578: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/14(金) 13:47:32.17
遅くなってすみません
自分が小学生の時祖父の葬儀があった
その時香典やら、葬式代として用意してあった金やら、形見分けの
時計やら貴金属やらがなくなった
たぶん数百万単位
状況的に親族の誰かが持ってったとしか考えられなかった
普段仲良くしていた親族の間で「お前がとったんだろ」「お前のとこだって
金に困ってただろ」と罵り合いになった
男性陣はつかみ合い、女性陣は泣いてるしで、子供心に
「ああこれテレビで見るやつや…」と冷静に眺めてた
最終的にずっと無言だった祖母が「もうえぇわ。タヒんだおじいさんには
全部わかってるやろ。極楽に行けると思いなさんな。」と
真顔で言ったのが一番怖かった。
みんな無言でちらかった皿とか片付けてた。
それ以降の法事に子供達は呼ばれなかったけど、父母が疲れきって
帰ってきていたので一悶着あったんだと思う。
今年の夏二十何回忌だかがあって、行かなくていいものと思っていたら
もう成人してるんだからと行くことになって非常に憂鬱
愚痴になってすみません




580: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/14(金) 13:52:44.04
でも、葬式の後、お祖母ちゃんが、家を建て替えて、風呂を温泉かけ流しにしたので
泊まるのは楽しみです

581: 578 投稿日:2013/06/14(金) 13:56:04.31
>>580
全然楽しみじゃないよw
古い日本家屋でいまだにトイレもぼっとんのはず

582: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/14(金) 13:57:50.23
>>580
犯人は祖母ちゃんじゃねーかwってw

583: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/14(金) 13:58:25.02
>>581
まあ、孝行してきてあげてください

584: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/14(金) 13:59:33.43
香典なくなったら警察呼ぶでしょ
葬儀屋も入ってるだろうし

586: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/14(金) 14:01:28.49
香典泥の可能性もかなり高いしね
警察呼ばない方が異常
酷い閉鎖集落なのかしら?

587: 578 投稿日:2013/06/14(金) 14:01:55.82
警察呼ばなかったんじゃないかなぁ
身内の恥になるとかで。
少なくとも葬式のときに来てた記憶はない。
その後届けたかどうかはわからないけど。

588: 578 投稿日:2013/06/14(金) 14:03:49.11
閉鎖集落というほどじゃないけど、ど田舎。
葬儀を仕切るのも葬儀屋じゃなくて近所のなんとか組だったと思う。
今は違うと思うけど当時は土葬だったし。

589: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/14(金) 14:04:52.53
最初に身内って断定するのもおかしいかと
田舎なら葬儀の時たくさんの他人が家の中を出入りするから

590: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/14(金) 14:04:57.60
>>588
土葬?リアルでは、ってか、2ちゃんだけど、凄い初めて聞いた。

591: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/14(金) 14:06:15.59
あれだな、小野不由美の小説思い出す

棺桶?大きな壺みたいな奴?

592: 578 投稿日:2013/06/14(金) 14:08:21.44
さすがに今は火葬してると思う
棺おけの蓋を釘で打ちつける音がものすごく怖かった
子供はみんな泣いてた

593: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/14(金) 14:08:53.17
>>586が言いたいのは
身内の犯行じゃなく外部から来た奴の犯行かもって事。
犯人は弔問客か弔問客になりすましたプロの香典専門の泥棒の可能性も充分あったのにね。
578は子供だったからしょうがないけど、警察を呼ばなかったとしたら他の大人たちはなんだかなあ。

594: 578 投稿日:2013/06/14(金) 14:09:52.36
>>591
もしかしてタヒ鬼かな?小説は挫折したけど漫画読んでたよw
壷じゃなくて木の棺おけだったと思う

595: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/14(金) 14:10:02.16
香典泥棒とか昔からよく居るよ
だから普通は親族内で管理する人決めてるじゃん
その辺が抜けてたんだろうね

香典管理者が葬儀社の格好した人に
「火葬場に行く間、我々が管理しときます」って預り証を渡してきたけど
葬儀社の人間じゃ無かった、と言う話を聞いたことがある
後、僧侶に対して「後でお寺にお届けします」って読経代をと言うパターンもある

598: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/14(金) 14:12:04.12
>>594
そう、それそれ。
土葬って、家の近所に埋めるの?やはり、集落に、土葬用の墓地があるの?

掘ってるうちに、骨が出てきそうではあるし、臭いもすごいとは思うんだけど

599: 578 投稿日:2013/06/14(金) 14:13:26.61
>>593
そういう泥棒もいるんだね
広い家だったし普段は鍵もかけないような田舎だったからなぁ

600: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/14(金) 14:19:51.84
そういえば瀬戸内海のじいちゃんの家も昔土葬だったな
運ぶ人が頭に三角の布をつけて(いわゆる幽霊みたいな絵になる)10人位で棺桶を持って、周りに10人位竹ぼうきの長いようなものを
持って家を出て行く姿がシュールだった(20年くらい前の話)

どこに運んで行ったのかはわからないけど、いわゆる一般的な墓地は他に有ったから、ある程度土に戻ったら掘り出すんだろうか?と
従妹同士で話して怖かった思い出がある

601: 578 投稿日:2013/06/14(金) 14:20:18.08
>>598
祖父の家自体が山の中腹くらいにあるんだけど、
そこからさらに山奥に入ったところに墓地がある
子供は埋めるとこまではついていけなかったけど、
大人の男性達で棺おけを運んで埋めにいったと思う
ずっと埋めっぱなしじゃなくてある程度骨になったら
一度掘り起こして埋葬し直すんじゃなかったかな
このへんうろ覚えだけど

602: 578 投稿日:2013/06/14(金) 14:22:28.83
>>600
まさにそんな感じ
もしかしてご近所さんかな
竹箒は覚えてないけど、白い三角の布はつけてた
ちょうどいとこの一人がジャンプを持ってきてて、
ぬーベーの怖い話を読んだ後だったから余計怖かった

603: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/14(金) 14:24:54.28
火葬が普及したのもかなり近々の話
昔は人一人焼く火力の確保が難しかったし
棺桶も今みたいに細長い箱じゃなくて、でっかい桶みたいな形で
だからこそ棺桶って字なわけで

604: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/14(金) 14:26:18.13
話の流れ的に、犯人は婆ちゃんしか知らない爺ちゃんの愛人かなんかだったんじゃないかと…だから身内の恥。

605: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/14(金) 14:28:36.84
>>602
ご近所さんかもね
埋める所に子どもが絶対ついていけなかったのも同じだ

>>603
その時は細長い棺桶だった
もしかしたら埋めるスペースの問題で、掘り起こさない地方は桶なのかもしれないね

火葬場はその後で出来たと聞いた事がある
それまでは、埋める場所の方のお墓の周辺では火の玉とか出たりしてたらしい
リンとかが発生したりするからかな?火葬場が出来てからは火の玉は出たことがないらしいけど
(父親は昔、一度だけ見たことがあるらしい)

606: 578 投稿日:2013/06/14(金) 14:29:44.86
愛人はないないwたぶん…
でも婆ちゃんが犯人わかってたというのはあるかも
そこそこの小金持ちというか、田んぼや山の管理で祖父の兄弟達は
ちょっと揉めてたらしいから

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1370873674/


1000: 名無しの心子知らず