注目の人気記事

修羅場

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
488: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/11/23(水) 23:29:02.79
修羅場だったと思うから投下。

私と弟が幼い頃に両親が離婚。
母は頑張って育ててくれてたが、気が付くと知らない男の人が住み着いてたりした。
彼氏だったのかは分からんけど、9割でダメ男。
アル中、元薬中、ギャンブル中ばかり。
その当時住み着いた男がアル中でDVが始まり、
母が風呂場まで追い詰められ、何かざばざばかけられていた。
青いポリタンクに入った灯油だった。
本能的にヤバいと思って、母を庇おうとして私も灯油まみれ。
そしたら男がライター持って燃やそうとしてきた。
結局それは脅しだっただけだが、洗浄するのに病院に運ばれて大変だった。
その後逃げ出すように家を出て、その男とは縁が切れたが
私は一時だが男性恐怖症になり、転校先で発狂。(担任が男性だった)
結婚出来たから治ったと思いたい。
まだあるけど、これが一番修羅場だった。
母はその後になった脳系の病気が原因なのかその当時のことを全く覚えていない。
弟は別室にいて知らないので記憶があるのは私だけ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
479: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/11/23(水) 18:42:52.82
酢豚話切ったれw
俺は完全部外者で巻き込まれたのもほんのちょっとだけど。

小さな居酒屋で友人Aと二人で飲んでいた。
客が少なかったのでカウンターで店長も時々混ざりながらまったり話していたんだが、
そのときAのケータイが鳴った。電話はBから。BはAの友人で俺とは面識があるが、
連絡先も知らない。単に顔と名前が一致するだけの知人。
で、BはこれからB彼女の浮気現場に突入するから手伝えと言ってきたらしい。
Aは行く気満々で俺も誘ってきたが俺は当然拒否。店長も俺も他人のトラブルに顔突っ込むな
とAを止めたが、トラブル大好きなAは耳も貸さずに応援(という名の野次馬)に行ってしまった。
やれやれって感じで飲みなおす俺。店も客あんまり居なくて暇そうだったので他の友人呼んで
遅くまでまったり飲んでその日はお開き。

翌日けーさつから電話。話を聞きたいと。
どうやらAは住居侵入だかで捕まったらしい。B彼女というのは実はBの彼女ではなくBによる
ストーカー被害者だったとか。Aも共犯扱いw
Aの当日の行動は話したが、Bの事なんて殆ど知らんしましてやB彼女改め被害女性Bのことは
何も知らん、俺が言えるのはAがBに呼ばれて行ったってことだけと無関係アピールw

結果Bはどうなったか知らんがAはこってり絞られて解放されたらしい。
それだけならいい薬になっただろ的に茶飲み話で弄るくらいだが、Aは事もあろうに俺を非難しだした。
曰く、もっと全力で止めたら俺は逮捕されなかった。だから逮捕されたのはお前のせいだ。とかなんとか。
俺は事の顛末を他の友人たちに知らせAをカットオフ。他の友人たちも俺を非難し続けるAをカットオフ。
もともと無関係のトラブルに顔を突っ込んで掻き回す奴だったようで結構疎まれてた様子。
そしてAは俺の交友関係から姿を消した。
野次馬も度が過ぎると痛い目にあうよというお話でした。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
449: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/11/23(水) 16:14:08.40
以前、バスの交通量調査のバイトをしていた時の事
そのバスのルートの途中にある、ある十字路で
軽自動車が道路の隅に停まっていて、道路の真ん中に人が倒れていた
しかも、倒れている人からは血が道路に流れている
そして、その人のそばで青ざめた表情の男が一人
交通事故か・・・と思った瞬間、バスの運転手は
バスを止め「おまえら、ちょっと手伝ってこい」と
交通量調査のバイトのためにバスに乗っていた、俺ともう一人を
その人の所へ行かせた
青ざめてる人を落ち着かせつつ、救急車を呼ぼうとする俺達
相手は携帯を持っていない
俺は携帯を取り出し119番しようとしたが、119番の番号が解らず
「119番って何番だっけ?」(マジでこう言った)

そうこうしていたら、バスに乗ってた乗客が一人降りてきた

その乗客は一番前の席に座っていて、バスの中で携帯で
「今日飲み会?解った、20時からなら行けるぞ
 今、仕事帰りのバスの中」
等と言っていたので、運転手さんからのアイコンタクトで
俺が「お客様、バスの中での携帯はおやめ下さい」と注意した相手だった

その男は、懐からある物を取り出すと、それを見せながら
「ここは、任せて下さい」
と俺たちに言った
そのある物とは・・・警察手帳だった
ちょうど事故があった辺りを管轄する署の警察官で、帰宅しようと
バスに乗っていたら、この事故に遭遇したという事
手早く救急車と管轄の署に電話すると一言
「これで、今日の飲み会はキャンセルだな・・・」
と言っていた

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
443: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/11/23(水) 15:29:19.64
文才ないのでわかりなくかったらすいません。

まだ実家に住んでる時の話。
その日、家族はみんな出掛けてて家には自分一人、寒い冬の日のお話。
お昼時にお腹が減ったので、冷蔵庫を物色するが何もない。
仕方なく冷凍のチキンナゲットを揚げて、白米と共に二階にある自室で食べた。
いつも揚げ物をやる時は、温度センサーのある手前のコンロを使ってたんだけど、その日は前日のすき焼きの残りの鍋があったんで壁側のコンロを使ったんだ。この横着が災いするとは…。
自室でご飯を食べ、一眠りする前にトイレに行こうとドアを開けたら大量の黒煙が階段の下から立ち上っていた。
「やばい!揚げ物した油だ!」と思ったけど、時既に遅し。
消したつもりだったけど、火を弱くしただけだったみたい。
光の早さで階段を掛け降り、慌てて台所に行くと黒煙もくもくで火柱が立った油鍋が。
「このままじゃタヒぬ!」と思い自宅の電話から119番通報。
こっちは慌ててるのに、消防の人ってのんびり(冷静か)なのね。多分、住所と状況を伝えた。
「早くきてー!」と叫びつつ、受話器を放り投げ自分で消火活動。
油鍋には蓋をし鎮火。しかし壁側のコンロだったので、壁が燃えている。
手前のすき焼き鍋に水を入れて、何回か水をぶっかける。具も散らばる。5回くらい掛けたら壁の炎は鎮火。
ほっとしたのもつかの間、油鍋に腕がぶつかり床にぶちまける。
→再炎上…
床は火の海で自分涙目。
「半焼とかになって怒られるくらいなら、全焼で自分もタヒのう…」と思った。
が、思い直して鎮火活動へ。
お風呂へ行き、バスタオルを残り湯に浸し床で燃えてる油の上へ。

ここでようやく本当に鎮火。
タヒぬかと思った。


その後、消防車が5台もくるし野次馬もくるし…
更に煙でススだらけになった家の壁、油まみれの床の掃除が大変でした。
壁はリフォームで綺麗になったけど。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
410: 投稿日:2011/11/23(水) 13:56:40.40
俺が5歳ぐらいの頃の話なんだが、親父とおかんが夫婦喧嘩をした
夫婦喧嘩程度ならたまにやってる事だから普段なら気にしないが
その時の夫婦喧嘩はいつもと違った、と言うよりも
当時5歳の俺は、「この喧嘩はいつもと違う」と肌で感じていた

喧嘩はヒートアップし
おかん「実家に帰らせてもらいます」
親父「ああ、帰れ帰れ、せいせいするや」
と言う事になり
おかんは、俺と当時2歳の弟を連れて家を出た

おかんの実家は3月の地震で被害が大きかった様な地域に有り
飛行機で行き来するぐらいの距離
俺と弟は途中の駅で「パパの所に帰ろうよ」とわんわん泣きだし
おかんは、家に戻る事にした・・・

その戻る途中でおかんは、家の最寄り駅から数駅の所で降りて
そこからバスで帰る事にした
おかんの中では帰って親父とどう話そうかって考えてたんだろうな

続きを読む

このページのトップヘ