710: 1/2 投稿日:2010/09/23(木) 21:16:07
もう時効だろうから書く、近所のエネ話。

昔々の物語。
当時同じ通りに住んでいたAさん家は、当時はハイカラだった二世帯住宅でした。
A両親夫妻、A(長男)夫妻で仲良く住んでいました。
おかしくなったのはAコトメが離婚して出戻って、Aさん宅に一緒に住み始めてからでした。
Aコトメは子供二人を連れて戻って来ていました。

A両親夫妻は「子供の権利は平等だから」と
今まで二世帯のA夫妻が使っていたスペースの半分をAコトメたちに明け渡せと
命じたようです。
もともとA両親夫妻とA夫妻だけの出資で成り立っていた家に
Aコトメ+コトメ子供2が家賃も払わず割り込んできたことで
A一家の雰囲気は目に見えてギスギスし始めました。

ちなみにA父は地元の小学校の校長先生。A母は専業主婦。
Aは会社員。A嫁はパートの事務員。A子は中1と小4。
Aコトメも教員免許を持っていて、コネがあったからかすぐ地元中学に採用になりました。
(長女は県外に出ていてどんな人かよく知りません)

その後のことは色々ややこしいのと、噂が飛びかったので、知ってる事実を箇条書きします。




711: 2/2 投稿日:2010/09/23(木) 21:19:50
・中1だったA長男が自さつ
・A長男の日記(遺書だったかもしれない)に、名指しでAコトメの名が書いてあり
 Aコトメが生徒経由で、A長男について何か悪い噂を面白おかしく流したことがわかる。
 A長男がそれでからかいの的になり、自さつに至ったらしい。
・A嫁、子のタヒによりノイローゼになり、家に引きこもる。
・A二男も登校拒否になる。
・AとAコトメと、A両親が結託して「引きこもりの登校拒否なんてウチの血統にはいらない」といびる。
・A離婚成立。
・A両親「不出来な嫁を追い出してやりましたよ!」と鼻息荒く吹聴する。
・しばらく得意げだったA一家だが、ヒソヒソ話で近所の評判は地に落ちる。
・その後Aコトメ、PTAの苦情に耐えかねて辞職。
・今度はAコトメ子がいじめの対象になる。コトメ子Aは家出常習犯になり、コトメ子Bはリスカ常習者になる。
・A父、生徒親の対応中に脳溢血で倒れ、半身不随になる。
・何もできないお嬢様として一生を過ごしてきたA母、夫のウンコ処理ができず可憐に失神する。
 失神から覚めてもウンコがあったので泣きながら実家に帰る。
・Aコトメ、父の下の世話をやりたくないばかりに、家になるべく帰らずコトメ子Bに押しつける。
・コトメ子Bも家に帰りたがらなくなり、家が空き家同然になる。
・A、ウンコ臭い我が家に絶望してA元嫁との復縁を希望する→A元嫁、行方不明で無理
・コトメ子B、売春で補導される
・Aコトメ、子供の引き取りを拒否して失踪。
・A、垂れ流しの父と、メンヘラなコトメ子2人を抱え、途方に暮れる。
・数年後、A父タヒ去。
 喪主はAではなくA父弟だったそうです。
 いつAやコトメ子たちがいなくなったのか誰も知らなかった。

やたら大きなA家は今もそのまま荒れ放題でそのまま建っておるとさ。
不吉な気配が立ちのぼっているらしく、事情を知らない人も、一目見ると「あの家怖い」と言うでござる。
めでたしめでたし。

714: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/09/23(木) 21:34:07
義実家ににどんなに因果がきてもA長男は戻ってこないんだよね。
悲しくなった。

715: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/09/23(木) 21:48:24
コトメがクソだね

716: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/09/23(木) 21:53:00
どう考えても親がクソ
コトメが帰ってきてクソさがはっきりしただけ

718: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/09/23(木) 22:12:17
Aは自分の子供の悪口流されて自さつに追いやっても、
妹の方が可愛かったのか
異常すぎる・・・自分だったら妹を絞め杀殳すかもしれない
それとも男は自分の嫁の産んだ子より、
姉妹の産んだ子の方が血縁だとはっきりしているから可愛いのかな

719: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/09/23(木) 22:23:18
嫁の子が自分の子だと確信できないなら
妹と自分が血が繋がっているのかも確信できないだろ

720: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/09/23(木) 22:28:28
>>719
同じこと思った

721: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/09/23(木) 22:29:40
妹と自分は父親が違う可能性はあっても、母親は同じだから血は繋がっているだろう。

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1284502152/-100


1000: 名無しの心子知らず