キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

非常識な親

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
982 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2017/08/28(月) 19:10:38 0.net
母の孫差別で私(妹)と兄と喧嘩。
母、姪(兄子)、私子を乗せて車でお出かけ。
私はチャイルドシートを用意しておいたのだけど、兄は用意しなかったらしく、私の用意したチャイルドシートに姪を乗せ、私子はチャイルドシート無しで運転。
交通事故(自損)を起こし、私子だけ怪我。
縫うまではいなかったけど、後頭部にハゲができる怪我。
母は、嫁になんか言われると嫌だ、女の子だし、小さいし、そんな理由で姪にチャイルドシートを乗せたらしい。
そもそも、チャイルドシートを兄が用意しなかった時点で姪か私子は父に任せて家に置いていけと私も父も話していたのに、勝手に連れて出かけた。(歳が近いので一緒にお出かけのが楽しいよね?的な)
母が1番悪いのは確かだけど、母に姪を預けたのにチャイルドシートを用意しなかった兄も悪い。
母は兄に何も言わなかったらしく(叱られるので)、事故は今回が初めてだけど、過去にも私子のチャイルドシートを姪に乗らせ、私子がチャイルドシート無しというのが何度もあった。
過去の事は過ぎたので仕方ないが、母が兄に言わないので私から話したら兄ブチ切れ。
そんな事は知らない、聞いてない、姪が悪いわけじゃないが、俺が悪いわけでもないし、母も悪くない。
じゃあ誰が悪いんだ?
母に預けた私が悪いのか…
文句を言って以来兄とは疎遠。
母は、私しーらない!って我関せず。
父は母がいけないのは確かだが、兄もバカ。
正月帰るのやめようかな。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
603 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2015/10/02(金) 04:17:29 ID:cTo
母が菌にハマってキチ化していったこと

私が小学生の頃、母がEM菌という万能菌?を信仰するようになった

私は当時も今も全く興味ないので詳しくは知らないけど、
EM菌を入れるだけで汚水は綺麗になり植物にかければ生き生きと大きく育ち、
シミや汚れにければ真っ白になり、臭いの気になるところにかければあっという間に脱臭、
健康増進、料理にかければヘルシー美味しい寿命も伸びる!という効能があるらしい(当時の母談)

EM菌は酢の臭いを酷くしたような独特な臭気があるんだけど、
母が家中のあらゆるもの(服とかカーテンとか絨毯とか)にスプレーでEMをかけまくるから臭くて家出したくなった
仮に元の臭いが脱臭できたとしても代わりにEM臭いんじゃ意味ないと思う

全ての料理にEM入れるから全部が臭くて変な酸っぱい味になるので
食べるのを拒否したら、なら自分で作れ!と激怒され 、
食事のときは母は自室で一人で食べる、私と妹の分の食事は私が作って私と妹の二人で食べるという個食スタイルになった(離婚母子家庭)

しかしEM食を頑なに拒否する娘が気に食わない母は私たちの食事中に波平ばりにテーブルをひっくり返して食事を強制終了させることもあった

妹が子猫を拾って来たんだけど、母が毎日EMを塗りたくるので猫が嫌がって凶暴化したら母が激怒し、
猫を三十センチくらいの紐で一日中繋ぎっぱなしにして、イライラすると猫を押さえつけてぼこぼこに殴るようになった

猫は母を目にするだけで怯えて縮こまるようになり、見ててあんまりにも可哀想だったので逃がそうと思ったら母に見つかり代わりに私がぼこぼこに殴られた
猫は拾ってきて一年くらいで骨と皮になってタヒんでしまった

他にも書ききれないくらい一杯あるけど思い出すだけで暗くなるのでやめる
母とはもう絶縁してるので今何してるのか生きてるのかすら知らないけど、
菌にハマるまでは普通の優しいお母さんだったので、人って些細なきっかけで壊れるんだなと衝撃的だった
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
857 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2014/10/03(金) 13:01:44 ID:cY2gLvEj9
私の結婚と同時に、我が身を犠牲にしつつ母をウォーターさせて離婚を決意させた時のことが修羅場。
すごく長くなった。ごめんなさい。

父は無駄にプライド高いモラハラ野郎で、俺の金なんだから~とテンプレを言ったり、過呼吸ぽい詐病を使ったり、思った通りにならないと大声を出して物や人にに当たり散らすようなクズ。
母は母で共依存で、どんなに私や周りが言っても、お母さんも悪いしでもでもだってちゃん。そして20年近くストレス性.(原因は父)の病気持ちで、軽度の鬱病。
そんな両親を見て育ってきたから、私は結婚に夢もする気もなかった。一生両親のかすがいとして生きていくものだと思ってた。
でも、縁あって父とは正反対の人と結婚することに。
彼とも相談して、親戚も年寄りが多いから呼びにくいこともあるしと、大々的な結婚披露宴ではなく親兄弟のみ呼んで小さな結婚式のみ執り行いたいと両家に伝えた。
彼親も面倒事は嫌と言って諸手を挙げて賛成。私の母も同様。父も同意してくれたはずだった。挙式1ヶ月前の夕食までは。

忘れもしないその日、急に親戚を呼べと言い出した父。後で聞いたことだけど、親戚には後で伝えるから言わないで欲しいと言ってたにも関わらず、田舎の親戚のおっさん(あまり親しくない)に娘が嫁にいくと話したら参列してやってもいいと言われたらしい。
もう、式場は小さいところでと抑えてるからキャンセル料掛かるし、人数は決定してるから無理だと呆れ半分苦笑いで伝えた。
そしたら、食卓にあった食事を皿ごと薙ぎ払いやがった。
思わず呆けて父を見たところからもう記憶は無い。起きたら青あざだらけで病院だった。忙しいはずの彼が居てビックリした。
後から聞いたら、ご近所さんが、犬の散歩で通りがかった時に家からすごい音と怒声と悲鳴が聞こえたそうで、驚いていたら頭から血を流した母が転がり出てきたらしい。
母は父に鍋で殴られ、私は引きずり倒されて腹や顔、身体を殴ったり蹴られたらしい。その時のことは覚えてないし、思い出したくも無いけど。
そのまま警察と救急車呼んでもらって~という流れだったみたい。
母がその時は被害届を取り下げたというのを後から聞いた。『お父さんを犯罪者にしたら結婚が消えるんじゃないかと怖かった』らしい。けど、でも調書が残った。DVの相談実績にもなった。
父は解放されたけど、母と私は打撲やパニックなんかがあって退院後は家から逃げた。
避難させてもらったところが母の姉妹で伯母とその家族と私に半月ギッチリ父の矛盾点を指摘した。言われたこと・酷いと思ったこと・されたことをノートに書いて後で読み返してみろと言った。母の人生は母だけのものだから、自分のしたいように好きにしたらいい、私のことは考える必要はないと言って、私は婚約者のところに行った。
ノート何冊にもなった物を読み返したら目の前が開けたらしい。それまでも心療内科に掛かって同じことやっていたのにね。
そのまま親戚に離婚に強い弁護士を紹介してもらって、調停へ。
調停でも父はいろいろやらかしたらしいけどスレ違だと思うから割愛。
ただ、調停員から『離婚しないで、何か良い方法を見つけましょうとは私からは言えません』というようなことは言われたようだった。

結局その後、予定通りに挙式をした。もちろん父は呼ばずバージンロードは1人で歩いた。したかった髪型には引きちぎられたからできなかったけど、メイクさんが外に出るところとか頑張ってくれて見た目には分からなかったから安心した。

で。仕事中のはずの父から気持ち悪いロミオメールみたいな物が届いたから、胎教に悪いし吐き出しで書き込んでみた。本当に長くなってすみません。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
658 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2010/10/29(金) 01:28:42 ID:RchorZgH
A「だからあ、ほんっとに生活出来ないの!!生活していけないの!」
B「そういうのは生活出来ないとは言わないんだよ」
A「でも今月もうあと1200円しかないの!!使えないの!給料日まで4日もあるのに1200円しかないんだよ!?
うち子供多いの知ってるでしょ!?1200円で子供食べさせてあげられると思ってるの!?」
B「どうしてお金がなくなったのよ?もう一度考えてみ?」
A「○○と××と△△(どれも多分アイドルグループ?)のコンサがあるんだよ!?
××なんか6回も行かなきゃいけないの!!そんなのもう生活出来ないよ…」
B「行くのは義務じゃないでしょ。生活出来ないんじゃなくてしないの。あんたは望んで子供に
ごはんをあげないの。あんたが望んでそうしたの。自分が子供にごはんをあげたくないからあげないの」
A「あんたそれでも人間!?なに言ってんの信じられない!!!」
B「コンサート行くのやめれば、子供にごはんを食べさせてあげられるんじゃない?」
A「はあああ!?あんたがうちの子面倒見て、私にお金払えば生活出来るって言ってるのが分かんないの!?」
B「はー。なんで私があんたの子見て、あんたにお金あげなきゃいけないのよ」
A「見させてあげるって言ってんのに!!どうして分からないの!!タヒねっ!!!タヒね!!タヒね!!」
B「お前がタヒねよ…」

ついさっき、近距離深夜バスのバス亭で聞いた女性.ふたりの会話。姉妹か血縁があるような雰囲気だけど、詳しいことは不明。
Aは三十代になるかならないかくらいの地味めの女性.。Bは少し年下くらいの可愛らしい服装の女性.。
Aは最後のほうは半狂乱。怖くてうつむいたまま、掴み合いにはならないでくれと祈りながらバス待ってた。
行き先は私とは違った。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
866 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2018/09/26(水) 11:20:37 ID:2ngA1Gpa.net
朝、子供を車で幼稚園に送った。
さぁ帰ろうと思ったら自転車で帰ろうとしてる知らないママが近づいてきて「待って!動かないで!」と言われた。
ビックリして車から降りたら、車の前に2歳くらいの子がしゃがんで石拾ってた。
そしたら慌ててその子のママが「もう~何してるのよ!こっち来て!」ってそのまま行こうとした。
そのままは自転車置き場の近くで他のママと話してる人だった。
止めてくれたママが「危ないじゃないですか!謝らないんですか!?」って怒って言ってくれてたら、嫌そうな顔して「すいません」って言った。
騒ぎに気がついて門の前で挨拶してた園長先生も来て、そのママを怒ったけど「はい。はい。そうですね。すいません」と言ってさっさと自転車に乗って、話をしてたママに「じゃあまたね~」と笑顔で帰って行った。
その頃、私はまさか子供が車の前でしゃがんでるなんて気がつかなかったからビックリしたのと、もし止められてなかったらと思うと怖くて、何も言えずに立ち尽くしたまんまだった。
止めてくれたママと園長先生にお礼を言って心臓バクバクのまま車に乗って職場に着いた。
今は落ち着いてきたから段々とムカついてきた。
また帰りには気をつけるし、あのママには絶対に会いたくない。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
704 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2019/02/22(金) 18:56:34 ID:YIw.xf.pa
双子妊娠中
主人が度々、チャイルドシート一つ買えばもう一ついらなくない?もう1人は抱っこすればいいしということを言ってきた
いるかいらないか賛否両論分かれるベビーカー、ベビーベッドなら分からんでもないが
車必須の地域でよりによってチャイルドシートをいらないと言う意味が分からない
道路交通法で決まっていること、何より抱っこでは事故に遭ったときにどんだけ危険かをその都度教えてきて
その場では納得するも、また思い出したかのようにチャイルドシートいらなくない?と言ってくる
主人はケチで無知なのでてっきりその延長かと思っていたが最近になってもしかしたら義母のために言ってるのかなという疑惑が…
というのも双子出産後、退院時に義母も連れて来たいと言われたから
出産後はわたし実家に里帰り予定、切迫早産で入院していることもあり荷物は実母に任せ
双子はわたしたち夫婦の車に乗せるつもりだった
わたしたちの車は5人乗りだがチャイルドシートを二台乗せると双子入れて4人までしか乗れない
加えて義母は運転できないのでただ退院するだけなのに何故義母が来るのか意味不明(出産日には呼ぶつもりだし)
第一、その方法だと退院後はわたしたちの車には義母は乗れないし義母は実母の車に乗るつもりなのか?
もしかすると主人、義母、双子でわたしたちの車に乗って
わたしは実母と荷物と一緒に帰らせるつもりなのか?と色々考えてたけど結局、話し合って実母も義母も退院時は来ないようにした
その際に義母にどの車に乗ってもらうつもりだったか聞いたところ
主人の答えが義母はわたしたちの車に乗ってもらい双子の1人はチャイルドシートに乗せ、もう1人はわたしが抱っこすればいいかなと思っていたと言われ
だからあんなにチャイルドシート一つにこだわっていたのか!と辻褄が合った
主人はマザコンなので納得すると同時に我が子より義母のことしか考えてないことに幻滅
そもそも運転して荷物が運べるわけではない義母をただ退院するだけなのに呼びたかったのも
わたしの実母は退院時来るのにボクチンのママは来れないのは可哀想!みたいな暴走だったっぽい
だから退院時は実母も呼ばず親子4人での退院に決定になったけどこんなマザコンが父親になれるのか心配になってきた
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
327 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2019/02/18(月) 16:49:05 ID:/Xf8OrW3a.net
◆現在の状況 妻からはあなたが変わらないなら離婚も辞さないと言われている。
◆最終的にどうしたいか 離婚は回避したい。
万が一、別れることになったとしても、妻側の申し出なのだから、財産分与はしたくない。
◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額) 56歳 自営業 1100万
◆嫁の年齢・職業・年収(手取り額) 51歳 会社員 550~850万(海外での仕事を積極的に受けると年収が跳ね上がる)
◆家賃・住宅ローンの状況 持ち家 相続した土地の実家を建て替えたのでローンは完済。
◆貯金額 家庭の貯蓄は2200万 自分1600万(相続含) 妻不明
◆借金額と借金の理由 なし
◆結婚年数 26年
◆子供の人数・年齢・性.別 4人 長男26歳 長女次女23歳 次男19歳
◆親と同居かどうか 別居。自分両親は鬼籍。
◆相談者と嫁の離婚歴、あればその理由 なし
◆離婚危機の原因の詳細(長くなっても思い付くものを全て書いて下さい)
正月、長男夫婦から、双方に問題があり、妊娠は絶望的であることを告げられた。
ところがふとしたことから、原因は長男嫁だけにあることが判明した。
息子に欠陥があるように欺いてきた長男嫁が許さず、すぐにでも息子と別れるように連絡→それを知った妻が激怒。離婚も辞さないと言われた。
どう考えても、嘘をついた長男嫁が悪いし、息子に問題がないのに、婚姻関係を続けさせる意味はないと思う。
結婚した自分の子供が、さらに血を繋げていくことを望むのは、親として当たり前の感情ではないか。双方に問題があるのならまだしも、片方の欠陥であるのだから、身を引くのも当然のことだと思う。
そう妻には言ったが、鼻で笑われた。はんっ!という演技がかったその笑い方にとても腹が立ったが、離婚するほどではない。
妻は私の考えが変わらなければ離婚だと言うが、長男夫婦が別れないのに、私たち夫婦が別れると言うのもわけがわからない。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
526 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2019/02/17(日) 22:22:19 ID:Rsu7D5KB.net
彼女の父親から結婚を反対されて5年。一昨日、いい加減気力が無くなって彼女を振った。
そしたら昨日の夜、彼女の父親が実家に電話をかけて泣きついたんだとさ。「どうか思い直して下さい」って。
「結婚を認めようと明日(つまりは今日)にそちらに挨拶に伺う予定だったのに」って。
めったに怒らない親父が電話口で怒鳴りつけてたら慌てて切れたそうだけど。
あれだけ反対してくれたのに、俺が振ったとたんに泣きつく彼女の父親の神経が分からん。しかも、俺じゃなくて俺の実家に。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
431 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2019/10/29(火) 18:32:07 ID:FN4
10数年前に近所に両親と女の子の3人家族が引っ越してきた。
両親は町内会にも入らず、近所付き合いもしないのでどういう家族なのか情報は皆無だったけど
3人揃って歩いてるところを見ると、ヤンキーとも少し違うガラの悪さを感じて
近所の人たちも積極的にかかわろうとはしなかった。
ちょっと気になったのは、そこの当時小学校低学年ぐらいの女の子と顔を合わせると
子供らしくない顔つきのキツさがあって、“メンチきる”と言う言葉がぴったりな表情をよく寄越してきた。
しかも、こちらは何も言わないし何もしないのに中指を立ててくる。一度や二度じゃない。
そんなふうだから、我が子(当時幼稚園年少)と関わらせないようにと、そればかり考えていた。
その女の子は地域の小学校には通ってなかったからどこか私立に通ってたんじゃないかと思ったけど、それもよく分からない。
噂好きの奥さん情報によると、住所は両親のどちらかの実家にしてあって
そこの学区で通ってるとかなんとか聞いたこともあるが、どこまで本当か分からない。

先日、そのお宅が夜逃げ同然に引っ越して行った。
ここ数年、奥さんの姿を見るたびに痣が出来ていた。
相当派手な家庭内暴力があったようで、既に二十歳ぐらいになってるはずの娘はもう何年も
学校にも行かずに部屋に引き籠っていたらしい。
ある日突然夜中にパトカーが来て、娘が父親を包丁で切りつけたあと自杀殳を図ろうとしたんだとか。
幸い軽傷だったそうだが。

私には“育てたように育った結果”としか思えず、親に同情する気は全くなくて
こういう親の元に生まれたことで、まともな人生を送れなかったんだろうなと女の子に対する同情は少しあるが、
それでもやっぱり“関わらなくて良かった”と言う非情な感情の方が強い。
ご近所さんの中には「回りがもっと気を付けてあげれば」って言う人もいる。
だけど、引っ越してきた時点であんなふうだった家庭に、積極的に関わろうと思う人って実際いるんだろうか。
私は私の生活で手一杯だ。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
889 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2014/07/01(火) 17:38:23 ID:???
朝から旦那実家に遊びに行って晩御飯食べてから家に帰ったら知らない人達が庭でBBQしてた。
花壇にタバコをポイ捨てされたり花火やったりしててムカついた。
続きを読む

このページのトップヘ