151: おさかなくわえた名無しさん 2014/07/17(木) 10:41:59.29 ID:N/hNBkem
武勇伝…になるかは分からないが、思い出したらムシャクシャしてきたので書き込みます。

私は中学生のころイジメにあっていた。
複雑な理由で、私は地元の小学校ではなく私立の小学校に通っていたが、(決して親に強要されたとかではない、念のため)中学からはこれまた複雑な理由で地元の中学校に通うことになった。
一応地元の子供たちは保育所のころの幼なじみであること、私が通っていた小学校の校風の影響で、私は自分の得意分野を伸ばすため、作文や俳句、詩を創作(の割に今書き込んでる文章が酷いのはつっこんではいけないww)。
それらが賞を取ってしまった。
今思うと、「転校早々んなことやったらそりゃイジメの対象になるわ」なことをかなり網羅していたような…
ただ私の小学校ではそういうことは別に普通だったし、そんなことがまさかイジメの原因になるとは思ってなかった。
そういうわけで、私の中学校生活はのっけから最悪なことに…
もちろん優しい子たちも数人いたが、あの地域の特色なのか、大半は心の傷が膿んでるんじゃないだろうか、と思ってしまうような性格だった。




152: おさかなくわえた名無しさん 2014/07/17(木) 10:43:22.46 ID:N/hNBkem
一年のころはイジメはそこまで酷くなかったが、二年からが地獄だった。
一応幼なじみだった男子生徒Aが、他の生徒を扇動して本格的に私をいじめだした。
Aは心の傷が膿んでる上に、存在そのものが劣等感の塊みたいなヤツだった。
頭は良かったが精神的に幼い感じ。
後に聞いた話では親が教師で、Aの2人の兄はどちらも早稲田とか行くような秀才だったらしい。
ま、Aも兄貴たちと比較されたりとかしてるうちに劣等感の塊になっていってしまったのだろう。
ちょっと気の毒だとは思う、許すわけじゃないけど。

Aと取り巻きのイジメはかなり質が悪く、教師の前でも生徒にしか分からない呼び名で私を馬鹿にしたり(教師からしたら生徒たちが仲良くしてるようにしか見えなかったと思う)、かと思えば教師が居ない時は私を汚物扱い。
廊下ですれ違うときも大袈裟に顔をしかめ、私から遠ざかるように廊下の端を歩いたり(うまく書けないが、体と壁を密着させて、出来るだけ私と離れられるようにしていた)していた。
私が給食当番のときによそったオカズをわざわざ捨てて、もう一度自分でよそったりもしていた。
私の失敗や容姿をあげつらうなんて日常茶飯事。
最悪だったのはAと席替えで隣同士になってしまったこと。
毎朝Aは自分の机を私の机から出来るだけ遠い所まで離して、「あーヤダヤダ」みたいな顔してため息をついていた。
正直「ため息つきたいのはこっちなんだけど」と何度思ったことか…
Aとは中学校入学以来まともに話したことも無かったのに、何でこんなことされるのか全く分からなかった。
おまけに影響力もあるやつだったから、クラスの誰も私に味方してくれなかった。
毎日が辛くて、次第に私は学校で殆ど何も喋らなくなってしまい、感情を表すことも無くなってしまった。
ただ私の人生をメチャクチャにされたくはなかったので、授業は1日も休まなかった。
家族も支えてくれて、本当に辛いときは家族に打ち明けることで乗り越えられた。

153: おさかなくわえた名無しさん 2014/07/17(木) 10:44:09.19 ID:N/hNBkem
ここからがささやかな私の武勇伝。
夏か秋頃だったか、英語の時間にスピーチまがいなことをすることになった。
用意された英文を1人1人前に出てきて読むというやつ。
当時私は人前に出たり音読することを異常に恐れていて、正直その時は英語の先生が恨めしかった。
が、まあやるならしっかりやろうと思い、ちゃんと練習した。

そして当日、私は本当に震えながら前に出て、原稿で顔を隠しながら一生懸命読んだ。
一生懸命…っていうか出来るだけ早口で読んだ。
読み終わった時は頭真っ白、早く席に…と思った所でクラスがざわついてるのに気付いた。
顔を上げてみたら、クラスの奴らが文字通り唖然とした
表情で私を見ていた。
Aに至っては、口をあんぐり開けて間抜け面していた。
英語の先生とフィリピン人のALTの先生はニコニコしていて、私は一瞬何が起こってるのか分からなかった。
が、ALTにほめ言葉をかけられたことで、クラスの奴らが私の発音の上手さに驚いていることに気付いた。
実は私は、幼いころから外国人と関わることが多く、ペラペラ喋れるわけではなかったが、英語特有の発音やイントネーションを何気なく身につけていた。

一方Aは前述したとおり成績優秀で、その年の夏にオーストラリアにホームステイしようとしていたことから(結局鳥インフルエンザの影響でホームステイ自体が出来なくなったが)英語にも自信があったのだろう。
が、よりにもよって見下していた私の方が英語は上だったのでショックだったのだろう。
あの時の間抜け面は一生忘れられそうにないww

154: おさかなくわえた名無しさん 2014/07/17(木) 10:45:14.00 ID:N/hNBkem
このあとイジメはさらに酷くなったが、もう私にはAがひがんでるようにしか見えなくて、以前ほど苦痛には感じなくなった。
が、流石に見かねた両親が先生に抗議したりもしてくれたことは明記しておく(教師どもが最悪でどうにもならなかったが)。
結局親の仕事の関係で三年になる前に転校することになりイジメは終了。
転校先の子たちは打って変わって優しい子ばかりで少々面食らったww



そして高校で最高の友人と素晴らしい先生方に出会い、さらに英語に自信を持ち、今は大学で英語を勉強している。
未だに人前で話すことに若干恐怖を感じることもあるが、次第に克服できている。

155: おさかなくわえた名無しさん 2014/07/17(木) 11:46:15.25 ID:0lvVc/jB
>>153 だけさらっと読んだ。
GJ!

引用元: http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1399833797/


1000: 名無しの心子知らず