キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

修羅場

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
69: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/03/15(月) 18:29:21
中2の時生理が止まった

んで、3ヶ月くらいたってもこない
生理用品が減ってないの母親に指摘されて修羅場

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
33: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/02/22(月) 12:08:16
代休で暇つぶしに投下。

10年以上前に、我が社と提携していたロシアの会社から出向してきた女の子がいた。
当時26だったと思う。
俺は教育係を仰せつかり、2年くらい一緒に仕事した。
その後、彼女は帰国し、時々メールする仲になった。

そして、俺も彼女も結婚し、互いに子供も産まれた。
写真は送ってもらえなかったが、会社の上司と結婚し、独立、子供も男の子と女の子が一人ずつ産まれたらしい。

突然、彼女から、旦那や子供と日本へ観光に来る、というメールが来た。
このため、家族にも話し、みんなで迎えに行ったんだ。

家族には、すごく綺麗な女の子だった、と話し昔の写真も見せてあり、特に長男は綺麗な外国人のお姉さんに会える!と、ちょっと邪だが、wkwk状態だった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
11: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/02/12(金) 17:14:10
友達だった子の彼氏の浮気現場に友達と一緒に遭遇したことかなぁ

しかも、彼氏の浮気相手が友達の姉
もともとメンヘラだった友達包丁持ち出して暴れたんでこっちまで殺されそうになった

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
933: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/02/07(日) 23:30:46
修羅場と言っていいのか解らないが。
娘が生まれてからの約一年半は、凄まじかった。
夫の立場から見れば、こっちもしんどかったけど、嫁もしんどかったろう
なと思うこと山盛り。
嫁は元々、健康状態が低空飛行で、低血圧・偏頭痛・生理不順・慢性腰痛
を抱え肉体労働には全く向いてなかった人だった。
そんな妻が産んだのは、元気すぎる女の子。
出産時の骨盤の弛緩がなかなか収縮せず、腰痛が悪化。娘が6ヶ月を回る
頃には抱っこするにも相当な覚悟が要ったと懐古してる。
合わせて健康状態も下降線で、自分が仕事の休みの週末は、半日以上寝て
いないと、月曜日から保たなかった。
で、妻が週半ばで起き上がれないと、自分が休んで娘の面倒を見てた。
普段でも、帰宅(凡そ18時)して、娘の離乳食を作り食べさせ、お風呂に
入れて寝かしつけ(この時点で約22時)深夜までやってるスーパーに買物
に出かけて、帰ってから離乳食のストックを作って寝る。(大体2時)
この間、妻は大体ダウン状態。調子が良いと娘の相手をしてる。
何せ、腰痛と腕力の無さから妻一人では、娘をチャイルドシートに乗せる
こともかなわなかった。当然、日中に買い物にも行けない。
当時、使わなかった有給休暇がプールした分も含めて50余日有ったのだが
その年の年度末には20日を下回っていた。
結局、このままではヤバイと退職し、父の仕事(自営業)を継いで時間に
縛られないようになり、何とかしたけど。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
816: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/02/01(月) 20:54:06
もう10年以上も前の話。

高校生だった俺は、担任に嫌われていた。
親が警察官で駐在所に住んでいたんだが、後で分かったが担任は飲酒運転して免停になり、警察官の子供の俺を逆恨みの対象にしていたらしい。
担任がいろいろしてくるから、俺は孤立。
自さつまで考えた。

ある時、本当に自さつしようとしたが、家族には理由を教えよう、と遺書を書いていたんだ。
そしたら、部屋に入ってきた姉ちゃんに遺書が見つかり、理由を説明する羽目になった。

当時姉ちゃんは大学生。
心理学を専攻していた。
「自さつしようと思うくらいなら、仕返ししよう。
手伝ってあげる。」

姉ちゃんがいろいろ情報収集した結果、先に書いた理由が分かったらしい。

後、行っている?み屋や家族も調べたらしい。

姉ちゃんがやった事。
1 1週間くらい毎日、?み屋の姉ちゃん風のけばい格好で担任自宅付近をうろつき、通りすがりのおばちゃんに担任の家を尋ねる。
2 県、市の教委に、担任の素行の悪さを苦情を申し入れる。
「高校に通う学生の父兄ですが、担任先生はおかしくないですか?
ちゃんと対処お願いしますね。」
3 時間割を確認して、担任の授業中を見計らい、学校に電話、
「担任さん、いますか?
授業中?
なら、良いんです。」
と言って切るを何日か繰り返す。
続く

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
811: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/02/01(月) 16:28:09
暇なので長文投下。

ありがちな修羅場だけど自分が小学の頃、父の愛人が家に凸ってきた。
夫婦仲が微妙になってるのは毎夜繰り返される両親の言い争いで理解はしてた。
ただその言い争いの理由が父の不倫で、まさか愛人が私も知ってる人だとまでは
知らなかった。

その日は母の誕生日だった。
放課後、貯めた小遣いを持って母へのプレゼントを買い帰宅。
その日は父が珍しく風邪を理由に仕事を休み、今のコタツで寝ていた。
父にプレゼントを見せ、隠し場所の相談をしているときにチャイムが鳴った。
母は電話中だったため、私が玄関に向かう。
「どちらさまですか?」と聞くと父の同僚の女性。
何度か私も会ったことがあり、優しくて綺麗なお姉さんだった。

「お父さんにお話があるの、今日お休みだったから」と言うお姉さんに
「ちょっと待っててねー」と告げて父の居る居間へ。
「○○さん来たよ?お父さんにお話があるってー」と父に言うが
父は「寝てるって言え、帰ってもらえ」としか言わず、動かない。
仕方なしに玄関へ戻り、「父は寝ています」と言うがお姉さんは帰らない。
困り果てて未だ電話中だった母に
「○○さんが来てね、お父さんは寝てるって言えってしか言わないし・・・」
と告げた瞬間、母が電話を叩き切って
「二階に行ってなさい」と言い残して玄関に走っていった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
781: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/01/29(金) 11:46:21
幼稚園の頃、朝起きたら両親がキッチンでものすごい喧嘩をしていた。
炊飯器や一升瓶等を投げ合い、大きな音。
ガラス戸は割れる、聞いた事もない両親の怒声に金切声。
私は泣かなかったと思うが、あの時の自分の心理状態は思い出せない。
怖いと思ったかもしれないし、案外、冷静に傍観していたのかもしれない。
両親が離婚したのは、その後すぐだったような気がする。

小学3年くらいになってから、二つ上の兄に「あの時のこと覚えてる?」と聞いたら
「前日の夕飯はカレーだった、あの喧嘩でカレーは全部床にぶちまけられていた、それと朝飯はヌキだった」
と食べ物の話しかしなかった。
それは覚えていない。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
759: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/01/28(木) 09:04:23
じゃあ投下。
雪の日の真夜中、近所のネカフェで漫画読んでたら隣りの個室でハァハァとか聞えてくんの。
隣りはペアブース。致してんじゃねえよ馬鹿がと思いながら無視をしていたが止まない。
気持ち悪いのでフロントまで行き店員を呼んだ。

男の店員、個室に向かう。
鍵はついてなく、いきなり個室のドアを開けて…。
プライバシーの侵害だとかカップル逆ギレ。修羅場になってたw
結果、店から追い出される。
出てけっていうの!?雪ふってるじゃない!
電車ももうないのにどうしろっていうの!
と、女の金切声。
それでも当然追い出されていた。
ホテル代けちってんじゃねえよ

おわり

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
514: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/01/25(月) 14:33:38
どこに書いていいのか分からないんでここに投下。

うちの近所にとてもおせっかいな人が住んでいた。
Aさんと言って60代前後で、やたらエネルギッシュで思い込み激しい女性。
数年前まで息子夫婦と同居していたけど、過干渉過ぎて逃げられたらしい。
去年引っ越してきてから何故かAさんに一方的に気に入られ、
昼でも夜でもお構いなく押しかけてこられた。もちろん約束もお招きもしていない。
それでも結構親切だし何とか我慢も出来たので、程々に相手をしていた。

ところがAさんには妙な持論があって「アレルギーは甘え。偏食の言い訳だから食べさせたら治る」
私は軽いそばアレルギーがあるんだけどうっかり話したら、
だまし討ちでそば粉入りクッキーを食べさせられた。
知らずに食べたら大喜びで「今のそば粉入ってたのよ~ちゃんと食べられるじゃな~い」
これでジンマシン出てから一切のお付き合いを遠慮させてもらう事になった。
Aさんには「悪気は無いの!ただあなたの偏食を治そうと思って・・・」と泣かれたが、
悪気無しにこんな事やられちゃたまらんので全て無視した。

ある日玄関を掃除していたら近くで金切り声が上がった。
次いで物を壊すような音や悲鳴が聞こえてくる。
何だろうと耳を済ませていると、いきなりAさんがうちに飛び込んできた。
続いてAさんと同年代くらいの女性(以下Bさん)も駆け込んできた。二人とも髪振り乱して興奮状態。
そのまま二人は土足でうちに駆け込み、リビングで大乱闘を始めた。
乱闘と言ってもBさんがAさんを罵りながら掴み掛かり、Aさんは泣き喚いて逃げる。
「この人殺し!大嘘つき!お前がタヒね!「私知らない、私悪くない!私のせいじゃない!」
何とか止めようとしてもどうにもならず、急いで警察に通報した。
来るまでの間に二人の合間を縫って、大事なものは出来るだけ移動させた。
近所の人も通報してくれたそうで、意外と早く警察は来てくれた。
でも狭い居間で人間二人が暴れたんでうちはめちゃくちゃになった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
502: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/01/20(水) 09:41:23
いやいや 20年ほど前でまだPCもネットも無い時代に
そう言って罵ったプリ女いたよ
ソース自分

続きを読む

このページのトップヘ