キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

キチ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
62 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2011/08/22(月) 04:21:36 ID:BnTChgCe
話の流れを切ってしまったらごめんなさい。
未遂で済んだのでスレ違いかもしれません。
解決してますが、被害にあったコトメちゃんの具合が良くならないのと、私のママ友関係に巻き込むこととなってしまった事に自戒の意味も込めて書き込み。
本文長すぎと出たので分割が変なのと、携帯からなので読みにくかったら申し訳ない。
コトメちゃんにはフェイクを入れることで了解を得ています。

被害者はコトメちゃん(旦那の妹で独身。同居中。2ちゃんねら)
加害者は私の下の娘(幼稚園年中)と同じ幼稚園に通う子供がいるママA
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
572 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/02/11(木) 16:42:14 ID:HHm
娘が4ヶ月のときに旦那がインフルエンザに感染。旦那が治癒するまで娘と私は実家に帰ろうかという話になって才柔めました。
弱っている旦那の看病をしたかった気持ちはあります。しかし娘への感染が怖かった。
初めは娘だけを実家に預けようと思ったのですが、娘は私がいないと泣き続けるタイプ。お風呂やミルクも私でないとNGです。
旦那はそれを良しとはせず、実家に入り浸りたいだけだろと責められました。俺の飯は?洗濯は?の質問ももちろんありました。
私が実家と自宅を行き来して家事をしようかと考えましたが、それでは娘を隔離している意味が無く、義母にきてもらう事を提案しました。
義母も賛成で、むしろそうしなければ娘があぶないとまで言ってくれました。
旦那だけが頷いてくれず、ついには娘を自室に連れ込み鍵をかけて籠城。
義両親も私もブチ切れ、娘を救出し半ば強制的に実家に連れていきました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
672 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/02/16(火) 12:06:22 ID:84X
うちの母親はちょっと頭おかしかった
どのぐらい頭おかしいかというとOL時代に後輩さんを精神的に追い込んで退職させたことをドヤ顔で自慢するぐらい
後輩さんへのいじめの内容も、ゴミの浮いたお茶を上司に出して後輩さんが淹れたって嘘吐いたとか報告すべきことを報告したって嘘吐いて実は報告してなかったとか迷惑なことばっかり
私が直接知る限りでもクズいエピソードは数えきれない
真っ昼間に子供が公園で走ってるだけでうるさいだの静かにしろだの若いお母さんに説教
砂場にいた幼女を蹴っ飛ばす
わざわざ女子高生に近寄っていって邪魔って言ってぶつかる等々…

郵便受けに真っ赤な字で「タヒねタヒねしねry」って100個ぐらいタヒねって書かれた紙切れが入ってたことがある
父さんは温厚な人だし当時私もお姉ちゃんも小学生だったから心当たりは母親関連しかない
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
697 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/05/28(土) 19:21:58 ID:V3c
一昨年旦那が事故ってタヒんだ。
まだ30代で未亡人w
旦那の実家近くに住んでたけど、そのままそこに住んで時々義実家にも顔を出している。
姓もそのままにしてる。
だって結婚した時から私はもうこの家の娘なんだもん。
正直、結婚するときすごく反対されたし
姑も小姑(夫の兄貴の奥さん)も大嫌いだったけど、顔には出さないでいた。大人だしw
それに、本当言うと保険とか入ってなかったからお金がない。
いやそもそもお金がないから保険にも入れなかったんだ。
私は結婚してからパートしかしたことないし今もパートだし
月8万ぐらいしか稼げないからアパート代ぐらいは義実家に払ってほしい。
それを言ったら小姑に「先の人生長いんだから正社員で働いたら?」って言われた。
大きなお世話だ。
自分は義両親と同居して楽な生活してるくせに、少しこちらにお金を回してあげようとか
全然思わないらしい。気が利かない女で嫌になる。
挙句のはてに「そんなに苦しいなら実家に帰れば?」だって。
実家は貧乏だから帰ってもメリットがない。
ほんと、いちいちむかつく。
GWにチラッと聞いたんだけど、義父が癌で余命宣告されてるんだって。
本人にも告示してるそうだ。
それを聞いてつい口が滑ったというか、小姑に聞いてしまったんだよね。
私はいくらぐらい相続できるのかって。
それが済んだら引っ越すからアンタも私の顔見なくて済んでwin-winじゃね?って言ってやったwww
そしたら花で笑いやがった。
私には一銭もいかないよ?何言ってんの?だって。
そんなのおかしい。何のために私旦那姓なの?
私はこの家の人間じゃん。
でもそういう法律なんだって。なんだよそれ。
日本シネ。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
262 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2012/05/09(水) 18:57:43 ID:KA8ZHXfQ
数年前の話だけど。

ある日、ヒマだったのでネットで自分の名前をググってみた。
私の名前はややDQNなので、まさかブログでヒットするとは思わなかった。
どんな人なのか興味津々で覗いてみた。


・○○(私の名前)は俺の嫁
から始まり
・嫁と※※へ行ったのでうp
・△△(ウチで飼っている猫)モフモフw
etc.いかにも私との新婚生活をエンジョイしているかのような内容。
行った場所や遊んだ内容は一致しているから、私でなければ彼しかいない。

よく見ると写真にはモザイクなし。
自分はHNなのに私は本名丸出し。
しかもお前、△△には毛嫌いされていて即逃げられているのにw
随所に垣間見える嘘に呆れ返るとともに、妄想的な内容に一気に冷めた。


とはいえ、ネット上に本名と写真が丸出しされているのは看過できない。
彼との共通の友人とともに彼をゴルァし、ブログはその場で削除。
私の愛情ゲージも一気にマイナスへ突っ込み、彼とは別れた。

ゴルァ中もずっと
「おまいら全員ねらーなのに、こんなジョークも分かんないの?」
と言われたが、そんなの知るか!

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
497 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2014/06/07(土) 16:37:06 ID:???
旦那友達の嫁にひたすら笑顔で嫌味を言われ続けてた。

ある程度は我慢できたけど、私の目の前で旦那の足の付け根辺りをさすさすしだして、さすがにドン引きした。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
632 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2015/03/23(月) 07:40:24 ID:3f2
うちの夫は特殊ってほどじゃないけど、わりと珍しい職業なんだけど
最近学生時代の友人Aが我が家と同じ職業の人と結婚したらしい
らしい、というのは年賀状交換くらいの間柄だったので友人数人挟んで
人づてに聞いたんだよね。結婚しましたハガキすら無しだからお察しの仲

で、ついこの間SNSの同窓リンク経由でAから連絡来たんだけど
罵倒に次ぐ罵倒、そして呪詛!という感じでびびった…
オカルトっぽい記号と呪・タヒ・恨みたいな字でびっしりで怖すぎ
まともな?文章部分を読んでみたら「お前のせいで不幸な結婚をした」とな

前述の通り珍しい職業なんだよね
特定怖いからフェイク入れるけど、私がひよこ鑑定士と結婚して幸せだと聞いて
自分も、とひよこ鑑定士であることを第一条件に婚活→結婚した
でも相手の〇〇な所が嫌、家族が嫌、職業上のアレも嫌だ!
全然幸せじゃない、不幸だ!(私)がAの事を騙した!責任とれ!って事らしい
そう言われても第一に私は好きな人と結婚したから幸せで、生活サイクルも
たまたま合ってて良かったなー幸せだなーっていうだけの話だよ

知らんがな知らんがなー自分の人生なんだから自分で責任とってくれー
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
209 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/03/26(土) 09:02:48 ID:Zu4
以前チラ裏でも愚痴ったんだけどゴメン。
養母が亡くなったと電話が来た。
この養母は親戚でも何でもなく、実家から徒歩10分位のところに住む血のつながりのない女性.。
お子さんが二人いたんだけど一人は亡くなり、一人は大学生になり巣立って
今で言う空きの巣症候群になっていた。
その女性.に、両親は「産んだはいいが両親ともに忙しく育てられない子=私」を預けた。
必要経費は両親が全額負担で、プラスいくらか謝礼。
私は小学1年になるまで養母の家にいて、親が会いに通って来てた。
小学1年からは実家から学校へ行く→養母の家に帰宅する→夕飯食べて家に帰って寝る
という生活をしていた。高学年からは塾へ行くようになり、養母の家へは遊びに行く程度になった。
血はつながってないんだけど、大人になってからも実母より養母の方が近しい存在だった。
別に実母が嫌いなわけじゃないが、やっぱり育ててくれた人は養母だという思いがああった。

結婚する時も夫に養母に会ってもらった。勿論結婚式にも招待した。
私はその後故郷を離れ、新幹線の距離になってしまったが、帰省したら必ず養母に会っていた。
その養母が亡くなったと報せが来たのが今金曜の午前。
私は土日休みなんだけれど、日曜が友引でお葬式は月曜になるという。
夫に電話し「養母が亡くなったので新幹線の切符をとって、土曜朝に発つ」
と言うと夫は「休んでまで行かなきゃいけないこと?本当の親でもないのに」という反応だった。
お香典も交通費も私の給与から出すのに「香典いくら出すの?そんなに?!新幹線高いのに、香典まで…」とグチグチ。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
382 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/04/07(木) 19:42:51 ID:zR4
男が仕事、女が育児って考えはそんなにおかしいのだろうか。すべて3年前の話。

俺 当時38歳 年収900万
嫁 当時31歳 年収170万
娘 当時4歳 幼稚園年少

娘がよく幼稚園での話をよくしてきた。俺は帰ってくる時間は19時と早いものの、朝が早くて帰宅後はかなり疲れてる。
そんな中、幼稚園でどうだの何組の何君がどうだの煩くて堪らなかった。
嫁は嫁で風呂に入れて欲しいとか寝る前の本読みをして欲しいとか言ってくる。
今までそれを拒否していなかった。しぶしぶだが言われた通りにやってた。
しかし塵も積もればってやつで、ある時急に爆発した。
俺は仕事!お前(嫁)は育児!娘がどうたらこうたらなんてのは進路や結婚の時でいいと言ってしまった。
嫁はカーッと顔を赤くして怒鳴り始めて、喧嘩。
で、明日離婚が成立する。娘には金輪際会わせないそうだ。
なぜ男は仕事と育児を両立せにゃならんの?
なんで女パートで許されるんだ?仕事量も賃金も少ないんだから、パート+育児でようやく男の正社員に足が届くだろ。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
727 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/01/06(水) 21:33:28 ID:rOy
グロ注意かも?読みにくいと思います。ごめんなさい。

ちょうど6年前に2つ年下の彼氏がいました。猛アプローチを受けて付き合い始めたのですが、純朴で可愛くて子犬みたいで、何より優しくて誠実で大好きでした。
ある時、デートをしていたのですが、その帰り道、街灯こそあるものの夜で暗かったためかそこで事故に会いました。
覚えてるのは、とっさに彼を突き飛ばしたこと。少なくとも私には痛いっていう感覚はありませんでした。
気がつくと半月くらい経っていて、右足膝下がなくなっていました。彼からは何度も
私の両親を通じて、
「そっちに行ってもいい?」
と聞かれていたのですが、とりあえず
「来ないで」
と伝えていました。
ああ、捨てられるんだろうな。私だって無理だし。仕事もどうしよう。親に迷惑かけるな。親がタヒんだらどうしよう。
と色々と考えていました。
結局、事故から一ヶ月経った時に彼に来てもらって、どういう要件だったのかを聞こうと思いました。
彼にその場で土下座されて、庇って助けてくれたことの感謝と謝罪をされて、
「良ければ一生一緒にいたいです。支えさせてください。」
とプロポーズされました。
彼の両親は反対こそしませんでしたが、私の両親も大反対したそうです。
しかし、彼が私の両親に土下座して頼み込んで、私の両親も
「もうこの先私は結婚は無理だろうから」
と結局許したそうです。
彼は次男だったので、私の家にお婿に来るという形で結婚しました。しかし、そこから旦那は相当に辛かったと思います。
父が気を遣うだろうと、家の近くの土地に夫婦2人で住むには困らないくらいの仮住まいのようなものを建ててくれたのですが、それまでは母屋で暮らしていました。
しかし、特に父や妹とは当初、上手くいかなかったようです。
(事故のことが原因で)私の妹からとてつもなく敵視されていましたし、私の見ていない所でひどい嫌がらせまでしていたようです(両親は見つける度に強く怒っていたようですが…)。
また、父も普段は優しく接して(事故の前には既に紹介していて気に入られてはいました)いました。しかし、食事などで長く同じ空間にいると、週に1度くらいの頻度で、突然「ガァッ!」と声を上げて、旦那を殴る蹴るということがしばしばありました。
母や私の力ではもちろん止められませんし、妹はもちろん静観。旦那も反撃しないので、血だらけになっていることもありました。
そんな生活だったので、旦那は家では何重もの理由と要因が重なり、借りてきたネコのように怯えて暮らしていましたし、自分から何か声を発すると言うことはほぼありませんでした。常に旦那の味方をしていたのは母くらいだったと思います。
私も2人の時に、
「ごめんね。大好きだよ。」
と毎日のように謝っていました。しかしいつもそういう訳でもなく、義足に慣れるまでは、片方の脚がなくなったことで不自由を感じて耐えられなくなった時には、旦那に獣のように感情的になりながら当たり散らしていました。
でも、旦那は
「ごめんなさい。ごめんなさい。」
と言いながら抱きしめてくれました。
夜も、旦那が布団の中で泣いているということが多々ありました。
仮住まいは出来たものの、私1人では不自由する事も多く、私が義足に慣れるまでの二年近くはこのような生活が続きました。
続きを読む

このページのトップヘ