注目の人気記事

修羅場

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
866: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/05/27(金) 21:10:05.28
うちの父はいわゆるダメ男でした
飲む打つ買う全てやる人で、飲んだくれで無職で麻雀好きの女好き
そんな父を見て育ったうちの姉妹は

長女…だめんず好き
二女…だめんず大嫌い
三女…だめんず嫌い

ときっぱり分かれました。ちなみに三女が私です
長女は14歳上で、二女は私より8歳上です

長女はやたら彼氏をとっかえひっかえしては、いちいち家に連れてきたがる人で
どれも絵に書いたようなろくでなしなんですが
姉は「家族ぐるみのおつきあい」っていうのに憧れてたらしく
必ず一回は連れてきました

でもどいつもこいつもろくでなしなもんで
家に若い女(私は当時子どもでしたが)がいると知るや
さわろうとか入れようとかする男ばかりで
とくに思春期だった二女姉は長女姉がつれてくる男をいやがりまくっていました
当時小学生の私ですらいやだと思っていたくらいだから
二女の姉はきっともっといやなことをされていたんだと思います

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
776: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/05/27(金) 08:08:49.28
Aさんは先妻との間に3人娘がいる人に嫁ぎ、かなり苦労をした
男の子を一人産んだが、義理娘たちに散々にいびられてそれでも愚痴一つ言わずにいた
娘たちは嫁いで行ったが、金銭の無心以外一切実家に行くことはなく、父親が亡くなった時も真っ先に遺産の話を通夜の席で持ち出していた

昨日、葬斎場で行われたAさんの通夜に娘たちが来た
が、口にしたのは異母弟が鬱なのを理由にした
「家を売りなさい」
という言葉
そうして少しでも遺産の取り分を自分たちに増やせと言うのだ
「私たちも娘に違いはないんだから」
Aさん息子は家族もいるし、孫もいる
娘たちに取り分があるのか分からないが、近所の人もいる中で騒ぐ騒ぐ
それにAさん姪のうちの母がブチ切れた
グーで長女を張り倒すと床に倒れたのを引き起こし、そのまま外に引っ立てて行く
その後を慌てて妹たちが追い掛けて行った
しばらくするとある部屋から母の声。元教師なのでよく響く声で今までの娘たちの所業を説教していた
1時間近く説教し、出て来た娘たちは50近くなのに全員ギャン泣き
母は鬼気迫る表情で
その迫力にAさん息子も怯えていた
が、母は近所の人たちから「よく言った!」と拍手されていた

94歳の長寿だったAさんだったが、幸せだったのはほんの少しだった
その最後があれではあんまりにも・・悲しかった

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
647: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/05/23(月) 23:49:54.38
警察によばれたのが今まで生きて来て一番の修羅場だった。
ある日普通に帰宅したら警察が訪ねてきた。
何月何日どこにいましたかって。おぼえてないもんだねぇ。
スケジュール表開いてどこそこの会社に何時に訪ねてとか
教えた。証明してくれる人はと言うので、一緒に行った
同僚を教えた。
●●△男さん知ってますかと言うので、知ってますと答えた。
高校の時の生徒会長で私は副で実は清く付き合っていた。
あっちは地元国立で私は関東私立で遠距離でなんとなく
別れてしまった淡い思い出。

もう6年以上前なのに今更と思っていたら、今彼は結婚しようと
している彼女がいるがその人に執拗にストーカーがいて
彼と別れろと脅迫文が来ていて、それに私の名前があったそう。

私のアリバイを聞いた日は彼女が農薬を掛けられた日時だとか。
これは解決してから聞きました。

もちろん同僚の証言と会社の勤務実績で私がその日にここから
出ていない事が証明されたが、脅迫文の筆跡鑑定を求められた。
いまごろ珍しく手書きだったんだって。
もちろん白でした。

そのあと実家にも聞き込みに行ったので、母と父ににかなり疑われた。
彼は地元ではイケメンで学歴地元では最高で公務員でお婿さん候補NO1
で狙っている子はざくざくいるらしく、いまさらおしくなったんじゃない
かって。

同窓会にも帰ってないから彼のその後すらしらなかったのでとんでもないし
今更地元に帰る気も無いし親にののしられ損でした。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
637: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/05/23(月) 21:08:44.44
だいぶ前ソフト系の開発会社で働いていた。

ある月の月末の夜9時過ぎ、ああもう少しで帰れるかも!という希望が
見えて来た頃、何故か同じフロアの営業の新人が急に入って来てしゃがみ込みごそごそ。
私 「なにやってるんですか?」
新人「すんませ~ん、ちょっと明日会議室で使うんでテーブルタップ借りま~」
私・部署の皆「え?ちょっ!待っ!」
いきなりプツっとパソコン2台の電源切れる
全員「!!!!」声にならない悲鳴を上げてガタタタタっと立ちあがる
新人「え?あ??なんすか??」

新人君は部屋の片隅にあった掃除用具入れに入れられてごめんなさいと叫びまくり
部署の皆は次の日になるまで帰れなかった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
496: 1/3 ◆qkhzdjXnCE 投稿日:2011/05/21(土) 02:41:59.05
途切れてるみたいなので厄落としに高校時代に巻き込まれた(?)修羅場を。
長文な上に文章下手なのでごめんなさい。


私子が高校1年の時、部活の先輩であるA男(当時2年)に告られた。
しかし全く話が合わず、それどころか後輩の私子に勉強を教えて欲しいと頼んでくるA男。
「彼氏」に夢を見ていた時期でもあり、そんな先輩と付き合うなんてあり得ないので断った。
(勿論そんな理由を説明したりはしなかったけど)
その後、半年以上遠くから見つめられたり気持ち悪かったがひたすらスルー。

翌年、新入部員の後輩B子と私子は仲良くなった。
B子は人懐っこく妹みたいだったし、初めて出来た後輩で可愛くて仕方なかった。
しかし、夏休み直前「私子先輩は最低ですね!」と言われ理由を訊いたけど、
「自分の胸に訊いて下さい!!」という答えで解らないまま夏休み突入。
寂しいし理由をちゃんと聞きたいとは思ってはいたのだけど、夏休み中に私子の父が亡くなり、
バイトをする為に部活も辞めたりバタバタして、B子どころではなくなっていた。
そして、冬休み直前に事件が起きた。

続きを読む

このページのトップヘ