注目の人気記事

修羅場

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
63: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/18(金) 19:53:54.80
プチプチですが投下。
結婚決まる→旦那精神病発病で退職→実家両親離婚危機→父と兄が険悪になり家庭内ドロドロ→父親家出→母親精神病発病
の一連の流れが個人的に修羅場でした。全部結婚前の話。
特に旦那と母親が発病してからのサポートがキツかった。
あんまり関わりすぎると自分が病気になりそうだったし、結婚決まってたから離れることもできないし仕事もあったし、その辺の匙加減ですごい悩んだ。
今は実家両親の仲も戻ったし病気もみんな治ったから穏やかです。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
8: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/17(木) 13:21:20.73
プチ修羅場

私が高校生、弟が中学生の時のこと
家には母、私、弟がいた
母が夕飯を作るダイニングキッチンを背にしてテレビを見ていたら、弟が「姉ちゃん姉ちゃん」と服を引っ張ってくる
生返事してたら「姉ちゃん、台所燃えてる」Σ(゚д゚lll)
振り向いたら中華鍋から火柱が換気扇を越えて天井まで上がってた
消火器を探したらキッチンの端に置いてあって、火の熱さにビクビクしながら取りに行った
なんとかパニックにならずに消火できた(自分でも驚くくらい冷静に消火器使えてた)けど、消火器の粉が部屋に舞ってたから慌てて家中の窓を開けたら
外の畑で父親がトラクターかけてて「父さん火事ー!」って叫んだらアハハーって笑われて助けてもらえなくて泣きそうになった(冗談だと思ったと言ってた)
母は中華鍋で揚げ物して火を消してから風呂に入ったけど、なんかの拍子に火がついたらしい
その晩は消火器なんか使わなきゃ良かった…って思うくらい部屋の片付けが大変だったけど、火の被害は換気扇がちょっと溶けた+フィルター全焼+壁紙焦げたくらいで済んだ
私が消火中なぜかずっとテレビを見てた弟が、消防士になりたいと言ったのを聞いて思い出しカキコ

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
920: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/16(水) 14:14:06.74
虫注意


夏のコバエの修羅場
最初は、最近家の中にコバエが飛んでるなーと思っていた
だんだん網戸に群がるコバエがやばい感じの数になっていった
家の外に原因があると勝手に思っていて、虫よけの薬をドアの外においたりした
でも、全然コバエの数は減らないし、家の中がなんか臭くなった気がしてた
最初にコバエに気づいて二週間くらい経ったある日、
ふと靴箱の下をのぞき込んだら、液体になりかけた玉ねぎを発見した
蒸し暑い日が続いた一ヶ月間ほど、放置してたらしい

玉ねぎの入ったビニールを旦那が開けた途端、飛び出すコバエの群れ
見たことのない毛虫のような虫も這い出してきた
まさに修羅場
家中、腐った玉ねぎの匂いが充満した
旦那は袋を開けたまま涙目で逃げるし、虫はどんどん袋から出てくるし
地獄だった

旦那に子供を任せて外に避難してもらって、私は心を殺して対処した
もう二度と味わいたくない修羅場でした

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
865: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/15(火) 16:25:07.89
夫はひとり息子(年の離れた姉がいるが海外暮らし)で、
父親は高校時代に亡くなっている。
結婚するとき、同居が条件だった。
元来能天気な性格なので深く考えずに了解して一緒に暮らし始めたのだが
夫からひとつだけ言われた同居にあたっての注意事項として
姑はとても繊細で、血圧も不安定な為
腹が立つことがあったら何でも俺にぶつけていいから
姑には逆らわないで欲しいと言われてた。
そんな繊細な人には見えないけどなと思って同居してみたら
繊細なのは自分に対してだけだった。
嫁には言いたい放題で無神経で下品で底意地悪い。
2年経っても子供が出来なかったので
「不良品つかまされたか」「土壌のいい女を選べばよかった」
「息子ちゃんも運が悪い」と言われまくりーの
不妊特集記事を壁に貼られーの
不妊特集番組やってると風呂にまで呼びにきて見ろと言いーの。
それだけならまだ私も我慢できたけど、
ある日うちの実家を糞味噌に言われたときに何かがブツッと切れて
「黙れくそばばあ!」と声の限りに怒鳴ってしまった。
そしたらふらふらふら~と倒れた。
様子がおかしかったので(普段もおかしいけど)救急車呼んで
そのまま血圧が安定するまで入院。
病室では「嫁に殺されそうになった」とふれまくり
あんな恐ろしい嫁とは暮らせないと、
退院後、自分で介護型老人ホームを探してきて入所。
結果オーライ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
881: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/15(火) 22:47:12.27
両親の別居の理由を20になるころに初めて知った。
父は本州出身、母は北海道出身。私は一人っ子。
私は生まれは北海道だけど、1歳頃から本州、3歳頃に北海道に戻ってきた。今も北海道。
今までずっと「仕事の都合」で別居だと聞かされていた。周りはみんな親子みんなで出かけているのが羨ましくて仕方なかった。
小学校の頃、お父さんと一緒に暮らしたいって作文コンテストで書いて賞までもらった。
母方のいとこ2人とは兄弟のように育って、たまに本州の家に帰ると父方のいとことも遊んだ。
父方いとこの末っ子は私以上に私の父に甘えていた。プレゼントのおねだりもうまかった。それが羨ましくて仕方なかった。

私が3歳のころからずっと別居、いつか離婚するとは散々聞いていた。
高校に入ったらーだとか卒業したらーだとかアンタが二十歳になったらーだとか。まあそんなもんかと思っていた。
20の誕生日が近くなった頃、母がぽろっと別居の理由を教えてくれた。父の浮気が原因だった。
最初は何を言われたのか分からなかった。私の中の父の姿が崩れていった。
浮気の慰謝料やなんかをもらわない代わりに生活費をもらっているそうだ。
そして私の20歳の誕生日の2日後、両親は正式に離婚した。

離婚はしたものの私はまだ学生で、中小企業の役員である父からの振り込みが頼り。
何年もあってない父への数少ない連絡が金の無心。毎度毎度タヒんだ目でメールをうつ。返事はない。
父方の祖母に貸してもらった振袖で成人式に出た旨を連絡するも、やっぱり返事はない。

そういえば父は最初、母でなく、母の妹が好きだったそうだ。なにそれ。笑える。
ついでに父方いとこの末っ子は今どこぞのクラブで働いていて、その斡旋をしてやったのは俺なんだと父は自慢げだった。
お前ももう少し稼げるバイトでもすればどうだ、とも言われ、ああ、これがこの人の考えなのか。と妙に乾いた気持になった。
私は残念ながらオトンそっくりのクソみたいな不健康デブスに育ち、おとなしーく家庭教師のバイトをしている。
「そんなクソつまんねーバイト何が楽しいんだよwwwwww」とバイトを始めた当初に言われたのを思い出してカキコ。たしかにクソつまんねーけどさ。

続きを読む

このページのトップヘ