳ばかり。
しかもこのやりとりが週に一回は必ずあった。
それでも毎回しぶしぶ引っ込めるので、メンドクセーと思いつつ放置してた。これがよくなかったんだと思う。

続きを読む

このページのトップヘ