キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

キチ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
439: 名無しの心子知らず 2013/06/03 11:42:17 ID:WdLYbOEe
みなさんのお暇つぶしになれば、と思います。駄長文につきごめんなさい。

兄の嫁は聞いたことない東欧の国出身。私より随分と年下。
美人で日本語ペラペラ。かなりオープンかつ距離無の性格。
妊娠5か月と兄の長期海外出張の都合もあって、兄嫁のみが、私の実家で親・私と同居する事になった。

近所のおばちゃんAが、娘A子(高二)に英語を教えてくれと、母経由で義姉にお願いに来た。
義姉は、英語は話せるけど(英語のうまい日本人レベル)、そもそも英語の国の人じゃない。
めんどくさければ断ってあげようと思っていたら、義姉はカンバセーション・パートナーであればOKとの事。
つまり、英語と日本語を教えあうならいいよ、と。
義姉も友達が欲しかったのもあるでしょうね、
そのうち、土日のうちどちらかは二人でどこかに出かけて行ったり、
お互いの家で寝泊まりをすることもあるぐらい仲良くなっていました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
150: 1/3 2013/05/24 08:45:34 ID:ocvX1Xeg
流れ豚切りすみません。

3年ほど経ったので、とりあえずもう大丈夫だろうと思い報告。

うちは袋地で、細い道を通らないと外に出られない(図)
    道
B家  道  A親の家
    道    
    道
********道**
       *
       * A家
私の家    *
       *
       *

その道は市に所有権がある土地なのだけど、突然、A(キチママ)とAの両親が道の真ん中に杭を10本以上打ち込んだ。
「ここは私の土地だから、通行したければカネを払え!」と。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
67: 名無しの心子知らず 2013/09/19 05:02:19 ID:UZdCkfxx
間抜けな勘違いからの泥棒話から、大乱闘寸前になったお話…
うちは夫婦+年長娘、義兄夫婦(子無し)と都内にて二世帯住宅で暮らしてる。
旦那の仕事が資格業で今は丁稚奉公状態。実務経験を重ねたら、独立開業予定だったのだが、
妊娠しにくい体質と診断された私がまさかの妊娠をしたので、義兄夫婦宅にお世話になってる感じ。
義兄さんはタイ・インド・ネパールなど行き来する雑貨輸入商のため、年間4ヶ月は海外出張。
うちの旦那も出張がちで、1ヶ月のうち1週間は泊まりの国内出張。
義兄嫁さんは病弱なので、私たち夫婦が同じ屋根の下にいるだけで安心すると言ってくれたので、
自宅でアクセサリー作家をやっている義兄嫁さんのサポート係ということで、仲良くやらせてもらっている。

で… 娘の通う幼稚園は、毎年11月がバザー開催。
年少の時、義兄嫁さんに手伝ってもらって、ビーズのストラップを30個ほど出したら大好評。
アクセ作りを教えて、というママが5人くらい集まり、月2回のお教室を開くことになった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
168: 名無しの心子知らず 2013/08/11 01:10:00 ID:stDbDB7U
流れ大丈夫ですかね。その時は見当違いに考えてキチママと思わなかったけど
よく考えたらキチママだったかもしれない・・・というかキチ家族
レベル低いのでぶつ切りになります。すみません

フェイクありです。
買い物しようとおもってスーパーに行った。
そのスーパーは夏休みシーズンだからか子供用の工作グッズが沢山出てるスペースが有る。
友人がもうすぐ3人目を生むのでプレゼントの下見をしていた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
922: 名無しの心子知らず 2013/09/01 03:14:30 ID:+zdHjR3L
昨日、バスに乗ってたら基地外親子にからまれた。
親子っていっても親は40後半くらいで、子の方は俺より年上っぽかったけどな。
俺が乗るバスはどの時間帯でも利用者少ない。
家まで一時間くらいかかるから基本一人席で寝てる。
で、昨日の場合は一人席が無いタイプだったから後ろの方の二人席の窓側につめて寝てたんだが、突然起こされた。
状況が理解できなくて寝た振りしてたけど、
なんか物凄い勢いで席が揺らされてるのと、何故か俺が罵られてるのが分かった。

続きを読む

このページのトップヘ