キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

ちょっといい話

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
99 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2017/05/13(土) 00:21:53 ID:ejoSSBPT.net
会社に来たハケンのおっさんが凄かった。わが社は建材の販売をしているんだが、
商品を各現場に届ける配送部と商品を管理する倉庫にそれぞれハケンが一人ずつ来た。
俺の方、倉庫にはフォークに乗れるおっさんが配属され、
配送の方には体格のいい元気そうな二十代半ばの男が。
倉庫チームのリーダーはこの辞令を聞いて「あっちのほうがよかった」と呟く。
でもしかたないね、若いのはフォーク乗れないらしいから。
四十代でハケンなんてロクなもんじゃないだろ、すぐ切って別のを…というのが大方の予想。
ところがおっさん、初日から只者ではなさそうなところを見せた。
資材置き場には配送の部署が散らかしていった廃材が所狭しと並んでいて、
係長からそれを壊して片付けておくようにというのが最初の仕事。
目分量から考えたら産廃用のでかいゴミ箱もすぐいっぱいになって、
それでも入りきらんだろうと思っていたが、きれいさっぱり片付けてしかもゴミ箱には余裕がある。
ちょっと不思議に思って見に行ったら廃材がパズルのように整理整頓されて箱の中。
ほとんど余分な隙間もなく埋め尽くされていた。ゴミ箱の交換でもかなりの経費がかかるのだが、
おっさんが作業にかけた長い時間の時給と比べてもおつりがくる。

翌日配送部門からクレームが。あそこに置いてたのを今日再利用するはずだったのに…
そしたらおっさん「どの商品ですか?」なにやら商品名を書いてるメモ帳を出すや、
配送が使いたいものがどこにいくつあるかを説明。
それって在庫じゃないのにご丁寧に…と思ったが、再利用することで経費削減にもなる。
さらに廃材の中から使えそうなものをきれいにして返品伝票を書いて在庫に戻すなど、
おっさんがきてから経費の削減目標まで立てられるほど課長も注目し始めた。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
801 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2015/03/23(月) 18:17:03 ID:D6E
今の時期になると思い出す。
うちは子供が二人いて、下の子が幼稚園の入園が決まった頃、公園でママ友たちと
幼稚園グッツを作るって話になった。
うちは二人目なので、もうだいたいの材料は用意してあって、縫うだけって感じだった。
あとの人たちはみんな初めての子で、みんなミシンも持っていない感じ。
それで、私のミシンを貸出しする事になった。
Aはほぼ裁縫は出来ないので迷惑をかけたくないからと一番最後でいいと言う。
まあ実際には一人あたり10日程のペースで5軒を回り、最後にAに元にミシンが行ったのは
2月末。それから二週間ほど経ってAが泣き付いてきた。
A宅を訪問してみると、和室はすごい惨状だった。
足踏みタイプのミシン(今流行りの手元操作じゃないやつ)なんだし、テーブルにしなよ、と
言うと、ごはんの度に動かすとわけがわからなくなるそうで…。

なぜか散乱したキルティングの端は絡まった糸でぐちゃぐちゃ。
糸調子も合わせられず、ひきつった糸で布がぐちゃぐちゃ。
裏表を間違えて縫い付けてしまった(なぜかちゃんと縫えている)やつとか、まあ、すごかった。
針も何本も折ってしまったらしいし、なぜかボビンケースが何個も買ってあった。
倍の長さで購入した布ももうないとの事で…
ソーイングショップで委託した方が安上がりだったねとご主人に言われたと泣いてました。
でも、どうしても作ってあげたいんだって。
ママの身体の都合で二人目は望めないとかで、出来るだけの事はしてあげたいと…
私も暇だし、手とり足とり教える事にした。子供たちは毎日一緒に遊べるので喜んでいた。
まずは布の失敗部分を切り落としてリセット。実際には3セット分くらいの材料があった。
だいたい一日1つ完成させるペースで、10日程で全部完成。
私の上の子が春休みになったのでそこで終了。
Aはその後一人で黙々と作業して、3セットしあげました。
子供も大喜びでとても大切に使ってくれたと卒園前の最後の懇談会で涙ながらに語っていました。
小学校の入学準備にまたミシンはアチコチに出張し、今度はAも全て自力で作成。
防災ずきんカバーは見事な出来でした。

子供たちはもう大人なんだけど、高校生くらいの時にAに会った時、
息子くんはママが大変な苦労して制作した事をちゃんと覚えていてくれて、
スクールバックや上履き入れも大切に保管してくれていると言っていました。
その時Aは鞄の中からあの時初めて完成させたコップ入れの巾着を取り出して、
なかなか捨てられないわよ、と笑って中のキャンディーをくれました。

よくクレクレの記事なんか読んでいると、この人たちはずいぶん損しているなぁとよく思う。
苦手な事にでもチャレンジできるのが子育ての醍醐味でもあるのに。
市販品にワッペンや名前シールをつける、たったそれだけでも子供にとってはママが自分の為に
用意してくれた世界でたった一つだけの特別なものになるのにね。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
226 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2015/07/04(土) 14:22:24 ID:6u9Y+MmB.net
今、8ヶ月だけどとんでもなく可愛い。これ以上可愛くなるなんて全く想像できん。
今の娘が人類の最高到達点の可愛さだと思うんだけど。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
442 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2013/02/07(木) 20:43:25 ID:YY7bYxYw
俺が養子だった… 半生を振り返って三ヶ月悩んだ
片親だったけど、そもそも母自体がいなかった

俺「なあ、こないだ知ったんだけど俺って…」
父「あぁ~(晩飯のシシャモを箸でほぐし飯に乗せながら)俺も養子だったよ
  ばあちゃんが昔商売してたじゃん?跡取がおらんしな…まあ店も親戚が継いじゃったけど」
俺「は?!……そうなんだ。……?…じゃ俺、誰の子だった?」
父「バイク事故でタヒんだ俺の大親友と大親友が選んだ世界一の美人さんの子だ。
。そしてお前は世界一賢い要素を持って生まれた俺の息子だ!でもな、俺にも意地がある。
父親の座は奴らには渡さん!今頃絶対悔しがってるしハハハ」


だからバイク免許に猛反対して… (´;ω;`)ブワ
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
188 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2015/06/04(木) 00:49:45 .net
馴れ初めスレにも書いたんだがこっちでも惚気ていいかな

米農家の俺んところに嫁いできた米大好き嫁の話
嫁は働き者で率先して仕事してくれるんだけど、やっぱり仕事柄日に焼けるし手も荒れるしで同年代よりすこし老けて見えた
同窓会やったときも、田舎っぽさが抜けない嫁と綺麗に着飾った同級生は全然違って、同級生から化粧で隠しきれないシミやシワ、ゴツゴツした手を酔った勢いでからかわれたんだ
でも嫁はニカッとして「これが私が米にかけてきた愛情の証」と言い放った

そういえば嫁は俺の家にきてすぐの頃、おふくろの手をいつも眺めててさ、俺に言ったんだよ
「お母さんの手、すごいね。働き者の手って感じで、私の手なんかまだまだ子どもの手だよ」
本当に羨望の眼差しで見てて驚いたんだ
女忄生って年をとることを嫌悪するものだと思ったから、年をとってしわくちゃゴツゴツのおふくろの手に憧れる嫁が不思議だった

俺も年取って髪が薄くなってきててさ、それも同窓会でからかわれてたんだけど、帰り道に嫁が
「お父さんみたいになるかな?」
と聞いてきた
俺の親父は綺麗なツルッパゲ
「お父さん、綺麗な頭をしてるから、もしそうなったら磨いてあげたい」
という心内をカミングアウトされた
俺も年をとった親父の頭に少し尊敬を感じた
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
799 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2018/06/26(火) 21:51:06 ID:EyzNUesc.net
彼女にプロポーズしたら断られた。
なんか色々理由言ってたけど、ちゃんと聞いたら「ごめん、あなたのことは好きだけど心に響かなかった。だから今じゃないのかなって思った」と言われ
嫌われる訳じゃないし、今じゃないだけで将来的には考えてくれるかな?と思い付き合いは続けた。
アホな俺はそんな感じで1年足らずで計4回もプロポーズしては断られた。「そんなに結婚を急ぎたいなら別れた方がいいかも…」と言われ「ごめん!もう焦らないから別れるとか言わないで!」とまた付き合いを続けた。

それから2カ月ぐらいした頃、彼女の家で寛いでいたら彼女の飼い犬のパグ犬が俺の太ももを枕にして仰向けで白目でイビキかいて寝てしまった。
あまりにも無邪気な寝顔にオッさんみたいなイビキが可愛くて「いいなぁ(彼女)はパグオと一緒に暮らせて…」とボソっと言ったら「え?じゃあ一緒に暮らす?」と言われたから勢いで「え?じゃあ籍入れる?」って聞いたら「うん、いいよ!」と言われまさかのプロポーズ成功。

結婚してから「何で急に結婚しようと思えたの?」って聞いたら「結婚したらパグオも絶対一緒じゃないと無理だと思ってた。でもあなたは犬と暮らした事がないって言ってたし、当たり前だけどうちに来てもパグオに対して私より愛情が少ないなと思ってた。
でも、あなたが私がパグオと暮らせるのが羨ましいと言った。私と暮らせるパグオが羨ましいんじゃなくてパグオと暮らせる私が羨ましいと、あなたの中でパグオが私を超えた!と思ったらストンと何か降りて来て
バチっとハマった感じがした。
そしたら私とあなたとパグオと3人で暮らしたい!っと突然思っちゃった」と言われた。
そんなよく分からん理由でプロポーズOKもらったのが衝撃的だったが幸せである。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
1 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2014/10/31(金) 17:20:08 ID:hwevzfcO0.net
娘が泣きながら「前はごめんなさい、いい名前つけてくれてありがとう」って言ってくれた
嬉しい
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
910 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2010/01/25(月) 00:59:25
文章にしてみたらあんまり面白くなくなっちゃったが、投下

飲み屋で野郎共何人かで酒飲んでたら調子づいてしまい、なぜか
ジャンケンで負けた奴が別テーブルの女忄生客を誘うことになった
で、こういうとき必ず負けるのが俺なのよね
しかたなく生涯初のナンパに挑んだが、
こんな場合のスキルはこれっぽっちも持ち合わせてないから、
取り敢えず好きな映画の台詞丸パクリで

俺「ねーねー、俺とキャラメル買いに行かない?」

「何それ?」とか「行かない」とか当たり前な冷めた反応の中、
唯一元ネタ知ってて、鼻で笑いつつ調子合わせてくれたのが嫁さん

嫁さん「コーヒーに誘うのは月並みだから?」
俺「!」

だから我が家の2/14はチョコじゃなくてキャラメルなのですよ
とうちに遊びに来た嫁さんの後輩に話したら、
「なんかすごい意外なんですけどー」とニヤニヤされた
まあね、嫁さん、シャレの通じない堅物なタイプに見えるもんね
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
778 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2010/02/08(月) 12:32:44 0
うちは母子家庭(父タヒ亡)で、妹が結婚することになったとき
妹義実家の要望で行きつけの料亭とやらで顔合わせ食事会をした。面子は妹婚約者、両親と姉、こっちは母妹私

ウトメコトメ「母子家庭じゃこんないいところで食事したことないでしょpgr母子家庭pgr
こんな女うちに相応しくないけど、息子ちゃんがどうしてもと言うから貰ってあげるわせいぜいうちに尽くしなさいよpgr」
してくれて、妹と母は泣きそう。私は頭沸騰していたが妹のためだと我慢してた。
妹婚約者はぼーっとした顔で聞いてたんだけど、いきなり口を挟んできた。
婚約者「うちの親と姉はそういうつもりらしいんです。妹ちゃんがうちの嫁に相応しくないって。
で僕考えたんですけど、僕が婿に行けば問題ないと思うんです。あ、もちろんお母さんとお姉さんが迷惑じゃなかったらなんですけど」
ウトメコトメぽかーん。でその後長男が婿に行くなんてとんでもないと喚いてたんだけど
婚約者「なんで?みんな妹ちゃんがお嫁に来るのいやなんでしょ?でも僕は妹ちゃんと結婚したいんだよ」
で、私と母に頭を下げて「そういうことなのでふつつか者ですが、婿として迎えていただけますか?」
もちろんOKだよ!で、その日はぐだぐだで終ったんだけど、一週間後に妹婚約者が身の回りのものをまとめてうちに来たwww
「親不孝者は出ていけ、もう親子の縁を切るといわれたので・・・」と困った顔をしていて、そのままうちの実家に住み着いてしまったwww
今は妹夫婦+母でそこそこうまくやってるらしい。
母から「○くんのテンポなんかくるうわー」とメールがあったので「わんこみたいでかわゆす」と返しておいた。
研究職の変人だと聞いていたけど、いいやつじゃんと思った。
うちも嫁いびりがひどい姑だが、夫が姑に妹の話をして「俺も婿入りしたらみんな丸く収まると思う」と言ったら、
私トメがあわあわしてて、それ以降微妙に優しいwww
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
443 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2018/09/11(火) 14:34:29 ID:yvUllEHD0.net
先週、会社から帰宅した夫が缶ビール数本とちょっといいチョコレートが
入ったスーパー袋をハイ、と渡してきた
これどうしたの?と聞いたら、急に雨が降った日に会社の前を足が悪い
お爺さんが傘を持たずに歩いてたので、ついでの時にここの傘立てに
入れといてと言って傘を貸したら、後日ご丁寧にお礼を持って返しに来て
下さったそうな
改めて袋の中身を見たらビールもチョコも私たちの好みとドンピシャで
なぜバレたwとふたりで笑ってしまった
こういう人が夫でよかったなとしみじみ思った
続きを読む

このページのトップヘ