283: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)11:36:44 ID:BdD
秋のよく晴れた日になると思い出す。

3歳の秋の日、母が朝からおにぎりを作ってくれて、「お出かけしよう」と言って電車に乗って遠くに行った。
行き先は山も海も見える田舎町だった。
真っ白い堤防のようなところで、母がベンチに座らせて、「ちょっとお母さん飲み物買ってくるから待っててね」と言った。
ベンチにお弁当と水筒と上着を置いた。

「わかった、ママありがとう。バイバイね」と言ったら、母は顔をそむけて走るように去って行った。
私はぼんやり座ってた。山はまだらに赤くて、空にはトンビが飛んでた。
しばらくして母は戻って来て、無言で一緒に弁当を食べて家に戻った。

成人して家を出て行くという日に、母はあの日の話をして、「あなたを捨てようとしてごめんなさい」と詫びた。
私は当時気付いてなかったふりをしたけど、勿論気付いてた。
それどころか、母があんまりに私の存在を疎んでるのを知ってて、大好きな母が楽になるならそれでいいと思ってた。
寂しいけどこれもしょうがないことなのだな、と。
捨てられた私は次はどこに行くんだろうとボンヤリ考えてた。

去年結婚して、結婚式には両親も出席した。
私を捨てようとした母と、他人にむやみに金貸すのが趣味で散々妻子を苦しめた父。
私も順調なら年末に初めて親になる。
出来れば良い親になりたい。




284: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)12:33:41 ID:ffo
>>283
説教禁止スレだから何も言えないけど、うん、まあ、ね。
良い親になれるよう頑張ってね。
ラリってばっかいちゃダメだよ

285: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)14:43:47 ID:kjS
>>283
3歳でもうそこまでわかっていたなんてよっぽどだったんだろう
ひとさらいにあわなくてよかった

287: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)19:26:55 ID:mOr
>>283
涙が止まらない。
おばちゃんがもらって
母親のかわりに育てたかったよ…

引用元: http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1467843196/


1000: 名無しの心子知らず