キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

キチ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
426: 名無しの心子知らず 2011/09/19 23:29:11 ID:ozboTK+M
前職時代の話。
 私は出勤が朝早く、休日もいつもと同じ時間に起床してジョギングをするのが日課でした。
おそらく、そんな私の習慣を把握した近所のママ(ほとんど面識なし)が、私不在の自宅に凸してきました。
 いつものように同じ時間にジョギングに出た私。しばらくして、キチママがだんなと高校生位の息子を
伴って来訪。自宅には妊娠1ヶ月の妻一人。妻は天然なところもあり、顔は知っている程度のキチママの
顔がインターフォンに映っているのを確認後、ためらいなくドアを開けて対応をした。
キチ「あなたがいつもキチママ旦那や息子に色目を使うから、彼らは仕事も手につかないし、学業にも集中
できない。いっそ今から二人の相手をさせてあげるから、もうこれ以上キチママ一家に関わらないで下さる」
 続く

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
384: 名無しの心子知らず 2011/09/19 02:13:53 ID:e/1zV86A
旦那が急な呼び出しで、朝飯持たせて送り出したら目がさえてしまったので、投下。
先月の帰省で親に聞いた話です。又聞きの話なので、ちょっとわかりにくいかも。

まずは私が体験したエピソード。
私がまだ実家にいたころ、近所のスーパーにセルフレジが設置された。
「小さいお子様には操作させないで」みたいなことが書いてあった。
混雑時に子供にやられると更に混むからだと思う。
そこで並んでいると、「見たことあるな-」程度の近所の子連れ女性が後ろに並んだ。
子供は小学校1年生くらいの男の子でカートに乗ってる。
まず「俺がやる(セルフレジを)」と言いだし、女性が「今日はお母さんがやるから」と言うと
「っっざけんじゃねーぞババァ!」と絶叫。小さな子供の突然の暴言に時間が止まった。
「黙ってやらせりゃいいんだババァ!」と母親をバッチーん!と殴る少年。
更に周囲が固まる。私は「え?ナニコレ?この年で家庭内暴力?それとも男の子ってこんなもん?」
とプチパニック。更に「死ね!死ね!」とカートに乗ったまま母親を蹴りまくる少年。
でも母親は「蹴ったら痛いよ」「卵割れちゃうでしょ」とか言うだけ。
その騒ぎに横を通った子供が立ち止まったんだが、その子が手に子供が好きそうな食玩を持っていた。
それを見た暴力男児は「あれもってこい!」と母親に命令。
「買わないよ」と母親が言うと、卵を手にとって床にグシャ!
「こんなくっだらねーもん買う金あるんだろがあああ!」と絶叫絶叫。語尾が全部絶叫。
「卵がなかったらオムライス作れないよ」「うっせええええええ」
「ババアのメシくっせーんだよ!いらねええ!」「殺すぞババア!生きたまま燃やすぞ!」

390: 384 2011/09/19 02:20:46 ID:e/1zV86A
そこらの不良(笑)も真っ青の暴言の数々を吐く少年。全く意に介さない母親。卵そのまま。
異常な空間に耐えきれず、さっさとレジを済ましたが、振り向くと従業員さんがモップで床を
拭いており、母親が頭を下げていた。その間もカートから降りた少年は母親を蹴っ飛ばしてた。

そしてここからが母から帰省時に聞いた話。
母に「そういえば昔こんな修羅場に遭遇したんだよ、お母さん何か知ってる?」と聞くと
「あんたはもうここに住んでないから言っていいかね」と教えてくれた。

実は子供(以下A)は母親だと思った女性(B)の養子で、B夫婦は子供がなかった。
従兄弟だかが子供を残して亡くなり、親戚から「施設にやるのは可哀想だ」と半ば押しつけられたらしい。
最初Aはおとなしい子だったそうだ。
しかし、ある時から急に反抗的、暴力的になった。
(最近知ったんですが、養子や里子はこういう問題行動を起こして義親がどこまで自分を許してくれるか
試そうとすることがあるんだそうです)
Aは近所でも有名で、トラックが横を通ったら指さして「あれに轢かれてミンチなれ!」とか、
殺す、シネは日常茶飯事で、二人が歩いてくると「しねー!」と聞こえてくるので分かった、なんて逸話も。
みんな「もっと大きくなったらBさん殺されるんじゃないか」と心配していたそうです。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
305: 1/7 2011/09/18 12:51:45 ID:3PiCDbIA
色キチママ待つ間にお茶請けとして私が体験した夫クレキチ物件をドゾー。
フェイクもりもりの上解決済
前提として私は大学の時付き合ってた彼氏を後輩の女(A)に寝取られ、Aに子供が出来、彼氏は中退しAと結婚した。
当時は相当落ち込んでいたものの、現在の夫である近所のお兄さんに支えられ、無事大学を卒業して就職もできた。
それから7年後
夫と結婚し、娘(当時3歳)も生まれ順風満帆だったのですが、なんと保育園でAに遭遇。
Aの3男と同じ園だったらしいのですが、仕事の都合で娘の迎えは半分義母が行ってくれてたし、そもそも子供の年齢が違うためそれまで気付かなかった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
317: 名無しの心子知らず 2012/08/09 20:36:44 ID:ie/qQIvx
裏の家がキチ親子だった。1/4
裏の家は一段低い所に建っていたので遮るものがなく、私の部屋からはよい景色が眺められていた。
しかしその家が引っ越し、新しい家が建った。それが4階建てで屋上に庭付き。景色は何も見えなくなった。
そこまでなら運が悪い話なんだけど、その屋上でBBQが催されるようになった。
しかも10人以上の人を集め、夜中の12時まで大騒ぎ。くさいわ五月蝿いわ…。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
106: 1/2 2012/03/14 16:58:05 ID:cbT+X+on
文才なくて無駄に長文失礼。
キチママにバージョンアップ?したセコママとキチホイホイな元上司の話です。

私はとあるSCに勤務している。
去年ある上司が定年退職した。
この上司をAさんとするが、Aさんは聞き上手の話し上手で、もの凄くクレーム対応が上手かった。
どんなキチ入ったクレーマーもAさんが対応すると納得して穏やかに帰って行った。
とある常連キチクレーマーの男性が言った「Aさんは呼ぶな!納得させられちまうだろうが!」という言葉は今でも伝説になっている。

部下に慕われ、上司に頼られていたAさんは惜しまれながら退職した。
そしてAさん退職後のある日、とあるセコママがやってきた。
このセコママ、常連クレーマーで来ると必ずクレームを入れる。
重箱の隅をピンセットでつつくような細かさで、なんとかして値引きさせようとしつこくしつこく粘ってくる。
お取替えしますと言っても安くしろの一点張りで、どうにもならない。
いつもはAさんに対応してもらっていたが、もうAさんはいない。
頑張らなくてはと顔面に笑顔を貼り付けてがんばっていたのだが、セコママが「お前じゃ話にならない、Aさんを呼べ!」と叫びだした。
Aさんはいないので店長が来たのだが、Aさんを呼べAさんを呼べと唾を飛ばして喚く喚く。
仕方がないのでAはもうこの店には居りませんと店長が言うと、「どこの店に行ったんだ、教えろ!」と荷物放り出して店長に掴み掛かった。
髪を振り乱しつつ物凄い形相で叫ぶ異様な姿にみんなドン引きでどうしていいかわからない。
とりあえず内線で応援を呼んだのだが、応援がかけるける前に店長が「退職です定年退職!」と叫んだ。
もう店長の顔は引っかき傷だらけで、血も出てた。
店長の言葉にママはさらにヒートアップした。
「嘘つけ!Aさんが定年なわけあるか!」←Aさんは十は若く見える人だった。
「大体本当に退職するんだったら私に何か一言あるはずでしょうが!」
「あんた私とAさんを引き離そうとしてんの!?」
「Aさんを出せ!AさんAさんAさん!!!」
ということを絶叫しながら店長突き飛ばして大暴れ。
かけつけた警備員さんに取り押さえられ、最終的にKにお持ち帰りされた。
一緒にいたセコママ子が無表情にぼーっと突っ立っていたのがセコママの狂乱っぷりと比べてやけに印象に残っている。

続きを読む

このページのトップヘ