キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

修羅場

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
494: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/11(火) 21:42:47.39
姉が修羅場な話。10年ぐらい前。
姉が高校生の時学校で倒れた。
救急車レベルで、親に搬送先の病院に行くよう連絡をしようとしたらしいがどうしても繋がらない。
実家は自営業なため両者は普段なら必ずどっかは在宅を知っている学校はあわあわ。
とにかく救急車が来たので先生一人ついて病院へ。
親に連絡がついたのは夕方。
てか、私と父親が同時に帰宅した途端に電話が鳴ったのででたら、姉の学校からだった。話聞いて父親はダッシュで病院へ。

結局、姉は軽い不整脈と診断。入院は不要だけど、しばらく安静を言い渡された。
帰宅後すげー怒ってた。父親に。
不在理由聞いたら更に切れてた。
それもそうだ。
父親は青キップの反則金払いに外出したらしい。数日前に何かの違反で捕まったんだと。
(母親は入院中だったorz)
初めての救急車、心臓発作でタヒぬ気分を味わった上に、頼みの親も来ないじゃキレるよなぁ、と姉に心から同情した。
しばらく私の取り分のアイスを分けてあげて、姉の気分は晴れたもよう。
まぁ、退院した母親にがっつり締められたのもあるけど(苦笑)

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
455: 1/2 投稿日:2011/10/11(火) 14:10:12.92
子供のころに、姉と近所の子と一緒に砂場で遊んでいた時、
飽きた私はベンチの上にある日差し除けの覆いに飛び乗って遊び始めた。
ベンチからジャンプし覆いの端に指をかけてぶら下がっては地上に飛び降りる。
それを何度か繰り返して遊んでいたんだけど、とうとう手が滑って落ちた。
あまりの痛みにしばらく動けず、砂場で遊ぶ姉と友達が遠く感じた。
その内、私のうめき声に気付いた姉が、曲がった私の左手首に驚き、自宅へ飛んで帰った。

姉と共に駆け付けた母はかまぼこ板と包帯を持っていた。折しもその日は休日。
病院はあいておらず、少し離れた救急指定の小さな整形外科医院に連れて行かれた。
医者はかまぼこ板にまず笑い、簡単な診察をして骨折ですねと診断。
私は添え板を当てられ包帯でぐるぐる巻きにされ、全治1か月と言われた。
その治療に母はレントゲンは撮らないんですかと詰め寄ったが、医者は必要ないと。
そんなに心配なら今から別の病院に行けば良いでしょうとまで言ったらしい。
私はよく覚えていないんだけどね。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
413: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/10(月) 22:32:36.84
台風の日、じーちゃんが「船が無事かどうか見てくる」と言っていなくなった。
家族親族ご近所さんで大騒ぎで探しまわったのが修羅場だった。
結局じーちゃんは、雨合羽取り出そうとして倉庫の荷物が崩れ挟まってたとこを従兄に発見された。
一晩倉庫にいて肺炎で入院してたが、ようやく退院できた。
船がどうこうなっても、じーちゃんにはどうもできんあれほど言ってあったのに、いつになったら理解してくれるんだ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
409: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/10(月) 21:40:47.04
俺の親友は25歳の時、自分の親父に「オヤジ、今度会わせたい人がいるんだ。
酒の席を作ってくれないかな。」というと「おおーなんだ信二も、そんなことを
言う歳になったのかー。楽しみだなー。」と今まで見たことないくらい喜んだ。
親友は嫁候補を連れ、予約された座敷に上がった。
上機嫌な親父さんは先に来ていて、我慢できず古女房と娘を相手に熱燗を飲んでいた。
「おやじ、俺こいつと結婚したいんだ。」「ハジメマシテ、アイリーンイイマス!」
「・・・ずいぶん日に焼けているけど、島の方?」とお母さんが聞くと「ソデース!
ミンダナオカラキタヨ!」ピリピナだった嫁を見た瞬間から親父は一言もしゃべらなく
なったという。
2月後に親友はフィリピンに出向き式を挙げプールで泳いで帰国後肝炎になり入院した。
その後、妹が「あってもらいたい人が居るの。」と連れてきたのは2mの黒人系のフランス人。
オヤジは「うちの家系から日本人はいなくなるのか・・・」と泣いたという。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
374: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/10(月) 12:56:21.60
先週遭遇した修羅場

職場の先輩(女・40代・優しくておっとりした姐さん)が、
朝から顔色悪くて具合悪そうにしていた
風邪か飲みすぎか、どっちにしても大丈夫かなと心配してたんだが、
午後になっていきなりハンカチで口を押さえて席からダッシュした
ところが運悪く戸口にいた俺にぶつかって転んでしまった
急いで助け起そうとしたら先輩がゴボゴボっと音立てて吐いた
赤黒い血を手のひら一杯分くらい
咳き込む先輩
どう見ても本物の血にパニックになる俺
先輩助け起しながら頭の中はもうめちゃくちゃで、
どうしよう俺どれだけぶつかったんだよ先輩タヒんだらどうしよううわああああ!
ってなってたら周りの女の社員達が集まってきてあっさり助け起して、
大丈夫ー?うがいしておいでよーとか、服大丈夫ですか?換えなら貸しますよーとか、
何かめちゃくちゃのんきに会話してて、誰も病院や医務室に行こうと言わない
先輩もごめんねーちょっと今月重くてねーとか、これまたのんきに受け答えしてる
俺も男の先輩や同僚も硬直してたんだが、この辺でようやく頭回るようになってきて、
そんなことより病院は?119番するから早く行けってか行ってください!
と言ったら血を吐いた先輩青い顔だけど笑って、
「びっくりさせてごめんね。今生理中なのよw今月ちょっと重くてね。心配要らないから気にしないで」

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
357: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/10(月) 03:26:13.22
昔のことだから今は笑えるプチ修羅場を書く。
平日の昼間に原宿の表参道(歩道)を歩いてたら、ビルの地下駐車場からベンツが
一応徐行しながら出てきた。
でも1階に出る坂道が一部だけ急斜面で、ベンツがちょっとだけ勢いよく出てきた
もんだから轢かれそうになった。
約10㌢前で急ブレーキ停車。
轢かれそうになってビックリすると足が動かなくなるって本当だね。
そこまではたいした修羅場じゃないけど、運転席にいたのが矢沢のえーちゃんで、当時
の上司が大がつくファンだったため、「なんで轢かれて来なかったんだ!バカ!」と
(本人は冗談だったのかも知れないが超本気に見えた)言われて、ショックで
疑心暗鬼がしばらく続いた。
「おまえが轢かれて入院すれば俺がえーちゃんに会えるのに!」ってorz
尊敬してる上司だっただけに、それ言われてちょっと泣いた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
328: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/09(日) 19:49:46.12
うちのじーさんは元ガテン系DQN。
短気で腕っぷしも強かったので893と喧嘩したりビール瓶で刺されたり、
時代や職業、地域柄そういう話に事欠かなく
直接の暴力はないけど、経済DVに重度のエネミー、気に食わないことがあると
物にあたり散らしたりとダメな部分を抽出すると絵にかいたようなDQNだったらしい。
そんなじーさんも俺ら孫世代が生まれる頃には人間が丸くなって
砂糖のようにデレデレと孫に甘い人になってたので伝聞でしかDQN部分を知らなかった。

だけど一度だけ遭遇した。
出された朝食のおかずが気に入らなかったとかでじーさん大爆発。
大声でばーさんに怒鳴って、食卓のご飯を腕でなぎ払った。
漫画とかコントみたいに食卓の上のもの全部吹っ飛んでた。
熱々の味噌汁がかかったのと恐怖で俺ギャン鳴き。
すぐ母の元に逃げて行ったのでその後どうなったのかは知らない。
幼稚園に入る前くらいの事で記憶が曖昧でしばらく忘れてたけど、この間そう言えば…と思い出した。

後で星一徹のちゃぶ台返しを知ったが、親父に聞いたらじーさん怒るとあんな感じだったらしい。
片手で電機釜ブン投げたりとか。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
887: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/31(月) 09:53:51.20
独身の人に子供預けるなんて自分は恐くてできないけど、
託児所スレなんかでは普通にいるよねえ・・・考えられないわ。

自分の修羅場
怪我をして救急車を呼んだら、来た。来たので乗った。
乗ってちょっとしてから何か救急隊員が騒いでる。

私が呼んだ救急車では無く、隣家のおばあさんが呼んだ救急車に
私が乗ってしまったらしい。
もう一台すぐ来たので事なきを得たらしいが、そういや確認されな
かったなあと思った。

私も隣家のおばあさんも、偶然にも階段から落ちて動けなくなった
という同じ症状。そして悪いことに名字も同じなんだ。(全く赤の他人です)
いまでは笑い話だけど、どっちも即命に関わる症状じゃ無くて良かった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
261: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/08(土) 13:37:30.43
お盆で夫の実家に集まった時、夫の兄の嫁さんが「もういい加減にしてよ!」とブチ切れた。
結婚直後にうまずめじゃないのか、女の子を産んだら男も産めない役立たず、
夫実家の家事をやらされて、家事もろくにできない穀潰し、他にも容姿、性格、学歴、行動、
ありとあらゆるものに難癖つけられて、いびられてて、その日も陰で言われたらしい。
「あなただってやられてるでしょ?この持ち寄りの赤飯だってケチつけられたでしょ?」
って私も聞かれたけど、私はこの三年全くそんな経験はなく、赤飯もとても喜んでもらった。
義兄の嫁さんに問い詰められて、そんな経験は全くないと白状したら、
義兄の嫁さんはさらにブチ切れて、「なんで私だけなの!?」と私に座布団を乱れ投げてきた。
夫が盾になってくれて座布団が当たらなかったら、「何庇われてんだよ!」とお盆で殴りかかってきた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
245: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/08(土) 06:55:37.54
昨夜思い出した過去の修羅場をアイサツがわりに

(1/2)
自分が小学校低学年、姉がいて小学校高学年、妹がいて幼稚園児だったころ。

父は公務員だったが子供三人抱えた暮らしで金銭的に苦しく、隠れてバイトをしてた(と後に聞いた)。
そのバイトにはバイクで通っていたようだが、ある日の帰宅時にコケたかなんかして自爆。
当時はケイタイなんぞ庶民の家庭にあるはずもなく、バイクと痛む体を引きずって自宅まで自力で歩いてたどり着いたそうな。
今思えば、ガキじゃあるまいし直接病院行けやとか、近場で電話借りるぐらいできるだろとか(自宅直近には公衆電話もあった)疑問がわくが。

その頃父除く俺一家は呑気にテレビみたりコタツで丸くなったりしてた。
父帰宅で母が出迎えに出る。玄関に向かって姉自分妹「おかえりー」

居間に現れた父が疲労困憊で顔色をなくし、さらに事故で痛々しい赤色に染まった膝を抱えているのを見て
自分らガキは絶句&パニック、母は白い顔をして父に肩を貸してた。

当時、教育方針ゆえか我が家では、子供が親(特に父)に気安く声をかけられるような空気ではなく
この日も「どうしたの?」とか「大丈夫?」とか誰も言い出さず、ひたすら沈黙がそこにあった。

最初に口を開いたのは父。痛む膝抱えて、妻に肩を貸してもらって、自分のこどもにグロ画像ご開帳しに帰ってきた父がなんて言ったと思う?

・バイクで事故った。スゴく痛い。今から病院に行ってくる。
・自分(父)が怪我をしたのは お ま え た ち の せ い だ
(曰く、まじめじゃないから、親の言うことを聞かないから、教えてやった体操をやってないから、神様がry)
・自分が帰ってくるまで体操をしてろ。ずっとしてろ。夜中までやってろ。絶対やってろ。やめたらわかるんだからな、やってろよ。
・痛い、すごく痛い、お前らのせいで痛い(ホントにこう言った)

ちなみに「体操」というのが、『西野流呼吸法』でググると出てくる武道とカルトと健康法のサンコイチみたいな眉唾。
極めると「気のパワーで手を触れずに人をフッ飛ばせる」という極意があるそうな。父はZ戦士にでもなるつもりだったのか。

続きを読む

このページのトップヘ