キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

修羅場

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
299: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/06(火) 07:57:46.66
アラフィフの私の、子供のころの修羅場。

田舎の保育園に、弟と預けられていた。できたばかりで新しく、土地もひろびろあって、
園庭も、子供たちが自由に駆け回れるほどあった。

ある日、いつものように子供たちが園庭で元気に遊んでいると、暴れ牛が園庭乱入!
ものすごい勢いで突っ込んでくる牛、まさに猪突猛進!!(牛だけど)

恐怖のあまり、パニックを起こす子供達に保母さん達!!

阿鼻叫喚の渦の中、命からがら園内に駆け込み、引き戸を閉めて、もう大丈夫だと
なだめられて、お友達とわあわあないていたら、牛の飼い主らしきおじさんが牛を捕まえに来た。
近所は田んぼと、畑と、とにかく田舎だったので、牛を飼っている家もあったらしい。

われに返った保母が、「土足で!お靴は脱がなきゃだめでしょう!!」と怒り出したのが第二の修羅場。

つか、あんたその口で「靴はいいから上がって!!」っていったやん。

牛が怖くて、しばらくは「保育園いや!!」と、兄弟して朝から駄々をこねていたのが、
親にとっての修羅場だったらしいw

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
270: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/05(月) 09:31:49.41
我が子が小児がんにかかって妻がつきっきりで看病しているって時に
「家に帰っても誰もいなくて寂しいから」という理由で
不倫に励むバカ男もいるぐらいだ。
不倫する奴は妻の出産や我が子のタヒ病すら不倫の口実にする。

222と似たような経緯で周り中にバレてて
バレてると知らなかったのは不倫の当事者2人だけ。
子供が急変して亡くなったときにも、父親は不倫中でケータイ切ってて連絡が取れず。
父親は夕方自宅に戻って、我が子のタヒを知ったそうだ。
おまけにバレてると知らないプリンが、しゃあしゃあと子供の葬儀に参列しようとしてた。
受付の親族が気がついて、斎場に入り込んで葬儀が修羅場になる前につまみ出したそうだ。

私はプリンの元小姑の立場(元弟嫁=プリン)。
職場(元弟嫁はパート)不倫で、男の子供が闘病中なのは当然知っていたはず。
弟と両親が
「俺らがちゃんと(元弟嫁を)見ていなかったばかりに相手の奥さんと子供さんにひどいことをした」
と、自責がひどくてみていられない。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
157: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/02(金) 19:10:10.99
子どもの頃、2つ上の従兄が悪ガキだった。
その頃うちも従兄の家も祖母宅に集まることが多くて、従兄は暴れていろいろ壊すから
次なにか壊したら、離婚したお父さんの家にやっちゃうからね!と言われていた。

ある日、私と従兄だけで遊んでいたら
従兄が障子のガラスを割った。
でも従兄がガクブルして
「今度やったらお父さんとこ行かなくちゃならない」って泣いて「(私)ちゃんがやったことにして」
って言うから、今度だけだよって約束して私が割ったことにした。
よくわからないけど特別な高いガラスだったらしくて
ものすごく怒られたし親も祖母に対して恐縮してたけど
せいいっぱい謝ったら祖母は許してくれた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
180: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/03(土) 09:01:41.07
プチプチの修羅場
駅からワンメーター程度の場所だが時間ギリギリだったので駅からタクシーに乗った。
大通りに出て左折でほぼ一本道なのだが、タクシー大通り出て右折!!
「ちょ…どこ連れて行くの間に合わない~●●までって私言いましたよね…逆ですよね?。」
と焦りまくる私。
運転手「あ、ああ、そうでしたねすいません。」

その後タクシーはへんな駐車場に突っ込んでUターンしてなんとか間に合ったけど
途中で「●●までワンメーターですよね…。」とか言ってきたからあとで考えたら
こっちが詳しく場所しらないと思って、ワンメーターじゃ商売にならんと遠回りしようと
したんだなと思ったがその時は焦っててタクシーの番号もなにも控えなかった。
控えとけばよかったと思った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
137: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/02(金) 17:36:51.32
高校の時、修学旅行の自由行動で私の班は奈良の明日香村に行った
高松塚古墳の博物館でトイレから出ると後ろから男性に
「探したぞ!どこにいた!!」
と腕を掴まれ、そのまま連れて行かれた
「え?あ・・おー!?」
と遠くの同じ班の子たちを呼ぶと、彼女たちが振り返った
が、私はすでに博物館を出ていた
抵抗するも相手はかなり怒っており、ものすごい力でそのまま一台のバスに引っ張り込まれた
乗っていたのは同じくらいの年の人たち。私と似た制服を着ていた
「よし!これで全員だな」
と男性が言うと、乗っていた一人が
「せんせ~、その人誰ですか?」
と手を挙げた
すると男性、私を見て
「君は誰だ!」
と言う
恐怖で半泣きの私は言葉もなく、周りはざわざわする
そこへ班の子たちがバスに飛び込んで来た。後ろにはお巡りさんと先生の姿が
明日香村には私の班しか行かなかったので、引率の先生が一人、そっと後からついて来ていたらしい
私が連れて行かれるのを見た班の子たちが手分けして、追い掛ける子と博物館の人に110番してもらう子に分かれて動いたらしい
そこに先生が合流して、みんなで追い掛けてきたとか

「他校と自分とこの生徒も分からないんですか!」
と怒る先生に男性は終始ぺこぺこ
私は大泣きし、お巡りさんはあきれ顔。班の子たちは私を抱きしめて一緒に泣いていた
男性によると、生徒が一人いなくなってしまい、探していたらよく似た後ろ姿の私がいて、出発時間が迫っていたので焦ってしまいよく確かめなかったそうだ
「にしても制服とか違いはあるでしょう!あんたそれでも教師か!!」
と先生の説教に男性は一層ペコペコ

後日、そこの学校の校長から謝罪の手紙と共に地元の特産品が学校に送られて来た
今となっては笑い話だが、あの時は本当に怖かった

続きを読む

このページのトップヘ