キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

非常識な親

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
431 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2019/10/29(火) 18:32:07 ID:FN4
10数年前に近所に両親と女の子の3人家族が引っ越してきた。
両親は町内会にも入らず、近所付き合いもしないのでどういう家族なのか情報は皆無だったけど
3人揃って歩いてるところを見ると、ヤンキーとも少し違うガラの悪さを感じて
近所の人たちも積極的にかかわろうとはしなかった。
ちょっと気になったのは、そこの当時小学校低学年ぐらいの女の子と顔を合わせると
子供らしくない顔つきのキツさがあって、“メンチきる”と言う言葉がぴったりな表情をよく寄越してきた。
しかも、こちらは何も言わないし何もしないのに中指を立ててくる。一度や二度じゃない。
そんなふうだから、我が子(当時幼稚園年少)と関わらせないようにと、そればかり考えていた。
その女の子は地域の小学校には通ってなかったからどこか私立に通ってたんじゃないかと思ったけど、それもよく分からない。
噂好きの奥さん情報によると、住所は両親のどちらかの実家にしてあって
そこの学区で通ってるとかなんとか聞いたこともあるが、どこまで本当か分からない。

先日、そのお宅が夜逃げ同然に引っ越して行った。
ここ数年、奥さんの姿を見るたびに痣が出来ていた。
相当派手な家庭内暴力があったようで、既に二十歳ぐらいになってるはずの娘はもう何年も
学校にも行かずに部屋に引き籠っていたらしい。
ある日突然夜中にパトカーが来て、娘が父親を包丁で切りつけたあと自杀殳を図ろうとしたんだとか。
幸い軽傷だったそうだが。

私には“育てたように育った結果”としか思えず、親に同情する気は全くなくて
こういう親の元に生まれたことで、まともな人生を送れなかったんだろうなと女の子に対する同情は少しあるが、
それでもやっぱり“関わらなくて良かった”と言う非情な感情の方が強い。
ご近所さんの中には「回りがもっと気を付けてあげれば」って言う人もいる。
だけど、引っ越してきた時点であんなふうだった家庭に、積極的に関わろうと思う人って実際いるんだろうか。
私は私の生活で手一杯だ。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
889 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2014/07/01(火) 17:38:23 ID:???
朝から旦那実家に遊びに行って晩御飯食べてから家に帰ったら知らない人達が庭でBBQしてた。
花壇にタバコをポイ捨てされたり花火やったりしててムカついた。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
1 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2014/06/16(月) 15:40:36 ID:ffAOpPTH3
25歳の娘。本当に馬鹿で嫌になる。
トイレ使用後、ドアをしっかり閉めないものだから飼い犬が生理用ナプキンを持ち出してイタズラする。
何度も閉めろと言ってるのに忘れてしまう。
水道の水も出しっぱなしだし、部屋もぐっちゃぐちゃ。
稼ぎだけはいいから我慢してたけど、今日爆発して「二度と帰ってくるな!」と追い出してしまった。
可愛いのは高校生の娘だけだよ・・・
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
548 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/08/08(月) 19:07:23 ID:X64
趣味は人生を豊かにしてくれると思う。熱中できるものがあるのは良いことだと思う
だけどネトゲに打ち込んでいる人のことはどうしても軽蔑してしまう
ちょっとぐらい寝食も忘れて没頭してしまうのは構わないと思うよ。当人が満足していて、周囲の状況がそれを許容できる環境ならいいと思う
ただ、子供がいる人は、ちゃんと子供のことも構ってあげてほしいなって思う

ネトゲに没頭するようになってから母は母じゃなくなった。家事も育児もすっかり疎かになった。ご飯や授業参観はおろか、母は私の方を向いてくれることさえなくなった。
懇談会はしぶしぶ参加していたけど、後で何故か怒鳴られた。
私が学校から帰る度、朝と全く変わらない体勢でパソコンに向かっていた母の姿を鮮明に覚えている
ゲームの名前は覚えていない。母の乾いて血走った目はよく覚えている。

いつから母が変わってしまったのかは覚えていない。昔の母は普通の母だったと思う。私が幼稚園にいた頃は、少しヒステリックなところはあったけど、それでもお母さんと呼ぶことに違和感は抱かない程度には普通のお母さんをやっていたと思う。
あまり母だった頃の母は記憶には残ってないけどね。乾いた目でパソコンに向かう母の姿の方がずっと長く見てきた光景だから
母は当時まだ小学生だった姉に家事を丸投げしていた
「今日は友達と遊ぶから晩御飯は作れない」と言った姉を怒鳴りつけた母の醜い声は未だに生々しく覚えている
何も憂うことなく思いっきり遊ぶべき時期だっただろうに、姉は私を細やかに世話してくれた。家事の傍らで宿題も教えてくれた
この状況は二年ぐらい続いたかな。父は何にも気付いていなかった。仕事で帰りが遅くて、いつも私たちが寝静まった頃に帰ってきていたから仕方なかったと思う

ある日の夜中、帰ってきた父に姉が泣きながら今までのことを洗いざらい話した。起きてきた母は金切声をあげて、私は訳もわからず泣いた。
私は泣き疲れてすぐに寝てしまったので父と母の間でどんな話し合いが行われたのかを知らない。これがきっかけとなって姉と私は祖母の家に預けられた。
それから今に至るまで祖母の家で生活している。
祖母の家で暮らすようになってからは、少なくとも私が知り及ぶ限りでは特筆するような波乱はなかった。姉と祖母と父はもっと何か知ってるかも知れないけど、少なくとも私はごくごく普通の青春を送ったと思う
姉は祖母とカウンセラーの支えもあって立ち直り、今では立派に社会人をやっている。私も大学生になった。高校までの勉強と違って勉強すればするほど分からないことが増えていくけど、知識欲を満たす生活はとても充実していて楽しい。

一度だけ、母と会ったことがある。成人式の帰りに父に頼まれて、本当は嫌だったけど仕方なく小さな和食屋で母と再会した
眉間の深い皺と荒みきった目、毛先が傷んだ髪の毛は、中学の同級生だった不良のお母さん(後に逮捕された)を彷彿とさせた
不思議なことに父は未だ母と離婚していなかった
父には申し訳ないけど、愛想を振りまく気にはなれなかった。母の声色、姿、どれも小さな頃の記憶を思い起こさせるもので、私は吐き気と妙な眠気に襲われた。
考え事に集中して意識を飛ばして母との再会を乗り切った。母の聞くに堪えない罵倒に対して生返事と適当な相槌を繰り返した。
母の罵倒を思い出すと精神が抉れるので一部だけ紹介する
「お前みたいな馬鹿には大学なんて無駄」
「そんなに遊び足りないの?私は進学しなかったよ」
「すっかりクソトメ(当時は「クソめ」に聞こえた)に甘やかされて。三文安ってやつだね」
大体こんな感じのことを言われた
大学をやめるよう命じられたような気がするけど、私はお手洗いに行くふりをしてこっそり抜け出して、そのまま家まで逃げ帰ったので何にも知らない。
父には後で謝った。別に怒られはしなかった。

今は平穏な日々が続いている。このまま平和な日々が続くことを祈っている。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
94 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/03/06(日) 13:16:26 ID:z2s
両親の離婚理由が衝撃的だった。

小学生高学年のころ、両親が離婚。当時住んでいた父実家に近い家から
慌ただしく母方祖父母のところへ引っ越した。
急すぎて同級生に挨拶する間もなかったので、先生のはからい日を改めて
時間を作ってもらったのを覚えてる。

子供だから詳しい理由は聞けなかったが、
数日前から父母の喧嘩があり、父が母を殴っているような感じもしたので
子供ながらに状況は理解できた。
少し落ち着いてから「喧嘩の末に父が出て行ってしまい離婚した」と聞かされた。
高校生くらいの頃に、「実は父が金銭面でのトラブルを起こしてしまい、やむなく家を売って急いで引越した」
と聞かされた。でもそれも真相ではなかった。
それからずっと後、父方祖母が亡くなったとき、母と父方親戚から改めて離婚理由を聞かされた。

父は、今のネット用語で言う「正義厨」「突撃厨」のようなことをしでかし、警察に捕まっていたらしい。

父の中学時代の同級生に、Aという不良がいて、中学卒業後に同じく元同級生のB(この人も不良だったらしい)を
喧嘩の末に頃してしまった。A家は家を売り賠償にあて、A自身もその後更生し償いを
続けていたらしい。
そして、それから約20年経ち、Aが結婚するという話を父の中学の同級生Cが聞きつけた。
「人を頃しておいてそんなことが許されるか!」とCは父を誘い、
同級生数人で盛り上がってAとA婚約者に嫌がらせを開始。
偶然、A婚約者実家の情報を父の勤め先が持っていたのでその情報を父は流した。

実は、Cは被害者Bと同じ小学校である程度Bのこと知っていたものの仲良かったわけでもなく、
父や他の人はBとはほとんど面識がなかった。それでも父は頼られたことが嬉しいのか
異常に盛り上がり
止める母に暴力までふるって、嫌がらせ電話とか怪文書作りに協力していた。

それでもAの結婚が予定通り行われると聞き、とうとう結婚式に突撃。
個人情報のことがゆるい時代だったので、ニセ電話とかで会場をつきとめ
4人で暴れたらしい。ドラマとかのようにはいかず、その場で全員捕まった。

父は、以前に新婦に「私は全て知った上で結婚する。被害者Bさんのご親族からの怒りや恨みならば
ともに引き受ける覚悟だが、あなた方のような第三者から嫌がらせをうける謂れはない」
と撥ね付けられたことに怒っていて、新婦に襲い掛かり、庇った新婦母に大怪我をさせてしまったので
刑務所に行くことになった。

母方祖父母は激怒してすぐに母と私たちを引き取り、籍を抜かせた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
750 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2013/09/29(日) 15:41:47 ID:nI+0P7lb
息子に彼女が出来たときの話なんだが

連れてきた彼女の顔がとんでもなく不細工だった
南海キャンディーズの女と細木数子をたしてひしゃげた感じ
息子はイケメンだしなんでわざわざそんなのを選んだのかと問い詰めたが
「優しいし一緒にいて楽しい、気が合うのが一番」
そりゃ、それはもっともだけど…
他人事なら「顔より性.格」と言えるけど自分の息子だと綺麗事はいってられないし、息子に隠れて彼女と連絡をとり、遠回しに別れて欲しいと告げた
それを息子にバレ大喧嘩になったのが最大の修羅場です

あれから数年、息子はかなりいい所に就職してるが結婚相手は見つかってない、アレでもよかったかと後悔してます
金銭面ではともかく、息子一人で仕事と私の介護は負担が大きすぎる
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
801 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/12/14(水) 18:09:44 ID:rJ6
普段は見ているだけなんですが、今日どうしても聞いてもらいたいので書かせてもらいたいと思います

私は20年近く前に人を刺した事があります
未成年で、相手がタヒなず、尚且つ正当防衛だったので大事にはなりませんでしたが、今の時代なら間違いなくニュースや新聞に載っていただろうと思います

その相手というのは実の父親です
酒のみで自己中心的、気に入らないことがあったら暴れて母や私をよく殴りました

その日は2月でした
まだ私が中学2年生の時です
その日父は出たばかりの給料をもって車で出かけました
母はどこか淋しそうにしていましたが、いつもの喧嘩だろうか?と軽く考えていました
この時点で私もマヒしていたんだと思います

夜21時過ぎだったでしょうか
母が血相を変えて外から走ってきました
「すぐに逃げよう!」といい私の手を引き裏の山へ引っ張っていきました
どうしたのだろう、と考えていると母がポツリと語り始めました
父が遅いので駐車場を見に行ったら助手席に女を乗せていかがわしい事をしていた、腹が立って石で窓を殴って逃げてきたと言います
母が父にこういう歯向かい方をするのは珍しく、今までの積もりに積もったものが爆発したんだと思います
すぐに家の方から父の怒鳴り声が聞こえ、家の窓ガラスを叩き割る音が聞こえました
近所の人たちももう慣れてしまって誰も警察を呼んでもくれない、父に何をされるか分からないと考えていたのでしょう
ガラスの割れる音に続いて飼い犬の悲鳴が聞こえ、いてもたってもいられず私が家に飛んで帰りました
父は顔を真っ赤にしてで止水しているようでした。
しきりに「〇〇(母の名前)はどこだ!」と怒鳴っていました。
足元には足を折られたのかはいつくばってもがいている飼い犬の姿が
我を忘れて父に飛び掛かりましたが、若いころはレスラーをしていた父に男ではあるとはいえ中学生で勝てるはずもなく組みふされ殴られ続けました
母もすぐに棒切れをもって応戦してくれましたが、細腕で喧嘩もしたことない母は簡単に殴り倒され何度も蹴られました
そのうち母がぐったりと倒れ、口からは大量の血を吐き出しました
それでも蹴ることをやめない父を本気で杀殳したいと思い、部屋の中に飛んで帰り刺身包丁を持って庭へ駆け出しました
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
775 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/01/02(土) 16:52:53 ID:b2CwdlkR0.net
すいません、相談させて下さい
彼、私ともに33歳です

交際2年でプロポーズされ結婚前の挨拶をする為に、私の実家に二人で行きました
彼がいるとは兼ねてから言ってはいましたが、実際に彼と父が会うのは初めてでした(母は2回目)
スーツで手土産もあり特に失礼な点は私から見てもなかったと思いますが、彼が娘さんと結婚しようと思っていますと言うと、娘はやらんと父が湯飲みを中身ごと彼に投げつけてしまいました
私と母は驚いて動けなかったのですが彼は少し沈黙したあとに、分かりました、失礼しましたとだけ言って帰ってしまいました
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
90 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/04/27(水) 22:21:45 0.net
初めての相談なので、不手際があったら教えてください。
私は3年前に結婚して、現在は夫と0才の娘と3人で
実家から車で15分程度の賃貸アパートで暮らしています。
結婚する5年ほど前に、実家を建て直し、今は両親が住んでいます。
姉が1人いるのですが、実家建て替えの直後結婚し、家を出ています。
私は当時夫と付き合い始めて少し経ったところでしたが
姉から「〇〇ちゃん(私)はどうせ家建てられるような人と結婚できないだろうから、この家あげるよ」
と言われ、私がいずれ住む方向で話が進んでいました。
そのときは姉が両親を引き取ると言っていたので
家だけもらえるなんてありがたい話だなあと思っていました。
ところが、姉が「やっぱり両親を引き取るのは無理だ」と言い出しました。
娘を妊娠しているときに切迫流産で自宅安静になり、
半ば強制的に実家に連れ帰られ面倒を見てもらいましたが、
両親とは元々性.格が合わず、
母から「そんなゆるい性.格だから股までゆるくてそんなこと(切迫)になるんだ」とか、
姉(当時不妊治療中)からは「大事にできないならおなかの子ちょうだい!」と言われたりで、
ストレスで毎日泣いてしまい、やはり同居はむずかしいと思いました。
娘が幼稚園に入るまでに持ち家をと考えており、家をどうするかを姉と母に相談したのですが
姉に「子供が産まれたからって急にセカセカしだして、
こっちはペース乱されて迷惑だってママと話してた」と言われてしまいました。
相談が迷惑ならもう勝手に話を進めようと思い、夫と一念発起して家を建てることにしました。
幸い夫の実家の土地を分けてもらえるそうで、そこに家を建てようと思うのですが、
やはり実家のことをきっちり話をつけてからでないと才柔めると思い、母に話したいのですが
今まで母や姉に意見できずに見下され丸め込まれてきた私には、とても勇気がいることです。
また貶されて自信喪失して丸め込まれそうだし、今までの不満などをぶち撒けてしまいたい気持ちもあり
きちんと話せるか不安です。
娘をかわいがってくれているし、孫と一緒に住むことを楽しみにしていると思うし
拗ねられて厄介なことになる可能性.もあります。
どう伝えたらいいでしょうか?
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
927 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2019/03/12(火) 22:55:59 ID:Ikz
長い昔話になります。

学校の先生になって、新卒2年目のとき。担任してたのは低学年。
うちの学校は一学期と二学期の終わり、計2回個人懇談がある。
その2回目の個人懇談のとき、A君のお父さん(Aパパ)と面談中の出来事。

Aパパはシングルファーザーで、息子の育児に色々悩んでいた。
だから4月からアレコレ相談されることが多く、話しやすい保護者ではあったんだけど。
懇談の最中、何かの流れで、
「それはそうと、時期はいつ頃がいいでしょうか?」
と突然聞かれた。突然すぎて、なんのこっちゃ、な私。

「何の時期ですか?」
「式の時期ですよ。あまり忙しい時期だと、そちらのご迷惑かと思いまして、一応お伺いしようかと」
「式??」
「結婚式です」
「は、え、あ、ご結婚されるんですか!?」
「はい、本当にありがとうございます」
「こちら(学校)としては、いつでも構いませんよ。お父様とA君のご都合を優先させてください」
「いえいえ、さすがにそういうわけには行きませんから」
「…?A君、転校とかされるんですか?」
「いえ、転校はしません」
「でしたら、私どもの都合はあまり関係がないので…」
「そうは言っても、ドレス選びとか色々あると思うんですよね」
「は…?え?ドレス??」
「やはり冬休みがいいでしょうかね。先生も少しはお休みできますよね?」

ここまできて、やっと結婚式に自分が招待されていることに気づいた。
Aパパがあまりに堂々としてるから、一瞬、保護者の結婚式に担任が出席するのは普通なのかと焦ったが、
いやいや、いくらなんでも個人的に親しい訳じゃないし、それはおかしいだろうと思い直して、断ることに。
そしたらAパパ、大真面目な顔で、身を乗り出してこう言った。

「何をおっしゃるんです。主役が不在では、式にならないじゃないですか」

いまだにこの瞬間の、何とも言えない耳がキーンとするような衝撃は覚えてる。
Aパパ、私を招待する話をしていた訳じゃなかった。
Aパパと私の結婚式の話をしていた。

当たり前だがAパパとは、「息子の担任」以外の関わりはない。
そもそも告白もされてないのに突然結婚式!?とか、
この人、息子の担任をそんな目で見てたの!?とか、
ちょっと何言ってるか分かんないです状態。
会場はどうのとか、親族がなんだとか、勝手に話を進めるAパパを前に、
しどろもどろになりながら否定してみるも、全然会話が噛み合わない。
うろたえる私に、「驚かせてすみません」と笑いかけ手を握ってこようとするし、もうパニックもいいとこ。
仮にもクラスの子の保護者だし、穏便に勘違いをただすにはどうしたらと、
泣きそうになってたら、異変に気付いた順番待ちの他の保護者(廊下にいた)が、教室に入ってきてくれた。
そろそろ私の番なんですけど~、との保護者の言葉に、Aパパはすんなり
「では、また日を改めて話し合いましょうね」
と笑顔で去っていった。あまりに普通すぎて怖かった。
続きを読む

このページのトップヘ