663: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/27(木) 00:45:30.00
夜中なので自分も書き逃げ。

元商売をしていた実家には3基の墓があるんだけど
(身寄りの無い従業員さんを看取ったりしたので)
じいちゃん三十回忌に墓を開けたら
誰も知らない、お寺も知らない骨壷がひとつ出てきた。

とりあえずその骨壷はその後、お寺がなんとかしたみたいだけど
家族・親戚・お寺さんで壷を出しながら
「これはお父さん(祖父)、これは誰々さん、これは誰ちゃん、これは・・・・誰?」
あのヒヤッとした瞬間はすさまじかった。




664: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/27(木) 01:25:42.36
託卵、放置子、居座りに続く新ジャンル
託骨が今誕生した

665: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/27(木) 02:14:30.38
それ前にも聞いたことあるよ
なんでそんなことするんだろうね

666: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/27(木) 02:25:03.16
盗骨・託骨は昔からあるよ。

盗骨は有名人やその家族などが被害に逢いやすい。
託骨は「供養したいが金はない」とか「とにかく捨てたいけどゴミにも出せない」
みたいな葛藤をした誰かが他家の墓に勝手に突っ込むケース。
何かその家に因縁がある場合もあるかな。

最近納骨した都内の墓では石屋が来て目地止めを外してくれて
納骨後にまたしっかり目地止めしてたけど
そこの寺で目地止め始めたのは墓石倒壊被害が出た震災以降。
盗難や託骨防止よりも地震対策の方がメイン目的。

ちなみに田舎の墓で目地止めもなく棚石をどっこらせとずらして
お骨を直接墓穴に入れるスタイルだったりしたら
赤の他人の骨を突っ込まれてても全く分からないよ。

667: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/27(木) 04:07:15.36
>>666
いくら有名人とはいえ骨なんか気味悪いだろうに

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1371308470/


1000: 名無しの心子知らず